StarsDemo Applet の外部仕様
最終更新日:

目 次

StarsDemo アプレットについて

Paramタグについて

JavaScript LiveConnect用関数について

Applet 上での操作について

Applet のダウンロードとインストール方法

StarsDemo アプレットについて

StarsDemo アプレットは アプレットの背景描画用アプレットとして作成した Stars クラスライブラリのテスト兼デモンストレーション用アプレットです。

然し、StarsDemo アプレットは Stars アプレットの各種パラメータを設定できますので、 何かの役に立てるかもしれないと考え(いったいなんの役に立つのやら...)、 公開します。

Paramタグについて

StarsDemo Applet で使用できるタグを以下に示します。

StarsDemo Applet のタグ
No.タグ名 defaultclass 説明
1intervalTimer int100DoubleOffscreen-
Animator
更新周期で、この時間間隔で計算・描画を繰返す。単位は msec。
2borderStyle StringnoneBorder ボーダ枠の表示形式。
○none : 描画しない
○etched_out : 凸形状の枠
○etched_in : 凹形状の枠
○out : 枠内が凸形状に
○in : 枠内が凹形状に
3borderColor Color#0080f0Border ボーダ枠の色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
4borderWidth pixel2Border ボーダ枠の幅( 0 〜 )。
5shadowThickness pixel1Border ボーダの影の厚み( 0 〜 )。 borderStyle が none 以外の場合に有効。
6bgColor ColorborderColorBorder ボーダ枠内の背景色。標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
7numSets int1StarsDemo 定義した Starsクラスのセット数
8curStar int1StarsDemo 最初に表示すべき Starsクラスのセット番号( 1 〜 numSets )
9numStars<i> int30StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して出現させる星の数
10numFrames<i> int16StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星の出現位置からの距離の刻みで、 一つの星がフレームアウトするまでの最大フレーム数。
11growFactor<i> double1.03StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星の見かけの大きさの変化率。星の見かけの大きさはフレーム毎に変化する。
12starColor<i> Color#888899StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星が最初に出現した時の色。
13starColorType<i> ColorshiftStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星の色の扱い方。 "shift" はフレーム毎に色が変化する。 "fixed" は指定した色固定。
14colorShifts<i> double[]1.15, 1.15, 1.05StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 starColorType が "shifts" の場合に有効で、星の色の変化率を指定する。
15breedMode<i> StringrectangleStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星が出現する領域の形状。 "circle" は描画領域に内接する円内で、 "rectangle" は描画領域内でランダムに出現する。
16minStarSize double2StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 星が出現した時の星のサイズ
17starKind<i> StringovalStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 出現する星の種類。 "oval" は円形で、 "char" は文字。
18charStar<i> StringStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 starKind<i>が "char" の場合に有効で、 星として使用する文字列
19charFactor<i> double[]1.0StarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 starKind<i>が "char" の場合に有効で、 charStar<i>で指定した文字列の各文字の出現率。 各値は実数をカンマ「,」で区切って指定する。 各文字の総和は 1.0 にならなければならない。
20fontName<i> StringSansSerifStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 starKind<i>が "char" の場合に有効で、 星として使用する文字列のフォント名
21fontStyle<i> StringboldStarsDemo <i>番目のセット( 1 〜 numSets )に対して、 starKind<i>が "char" の場合に有効で、 星として使用する文字列の書式。 "bold","italic","bold-italic","italic-bold" が指定できる。

JavaScript LiveConnect用 関数について

StarsDemo Applet には JavaScript1.1 から制御できるように各種 I/F を装備しています。 以下に Applet に備わっている関数以外で StarsDemo Applet に実装されている I/F を示します。

StarsDemo Applet の JavaScript I/F
No.関数名インターフェイス説明
1changeStar void changeStar(s) s で指定された番号の Stars 定義に表示を変更します。
2nextStar void nextStar() 次の Stars 定義に表示を変更します。
3prevStar void prevStar() 前の Stars 定義に表示を変更します。
4getStarN String getStarN() 現在設定されている Stars定義番号を返します。

Applet 上での操作について

StarsDemo Applet にはマウス操作が実装されています。 StarsDemo Applet 上で可能な操作を以下に示します。

StarsDemo Applet の操作
No.操作意 味
1クリック操作 現在表示している Stars定義の次の定義に表示を変更します。
2Shift + クリック操作 現在表示している Stars定義の前の定義に表示を変更します。


(C)Copyright 1997 ShinSoft.
All rights reserved.