手浴・足浴

 介護のポイント インデックス

手足を温めマッサージをすることにより、その汚れを取り、血行を良くします。
使用物品例
  • ビニール
  • バスタオル
  • バケツ
  • 洗面器
  • 汚水用バケツ
  • 石鹸
  • お湯を入れておくヤカン
  • 爪切り
  • タオル
  • バスタオル
  • 軍手または浴用手袋
  • 寝たままの場合、足や手をを上げる枕(バスタオルを丸めてもいい)


足浴手順

@用意したバケツに少しぬるめお湯を入れ、ベッドの横に座位になって静かに足を入れます。
  • 不可能な場合は、洗面器にぬるめのお湯を用意し、ベッドの上にビニールとバスタオルを敷いて防水し、洗面器大腿部の下にタオル等をつめて膝を高くして足を洗面器の中に静かにつけます。
A足を入れ温めます。
B石鹸をつけてマッサージをするように指の間や足の裏やかかとなどを浴用手袋などで洗います。
C温かくなってリラックスしている状態で、足の指や足首を動かします。
Dお湯を取り換えて、マッサージしながらよくすすぎます。
E乾いたタオルでよく拭きます。
F爪が伸びていたら切っておきます。
手浴手順

@座位が可能な場合は座って行います。
  • 不可能な場合はギャッジアップしたり、背にタオルを入れたりして少し状態を起こします。
  • 寝たままの場合は、上腕部の下にタオル等を枕にしておき、ビニールとバスタオルで布団が濡れないようにして洗面に手をつけて洗います。
A洗面器にお湯に手を入れて温めます。
B石鹸をつけてマッサージをするように指の間や手のひらを洗います。
Cお湯を取り替えながら洗面器の中でよくすすぎます。
Dヤカンでかけ湯をします。
E乾いたタオルでよく拭きます。

注意点
  • 麻痺側の手は特に汚れやすくなります。
  • 手浴・足浴の時は血行が良くなりリラックスします。マッサージしたり、関節を動かしたりしておきましょう。
  • 部分浴でも、体調の変化がおきやすくなります。必ず事前に体調のチェックと、入浴中・浴後の体調の変化に気をつけましょう。