>

アクセスする度にランダムにメッセージを変える

表示例

※このページは、アクセスする度に下のメッセージが変わるようになっています。また、上のボタンを押してもメッセージが変わります。

記述例

以下をできるだけ最初の方に記述して下さい(できればHEADタグの中)

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript">
<!--
var m1 = '今日のあなたの運勢は「大吉」です。';
var m2 = '今日のあなたの運勢は「中吉」です。';
var m3 = '今日のあなたの運勢は「小吉」です。';
var m4 = '今日のあなたの運勢は「吉」です。';
var m5 = '今日のあなたの運勢は「凶」です。';
var m6 = '今日のあなたの運勢は「大凶」です。';
function randomMsg() {
    var max = 6;
    msg = Math.floor(Math.random() * max) + 1;
    document.msgbox.message.value = eval('m' + msg)
}
//-->
</SCRIPT>
以下のようにBODYタグにonLoad属性を付けて下さい
<BODY onLoad="randomMsg()">
以下を表示させたい位置に記述して下さい(BODYタグの中ならどこでもOK)
<FORM NAME="msgbox">
<INPUT TYPE="text" NAME="message" SIZE="40">
</FORM>
以下を表示させたい位置に記述して下さい(BODYタグの中ならどこでもOK)
メッセージを変更させるボタンが必要ないときは省いて下さい
<FORM>
<INPUT TYPE="BUTTON" VALUE="メッセージ変更" onClick="randomMsg()">
</FORM>
備考

3〜8行目でランダムに表示するメッセージを設定します。メッセージはいくらでも増やすことができます。メッセージの数に合わせて、「var max = 6;」の行の数値を変えて下さい。


←メニューへ戻る