Frank Rosolino Disc Guide

数多い参加アルバムの中でも印象の強いものを紹介します。

Trombone Indexに戻る

   

Leader, Group / Title

Label(LP)

(CD)

Date

Tunes

Comment

Personnel

1

Frank Rosolino Savoy

9/52
  • Rubberneck (Rosolino)
  • Mean to Me
  • Take Me Out To The Ball Game
  • Sweet and Lovely
 初リーダー・アルバム。このレコード盤自体は10インチ盤を3枚分集めたカップリング物。凄いプレイを聴かせてくれます。

Frank Rosolino(tb)

Barry Harris(p)

Billy Christ(b)

Stan Levey(de)

2

Zoot Sims & Frank Rosolino  

Vogue

限定で再発売されています。買うなら今。

amazon.co.jpでこのCDを買う

11/53
  • Toot's Suite
  • The Late Tiny Kahn
  • Call It Anything
  • Zoot's Suite
  • Once In A While
  • Great Drums
 Zoot Sims名義の録音。Zoot Simsカルテットのアルバムとの10インチ・カップリング。演奏自体は割と地味ですが。

Zoot Sims(ts)

Henri Renaud(p)

Jean-Louis Viale(ds)

Jimmy Gourley(g)

Don Bagley(b)

Frank Rosolino(tb)

3

Frank Rosolino / The Frank Rosolino Sextet Capitol / Affinity(UK)   54

 

  • Ragamuffin
  • Embraceable You
  • I'm Going To Sit Right Down And Write Myself A Letter
  • Freckles
  • Boo Boo Be Doop
  • Besame Mucho
  • Linda
  • Frank'n Earnest
  • Carioca
  • Yo Yo
  • That Old Black Magic*
  • Pennies From Heaven*

 

 スタン・ケントンが自己のビッグ・バンドからソロ・プレイヤーを紹介する「プレゼンツ」シリーズの一枚の復刻盤。オリジナル・アルバムにシングル盤で出ていた歌物2曲(*ロソリーノの歌唱です)を追加してある。このシリーズのロソリーノははつらつとしていて聴いていて気持ちがいいですね。

Frank Rosolino(tb)

Sam Noto(tp)

Charlie Mariano(as)

Claude Williamson or Pete Jolly(p)

Curtis Couns or Max Bennett(b)

Stan Levey or Mel Lewis(ds)

4

Max Bennett / Max Bennett Plays  

Bethlehem / Toshiba TOCJ-62006

amazon.co.jpでこのCDを買う

1/55
  • Rubberneck (Rosolino)
  • Just Max (Rosolino)
  • Jeepers Creepers
  • T.K.
  • I'll Never Smile Again
  • Sweet Georgia Brown
 これ以外の曲ではCarl Fontanaのカルテットがフィーチャーされています。

Max Bennett(b)

Charlie Mariano(as)

Frank Rosolino(tb)

Claude Williamson(p)

Stan Levey(ds)

5

Frank Rosolino / Frankly Speaking! Capitol / Affinity(UK)   5/55

 

  • Frenesi
  • Rhythm Rascals
  • Moonlight In Vermont
  • The Missus
  • There's No You
  • Our Delight
  • Now I Lay Me Down
  • Taps Miller
  • Slan
  • Stairway To The Stars
  • The King Fish
 ケントン・プレゼンツ・シリーズの復刻。

Frank Rosolino(tb)

Charlie Mariano(as)

Walter Norris(p)

Max Bennet(b)

Stan Levey(ds)

6

KentonPresents Bob Cooper, Bill Holman & Frank Rosolino   Mosaic 4CDs 54/55

上記ケントン・プレゼンツの2枚の内容に下記がプラス。

  • Pennies From Heaven
  • That Old Black Magic
  • It Could Happen To You
  • So Nice
 コンプリート・コレクションの再発で有名なモザイク・レーベルからのケントン・プレゼンツのCD4枚組BOX。数曲の未発表あり。  

