画面の一部を自動でスクロールさせる

表示例

記述例

以下をできるだけ最初の方に記述して下さい(できればHEADタグの中)

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var max = 100;
function autoScroll() {
    if (navigator.appName == 'Netscape' && navigator.appVersion > '4') {
        count = document.layers['parent'].layers['scrwin'].top;
        if (count > -max) {
            count--;
            document.layers['parent'].layers['scrwin'].top = count;
            setTimeout("autoScroll()",10);
            status = 100 + count;
        }
    }
}
//-->
</SCRIPT>
以下を表示させたい位置に記述して下さい(BODYタグの中ならどこでもOK)
<ILAYER NAME="parent" WIDTH="480" HEIGHT="120" CLIP="0,0,480,120">
<LAYER NAME="scrwin" SRC="scroll.html" WIDTH="480" HEIGHT="120">
<IFRAME SRC="scroll.html" NAME="ie" SCROLLING="NO" WIDTH="480" HEIGHT="120" FRAMEBORDER="0">
ご利用のブラウザーはフローティングフレームに対応していません。
</IFRAME>
</LAYER>
</ILAYER>
備考

3行目の「var max = 100;」の数値を変えることで、スクロールする長さを変えることができます。
BODYタグに記述する方において、ILAYERタグ、LAYERタグ、IFRAMEタグのそれぞれの「480」と「120」の数値は、スクロールさせるウィンドウのサイズです。全て同じ数値に統一して下さい。
このスクリプトは、当サイトで紹介している「画面全体を自動でスクロールさせる」と連動して初めて動作します。LAYERタグとIFRAMEタグのSRC属性で、「画面全体を自動でスクロールさせる」を使用したページを指定して下さい。


←メニューへ戻る