使い方
このページは、「初期設定」以外は全てを読む必要はありません。
各ページから必要な項目へリンクしてますので、必要な項目だけ読
んで下さい。 字ばかりのページは疲れるでしょうから(^^;;  
    ≪ 初期設定 ≫
    Collection 1〜11、16

    カラーパレット(画面の発色数)を変更する

  • 「コントロールパネル」から「画面」を開く。または、デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。

    【画面のプロパティのダイアログが出る】

  • 「ディスプレイの詳細」のタブを開き、「カラー・パレット」の項目から「High Color(16ビット)」または、それ以上を選択する。

  • 「OK」ボタンを押して、コンピュータを再起動する。

    フルカラーでアイコンを表示するようにする

    「Microsoft PLUS!」をインストールしている場合は

  • 「コントロールパネル」から「画面」を開く。または、デスクトップの何もないところ で右クリックし、「プロパティ」を選択。

    【画面のプロパティのダイアログが出る】

  • 「Plus!」のタブを開き、「すべての色を使ってアイコンを表示する」のところにチェックをいれる。

  • 「OK」ボタンをおして、コンピュータを再起動する。

    「Microsoft PLUS!」を持っていない場合は

  • 「スタートボタン」→「ファイル名を指定して実行」で、「REGEDIT.EXE」と入力し、「OK」ボタンを押す。

    【レジストリエディタが起動する】

  • HKEY_CURRENT_USER → Control Panel → desktop → windowmetrics と開いていく。

  • 「Shell Icon BPP」をダブルクリックして「値のデータ」の欄に16と入力し、「OK」ボタンを押す。
    ※もし、ここで「Shell Icon BPP」の項目がない場合は、メニューから「編集」→「新規作成」→「文字列」を選択して、新しい項目を作成し、名前を「Shell Icon BPP」にする。

  • コンピュータを再起動する。

    <できあがり>

    <備考>
    危険をおかしてまでレジストリを操作したくないという方は、ゆー氏が作成された「Iconset(フリーソフト)」をダウンロードして下さい。
    このソフトを使うと「Microsoft PLUS!」がなくてもボタン操作一つでフルカラーのアイコンを表示できるようにしたり、ショートカットの矢印を消したりすることができますよ。
    ※ゆー氏のホームページ−牛飼いとアイコンの部屋


    ≪ デスクトップの整理の仕方 ≫
    Collection 1〜6(フォルダのアイコン)

    よく使うファイルを整理する

  • デスクトップ以外の適当な場所(例えばルートディレクトリの下)に必要な数だけフォルダ(ディレクトリ)を作る。

  • よく使うファイルを分類してフォルダの中に入れて整理し、そのフォルダのショートカットをデスクトップ上に作る。

    アイコンを変更する

  • デスクトップに作ったフォルダのショートカットの上で右クリックし、プロパティを選択する。

    【プロパティのダイアログが出る】

  • ショートカットのタブを開き、「アイコンの変更」ボタンを押す。

    【アイコンの変更のダイアログが出る】

  • 「参照」ボタンを押して、このホームページからダウンロードして作ったアイコンファイルを探して選択する。 あとは、「OK」ボタンを何回か押すとフォルダのショートカットの絵が変わる。

    <できあがり>

    <備考>
    フォルダのショートカットではなく、フォルダそのものの絵柄を変更する方法は「奥義」のページの「奥義 超汚色那雄獅3」にあります。


    ≪ マイコンピュータやごみ箱アイコンの変更 ≫
    Collection 7〜9(コンピュータ・ごみ箱アイコン)

    ※Microsoft PLUS!なしでアイコンを変更する方法は「奥義」のページの「奥義 超汚色那雄獅」にあります。

    Microsoft PLUS!を購入する

  • Microsoft PLUS!とは、Windows 95のパワーアップキットです。このキットを使うと、画面を装飾したり、インターネットを簡単に利用できたり、システムのエラーをチェックできたりといった便利な機能を追加することが出来ます。
    このホームページの「マイコンピュータアイコン」「ネットワークコンピュータアイコン」「ごみ箱アイコン」のシリーズを利用するには、Microsoft PLUS!が必要です。是非、購入してみて下さい。