7

Frank Rosolino / The Rosolino Connection (I Play Trombone) Bethlehem / Affinity (UK)   5/56
  • I May Be Wrong
  • The Things We Did Last Summer
  • Frieda
  • Doxy
  • My De Luxe
  • Flamingo
 オリジナル盤は"I Play Trombone"というタイトルでCDにもなっています。過去に何度も様々なタイトルで再発されているみたいですね。最近の日本ではロソリーノの代表作の様に言われることが多いみたいですが、ぼくの知っているロソリーノの録音の中では一番おとなしい(大人しい?)プレイをしています。My De Luxでは「らしい」ソロを聴かせますが・・・。そういうものでしょうか・・・。最後のバラードも割と好きですけどね。

Frank Rosolino(tb)

Conrad 'Sonny' Clark(p)

Wilfred Middlebrokks(b)

Stan Levey(ds)

8

Frank Rosolino / Frank Rosolino Quintet  

MODE

amazon.co.jpでこのCDを買う

6/57
  • Cherry
  • Let's Make It (Rosolino)
  • How Long Has This Been Going On
  • They Say
  • Fine Shape (Rosolino)
  • Fallout
  • ThounSwell
  • Tuffy (Rosolino)

 

 現在、特に手に入れやすい名盤CD。

Frank Rosolino(tb)

Richie Kamuca(ts)

Vince Guaraldi(p)

Monty Budwig(b)

Stan Levey(ds)

9

Bob Cooper / Coop!  

Contemporary

amazon.co.jpでこのCDを買う

8/57
  • Jazz Theme And Four Variations
  • Confirmation
  • Easy Living
  • Franky & Johnny
  • Day Dream
  • Somebody Loves Me
 コンファメーションのテーマの吹き方が凄い。

Bob Cooper(ts)

Frank Rosolino(tb)

Victor Feldman(vib)

Lou Levy(p)

Max Bennett(b)

Mel Lewis(ds)

10

Buddy Collette / Jazz Loves Paris  

Specialty

amazon.co.jpでこのCDを買う

1/58
  • I Love Paris
  • Pigalle
  • La Vie En Rose
  • Darling, Je Vous Aime Beaucoup
  • Mam'selle
  • C'est Si Bon
  • Domino
  • Song From "Moulin Rouge"
  • The Last Time I Saw Paris
  • Under Paris Skies
  • Darling, Je Vous Aime Beaucoup(alt)
  • Mam'selle(alt)
  • The Last Time I Saw Paris(alt)
  • La Vie En Rose(alt)
 フランスの曲をジャズにアレンジした珍品。短い曲の中でピリッとしたソロが聴ける。

Buddy Collette(sax,fl cl)

Frank Rosolino(tb)

Howard Roberts(g)

Red Mitchell(b)

Bill Richmond or Bill Douglass(ds)

Red Callender(tuba)

11

The Trombones Inc. Warner Bros. / Pioneer(JP)

CDで再発売されてます!

amazon.co.jpでこのCDを買う

12/58

solo on:

  • Lassus Trombone
  • Polka Dots And Moonbeams
  • Old Devil Moon
  • Heat Wave
 東西の有名トロンボニストを多数集めた企画物。A面 はJ.J.Johnsonがアレンジ、指揮(契約の関係で演奏はせず)のイースト・コースト・セッション、B面 はMarty Paich,Warren Bakerのアレンジのウェスト・コースト・セッション。他にImpossibleという曲で、Dick Nashの素晴らしいバラード・プレイも聴ける。 Bob Brookmayer, Eddie Bart, Jimmy Cleeveland, Benny Green, Henry Cooker, Melba Liston, Benny Powell, Frank Rehack, Bob Eneveldsen, Lew McCrearly, George Roberts, Joe Howerd, Milt Barnhert, Bob Fitzpatrick, Harbie Herper, Dick Nash, Ken Schroyer, Tommy Pederson, Marrey McEachern他

12

Frank Rosolino / Free For All  

Specialty

amazon.co.jpでこのCDを買う

12/58
  • Love For Sale
  • Twilight
  • Don't Take Your Love From Me
  • Chrisdee
  • Stardust
  • Free For All (Rosolino)
  • There Is No Greater Love
  • Sneakyoso (Rosolino)
  • Chrisdee(alt)
  • Don't Take Your Love From Me(alt)
  • There Is No Greater Love(alt)

