はじめに

最終更新日: 1998年 5月10日(日)

このコーナの目的

現在、 Java はプラットフォーム非依存の言語として脚光を浴びています
個人的には、VB とは違ってオブジェクト指向らしいオブジェクト指向言語であり、 Windows・Machintosh・UNIX などのプラットフォームに依存しない言語・環境である ことに非常に魅力に感じていて、次世代にも生き延びる言語ではないかと思っています (早い話が、一粒で3つオイシイ)
然し、 実際には言語環境の問題・品質の問題・パフォーマンスの問題・セキュリティの問題 など、多くの課題があるのも事実です
そこで、Java の勉強がてら実用面でどの程度のことができ、 また、どこに問題がありそうなのかを見極めるためにいくつかの Applet を 作成してみることにしました
ということで、単なる個人的な趣味と勉強です。f(^^;

開発環境について

このページの Java Applet は サンマイクロシステムズ社の JDK1.1.1 を利用し、 テキストエディタ ViVi で作成しました
然し、ブラウザの実行環境は JDK1.0.2 ベースですから、 古いインターフェイスを使用しています
そのため、ここで作成した Applet のソースを JDK1.1.1 でコンパイルすると ワーニングが発生しますのであしからず

実行時間の問題

ここにあるページのいくつかは、 Microsoft Internet Explorer(Ver3.0以前)では充分に動作しないものがあります
これは、 Applet の制御を Applet 本体ではなく JavaScript を使用しているためで、 JavaScript と Applet 間の通信は JavaScript1.1 以降の仕様であるためです
この機能を有効にするためには Internet Explorer 4.0 以降又は Netscape Navigator3.0 以降が必要です

ソース参照上の問題

Java のソースは、通常 .java というサフィックスで表現されますが、 通常の Web サーバでは設定していないため、 そのままではブラウザでは参照できない場合があります
その場合はブラウザ側のファイルタイプを設定すれば表示されます
設定はお使いのブラウザのヘルプなどを見て設定して下さい

著作件と責任範囲

一切の著作権は私に帰属しますが、再利用・変更・再配布は自由です。 但し、その際はまで ご一報下さい
また、どのような場合でも、この Applet や記述により 被るかもしれない一切の問題の責任は負いませんのでご容赦下さい


(c)1997 ShinSoft. All rights reserved.