WhatsNew Applet の外部仕様
最終更新日:

目 次

WhatsNew アプレットについて

Paramタグについて

JavaScript LiveConnect用関数について

Applet 上での操作について

Applet のダウンロードとインストール方法

WhatsNew アプレットについて

WhatsNew アプレットは指定されたドキュメントの更新日付が指定された範囲内にあるか をチェックしその結果を指定されたフォーマットで表示するアプレットです。

このアプレットは現実的には通常のインターネット環境より、 イントラネット環境に向いていると考えています。 それは、以下の理由によります。

Netscape Navigator の制限
このアプレットは指定されたドキュメントをチェックしますが、 Firewall 環境では Netscape のブラウザは実行環境がサーバ名として与えられている場合、 DNS( サーバ名を IP Address に対応づけるサーバ )へのアクセスができずにエラーとなります。 ( 回避方法をどなたか教えて下さい ) その為に、このアプレットを含むドキュメントはサーバを IP Address で指定しなければなりません。

このアプレットを使用するページのローディング時の負荷
このアプレットは基本的に目次的なページで使用されることを前提としています。 従って使用するページに1つのアプレットのみという状況は考えられません。 つまり、1つのページに複数の WhatsNewアプレット が使用されている状況では、 該当のページの表示完了までには「アプレット以外の要素」・ 「アプレットと必要なクラスライブラリ」・「チェック対象のドキュメントの LastModified プロパティ」 のローディングを行なうことになります(セッション数が多量になる可能性があります)。

以上の事に留意すれば、メリットも結構あります。

ページのメンテナンスの省力化
更新日付の代わりにこのアプレットを使用すれば更新マークの修正の手間が省け、 本当に修正したいページの修正のみに専念できます。

個人単位の WhatsNew の実現
JavaScript と組合せて Cookie を利用すれば、 訪問してくれた人にとって前回から変更された項目を知らせることができます。 ( Cookie の利用方法に関しては「JavaScript Tips集」の「Whats New for you」を 参照して下さい。

このアプレットを使用する際の注意事項としては以下のものがあります。

参照ページの変更
このアプレットは指定されたページの LastModified プロパティをチェックするのみ なので、参照対象のページに「更新」マークなどを付ける場合には マークの削除(非表示にすること)は自動で行なわなければなりません。 (編集してしまうと、それだけで「更新」と判定します f(^^;) 更新マークの自動削除については「JavaScript Tips集」の「Whats New」を参照して 下さい。

Paramタグについて

WhatsNew Applet で使用できるタグを以下に示します。

WhatsNew Applet のタグ
No.タグ名 defaultclass 説明
1bgColor ColorwhiteWhatsNew アプレットの背景色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
2checkURL Stringnull,_selfWhatsNew チェック対象のドキュメント。 指定形式は
URL,[ターゲットウィンドウ名]
ターゲットウィンドウは enableShowDocument が "true" の場合に有効で、 省略すると自分自身のウィンドウになる。
3enableShowDocument booleanfalseWhatsNew ハイパーリンク有効。 "true" を指定するとマウス操作で checkURL 又は linkURL の指定先にリンクする。
4linkURL StringnullWhatsNew enableShowDocument が "true" の場合に有効で、 ハイパーリンク先が checkURL と異なる場合(フレーム構成のページなど)に その飛び先の URL を指定する。 指定形式は
URL,[ターゲットウィンドウ]
ターゲットウィンドを省略すると自分自身のウィンドウになる。
5lastDay longnullWhatsNew 判定基準日( msec )。 指定された日以降なら新規と判断する。
6limit integer7WhatsNew lastDay が指定されない場合に有効で、 現在より数えて新規として判定すべき日数。
7monthStrings String[]Jan., Feb., Mar., Apr., May., Jun., Jul., Aug., Sep., Oct., Nov., Dec.WhatsNew 月の文字表記を行なう場合に使用する文字配列。
8weekStrings StringSun, Mon, Tue, Wed, Thu, Fri, SatWhatsNew 曜日の表記を行なう場合に使用する文字配列。
9oldFormat String%m/%d.%YWhatsNew 新規でないと判定された場合に表示する文字列フォーマット。 フォーマットには以下の変数が使用できる。
%Y
西暦4桁表示
%y
西暦2桁表示
%m
%M
月の文字表記
%d
%W
曜日
%n
%%
%文字
10oldColor ColorblackWhatsNew 新規でないと判定された場合に表示する文字の色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
11oldFont StringSansSerif,italic,10WhatsNew 新規でないと判定された場合に表示する文字の書体。 指定形式は
フォント名,スタイル({ plain, bold, italic, bold-italic }),サイズ
12newFormat StringoldFormatWhatsNew 新規と判定された場合に表示する文字列のフォーマット 指定できる変数については oldFormat 参照
13newColor ColorredWhatsNew 新規と判定された場合に表示する文字の色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
14newFont StringoldFontWhatsNew 新規と判定された場合に表示する文字の書体。 指定形式は
フォント名,スタイル({ plain, bold, italic, bold-italic }),サイズ
15demoMode StringnoneWhatsNew デモンストレーション用表示モード。
none
標準の判定を行ない、結果を表示する。
new
常に新規と判定し表示する。
old
常に新規でないと判定し表示する。

JavaScript LiveConnect用 関数について

WhatsNew Applet には JavaScript1.1 から制御できるように各種 I/F を装備しています。 以下に Applet に備わっている関数以外で WhatsNew Applet に実装されている I/F を示します。

WhatsNew Applet の JavaScript I/F
No.関数名インターフェイス説明
1setDemoMode void setDemoMode(s) s で指定されたモード({ none, new, old })で表示する。
2getDemoMode String getDemoMode() 現在のデモモード状態を取出す。
3setLastDay void setLastDay(ld) ld で指定された値を基準日として設定し、表示を更新する。

Applet 上での操作について

WhatsNew Applet にはマウス操作が実装されています。 WhatsNew Applet 上で可能な操作を以下に示します。

WhatsNew Applet の操作
No.操作意 味
1クリック操作 enableShowDocument が "true" の場合に有効で、 checkURL 又は linkURL で指定されている URL を指定された ターゲットウィンドウに表示する。
2Shift + クリック操作 enableShowDocument が "true" の場合に有効で、 checkURL 又は linkURL で指定されている URL をトップウィンドウに表示する。


(C)Copyright 1997 ShinSoft.
All rights reserved.