 長年未発表だった音源のアルバム化。当初LPとして出た時はモノラルで、前半4曲ぐらいは音もボコボコの最悪な状態だった(よくアルバムに出来たなあと思うぐらい)ので、その10年近く後にCD化された時、買うのは躊躇していたんですが、買ってみるとCDの方はステレオで、音も抜群。なんだったんでしょうか。

 このSTARDUSTは名演だと思います。最初に私がRosolinoを好きになるきっかけになった曲です。

Big Band
13 Frank Rosolino / Turn Me Loose   amazon.comでこのCDを買う 11/61    ロソリーノが全編歌ってます。もちろん間奏はトロンボーンのソロです。長年、迷盤と言われレアでした。CDでの再発なんて思ってもいませんでした。  

14

Gerogie Auld / Plays The Winners Mercury / Phonogram(JP)   4/63
  • It's A Good Day
  • You're Faded
  • Taking A Chance On Love
  • I'm Shooting High
  • Seven Come Eleven
  • You Are My Lucky Star
  • Taps Miller
  • What's New
  • You Came Along
  • I Found A Million Dollar Baby In A Five And Ten Cent Store
 幻の名盤シリーズとして復刻されたレア物。小曲に小気味よいソロ。

Frank Rosolino(tb)

Georgie Auld(ts)

Lou Levy(p)

Leroy Vinnegar(b)

Mel Lewis(ds)

 

 

Gerogie Auld / Airmail Special 1951-1963

Contains Four Albums in 2CDs

 

Fresh Sound

FSRCD-366 (2CDs)

amazon.co.jpでこのCDを買う

1/51 & 4/63

Frank Rosolino appears on:

"1951 session"

  • Airmail Special (Take One)
  • Airmail Special (Take Two)
  • Be My Love
  • Taps Miller
  • What's New
  • You Made Me Love You
  • Out Of Nowhere
  • Seh! Seh! (Take One)
  • Seh! Seh! (Take Two)
  • The Things We Did Last Summer

"1963 session" originally released as "Plays The Winners"

  • It's A Good Day
  • You're Faded
  • Taking A Chance On Love
  • I'm Shooting High
  • Seven Come Eleven
  • You Are My Lucky Star
  • Taps Miller
  • What's New
  • You Came Along
  • I Found A Million Dollar Baby In A Five And Ten Cent Store

 

 ひとつ上に掲載しているレア盤の"Georgie Auld Plays The Winners"を含む復刻盤がFresh Soundから発売されていました。この盤は2枚組で、素晴らしいことに1951年から1963年までの4つのセッション(アルバム4枚分)がすべて収められています。そのうちFrank Rosolinoが参加しているのは二つ。51年と63年のものです。まずは51年セッションの "Airmail Special"の速さにぶっとびます。Aメロはトロンボーンも演奏していますが、まだRosolinoのデビュー間もない初期の録音と思えない強烈なテクニックには改めて驚かされます。
 全体を通じて、どの曲もマーケットを意識したコンパクトな演奏ですが、小気味よく凝縮されたソロで充分に楽しむことが出来ますし、Rosolinoのテイストがキラリと光っています。お薦め!

Frank Rosolino(tb)

Georgie Auld(ts)

Lou Levy(p)

Leroy Vinnegar(b)

Mel Lewis(ds)

15

Jazz For a Sunday Afternoon / West Coast Scene Vol.3 Solid State   2/68
  • Straight No-chaser
  • Satin Doll
 Carl Fontanaと共演している数少ない録音の一枚。(録音されない共演はかなり多くあったらしい。)

Frank Rosolino (trb), Carl Fontana (trb), Pete Christlieb (ts), Harry 'Sweets' Edison (trp), Tommy Franagan (p), Harold Land (ts), Ed Thigpen (ds), Ray Brown (b), Bobby Bryant (trp), Jimmy Rowles (p)

16

Tutti's Trombones Buena Vista

なんと同シリーズの"Tutti's Trumpets"とのカップリング2枚組で再発されてました! 

amazon.co.jpでこのCDを買う

70
  • The Sweetest Sounds
  • Blueberry Hill
  • I Feel Pretty
  • Theme From "The Pink Panther"
  • The Girl From Ipanema
  • Lassus Trombones
  • Four Brothers
  • Mr. Lucky Theme
  • Twelfth Street Rag
  • Just A Closer Walk With Thee
  • Tutti's Trombones
 西海岸のトロンボニスト10人によるアンサンブル物。Frank Rosolinoを中心にすべてのソロが素晴らしいです。Tutti Camarataによるアレンジも抜群。

