All Packages  Class Hierarchy  This Package  Previous  Next  Index

Class shinSoft.service.DrawStr

java.lang.Object
   |
   +----shinSoft.service.DrawStr

public class DrawStr
extends Object
文字描画サービスクラス - DrawStr.class このクラスは文字に装飾を施して描画するクラスです。
Copyright(C) 1997 Shinichi Hagiwara. All Rights Reserved.

Version:
1.0, 02 Jun 1997
Author:
Shinichi Hagiwara

Variable Index

 o charStyle
文字のスタイル
 o CS_FLAT
文字スタイル - 影付文字
 o CS_NORMAL
文字スタイル - 普通の文字
 o CS_SOLID
文字スタイル - 立体文字
 o DIR_LB
立体文字列の影の方向 - 左下
 o DIR_LT
立体文字列の影の方向 - 左上
 o DIR_RB
立体文字列の影の方向 - 右下
 o DIR_RT
立体文字列の影の方向 - 右上
 o font
フォント
 o message
描画する文字列
 o metrics
フォントメトリックス
 o msgColor
文字列の色
 o outline
アウトライン指定
 o tagDispStyle
描画スタイル定義のタグ名
 o tagFont
描画するフォントのタグ名
 o tagMessage
描画する文字列のタグ名
 o thickness
立体文字の場合の文字の厚み
 o xoffset
影付文字の場合の影のオフセット値
 o yoffset
影付文字の場合の影のオフセット値

Constructor Index

 o DrawStr(String, String, String[], String[], Applet)
コンストラクタ

Method Index

 o blendColor(Color, Color)
2つの色の中間色を生成します
 o blendColor(Color, Color, double, double)
指定された比率で2つの色の中間色を生成します
 o blendColor(Color, Color, int, int)
指定された比率で2つの色の中間色を生成します
 o brightColor(Color)
Solid の場合の影の明るい部分の色を生成します
 o darkColor(Color)
Solid の場合の影の暗い部分の色を生成します
 o drawBright(Graphics, String, int, int, int, Color)
立体文字列の影の明るい面を描画します。
 o drawDark(Graphics, String, int, int, int, int, Color, int)
立体文字列の影の暗い面を描画します。
 o drawFlat(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color, int, int)
影付の文字列を描画します。
 o drawFlat(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color, int, int, int, int)
影付の文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。
 o drawMessage(Graphics, Font, FontMetrics, int, int, Color)
現在設定中の属性と指定されたフォントを使用して文字を描画します。
 o drawMessage(Graphics, Font, FontMetrics, int, int, Color, int, int)
現在設定中の属性と指定したフォントを使用して指定した比率で背景と文字色の 中間の文字色で描画します。
 o drawMessage(Graphics, int, int, Color)
現在設定中の属性を使用して文字を描画します。
 o drawMessage(Graphics, int, int, Color, int, int)
現在設定中の属性を使用して指定した比率で背景と文字色の中間の文字色で描画します。
 o drawNormal(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color)
通常の文字列を描画します。
 o drawNormal(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color, int, int)
通常の文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。
 o drawOutline(Graphics, String, int, int, Color)
文字のアウトラインを描画します。
 o drawShadow(Graphics, String, int, int, Color, int, int)
文字の影を描画します。
 o drawSolid(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color, int, int)
立体文字列を描画します。
 o drawSolid(Graphics, String, int, int, boolean, Color, Color, int, int, int, int)
立体文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。
 o getAppletInfo()
このクラスに関する情報を返します。
 o getBoundingBox()
現在設定中の文字の描画に要する矩形領域を計算します。
 o getBoundingBox(FontMetrics)
現在設定中の属性と指定されたフォントメトリックスを使用して文字の描画に 必要な矩形領域を計算します。
 o getClassName()
このクラスのクラス名を返します。
 o getDrawFlatOffset(FontMetrics, String, boolean, int, int)
影付文字列を描画する際の矩形領域の左上角からのオフセット値を計算します。 オフセット値は描画する文字列の最初の文字のベースラインの位置です。
 o getDrawSolidOffset(FontMetrics, String, boolean, int, int)
立体文字列を描画する際の矩形領域の左上角からのオフセット値を計算します。 オフセット値は描画する文字列の最初の文字のベースラインの位置です。
 o getFlatBoundingBox(FontMetrics, String, boolean, int, int)
影付文字列描画時に必要な矩形領域のサイズを計算します。
 o getFont()
現在設定中のフォントを取出します。
 o getParameterInfo()
このクラスで使用するパラメータに関する情報を返します。
 o getSolidBoundingBox(FontMetrics, String, boolean, int)
立体文字列描画時に必要な矩形領域のサイズを計算します。
 o getVersion()
このクラスのバージョン番号を返します。
 o outlineColor(Color, Color)
アウトラインの色を計算する
 o parseCharStyle(String, int)
文字表現の文字スタイルを文字スタイルに変換します。
 o parseDirection(String, int)
立体文字列の描画する影の方向の文字列表現を変換します。

