|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|


ギャラクティクじゃこご飯
Page bottom 
 料理本を見ていて作ってはまってしまったのが、これである。
 ちりめんじゃこをこれでもかと言うぐらい使うので、カルシウムたっぷり、栄養たっぷり、ノンオイルローカロリーのヘルシーご飯である。我が家では炊き込みご飯の最高峰としての位置を保っている。

 なお、ギャラクティック〜、の命名はじゃこの目玉が星のように見えるとのコジツケで深い意味はない。


 材料はこんなもの。
 左奧から、米、調味用の日本酒、味醂、しょうゆ。  左手前から干し椎茸、ちりめんじゃこ。


 米一合半、等量のじゃこ、椎茸を二合ぐらいの水(水は多くてもいい)に漬けて一晩戻す。
 じゃこはこれぐらいないと美味しくない。


 米を研ぐ。
 研いだ米はざるに空けて水を切る(重要)

 最初に釜の底にじゃこを薄くひく。
 次に米を薄くひく。


 米をどばっ、といれ、ならした上に残りのじゃこをかぶせる。

 米を炊く。規定量の椎茸の戻し汁を加えてひたひたにする。
 原則的にじゃこは上にかぶせているが、
 最初から混ぜ込んでしまうと米が水に浸からず、炊きあがらないためである。


 米を炊く間、椎茸をみじん切りにして……


 小鍋で酒、味醂、しょうゆ大さじ一杯と戻し汁が残っていれば、あわせてことことと煮る。


 煮染めは多めに作って置いて、おかずとして食べも美味しい。
 右みたいな感じに汁けを飛ばしてできあがり。


 炊きあがったご飯に椎茸を乗せ……。


 混ぜ込んで……


 完成

 現代の食事では品目を増やすのが難しい、と言われている。その点、こうした混ぜご飯は簡単に二品三品品目を増やせる。もっと考えてもいいだろうと思うのだけれど、なかなか浸透しない(ウチだけか?)
 なお、このじゃこご飯は冷めても美味しいしから、おにぎりや海苔巻きにしてもgoodである。


Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|