Chaos Applet の外部仕様
最終更新日:

目 次

Paramタグについて

JavaScript LiveConnect用関数について

Applet 上での操作について

Applet のダウンロードとインストール方法

Paramタグについて

Chaos Applet で使用できるタグを以下に示します。

Chaos Applet のタグ
No.tag name defaultclass 説明
1useJava1.1Interface booleanfalseMISAnimator Java1.1 で追加された関数を使用するかどうかを示し、 true なら使用する。
2intervalTimer int100MISAnimator 更新周期で、この時間間隔で計算・描画を繰返す。単位は msec。
3borderStyle StringnoneBorder ボーダ枠の表示形式。
○none : 描画しない
○etched_out : 凸形状の枠
○etched_in : 凹形状の枠
○out : 枠内が凸形状に
○in : 枠内が凹形状に
4borderColor Color#0080f0Border ボーダ枠の色。 標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
5borderwidth pixel2Border ボーダ枠の幅( 0 〜 )。
6shadowThickness pixel1Border ボーダの影の厚み( 0 〜 )。 borderStyle が none 以外の場合に有効。
7bgColor ColorborderColorBorder ボーダ枠内の背景色。標準の色名称・#RRGGBB形式が指定できる。
8drawingMessage Stringdrawing...Chaos 描画中の表示メッセージ。
9font Fontdefault fontChaos 描画中メッセージの表示フォント。指定形式は
フォント名,書式,サイズ
フォント名は
Serif, SansSerif, MonoSpaced
が指定できる。 書式は
plain, bold, italic, bold-italic, italic-bold が指定できる。
10messageInterval int3Chaos 描画中メッセージのブリンク間隔
11region double[]-20.0, -15.0, 15.0, 20.0Chaos カオスの描画対象空間。形式は (x1, y1, x2, y2) で、 xy座標の小さい隅 (x1, y1) と大きい隅 (x2, y2) の座標。
12p0 double[]3.0, 0.0Chaos カオス計算の初期値 (x0, y0) 。
13constants double[]0.80, -3.00, -3.00, -1.00Chaos カオス計算式の係数( A, B, C, D )で、計算式は
x1 = y0 + A*x0 + B / (1+x02) + C
y1 = D*x0
14plots int[]8000, 100Chaos 計算総数と1表示あたりの描画数
15fgColor ColornullChaos 描画色。指定しない場合、全ての色相を使用して256階調でカラフルに色づけする。
16randomLoop booleanfalseChaos 1つのカオス終了後、係数をランダムに算出して連続して描画する。

JavaScript LiveConnect用 関数について

Chaos Applet には JavaScript1.1 から制御できるように各種 I/F を装備しています。 以下に Applet に備わっている関数以外で Chaos Applet に実装されている I/F を示します。

Chaos Applet の JavaScript I/F
No.関数名インターフェイス説明
1getMx1
getMy1
getMx2
getMy2
String getMx1()
String getMy1()
String getMx2()
String getMy2()
カオスの描画対象領域の各座標を返します
2getX0
getY0
String getX0()
String getY0
カオス計算の初期値を返します
3getA
getB
getC
getD
String getA()
String getB()
String getC()
String getD()
計算式の各係数値を返します
4getRt
getTm
String getRt()
String getTm()
各々 描画総数、1描画あたりの計算数を返します
5setArea void setArea(x1, y1, x2, y2) カオスの描画対象領域を設定し、再描画します
6setInitPoint void setInitPoint(x, y) カオス計算の初期値を設定し、再描画します
7setConstant void setConstant(A, B, C, D) 計算式の各係数を設定し、再描画します
8setPrecision void setPrecision(rt, tm) 描画総数、1描画あたりの計算数を設定し、再描画します
9setZoom void setZoom(x, y, z) 座標(x, y)を中心として z で示す倍率(%)で描画対象領域を拡大又は縮小して、再描画します
10randomDraw void randomDraw() 乱数により各係数を設定して、再描画します
11reset void reset() Chaos Applet が起動されたときのパラメータ( タグ値 )に設定し、再描画します
12setRandomRedraw void setRandomRedraw(s) randomDrawモードを s( boolean )で示された値に設定・解除します。 もし、設定( true )を指定した場合には、再描画します
13saveRequest void saveRequest() 現在描画中の各パラメータを記憶します
14recoverRequest void recoverRequest() saveRequest()関数で記憶したパラメータを再設定して、描画します
15requestAll void requestAll(x1, y1, x2, y2, x0, y0, A, B, C, D, rt, tm) 描画対象領域(x1, y1, x2, y2)、初期値(x0, y0)、係数(A, B, C, D)、 描画点数(rt, tm)で、再描画します

Applet 上での操作について

Chaos Applet にはマウス操作が実装されています。 Chaos Applet 上で可能な操作を以下に示します。

Chaos Applet の操作
No.操作意 味
1クリック操作 現在描画している描画対象空間上のクリックされた座標を カオス計算の初期値として設定し、再描画します。
2ドラッグ操作 ドラッグ操作を行うとアプレット上にドラッグ開始点から終了点を頂点とする 矩形が描画されます。 この矩形は新しい描画対象空間を示していて、ドラッグ終了時点 (マウスボタンのリリース操作)での矩形を新しい描画対象領域として設定し、 再描画します。
3Shift + マウスクリック Chaos Applet の起動時の値(HTML の Paramタグで指定した値) で再描画します。


(C)Copyright 1997 ShinSoft.
All rights reserved.