Variables

 o tagMessage
 public static String tagMessage
描画する文字列のタグ名

 o tagFont
 public static String tagFont
描画するフォントのタグ名

 o tagDispStyle
 public static String tagDispStyle
描画スタイル定義のタグ名

 o message
 public String message
描画する文字列

 o font
 public Font font
フォント

 o metrics
 public FontMetrics metrics
フォントメトリックス

 o msgColor
 public Color msgColor
文字列の色

 o charStyle
 public int charStyle
文字のスタイル

 o outline
 public boolean outline
アウトライン指定

 o xoffset
 public int xoffset
影付文字の場合の影のオフセット値

 o yoffset
 public int yoffset
影付文字の場合の影のオフセット値

 o thickness
 public int thickness
立体文字の場合の文字の厚み

 o DIR_RB
 public static final int DIR_RB
立体文字列の影の方向 - 右下

 o DIR_RT
 public static final int DIR_RT
立体文字列の影の方向 - 右上

 o DIR_LB
 public static final int DIR_LB
立体文字列の影の方向 - 左下

 o DIR_LT
 public static final int DIR_LT
立体文字列の影の方向 - 左上

 o CS_NORMAL
 public static final int CS_NORMAL
文字スタイル - 普通の文字

 o CS_FLAT
 public static final int CS_FLAT
文字スタイル - 影付文字

 o CS_SOLID
 public static final int CS_SOLID
文字スタイル - 立体文字

Constructors

 o DrawStr
 public DrawStr(String suffix,
                String defMessage,
                String defFont[],
                String defDispStyle[],
                Applet applet)
コンストラクタ

Parameters:
suffix - タグ名に付加するサフィックス文字列
defMessage - 描画する文字列の指定が無い場合に使用する文字列
defFont - フォント指定が無い場合に使用するフォントの定義 定義は以下項目の文字列配列を指定する。
  1. フォント名
  2. スタイル{ plain, bold, italic, bold-italic }
  3. フォントサイズ
defDispStyle - 描画スタイル指定が無い場合に使用するスタイルの定義。 定義は以下項目の文字列配列を指定する。
  1. 文字色
  2. 文字スタイル{ normal, flat, solid }
  3. アウトライン指定{ true, false }
  4. 影のオフセット値{ x, y }(x は立体文字時の厚みとしても使用する)
applet - 指定を取出すアプレット

Methods

 o getClassName
 public static String getClassName()
このクラスのクラス名を返します。

Returns:
クラス名( 例: "DrawStr.class" )
 o getVersion
 public static String getVersion()
このクラスのバージョン番号を返します。

Returns:
このクラスのバージョン番号( 例: "1.00 Beta" )
 o getAppletInfo
 public static String getAppletInfo()
このクラスに関する情報を返します。

Returns:
クラス情報
 o getParameterInfo
 public static String[][] getParameterInfo()
このクラスで使用するパラメータに関する情報を返します。

Returns:
パラメータ情報
 o getBoundingBox
 public Dimension getBoundingBox()
現在設定中の文字の描画に要する矩形領域を計算します。

Returns:
描画に要する矩形領域
 o drawMessage
 public void drawMessage(Graphics g,
                         int x,
                         int y,
                         Color bgColor)
現在設定中の属性を使用して文字を描画します。

Parameters:
g - 描画するグラフィックス
x,y - 文字を描画する座標(矩形領域の左上角)
bgColor - 背景色
 o drawMessage
 public void drawMessage(Graphics g,
                         Font f,
                         FontMetrics fm,
                         int x,
                         int y,
                         Color bgColor)
現在設定中の属性と指定されたフォントを使用して文字を描画します。

