CGIスクリプト設置の手引き(Macintosh)


◆圧縮ファイルの解凍

当サイトからダウンロードした圧縮ファイルは、LHAという形式の圧縮ファイル(拡張子lzh)です。LHAは、主にWindowsで使われている圧縮形式ですが、Macintoshでも「MacLHA」というフリーソフトで解凍することができます。「MacLHA」は、Vector Software PACKでダウンロードすることができます。


◆CGIファイルの編集

当サイトのCGIスクリプトは、Windows上で作成している為、漢字コードが「シフトJIS」、改行コードが「CR+LF(Windows)」になっています。従って、Macintoshで編集する場合は、改行コードを「CR(Mac)」にする必要があります。
「SimpleText」で編集する場合は、CGIファイルをSimpleTextで開き、「別名で保存」するだけで改行コードが「CR(Mac)」に変換されます。
「Jedit」で編集する場合は、保存するときに漢字コードを「シフトJIS」にし、改行コードを「CR(Mac)」にして保存して下さい。


◆アップロード

アップロードに使うFTPソフトは、シェアウェアの「Fetch」がお勧めです。「Fetch」は、Hartソフトウエアライブラリでダウンロードすることができます。
アップロードするときの転送モードは、必ず「Text」モードにして下さい。改行コードが自動的に「LF(Unix)」に変換されて転送されます。「Raw data」モードでは改行コードが変換されません。
転送したら、各ファイルのパーミッションを設定して下さい。


←メニューへ戻る