All Packages  Class Hierarchy  This Package  Previous  Next  Index

Class shinSoft.service.Border

java.lang.Object
   |
   +----shinSoft.service.Border

public class Border
extends Object
このクラスはボーダ枠を描画するクラスです。
このクラスの最も簡単な使い方は以下の通りです。
 int    awtWidth, awtHeight;
 Border border;
 public void init(){
   awtWidth = size().width; awtHeight = size().height;
   Border border = new Border(this, true, true);
 }
 public void paint(Graphics g){
   g.drawShadow(g, 0, 0, awtWidth, awtHeight);
 }

(C)Copyright 1997 Shinichi Hagiwara. All Rights Reserved.

Version:
1.0, 07/13/97
Author:
Shinichi Hagiwara

Variable Index

 o BORDER_ETCHED_IN
borderStyle の定義値 - 凹んだ線
 o BORDER_ETCHED_OUT
borderStyle の定義値 - 飛出た線
 o BORDER_IN
borderStyle の定義値 - 凹んだ領域
 o BORDER_NONE
borderStyle の定義値 - ボーダ枠なし
 o BORDER_OUT
borderStyle の定義値 - 飛出た領域
 o defBgColor
デフォルトのボーダ枠で囲まれた領域の色
 o defBorderColor
デフォルトのボーダ枠の色
 o defBorderStyle
デフォルトのボーダ枠の形状
 o defBorderWidth
デフォルトのボーダ枠の幅
 o defShadowThickness
デフォルトのボーダ枠の影の厚み
 o tagBgColor
ボーダ枠で囲まれる領域の色
 o tagBorderColor
ボーダ枠の色
 o tagBorderStyle
ボーダ枠の形状
 o tagBorderWidth
ボーダ枠の幅
 o tagShadowThickness
ボーダ枠の影の厚み

Constructor Index

 o Border()
空のボーダ枠のインスタンスを作成します。 このコンストラクタは Border(Applet)又は Border(Applet, boolean, boolean) で解釈されるデフォルトのタグ名や値を変更する場合に使用します。
 o Border(Applet)
指定されたアプレットで設定された情報を元にボーダ枠のインスタンスを 作成します。
 o Border(Applet, boolean, boolean)
指定されたアプレットで設定された情報を元にボーダ枠のインスタンスを 作成します。

Method Index

 o clipDrawArea(Graphics)
指定されたグラフィックスにボーダ枠で囲まれた矩形領域をクリップ領域として 設定します。
 o drawLRRect(Graphics, int, int, int, int, int)
現在設定されている色でボーダの右及び下側を描画します。
 o drawRect(Graphics, int, int, int, int, int)
現在設定されている色で矩形枠を描画します。
 o drawShadow(Graphics, int, int, int, int)
指定されたグラフィックスにボーダ枠を描画します。
 o drawULRect(Graphics, int, int, int, int, int)
現在設定されている色でボーダの左及び上側を描画します。
 o fillDrawArea(Graphics)
ボーダ枠で囲まれた領域を現在の色で塗りつぶします。
 o getAppletInfo()
このクラスに関する情報を返します。
 o getBgColor()
bgColor の値を取出します。
 o getBorderColor()
borderColor の値を取出します。
 o getBorderRect()
drawShadow で描画したボーダ枠の領域情報を取出します。
 o getBorderStyle()
borderStyle の値を取出します。
 o getBorderWidth()
borderWidth の値を取出します。
 o getClassName()
このクラスのクラス名を返します。
 o getDrawRect()
drawShadow で描画したボーダ枠の枠で囲まれた領域情報を取出します。
 o getFillDrawArea()
drawShadow でボーダ枠を描画するかどうかの設定情報を取出します。
 o getParameterInfo()
このクラスで使用するパラメータに関する情報を返します。
 o getShadowThickness()
shadowThickness の値を取出します
 o getVersion()
このクラスのバージョンに関する情報を返します。
 o parseBorderStyle(String)
borderStyle の文字列を定義値に変換します。
 o setBgColor(Color)
bgColor を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。
 o setBgColor(String, String)
bgColor の定義値を変更します。
 o setBorderApplet(Applet)
Border() メソッドで作成したインスタンスにアプレット情報を設定します。
 o setBorderColor(Color)
borderColor を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。
 o setBorderColorDef(String, String)
borderColor の定義値を変更します。
 o setBorderParam(Applet)
指定されたアプレットからパラメータ情報を取出し、設定します。
 o setBorderStyle(int)
borderStyle を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。
 o setBorderStyleDef(String, int)
borderStyle の定義値を変更します。
 o setBorderWidth(int)
borderWidth を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。
 o setBorderWidthDef(String, int)
borderWidth の定義値を変更します。
 o setClipDrawArea(boolean)
drawShadow でボーダ枠を描画する際、 枠内の領域をクリップ設定するかどうかを指定します。
 o setFillDrawArea(boolean)
drawShadow でボーダ枠を描画する際、 枠内の領域を塗りつぶすかどうかを設定します。
 o setShadowThickness(int)
shadowThickness を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。
 o setShadowThicknessDef(String, int)
shadowThickness の定義値を変更します。
 o toBorderStyle(int)
borderStyle の値を文字列に変換します。