    アイコンを変更する

  • このホームページのアイコンから、気に入ったものをダウンロードする。

  • コントロールパネルの「画面」をダブルクリックする。

    【画面のプロパティのウィンドウが出る】

  • 「Plus!」 のタブを開き「マイコンピュータ」、「ネットワークコンピュータ」または「ごみ箱」をクリックして、「アイコンの変更」ボタンを押す。

    【アイコンの変更のダイアログが出る】

  • 「参照」ボタンを押して、ダウンロードしたアイコンファイルを選択し、「OK」ボタンを何回か押すとアイコンの絵が変わる。

    <できあがり>

    ≪ ディスクドライブアイコンの変更 ≫
    Collection 10(ディスクドライブアイコン)

    ハードディスクのアイコンの場合は

    下準備

  • 全ての拡張子を表示する設定になっていない場合は、マイコンピュータやエクスプローラのメニューから「表示」→「オプション」を選択し、「表示」タブの「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外す。

    Autorun.infを作成する

  • 「スタートボタン」→「プログラム」→「アクセサリ」→「メモ帳」でメモ帳を開く。

  • 下記の2行を全て半角で記述する。(最後には、必ず改行を入れる)
    [Autorun]
    ICON=xxx.ICO

    ※「xxx.ICO」はアイコンのファイル名 (例)disk01.ico

  • ファイル名を「Autorun.inf」にして保存し、メモ帳を閉じる。

    アイコンを変更する

  • このホームページの「ディスクドライブアイコン」シリーズからダウンロードしたアイコンと、作成した「Autorun.inf」をハードディスクのルートディレクトリに入れる。

  • マイコンピュータを開くと、アイコンが変更されているのが確認できる。変更されていない場合は、F5キーを押す。

    <できあがり>


    フロッピーディスクCD-ROMのアイコンの場合は

    レジストリエディタ

  • 「スタートボタン」→「ファイル名を指定して実行」で、「REGEDIT.EXE」と入力し、「OK」ボタンを押す。

    【レジストリエディタが起動する】

  • 左側を HKEY_LOCAL_MACHINE → SOFTWARE → Microsoft → Windows → CurrentVersion → explorer → Shell Icons と開いていく。

    アイコンファイルを指定する

  • CD-ROMのアイコンを変更したい場合は、ウィンドウ右側の「名前」の欄の「11」を、フロッピーディスクを変更したい場合は「6」をダブルクリックする。

  • 「値のデータ」に変えたいアイコンのフルパス+「,0」を入力して、「OK」ボタンを押す。
    【入力例】 C:\icon\cd-rom01.ico,0

    ※このとき、目的の番号の文字列がない場合は、メニューから「編集」→「新規作成」→「文字列」を選択して、必要な番号の文字列を作る。

    アイコンの変更を反映させる

  • Windowsフォルダにある「ShellIconCache」(隠しファイル)を削除する。

  • 「コントロールパネル」から「画面」を開く。または、デスクトップの何もないところで右クリックし、「プロパティ」を選択。

    【画面のプロパティのダイアログが出る】

  • 「ディスプレイの詳細」のタブを開き、「カラー・パレット」の項目から現在の設定と違う項目を選択する(例:「High Color(16ビット)」→「256色」)。

  • 「OK」ボタンをおして、コンピュータを再起動する。

  • 再度、「ShellIconCache」を削除して、「画面のプロパティ」でカラー・パレットを元に戻し(High Colorまたはそれ以上)、コンピュータを再起動する。

    <できあがり>

    <備考>
    レジストリの変更は、大変危険な作業です。 充分に注意して行って下さい。
    尚、これらの作業を行って生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いかねます。


    ≪ ショートカットの矢印の変更 ≫
    Collection 12(ショートカットの矢印)

    Tweak UIを入手する

  • Tweak UIとは、Windows 95専用のフリーウェア「Power Toys」に含まれるユーティリティのひとつです。 Power Toysは、Windows 95の開発者たちが制作したもので、大変便利なツール集です。 ダウンロードは下記のホームページでできます。 早速ダウンロードして、インストールして下さい。

