時間によってメッセージを変える

表示例

記述例

以下をできるだけ最初の方に記述して下さい(できればHEADタグの中)

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var m1 = "もう深夜ですよ。今日は徹夜ですか?"
var m2 = "もうすぐ朝ですね"
var m3 = "おはようございまぁ〜す"
var m4 = "こんにちは"
var m5 = "そろそろ日が暮れますね"
var m6 = "今日も一日お疲れさまでした"
var m7 = "やっとテレホーダイの時間ですね"

function timeMsg(){
day = new Date();
hour = day.getHours();
if (hour <= 3) { document.write(m1) }
else
if (hour <= 5) { document.write(m2) }
else
if (hour <= 10) { document.write(m3) }
else
if (hour <= 14) { document.write(m4) }
else
if (hour <= 17) { document.write(m5) }
else
if (hour <= 21) { document.write(m6) }
else
if (hour <= 23) { document.write(m7) }
}
//-->
</SCRIPT>
以下を表示させたい位置に記述して下さい(BODYタグの中ならどこでもOK)
<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
timeMsg()
//-->
</SCRIPT>
備考

if構文の「(hour <= 3)」のような箇所の数字は、時間を指定します。この場合は、3時台以前ということです。つまり3時59分までということですね。
あとは、見ればだいたい見当がつくと思いますので、説明は省略します。


←メニューへ戻る