Variables

 o tagBorderStyle
 protected String tagBorderStyle
ボーダ枠の形状

 o tagBorderColor
 protected String tagBorderColor
ボーダ枠の色

 o tagBorderWidth
 protected String tagBorderWidth
ボーダ枠の幅

 o tagShadowThickness
 protected String tagShadowThickness
ボーダ枠の影の厚み

 o tagBgColor
 protected String tagBgColor
ボーダ枠で囲まれる領域の色

 o BORDER_NONE
 public static final int BORDER_NONE
borderStyle の定義値 - ボーダ枠なし

 o BORDER_ETCHED_OUT
 public static final int BORDER_ETCHED_OUT
borderStyle の定義値 - 飛出た線

 o BORDER_ETCHED_IN
 public static final int BORDER_ETCHED_IN
borderStyle の定義値 - 凹んだ線

 o BORDER_OUT
 public static final int BORDER_OUT
borderStyle の定義値 - 飛出た領域

 o BORDER_IN
 public static final int BORDER_IN
borderStyle の定義値 - 凹んだ領域

 o defBorderStyle
 protected int defBorderStyle
デフォルトのボーダ枠の形状

 o defBorderColor
 protected String defBorderColor
デフォルトのボーダ枠の色

 o defBorderWidth
 protected int defBorderWidth
デフォルトのボーダ枠の幅

 o defShadowThickness
 protected int defShadowThickness
デフォルトのボーダ枠の影の厚み

 o defBgColor
 protected String defBgColor
デフォルトのボーダ枠で囲まれた領域の色

Constructors

 o Border
 public Border()
空のボーダ枠のインスタンスを作成します。 このコンストラクタは Border(Applet)又は Border(Applet, boolean, boolean) で解釈されるデフォルトのタグ名や値を変更する場合に使用します。

 o Border
 public Border(Applet applet)
指定されたアプレットで設定された情報を元にボーダ枠のインスタンスを 作成します。

Parameters:
applet - アプレット
See Also:
Applet
 o Border
 public Border(Applet applet,
               boolean fill,
               boolean clip)
指定されたアプレットで設定された情報を元にボーダ枠のインスタンスを 作成します。

Parameters:
applet - アプレット
fill - ボーダ枠の内側を塗りつぶす場合 true 、 そうでない場合 false を設定します。
clip - ボーダ枠の内側をクリップ領域として設定する場合 true 、 そうでない場合 false を設定します。
See Also:
Applet

Methods

 o getVersion
 public static String getVersion()
このクラスのバージョンに関する情報を返します。

Returns:
このクラスのバージョン番号( 例: "1.00 Beta" )
 o getClassName
 public static String getClassName()
このクラスのクラス名を返します。

Returns:
クラス名( 例: "Border.class" )
 o getAppletInfo
 public static String getAppletInfo()
このクラスに関する情報を返します。

Returns:
クラス情報
 o getParameterInfo
 public String[][] getParameterInfo()
このクラスで使用するパラメータに関する情報を返します。

