|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2012年07月の近況へ
2012年09月の近況へ

2012年08月の近況
Page bottom 
2012/08/03 金曜 水泳
 普段は野球だろうと、サッカーだろうとほとんどスポーツを観て楽しむと言うことはない。
 せいぜいが相撲なのだが、最近はどうもつまらない。

 とは言いながらオリンピックをやっていると、思わず見てしまう。
 何しろ「水泳」があるからだ。

 選手が泳いでいるのを見て、ほー、とか、へーとぶつぶつ言っていると「なに、変な見方しているの」と後ろ頭をどつかれる。
 サッカーとか、格闘技なんかではもっと顕著だろうが、水泳も泳法や、レギュレーションの(ルール)変化があってそこを見ているのである。

 一般の人でも覚えているのが、背泳ぎの「バサロスタート」の制限だろう。ソウルオリンピックで30メートルのバサロスタートをみせ、日本人スイマーとして16年ぶりの金メダルを受賞した。始めてバサロスタートを見た時は「巧いこと考えたなあ」と感心した。

 世の中の常識と違って、潜水泳法と、通常の水上泳法(?)では潜水の方が速い。
 レギュレーションに潜水の禁止事項がない背泳ぎで、長距離を潜水すると自然タイムが向上する。もちろん、どこかで浮上しないと色々と問題があるわけだが、結局「その問題」がきっかけでバサロ泳法は制限をかけられ、現在はたしか15mだったかな? そんなあたりが使える上限となっている。

 人間の身体の中には筋肉を動かす酸素が備蓄されている。
 肺の中もあるし、血液中にも含まれている。また、それ以上に筋肉内に酸素がなくても筋肉を動かすための余剰のエネルギー物質が蓄えられている。
 で、問題というのは「筋肉を動かす物質」であって、筋肉は動いても脳細胞は動かせない。あまり使いすぎると、死んでしまうわけですな。
 現在、潜水は競技として存在しているが、水泳の中でもメジャーではないし、当然、オリンピックにもない。
 一方、人間やろうと思えばやれるもんで、50m、100mの潜水はどうと言うことがない。だが、もし、100mのバサロ泳法を認めたら、オリンピックプールは死人だらけになってしまう。

 他にも泳法としてはバタフライや、クロールの呼吸法や、ビートの打ち方も興味深いのだが、ロンドンで「へー」と思ったのが、スタート台の変化と、背泳ぎのターンである。

 背泳ぎのターンは従来「サマーソルトターン」がメインだった(格闘技の技にサマーソルトキックというのがあるが、これとよく似ている)。サマーソルトキックは後方にバク転しながら頭上や、背後の標的なり、対戦相手を蹴っ飛ばす大技である、らしい。
 バックのサマーソルトターンもよく似ていて、ターンする寸前に、脚を上方に振り上げて、ひねりを加えながら壁を蹴ってターンする(これ以前は手が壁に付いてから、水中で脚を壁の方に向けて上を向いて蹴っていた。当然遅い)。

 ところが、ロンドンではこれをやっている選手がいない。
 ターンする寸前にクロールのように下を向いてターンする「クイックターン」をしている。サマーソルトターンが普及する前にバックのクイックターンが一般的だった時代があると聞いたことがあるが、実際に見たのは初めてである。
 サマーソルトターンより速いとは思えないし、レギュレーションが変わったのだろうか?

 また、「へー」と思ったのが、普通のスタートである。
 スタート台から飛びこむアレであるが、大昔は(と言っては言い過ぎであるが)「クラウチングスタート」と呼んで、スタート台の縁に足指をかけ、手を前に突きだして飛びこむ、いわゆる普通のスタートである。
 クラウチングスタートがすたれ、今度はグラブスタートの時代が長く続く。
 腕を前に伸ばさず、スタート台にかけるのである。
 スタートの時に台を足で蹴るだけでなく、手で押してやる。この方が力がかかるから、飛びこむスピードも上がる。

 ところが、この十数年、クラウチングスタートを使う選手が多くなってきていた。
 もちろん、グラブスタートにも欠点がある。というのは、水泳というのは足元でスタートをはかり、手の先でゴールを決める。背の高い方が有利なのである。
 どれぐらい有利かというと、もし、身長が十センチ違えばスタート時点で0.1.秒の差が着く。マット・ビオンディは身長2mもあったから、身長160のぼくと0.4秒の差が付く。

