sendmail(1M)sendmail(1M)

名前
sendmail - インタネットを介してのメールの送信

形式
/usr/ucb/sendmail [-ba][-bd][-bi][-bm][-bp][-bs]
                  [-bt][-bv][-bz][-Cfile][-dX][-Ffullname][-fname]
                  [-hN][-n][-o xvalue][-q[time]][-rname][-t][-v]
                  [address...]

機能説明
sendmail は、 一人または複数の人々にメッセージを送信します。 どんなネットワークでも、それを介してメッセージを送ります。 sendmail はメッセージを正しい場所に送るために、 必要に応じてインタネットワークの転送を行います。

sendmail は、インタフェース・ ルーチンとして使用することを目的としてはいません。 つまり、他のプログラムがユーザにフレンドリなフロント・エンドを提供します。 sendmail は、 事前にのメッセージを転送する際にしか使用しません。

フラグを指定しないと sendmail は、 標準入力を EOF までまたは単一点が付いている行まで読み取り、 そこに見られる手紙のコピーをリストされているアドレスのすべてに送信します。 アドレスの構文および内容に基づいて使用するネットワークが決定されます。

ローカル・マシンのアドレスは、ローカル aliases(4) ファイルまたは YP ネーム・サービスを使って調べることができ、適切なエイリアスが付けられます。 さらに受信者のホーム・ディレクトリ内にファイルがあれば、 aliases コマンドはそれぞれのメッセージのコピーを、 ファイルに含まれている受信者のリストに従って転送します。 エイリアス付けは、 アドレスの先頭にバックスラッシュを付けることによって抑止することができます。 通常、送信者はエイリアス拡張形式では組み込まれません。 たとえば john が group に送信して、group が john を拡張形式で組み込んだ場合には、 group からのメールは john に転送されません。

sendmail は、ローカル・ネットワーク内の他の既知ホストに、 直接メールを送ることもできます。

以下のオプションが使用可能です。

-ba
ARPANET モードに入ります。入力行はすべて、CR-LF で終了しな ければなりません。 また、すべてのメッセージは CR-LF で終了します。 また From: フィールドおよび Sender: フィールドは、 送信者の名前のチェックを受けます。

-bd
デーモンとして実行し、入力 SMTP の接続を待ちます。

-bi
エイリアス・データ・ベースの初期設定を行います。

-bm
通常の方法でメールを配送します (デフォルトです)。

-bp
メール・キューの要約を印刷します。

-bs
RFC821 に説明されているとおり、SMTP プロトコルを使用します。 このフラグを指定することは、SMTP と互換性がある -ba フラグのすべての操作をすることを意味しています。

-bt
アドレス・テスト・モードで実行します。 このモードは、アドレスを読み取って解析の際のステップを示します。 これは構成テーブルのデバッグに使用されます。

-bv
名前だけをチェックします。 メッセージを収集したり配送したりしません。 チェック・モードは通常、ユーザやメーリング・リストをチェックするために 使用されます。

-bz
構成凍結ファイルを作成します。

-Cfile
代替構成ファイルを使用します。

-dX
デバッグ値を X に設定します。

-Ffullname
送信者のフル・ネームを設定します。

-fname
from に値する者 (つまり、メールの送信者) の名前を設定します。 -f は、「信頼されている」ユーザ (構成ファイルにリストされているユーザ) しか使用できません。

-hN
ホップ・カウントを N に設定します。ホップ・カウントは、 メールが処理されるたびに1つずつ増えます。 限界に達すると、 メールはエラー・ メッセージと共にエイリアス処理ループの被害を返します。

-Mid
待ち行列内のメッセージをメッセージ ID の id と共に配送します。

-n
エイリアス処理を行いません。

-oxvalue
オプション x を指定した value に設定します。 オプションは、以下で説明します。

-q[time]
特定の時間間隔でメッセージを処理し、 待ち行列に保管します。 time を省略した場合には、待ち行列の処理は1回となります。 time にはタグ番号として、秒は s、分は m、日数は d 、週数は w が与えられます。 たとえば -q1h30m、 -q90m はいずれもタイムアウトを1時間 30 分に 設定することになります。