Returns:
パラメータ情報
 o setBorderApplet
 public void setBorderApplet(Applet applet)
Border() メソッドで作成したインスタンスにアプレット情報を設定します。

Parameters:
applet - アプレット
See Also:
Applet, Border
 o setBorderStyleDef
 public final void setBorderStyleDef(String tag,
                                     int def)
borderStyle の定義値を変更します。

Parameters:
tag - borderStyle のタグ名
def - borderStyle のデフォルト値
See Also:
tagBorderStyle, defBorderStyle
 o setBorderStyle
 public final void setBorderStyle(int bs)
borderStyle を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。

Parameters:
bs - borderStyle の値
See Also:
Border, BORDER_NONE, BORDER_ETCHED_OUT, BORDER_ETCHED_IN, BORDER_OUT, BORDER_IN
 o getBorderStyle
 public final int getBorderStyle()
borderStyle の値を取出します。

Returns:
borderStyle
See Also:
setBorderStyle
 o parseBorderStyle
 public static final int parseBorderStyle(String s)
borderStyle の文字列を定義値に変換します。

Parameters:
s - 変換する文字列。指定できる文字列は "none", "etched_out", "etched_in", "out", "in" のいづれかです。
Returns:
borderStyle の値を反します。変換できない場合は 0 が返ります。
See Also:
setBorderStyle
 o toBorderStyle
 public static final String toBorderStyle(int style)
borderStyle の値を文字列に変換します。

Parameters:
style - borderStyle の採りうる値。
Returns:
borderStyle を表わす文字列。
See Also:
setBorderStyle, parseBorderStyle
 o setBorderColorDef
 public final void setBorderColorDef(String tag,
                                     String def)
borderColor の定義値を変更します。

Parameters:
tag - borderColor のタグ名。 null を指定すると設定しない。
def - borderColor のデフォルト値。 null を指定すると設定しない。
See Also:
tagBorderColor, defBorderColor
 o setBorderColor
 public final void setBorderColor(Color bc)
borderColor を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。

Parameters:
bc - borderColor の値。
See Also:
Border
 o getBorderColor
 public final Color getBorderColor()
borderColor の値を取出します。

Returns:
borderColor の値。
See Also:
setBorderColor
 o setBorderWidthDef
 public final void setBorderWidthDef(String tag,
                                     int def)
borderWidth の定義値を変更します。

Parameters:
tag - borderWidth のタグ名。 null を指定すると設定しない。
def - borderWidth のデフォルト値。 -1 を指定すると設定しない。
See Also:
tagBorderWidth, defBorderWidth
 o setBorderWidth
 public final void setBorderWidth(int bw)
borderWidth を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。

Parameters:
bw - borderWidth の値。
See Also:
Border
 o getBorderWidth
 public final int getBorderWidth()
borderWidth の値を取出します。

Returns:
borderWidth の値
See Also:
setBorderWidth
 o setShadowThicknessDef
 public final void setShadowThicknessDef(String tag,
                                         int def)
shadowThickness の定義値を変更します。

Parameters:
tag - shadowThickness のタグ名。 null を指定すると設定しない。
def - shadowThickness のデフォルト値。 -1 を指定すると設定しない。
See Also:
tagShadowThickness, defShadowThickness
 o setShadowThickness
 public final void setShadowThickness(int st)
shadowThickness を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。

Parameters:
st - shadowThickness の値。
See Also:
Border
 o getShadowThickness
 public final int getShadowThickness()
shadowThickness の値を取出します

Returns:
shadowThickness の値
See Also:
setShadowThickness
 o setBgColor
 public final void setBgColor(String tag,
                              String def)
bgColor の定義値を変更します。

Parameters:
tag - bgColor のタグ名。 null を指定すると設定しない。
def - bgColor のデフォルト値
See Also:
tagBgColor, defBgColor
 o setBgColor
 public final void setBgColor(Color bc)
bgColor を設定します。 この関数はインスタンス作成後に値を変更したい場合に使用します。

Parameters:
bc - bgColor の値。
See Also:
Border
 o getBgColor
 public final Color getBgColor()
bgColor の値を取出します。