Parameters:
g - 描画するグラフィックス
f - フォント
fm - フォントメトリックス
x,y - 文字を描画する座標(矩形領域の左上角)
bgColor - 背景色
 o drawMessage
 public void drawMessage(Graphics g,
                         int x,
                         int y,
                         Color bgColor,
                         int mr,
                         int br)
現在設定中の属性を使用して指定した比率で背景と文字色の中間の文字色で描画します。

Parameters:
g - 描画するグラフィックス
x,y - 文字を描画する座標(矩形領域の左上角)
bgColor - 背景色
mr - 文字色の度合
br - 背景色の度合
 o drawMessage
 public void drawMessage(Graphics g,
                         Font f,
                         FontMetrics fm,
                         int x,
                         int y,
                         Color bgColor,
                         int mr,
                         int br)
現在設定中の属性と指定したフォントを使用して指定した比率で背景と文字色の 中間の文字色で描画します。

Parameters:
g - 描画するグラフィックス
f - フォント
fm - フォントメトリックス
x,y - 文字を描画する座標(矩形領域の左上角)
bgColor - 背景色
mr - 文字色の度合
br - 背景色の度合
 o getFont
 public Font getFont()
現在設定中のフォントを取出します。

Returns:
設定中のフォント
 o getBoundingBox
 public Dimension getBoundingBox(FontMetrics fm)
現在設定中の属性と指定されたフォントメトリックスを使用して文字の描画に 必要な矩形領域を計算します。

Returns:
描画に必要な矩形領域
 o blendColor
 public static Color blendColor(Color c1,
                                Color c2,
                                int f1,
                                int f2)
指定された比率で2つの色の中間色を生成します

Parameters:
c1 - 色1
c2 - 色2
f1 - 色1の比率
f2 - 色2の比率
Returns:
合成した色
 o blendColor
 public static Color blendColor(Color c1,
                                Color c2,
                                double f1,
                                double f2)
指定された比率で2つの色の中間色を生成します

Parameters:
c1 - 色1
c2 - 色2
f1 - 色1の比率
f2 - 色2の比率
Returns:
合成した色
 o blendColor
 public static Color blendColor(Color c1,
                                Color c2)
2つの色の中間色を生成します

Parameters:
c1 - 色1
c2 - 色2
Returns:
合成した色
 o outlineColor
 public static Color outlineColor(Color sc,
                                  Color bc)
アウトラインの色を計算する

Parameters:
sc - 文字の色
bc - 背景の色
Returns:
アウトラインの色
 o darkColor
 public static Color darkColor(Color c)
Solid の場合の影の暗い部分の色を生成します

Parameters:
c - 文字の色
Returns:
影の暗い部分の色
 o brightColor
 public static Color brightColor(Color c)
Solid の場合の影の明るい部分の色を生成します

Parameters:
c - 文字の色
Returns:
影の明るい部分の色
 o getFlatBoundingBox
 public static Dimension getFlatBoundingBox(FontMetrics fm,
                                            String s,
                                            boolean oline,
                                            int offx,
                                            int offy)
影付文字列描画時に必要な矩形領域のサイズを計算します。

Parameters:
fm - 使用するフォントメトリックス
s - 描画する文字列
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
offx - 描画する影の x 方向のオフセット値
offy - 描画する影の y 方向のオフセット値
Returns:
必要な矩形領域の Dimension
 o getSolidBoundingBox
 public static Dimension getSolidBoundingBox(FontMetrics fm,
                                             String s,
                                             boolean oline,
                                             int thickness)
立体文字列描画時に必要な矩形領域のサイズを計算します。

Parameters:
fm - 使用するフォントメトリックス
s - 描画する文字列
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
thickness - 文字列に付ける立体感の厚み
Returns:
必要な矩形領域の Dimension
 o getDrawFlatOffset
 public static Point getDrawFlatOffset(FontMetrics fm,
                                       String s,
                                       boolean oline,
                                       int offx,
                                       int offy)
影付文字列を描画する際の矩形領域の左上角からのオフセット値を計算します。 オフセット値は描画する文字列の最初の文字のベースラインの位置です。

Parameters:
fm - 使用するフォントメトリックス
s - 描画する文字列
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
offx - 描画する影の x 方向のオフセット値
offy - 描画する影の y 方向のオフセット値
Returns:
オフセット値を示す Point
 o getDrawSolidOffset
 public static Point getDrawSolidOffset(FontMetrics fm,
                                        String s,
                                        boolean oline,
                                        int direction,
                                        int thickness)
立体文字列を描画する際の矩形領域の左上角からのオフセット値を計算します。 オフセット値は描画する文字列の最初の文字のベースラインの位置です。