Frank Rosolino, Joe Howard, Tommy Pederson, Dick Nash, Lloyd Ulyate, Herbie Harper, Ernie Tack, Gil Falco, Hoyt Bohannon, Kenny Shroyer (trb)

Red Mitchell(b) Jackie Wilson(p) Hal Blaine(ds)他

17

Jack Sheldon / The Entertainers  

V.S.O.P.

amazon.co.jpでこのCDを買う

64,65

solo on:

  • On Green Dolphin Street
  • How Long, How Long Blues
  • Pennies From Heaven(vocal)
  • Killer Joe
  • What Kind of Fool Am I
  • Born To Lose
  • Steeplechase
  • The Atomic Bomb
  • Royce Hall Blues
 コンサートのライブ録音。素晴らしい歌とソロ。ロソリーノの歌も聴ける。

Jack Sheldon(trp,vo)

Frank Rosolino(trb,vo)

Johnny Mercer(vo)

Joe Mondragon(b)

Howard Roberts or Jack Marshall(g)

Shelly Manne or Stan Levey(ds)

18

Conte Candoli & Frank Rosolino / Conversation RCA / RVC(JP)   5/73

Solo on:

  • Star Eyes
  • Conversation (Rosolino-Candoli)
  • I Just Don't Want To Run Around Anymore (Rosolino)
  • Attention (Rosolino)
  • Let's Burn (Rosolino)

 Conte Candoliとの双頭バンド。スキャットでテーマ〜ソロをやる曲があるんですが、それを聴くとロソリーノのタンギングの速さが納得、実感できます。ロソリーノのオリジナル・バラード"I Just Don't ̄"はロソリーノらしい名曲であり、名ソロでもあると思います。イタリアでの録音。

Conte Candoli(trp)

Frank Rosolino(trb)

Franco D'Andrea(p)

Giovannni Tomaso(b)

Gege' Munari(ds)

19

Frank Rosolino / Jazz A Confronto Horo(it)   5/73
  • Waitz For Roma (Rosolino)
  • Alex
  • Free For All (Rosolino)
  • Blue Daniel (Rosolino)
  • Close The Door
  • Skylab
  • Toledo
 上記の"Conversation"の翌日に同じくイタリアで録音された久々のソロ・リーダー作。名曲"Blue Daniel"やモードによる曲など、素晴らしいアグレッシブなプレイが全編に聴ける。Rosolinoファンの間では有名な一枚。代表盤であり名盤だと思います。現在のイタリアジャズ界の有名どころが集まっているのも興味深い。かなり稀少盤かな。

Frank Rosolino(trb)

Franco D'Andrea(p)

Bruno Tommaso(b)

Bruno Biriaco(ds)

Enrico Pieranunzi(p) 一曲のみ

Gianni Basso(ts) 一曲のみ

20

Frank Rosolino / Fond Memories Of...  

Double Time

amazon.co.jpでこのCDを買う

73 ̄75
  • All The Things You Are
  • My Funny Valentine
  • I Love You
  • Violets
  • Corcovado
  • Autumn Leaves
  • Free For All
 このCDが出る以前に、North Sea Jazz Sessionsというシリーズで4枚のCDに別々に収録されていたカルテット編成の録音5曲とMetropole Orchestraと録音した2曲を合わせて一枚のアルバムにしたもの。どちらもラジオ放送用の音源のようだ。All The Thingsでの鬼気迫るソロはこの時期のロソリーノのジャズに対する姿勢を物語るようだ。Louis Van Dykeトリオのプレイが最高にかっこいい。

Frank Rosolino(tb)

Louis Van Dyke(p)

Jaques Schols(b)

John Engels(ds)

21

Supersax / Plays Bird With Strings   Capitol / Toshiba EMI 74

solo on

  • All The Things You Are
  • Blue 'n' Boogie
  • If I Should Lose You
  • Cool Blues
  • Kim

 

 スーパーサックスでのソロはどれも凄い。  

22

Frank Rosolino & Conte Candoli / Conversation MPS / Teichiku   5/75

solo on:

