陰部洗浄

 介護のポイント インデックス

陰部は汚れやすいので、清潔を保つようにします。
清拭をした時は、同時に陰部洗浄もしましょう。
使用物品例
  • ビニール
  • バスタオル
  • 紙おむつ
  • トイレットペーパー
  • オシボリ
  • タオル
  • 乾いたタオル
  • 石鹸
  • 洗面器
  • 汚水用バケツ
  • お湯
  • 差込便器
  • 腰枕(バスタオルを巻いたものなど)
  • 着替え


手順

@身体の下にビニール、身体の接する部分にはバスタオル(または紙おむつ)を敷きます。
A下半身の着衣を外し、プライバシーの保護のため陰部の上にはタオルをかけておきます。
Bオシボリを洗面器で浸し、そのまま陰部を洗い流す。
Cオシボリに石鹸をつけ、前から後ろへ、特に肛門部分は丁寧に洗います。
Dオシボリをきれいにすすいで、洗面器に新しいお湯を注ぎオシボリで陰部の石鹸を流します。
E乾いたタオルで拭きます
F腰枕を横になった時に腰の当たるところへ置いて即臥位にします。
Gお尻を熱めのお湯で絞ったタオルで拭きます。
H腰枕を外し、乾いたタオルでお尻の血行を促すようにマッサージを行いながら拭きます。
I着替えをします。
ポータブルトイレや差込便器を利用する場合
  • 便器が利用できるなら、お湯を流すことによって、より清潔に洗浄できます。
  • お湯を流す時は、ヤカン、ペットボトルの空、水差しなどに入れて注ぐと洗い流しやすい。
@下半身の着衣を外します。プライバシーの保護のためタオルをかけておきます。
A差込便器を利用する場合は、便器を入れる時に腰の下に腰枕を入れたりバスタオルを入れて腰を浮かせます。
 身体の下には予めビニール、身体の接する部分にはバスタオル(または紙おむつ)を敷きます。
 ★ ポータブルトイレを利用できる場合は、トイレに深く腰掛け足を開きます。トイレの下には専用の滑り止め防水シートを敷いておくと濡れません。
A陰部にお湯をかけて流します。
B石鹸で洗います。
Cお湯で石鹸を流します。
D乾いたタオルで拭きます。
E着衣します。

注意点
  • 行動は常に事前に声掛をします。
  • プライバシーの保護に努めます。
  • 陰部の洗浄はできるだけ、利用者自身にやっていただきます。
  • 介護者が行う時は、直接手で触らないようにして、専用のガーゼとかタオルで行います。
  • 側臥位にする場合は、負担ができるだけかからないように、麻痺側を上にして行い、どうしても麻痺側が下になる場合はできるだけ素早く行います。
  • 陰部洗浄ができない場合は、陰部が不潔にならないように、排泄の都度、蒸しタオル等で拭いて清潔を保ちます。
  • 女性は陰部から肛門の方向に拭きます。
  • 男性の場合は陰茎や陰のうが汚れることにより褥瘡の原因になったりします。また皮が薄く傷つきやすいので十分に配慮します。
  • 陰部洗浄をすると、利用者は身体の緊張が解けて、便意をもよおすことがあります。便器や紙おむつは予め用意しておきましょう。