パスワードを入力して次のページへ行く

表示例

※この例では、パスワード(abc)を入力してOKボタンを押すと、JAVAスクリプトのメニューへ戻ります。

記述例

以下をできるだけ最初の方に記述して下さい(できればHEADタグの中)

<SCRIPT LANGUAGE="JavaScript" SRC="http://www.din.or.jp/~hideyuki/home/java/check.js">
</SCRIPT>
以下を表示させたい位置に記述して下さい(BODYタグの中ならどこでもOK)
<FORM>
<INPUT TYPE="PASSWORD" NAME="secret">
<INPUT TYPE="BUTTON" VALUE=" OK " onClick="pass(this.form)">
<INPUT TYPE="RESET" VALUE="RESET">
</FORM>
「check.js」という名前のテキストファイルを作って以下を記述して下さい
function pass(checkform) {
    var word = checkform.secret.value;
    if (word == 'abc') { location.href = 'abc.html' }
    else { alert('「' + word + '」は正しいパスワードではありません') }
}
備考

SCRIPTタグのSRC属性で、外部スクリプト(このサンプルでは、check.js)のURLを絶対パスで指定して下さい。

「check.js」の3行目の「abc」がパスワードです。各自、任意のパスワードに変えて使用して下さい。
「abc.html」は、入力したパスワードが正しいときに行くページのURLを指定します。

尚、このスクリプトのセキュリティは、信頼に値するものではありません。ブラウザーのソース表示で「check.js」のURLが分かってしまうので、直接「check.js」にアクセスすることによって、容易にパスワード及びアクセス制限ページのURLが分かってしまいます。お遊びの仕掛け程度にしか使い道はないでしょう。

トラブルシューティング

「'pass' は宣言されていません。」などのエラーが出る場合は、たいてい外部スクリプトのURLを間違えているのが原因です。正しいURLを絶対パスで指定して下さい。


←メニューへ戻る