  • Doxy
  • Like Someone In Love
  • Don't Take Your Love From Me
  • Yesterdays
  • When Lights Are Low

 前にも出てきた双頭バンドのドイツでのライブ盤。同じタイトルなのでややこしい。スタンダード曲でリラックスした軽快な演奏が楽しめる。これは日本盤でも出ていたが、割と手に入りづらい。ごく最近手に入れるまで見たことがなかった。

Frank rosolino(tb)

Conte Candoli(tp)

Rob Pronk(p)

Isla Eckinger(b)

Todd Canedy(ds)

23

Frank Rosolino & Conte Candoli / Just Friends MPS   5/75
  • Stella By Starlight
  • Just Friends
  • There Is No Greater Love
  • Well You Needn't
  • Quiet Nights
  • My Funny Valentine
 上記盤の続編にあたるアルバム。正確に表記はされていないが、もしかすると同じセッションかも。上記盤は選曲もテンポもリラックスしたした雰囲気の物を集め、バラードもそれぞれソロで一曲ずつ配していたのに対し、こちらはテンポもプレイもハードです。全曲二人で演奏していますがどちらも丁々発止、枠を取り払ったような自由奔放な素晴らしいソロをしています。

Frank rosolino(tb)

Conte Candoli(tp)

Rob Pronk(p)

Isla Eckinger(b)

Todd Canedy(ds)

24

Supersax / The Japanese Tour  

Hindsight

amazon.co.jpでこのCDを買う

75
  • Scrapple From The Apple
  • All The Things You Are
  • Salt Peanuts
  • Parker's Mood
  • Just Friends
  • Ornithology
  • Embraceable You
  • Moose The Mooche
 なんと75年の日本ツアーのライブ録音のCD化。快挙!公式な録音らしく音も良い。フィーチュアリング・ソリストとしての参加なのでたっぷりとソロを聴かせてくれる。しかし、ジャケットの謎の日本語。カタカナで「ドナセイス・ドチサ」って書いてあるのは一体なんだろう。ロソリーノのソロは絶好調。凄いですよ、これは。これを生で聴けた人が羨ましい!

25

Supersax / Japanese Tour Vol.2  

Hindsight

amazon.co.jpでこのCDを買う

75
  • Blue And Boogie
  • Star Eyes
  • Lover Man
  • Be Bop
  • Repetition
  • Night In Tunisia
  • Ko Ko
 数ヶ月後に発売された第2集。まさかここまで音源があるとは・・・。ライナーはリーダーのMed Floryが書いたもので、Vol.1と同じもの。こっちにも「ドナセイス・ドチサ」って書いてある・・・。この二枚は簡単に手に入るでしょう。

26


Frank Rosolino / Thinking About You Sackville

Sackville SK2CD-5007

amazon.co.jpでこのCDを買う

4/76
  • Sweet and Lovely
  • Who Can I Turn To
  • Round Midnight
  • I Thought About You
  • My Old Flame
  • Don't Take Your Love From Me
  • I Should Care
  • I Got It Bad
  • Laura
  • Everything Happens To Me
  • Bluebird
  • There's No You

 カナダのクラブでのカルテットでのライブ録音。なんか思いっきり枯れちゃってます。泣けちゃいます。ギターのトリオが伴奏な事と曲調がおとなしいせいもあるんでしょうけど。

 とアナログを評しましたが、最近2枚組にボリュームアップされて再発されたCDを聴いてビックリ。未発表録音分の8曲の演奏の素晴らしいこと!アナログの収録曲がどういう基準で選ばれたのかが不思議に思われます。

Frank Rosolino(tb)

Ed Bickert(g)

Don Thompson(b)

Terry Clarke(ds)

27

Don Menza / First Flight

Catalyst

out of print

2003年に国内盤で再発されました。マイナーレーベルなのでメーカーに在庫が無くなれば廃盤扱いになると思われますので、お早めにどうぞ。

amazon.co.jpでこのCDを買う

7/76

solo on:

  • Collage
  • Mz. Liz
  • Groove Blues
  • Ballad of the Matador
  • Samba De Rollins
  • Magnolia Rose
  • April's Fool
 やっぱり枯れた感じだけど、ハードな曲ではやっぱり切れてます。Groove Bluesでのシャッフルのリズムに乗るソロは独自のフィーリングが生きているし、Magnolia Roseでのバラード・プレイは引き込む力を持っている。

