GetFile Applet の外部仕様
最終更新日:

目 次

GetFile アプレットについて

Paramタグについて

JavaScript LiveConnect用関数について

Applet 上での操作について

Applet のダウンロードとインストール方法

GetFile アプレットについて

GetFile アプレットは表向きは指定されたイメージファイルを 表示領域上の中央に表示するだけのアプレットです。

然し、このアプレットの本当の目的は JavaScript の機能を補完することで、 JavaScript では実現できない、又は、デジタル署名付きでないとできない機能を Java で補います。 (といっても、現在のところたいした機能があるわけではありませんが...f(^^;

このアプレットは現実的には通常のインターネット環境より、 イントラネット環境に向いていると考えています。 それは、以下の理由によります。

Netscape Navigator の制限
このアプレットは指定されたドキュメントをチェックしますが、 Firewall 環境では Netscape のブラウザは実行環境がサーバ名として与えられている場合、 DNS( サーバ名を IP Address に対応づけるサーバ )へのアクセスができずにエラーとなります。 ( 回避方法をどなたか教えて下さい ) その為に、このアプレットを含むドキュメントはサーバを IP Address で指定しなければなりません。

このアプレットを使用する際の負荷
このアプレットは基本的に JavaScript から対話的に使用されることを前提としています。 従って、サーバに情報を問合わせる度にネットワーク上の負荷に応じた時間を必要とします。 つまり、ユーザが対話的に操作する毎に負荷状況に応じたストレスを感じる可能性があります。

以上の事に留意すれば、メリットも結構あります。

更新日管理
更新日付に関しては WhatsNew アプレットと同様、更新マークの修正の手間が省け、 更に表現も自由に加工できます。

異なるウィンドウ間の通信
JavaScript では関連のあるウィンドウに関してのみデータの授受ができますが、 このアプレットの Static領域 のアクセス機能を使用すれば、 独立したページ間でもデータの授受ができます。

JavaScript から CGI への直接通信
サーバ側のファイルの読込み機能を利用すれば、GET型 CGI に対して使用することで JavaScript から CGI と情報の授受が実現できます。

このアプレットを使用する際の注意事項としては以下のものがあります。

参照ページの変更
このアプレットは指定されたページの LastModified プロパティをチェックするのみ なので、参照対象のページに「更新」マークなどを付ける場合には マークの削除(非表示にすること)は自動で行なわなければなりません。 (編集してしまうと、それだけで「更新」と判定します f(^^;) 更新マークの自動削除については「JavaScript Tips集」の「Whats New」を参照して 下さい。

サーバ側ファイルの文字コード制限
このアプレットはサーバ側ファイルを読み出すことができますが、 対象ファイルの文字列に関する変換を行なっていません。 このため、日本語の文字列を取得することはできません。 英数字のみに限定して下さい。

Paramタグについて

GetFile Applet で使用できるタグを以下に示します。

GetFile Applet のタグ
No.タグ名 defaultclass 説明
1bgColor ColorbackgroundGetFile アプレットの背景色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
2image URLnullGetFile 表示するイメージのURL。 省略すると背景色で降りつぶすだけになる。

JavaScript LiveConnect用 関数について

GetFile Applet には JavaScript1.1 から制御できるように各種 I/F を装備しています。 以下に Applet に備わっている関数以外で GetFile Applet に実装されている I/F を示します。

GetFile Applet の JavaScript I/F
No.関数名インターフェイス説明
1getLastModified long getLastModified(url) url で指定されたファイルの最終更新日を取出す
2getContentLength int getContentLength(url) url で指定されたファイルのサイズを取出す
3getDocument String getDocument(url) url で指定されたファイルの内容を取出す。 但し、コード変換をしていないので日本語は扱えない。
4setStatic void setStatic(s) s で指定された文字列を Static領域に設定する
5getStatic String getStatic() Static領域に設定されている文字列を返す

Applet 上での操作について

GetFile Applet には操作は実装されていません。


(C)Copyright 1997 ShinSoft.
All rights reserved.