投稿ネタ1105へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ1103へ

接客!プライドで出した結論

2006年3月3日  トラたん


以前、宝飾店にて勤務していた頃のお客様を思い出しました。


それは、10年ほど前。バブル期で絶好調のころ。
見るからにその筋の50代男性のお客様でした。

当時は地方のヤ○ザ屋さんほど、金ピカなものにお金を惜しまない優良なお客様
しかも(ローンが使えないから)「ニコニコ現金払い」でした。

「あんたの着けている小指の指輪、いいね〜」
「ありがとうございます。お客様もいかがですか? 男性用も出来ますよ」

するとお客様、ニヤニヤしながら、

「これでもか?」

ひえぇ〜Σ( ̄◇ ̄;)
左小指第一関節から無いんです。

こんな時、「キャー」とかオドオドした態度になると接客のプロとしてのプライドが・・・
しかも、後輩の指導もしていましたから・・・

どう切り替えそう?
そんな事がホンの2〜3秒で頭をよぎり、結果的に出した答は・・・


「生えてくるといいですね」


営業スマイルでお答えしました。

ヤ○ザ屋さんのお客様もビックリしていましたが、こう仰いました。

「姉ちゃん、気に入った。これ買うわ!」

さらに、

「また来るからな!」


ええ、確かにその筋の方が増えました。
一度超えた山は、その後も快調。刺青のお客様には、

「きれ〜ですね」
「痛くなかったですか?」


など。


今では超えられない山を越えていた頃の話です(~∇~;)

− 1104 −

投稿ネタ1105へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ1103へ