Don Menza(ts)

Frank Rosolino(tb)

Alan Broadbent(p)

Tom Azarello(b)

Nick Ceroli(ds)

Paulinho Da Costa(percs)

28

Sonny Stitt / I Remember Bird

Vee Jay / Fun House

out of print

再発されてました!(ジャケット違います) 

amazon.co.jpでこのCDを買う

77

Solo on:

  • Waltz For Diane (Rosolino)
  • Jeepers Creepers
  • Streamlined Stanley
  • Watch What Happens
  • Yes Jesus Loves Me
 全体に脇役っぽいし、どうもミス・マッチの感はあるが、ソロは素晴らしい。日本での再発売盤なのでジャケットはオリジナルとはほど遠いものです。  

29

Supersax / Chasin' the Bird

MPS / Teichiku

out of print

  7/76
  • Drifting On A Reed
  • The Song Is You
  • Oop Bop Sh'Bam
  • Now's The Time

 絶好調。凄すぎる。

30

Bobby Knight's Great American Trombone Company / Cream of the Crop Sea Breeze

Jazz Mark JM116

amazon.co.jpでこのCDを買う

6/78

solo on:

  • Li'l Bit
  • Rock Bottom
  • Here's That Rainy Day
  • Life's Too Long
  • Lover Man
 本当の意味でフォンタナと張り合っている録音はこれだけです。ソロでのバラードのLover Manはしびれます。

Bobby Knight, Frank Rosolino, Charlie Loper, Lew McCreary, Phil Teel (trb)

Lou Levy (p)

Chuck Burghofer (b)

Frankie Capp (ds)

31

Supersax / Dynamite!

MPS / Teichiku

out of print

  4/78
  • The Fruit
  • Blues For Alice
  • Parisian Thoroughfare
  • Gloomy Sunday
 Gloomy Sundayでフィーチュアリングされてブルージーなソロを全編にしています。

32 Frank Rosolino / The Last Recording

 

Sea Breeze

SBJ-3080

amazon.co.jpでこのCDを買う

8/78
  • Misty (Radio Edit)
  • I Thought About You (Radio Edit)
  • Waltz For Diane (Take 2)
  • Misty
  • I Thought About You
  • Waltz For Diane (Take 1)

 ロソリーノのスタジオでのラスト・レコーディングがついにCD化されました。奥さんがテープを持っていて、15年前に結構あちらこちらに話を持って行ったようですが、発売まで行かなかったもののようです。奥さんによるライナーが書かれていて、こちらも興味深い。

 Radio Editとは長いソロをコンパクトに編集し、ラジオでのプレイをしやすいようにした物で、うまいこと聴きやすくまとめていますが、それを除くと3曲プラス別テイク一曲なので、内容的には少なく、確かにアルバムとしての完成度には欠けます。しかし、演奏はすこぶる良く、トロンボーンの音にオクターバーを使って常にオクターブ下の音をプラスしてあるという特殊な録音ではあるものの、違和感も少なく、むしろ貴重な音源をこうして聴くことが出来る事になったのは何より素晴らしいことです。

 

32

Frank Rosolino / In Denmark

Vantage

out of print

  8/78

solo on:

  • Ouiet Nights
  • Waltz For Dyane
  • How About You
  • No Greater Love
 デンマークでのライブ録音。地元のサイドメンが素晴らしいサポートをしています。

Thomas Clausen(p)

Bo Stief(b)

Bjarne Rostvold(ds)

33

Frank Rosolino / Frank Talks!  

Storyville

国内盤販売中
(ジャケットが若干違います)下記は国内盤へのリンクです。

amazon.co.jpでこのCDを買う

8/78

solo on:

  • Blue Daniel
  • How About You?
  • Straight No Chaser
  • There Is No Greater Love
  • Waltz For Diane

 前記In Denmarkと同じ音源のCD化。残念ながらQuiet Nightsは、いい演奏だったのに削られてしまった。もう枯れまくっちゃってます。

Thomas Clausen(p)

Bo Stief(b)

Bjarne Rostvold(ds)