-rname -f
フラグの代替および古い形式です。

-Rstring
まだ送られていないメールのキューをさがして、受信者名に指定した string が含まれているものがあればそれを配送します。 これは、 一時的にダウンしていたマシンに送られるはずのメールを 掃き出すのに有用です。

-t
受信者用のメッセージを読み取ります。 送信する人のために To: 行、Cc: 行、および Bcc: 行が走査されます。 送信は、Bcc: 行が削除されてから開始されます。 引き数リストの任意のアドレスは抑制されます。

-v
冗長モードに入ります。 エイリアス拡張形式などの情報が得られます。

処理オプション

設定できるいくつかの処理オプションもあります。 通常これらはシステム管理者のみが使用します。 オプションは、-o フラグを使っているコマンド行または構成ファイルで設定することができます。

オプションは、以下のとおりです。

Afile
代替エイリアス・ファイルを使用します。

c
接続が「高価すぎる」と考えられるメイラでは、 すぐに接続しません。 この場合、待ち行列に入れるよう要求します。

dx
配送モードを x に設定します。配送モードは対話方式 (同期 ) 転送の場合は i、 バックグラウンド (非同期) 転送の場合は b、待ち行列だけの場合 (すなわち、実際の転送は、次のキューが実行されるときに行われます) は q です。

D
必要であれば、newaliases(1M) を実行して、 エイリアス・データ・ベースを自動的に作成し直します。

ex
エラー処理をモード x に設定します。 有効なモードは、エラー・ メッセージをメールで返すには m、 エラー・メッセージを「書き込んで」返すには ( または送信者がログインしていない場合に、 エラー・メッセージをメールで返すには) w、 端末装置でエラーを表示するには p (デフォルト)、 エラー・ メッセージを廃棄するには q (終了ステータスのみが返されます)、 BerkNet 用の特殊処理を行うには e となります。 モードが m か w のときで、メッセージのテキストをメールで返さない場合や、 送信者がこのマシンに対してローカルである場合には、 メッセージのコピーは送信者のホーム・ディレクトリ内のファイル dead.letter に追加されます。

Fmode
一時ファイルを作成するときに使用するモードです。

f
メッセージの前で、UNIX システム・スタイル From 行をセーブします。

gN
メールを送った人を呼び出す時に使用するデフォルト・ グループ ID です。

Hfile
SMTP ヘルプ・ファイル

i
各行の上の点を、 それだけでメッセージの終止符と見なしません。

Ln
ログ・レベル

m
自分がエイリアス拡張形式に含まれれば、「自分」(送信者)にも送信します。

o
このオプションが設定されていれば、 このメッセージは古いスタイル・ ヘッダである場合があります。 このオプションが設定されていなければ、 このメッセージは確実に新しいスタイル・ ヘッダ (つまり、各アドレスの間はスペースではなくてカンマ) を持ちます。 このオプションが設定されていればほとんどの場合、 ヘッダの形式が最も適したものになるよう決定する適応アルゴリズムが使われます。

Qqueuedir
メッセージを待ち行列に入れるディレクトリを選択します。

rtimeout
読み取り時のタイムアウトです。何も設定されていないと、 sendmail はメールの送信をいつまでも待つことになります。

Sfile
統計が指名されたファイルにセーブされます。

s
待ち行列ファイルを例示する必要のない環境においても、 常に待ち行列ファイルを表示します。

Ttime
待ち行列内メッセージのタイムアウトを指定時間に設定します。 このメッセージは指定時間、待ち行列内に入った後送信者に返されます。 デフォルトは3日間です。

tstz,dtz
時間帯の名前を設定します。

uN
送信者のデフォルトのユーザ ID を設定します。

ユーザ名の最初の文字が縦バーであれば、 ユーザ名の残りの文字はメールを送信するプログラムの名前として使用されます。 sendmail が各引き数の間の空白を抑止することがないようにユーザ名を引用する 必要がある場合があります。

sendmail は、 それが行った内容を記述している終了ステータスを返します。 ( 詳細は省略 )

ファイル
省略

関連項目
RFC 819, "The Domain Naming Converion for Internet User Applications"
RFC 821, "Simple Mail Transfer Protocol"
RFC 822, "Standard for the Format of ARPA-Internet Text Messages"
注意
省略