Returns:
bgColor の値
See Also:
setBgColor
 o setBorderParam
 public void setBorderParam(Applet applet)
指定されたアプレットからパラメータ情報を取出し、設定します。

Parameters:
applet - アプレット
See Also:
setBorderApplet
 o drawULRect
 public static void drawULRect(Graphics g,
                               int x,
                               int y,
                               int w,
                               int h,
                               int thick)
現在設定されている色でボーダの左及び上側を描画します。

Parameters:
g - グラフィックス
x - ボーダ枠を描画する x 座標( 左上コーナ )
y - ボーダ枠を描画する y 座標( 左上コーナ )
w - ボーダ枠を描画する領域の幅
h - ボーダ枠を描画する領域の高さ
thick - ボーダ枠の厚み
See Also:
drawShadow
 o drawLRRect
 public static void drawLRRect(Graphics g,
                               int x,
                               int y,
                               int w,
                               int h,
                               int thick)
現在設定されている色でボーダの右及び下側を描画します。

Parameters:
g - グラフィックス
x - ボーダ枠を描画する x 座標( 左上コーナ )
y - ボーダ枠を描画する y 座標( 左上コーナ )
w - ボーダ枠を描画する領域の幅
h - ボーダ枠を描画する領域の高さ
thick - ボーダ枠の厚み
See Also:
drawShadow
 o drawRect
 public static void drawRect(Graphics g,
                             int x,
                             int y,
                             int w,
                             int h,
                             int thick)
現在設定されている色で矩形枠を描画します。

Parameters:
g - グラフィックス
x - 矩形枠を描画する x 座標( 左上コーナ )
y - 矩形枠を描画する y 座標( 左上コーナ )
w - 矩形枠を描画する領域の幅
h - 矩形枠を描画する領域の高さ
thick - 矩形枠の幅
See Also:
drawShadow
 o drawShadow
 public void drawShadow(Graphics g,
                        int x,
                        int y,
                        int width,
                        int height)
指定されたグラフィックスにボーダ枠を描画します。

Parameters:
g - グラフィックス
x - ボーダ枠を描画する x 座標( 左上コーナ )
y - ボーダ枠を描画する y 座標( 左上コーナ )
width - ボーダ枠を描画する領域の幅
height - ボーダ枠を描画する領域の高さ
See Also:
Border
 o fillDrawArea
 public void fillDrawArea(Graphics g)
ボーダ枠で囲まれた領域を現在の色で塗りつぶします。

Parameters:
g - グラフィックス
See Also:
drawShadow
 o clipDrawArea
 public void clipDrawArea(Graphics g)
指定されたグラフィックスにボーダ枠で囲まれた矩形領域をクリップ領域として 設定します。

Parameters:
g - グラフィックス
See Also:
drawShadow
 o getBorderRect
 public Rectangle getBorderRect()
drawShadow で描画したボーダ枠の領域情報を取出します。

Returns:
最後に描画した領域
See Also:
getDrawRect
 o getDrawRect
 public Rectangle getDrawRect()
drawShadow で描画したボーダ枠の枠で囲まれた領域情報を取出します。

Returns:
最後に描画したボーダ枠で囲まれた領域
See Also:
getBorderRect
 o setFillDrawArea
 public void setFillDrawArea(boolean b)
drawShadow でボーダ枠を描画する際、 枠内の領域を塗りつぶすかどうかを設定します。

Parameters:
b - 塗りつぶす場合は true を、そうでない場合は false を指定します。
See Also:
drawShadow
 o getFillDrawArea
 public boolean getFillDrawArea()
drawShadow でボーダ枠を描画するかどうかの設定情報を取出します。

Returns:
塗りつぶす場合は true を、そうでない場合は false が返ります。
See Also:
drawShadow
 o setClipDrawArea
 public void setClipDrawArea(boolean b)
drawShadow でボーダ枠を描画する際、 枠内の領域をクリップ設定するかどうかを指定します。

Parameters:
b - 設定する場合は true を、そうでない場合は false を指定します。
See Also:
drawShadow

All Packages  Class Hierarchy  This Package  Previous  Next  Index