Parameters:
fm - 使用するフォントメトリックス
s - 描画する文字列
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
direction - 厚みの方向
thickness - 文字列に付ける立体感の厚み
Returns:
オフセット値を示す Point
 o drawOutline
 public static void drawOutline(Graphics g,
                                String s,
                                int x,
                                int y,
                                Color oc)
文字のアウトラインを描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oc - 描画する色
 o drawShadow
 public static void drawShadow(Graphics g,
                               String s,
                               int x,
                               int y,
                               Color sc,
                               int offx,
                               int offy)
文字の影を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
sc - 描画する色
offx - 影の x 方向オフセット値
offy - 影の y 方向オフセット値
 o drawDark
 public static void drawDark(Graphics g,
                             String s,
                             int x,
                             int y,
                             int direction,
                             int thickness,
                             Color dc,
                             int margin)
立体文字列の影の暗い面を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
direction - 厚みの方向
thickness - 文字列に付ける立体感の厚み
dc - 描画する色
margin - 文字から描画しないピクセル数
 o drawBright
 public static void drawBright(Graphics g,
                               String s,
                               int x,
                               int y,
                               int direction,
                               Color bc)
立体文字列の影の明るい面を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
direction - 厚みの方向
dc - 描画する色
 o drawNormal
 public static void drawNormal(Graphics g,
                               String s,
                               int x,
                               int y,
                               boolean oline,
                               Color fg,
                               Color bg)
通常の文字列を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
 o drawNormal
 public static void drawNormal(Graphics g,
                               String s,
                               int x,
                               int y,
                               boolean oline,
                               Color fg,
                               Color bg,
                               int fgr,
                               int bgr)
通常の文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
fgr - 文字の度合
bgr - 背景の度合
 o drawFlat
 public static void drawFlat(Graphics g,
                             String s,
                             int x,
                             int y,
                             boolean oline,
                             Color fg,
                             Color bg,
                             int offx,
                             int offy)
影付の文字列を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
offx - 描画する影の x 方向のオフセット
offy - 描画する影の y 方向のオフセット
 o drawFlat
 public static void drawFlat(Graphics g,
                             String s,
                             int x,
                             int y,
                             boolean oline,
                             Color fg,
                             Color bg,
                             int fgr,
                             int bgr,
                             int offx,
                             int offy)
影付の文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
fgr - 文字の度合
bgr - 背景の度合
offx - 描画する影の x 方向のオフセット
offy - 描画する影の y 方向のオフセット
 o drawSolid
 public static void drawSolid(Graphics g,
                              String s,
                              int x,
                              int y,
                              boolean oline,
                              Color fg,
                              Color bg,
                              int direction,
                              int thick)
立体文字列を描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
direction - 厚みの方向
thick - 文字列に付ける立体感の厚み
 o drawSolid
 public static void drawSolid(Graphics g,
                              String s,
                              int x,
                              int y,
                              boolean oline,
                              Color fg,
                              Color bg,
                              int fgr,
                              int bgr,
                              int direction,
                              int thick)
立体文字列を指定色と背景色の中間色で描画します。

Parameters:
g - 描画するイメージのグラフィックス
s - 描画する文字列
x - 描画する x 座標
y - 描画する y 座標
oline - アウトラインを描画する場合 true、しない場合 false
fg - 文字の色
bg - 背景の色
fgr - 文字の度合
bgr - 背景の度合
direction - 厚みの方向
thick - 文字列に付ける立体感の厚み
 o parseDirection
 public static int parseDirection(String s,
                                  int defaultvalue)
立体文字列の描画する影の方向の文字列表現を変換します。

Parameters:
s - 文字列表現
defaultvalue - 文字列表現が変換できない場合に使用するデフォルト値
Returns:
方向値
 o parseCharStyle
 public static int parseCharStyle(String s,
                                  int defaultvalue)
文字表現の文字スタイルを文字スタイルに変換します。

Parameters:
s - 文字表現も文字スタイル
defaultvalue - 文字表現の変換に失敗した場合に使用する文字スタイル

All Packages  Class Hierarchy  This Package  Previous  Next  Index