    TweakUIのダウンロード

    アイコンの矢印を変更する

  • Tweak UIをインストールするとコントロールパネルにTweak UIが追加されるので、それをダブルクリックして起動させる。

  • 起動したら「Explorer」のタブを開き「Costom」をチェックする。

    【アイコンを変更するためのダイアログが出る】

  • そこで、このホームページの「ショートカットの矢印」シリーズからダウンロードしたアイコンを選択して、「OK」ボタンを何回か押すと矢印の絵が変わる。

    表示例
     変更前これが  →   変更後こうなる

    <できあがり>

    ≪ デスクトップテーマの利用方法 ≫
    Collection 14(デスクトップテーマ)

    Microsoft PLUS!を購入する

  • Microsoft PLUS!とは、Windows 95のパワーアップキットです。このキットを使うと、画面を装飾したり、インターネットを簡単に利用できたり、システムのエラーをチェックできたりといった便利な機能を追加することが出来ます。
    このホームページの「デスクトップテーマ」シリーズを利用するには、Microsoft PLUS!が必要です。是非、購入してみて下さい。

    デスクトップテーマをダウンロードする

  • このホームページの「デスクトップテーマ」シリーズから、気に入ったものをダウンロードする。

  • ダウンロードすると「hideset××.exe」という名前(××は数字です)の自動解凍形式の圧縮ファイルができる。これをダブルクリックして解凍する。

    【hide_themeという名前のフォルダが自動作成される】

    デスクトップテーマを変更する

  • 自動作成されたフォルダの中に「hideset××」という名前(××は数字です)のフォルダがあるので、それを「C:\Program Files\Plus!\Themes」のフォルダに移動する。

  • hide_themeのフォルダの中にある「hideset××.Theme」をダブルクリックする。

    【デスクトップテーマのウィンドウが開く】

  • 「OK」ボタンを押すと、デスクトップの壁紙とマイコンピュータなどのアイコンが変わる。

    <できあがり>

    ≪ 起動ロゴ画面の変更 ≫
    Collection 15(起動ロゴ)

    下準備

  • 全ての拡張子を表示する設定になっていない場合は、マイコンピュータやエクスプローラのメニューから「表示」→「オプション」を選択し、「表示」タブの「登録されているファイルの拡張子は表示しない」のチェックを外す。

    logo.sysのバックアップをとる

  • ウィンドウズの起動時に出るロゴ画面は、ルートディレクトリにある「logo.sys」というファイルです。 このファイルを書き換えることで、起動ロゴを変えます。

  • まず、あとで戻したくなった時のために「logo.sys」をリネームするか他の場所に移動するかして大事にとっておく。

    <備考>
    パソコンの機種によっては、「logo.sys」が存在しないものがありますが、その場合は上記の操作は必要ありません。
    また、「Windows」フォルダにある「logow.sys」や「logos.sys」を書き換えることによって、それぞれ終了時のロゴと電源を切る時のロゴを変えることができます。

    起動ロゴをダウンロードする

  • このホームページの「起動ロゴ」シリーズから、気に入ったものをダウンロードする。

  • ダウンロードしたファイルは自動解凍形式の圧縮ファイルなので、これをダブルクリックして解凍する。

    【hide_logoという名前のフォルダが自動作成される】

    logo.sysをかえる

  • 自動作成されたフォルダの中のファイルの名前を「logo.sys」に変更し、ルートディレクトリに移動する。

  • 再起動して確認してみると、新しい起動ロゴが見れる。

    <できあがり>

    <備考>
    当サイトのPC98用の起動ロゴは、DOS/V用の起動ロゴを減色して作ったため、かなり画質が悪くなっています。ご了承下さい。


    ≪ マウスカーソルの変更 ≫
    Collection 16(マウスカーソル)

    マウスカーソルを変更する

  • 「コントロールパネル」から「マウス」を開く。

    【マウスのプロパティのダイアログが出る】

  • 「ポインタ」のタブを開くとマウスポインタの一覧が出るので、変更したいマウスポインタを選択して、「参照」ボタンを押す。

    【参照のダイアログが出る】

  • 目的のマウスカーソルのファイルを探して「開く」ボタンを押し、最後に「OK」ボタンを押すとマウスカーソルの絵柄が変わる。

    <できあがり>

このホームページについてのご感想やご要望を
〒郵便箱のページから頂ければうれしいです。
Back to Home