投稿ネタ1003へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ1001へ

困惑!豪華なプレゼント

2004年4月26日  レナ


夜の接客業をしています。
オミズのお仕事は毎月誕生日です。


2年間ずっと私を指名している常連様ご来店。

「レナちゃん誕生日おめでとう♪」
「ありがとう♪ プレゼント、今、開けてもいい?」
「恥ずかしいから、家で開けてよ」

とのこと。
家で開封すると・・・

「プレゼントはボク

というメッセージと・・・

婚姻届け( ̄□ ̄;)
そして、某高級ブランドの指輪ブレスレット


さっそくお礼の電話をしました。(高価なアクセサリーのお礼)

ご両親に挨拶したいんだけど」
「あなたのような素敵な方は、もったいなくていただけませんわ」
「冗談じゃなくてボクは本気だよ」
「・・・・・」


延々と押し問答の末、やっと辞退できました(^^;

− 1002 −

投稿ネタ1003へ  ネタ一覧へ  投稿ネタ1001へ