 で、話を戻すと、あまり足が長すぎると、グラブスタートのために非常に不自然な態勢を取らなければならない。……それで、クラウチングスタートに戻ったのだろうか? などと、なんとなく考えていたが、今度のオリンピックではクラウチングスタートしている選手などいないではないか。

 これまたよーく見ると、スタート台の形が変わっている。
 従来はわずかに前傾したフラットな物だったのが、いま使われているのはスタート台の後方が斜めに持ち上がっている。選手はこちらに片脚を置き、スタートしている。
 なるほど、これなスタートの態勢も取りやすい。

 なんてのをみて「へー、ほー」と言っているので後ろ頭をはたかれるのである。
2012/08/07 火曜 日常
 午前中、マックでプロット書き。とんでもない量を要求されるが、何とか形にする。もっとも、これだけ骨格を作っておけば本編を書くのがかなり楽になる。

 床屋。髪を切る。いっそのこと全部無くなれば楽なのだが、なかなかそうも行かない。

 買い物をする。ゴミを捨てる。
 風呂を洗い、食器も洗おうとするが、果てた。

 プロットを編集さんに送る。
 別の編集さんからプリントアウトが届いたとのメールを受け取る。

 まあね、モノ書きの普通の生活なんてこんなモンです。

 最近困ったこと。
 地元のサイゼリヤが撤退した。もともと、二軒あった。一軒はちょっと街外れ(でもないか)の昔からあるロードサイド店で、もう一軒が最近できた駅前の店である。
 潰れたのはロードサイド店で、外れの方にはあるとは言え住宅街の中で、昼時や、休日の夕方は家族連れであふれる。平日はそれなりに落ち着いているので運動がてら行って仕事していたのだが、駅前店しかないとなると、困る。かなり困る。
 二軒あるガストのどちらかか、マックしか選択肢が無くなる。

 もっとも、ロードサイド店。なんとなく採算が取れる方に統合したと言う印象があるので、別のファミレスが入るといいな。是非ともデニーズ希望。
2012/08/14 火曜 結構マジ、かも
 青山は貧乏である。
 原稿料、印税は下がる一方だ。仕事があるだけでも御の字なのだが、貧乏は嫌だ。
 バイトをしようと考えた。
 何しろ、目的が金だから「儲かる」は第一で、本職もやらなきゃならないからそこそこ「暇」で、できたら「ネタになって」、後から本を書くことを考えると「面白い」バイトが良い。

 そう。原発の瓦礫処理である。
 作業員として入り込めば、普通なら入ることもできない原発の敷地に入り放題だし、放射能防護服も着られる。風の噂に聞くと払いも良いらしい。もちろん、キツイという話も聞くがまずは調べてみよう。

 東京電力や、厚生労働省が直に作業員を募集しているとは考えられない。
 請負業者がいて、孫請けにまで出しているらしい。どこら辺で雇って貰うかも待遇に差が出る。
 厚生労働省が雇うとすれば場合によっては公務員資格がいるし、パートで入るにしても審査とか面倒なはずだ。
 取りあえず東京電力のホームページに行って募集がないか、確認してみる。あれだけ大きな会社だから、何かしらの募集はあるだろう。

 ……だが、ない。
 東京電力管内はかなり広く、東京から青森まで何らかの募集が掲載されているのだが、福島県は一件もない。
 これも考えてみれば直に受けているとは考えづらいので、同じページにある関連会社の募集を調べてみる。
 やはり、ない。
 人員募集、東京電力系の人材派遣会社の募集はたっぷりあるのだが「福島」のキーワードには一つも引っかからない。
 いろいろと考えられるが、ともかく次を探そう。

 インターネットってのは大したもので、全国の募集が調べられる。
 ます、色々なところのページを「福島 作業員」で当たってもヒットしない。
 ぶつかったのはたった一件。
 ハローワークである。

・作業服支給(防護服)、安全靴と作業衣は自前。
・時給、9000円
・8:00-10:00、9:00-10:00、10:00-11:00。あるいは00:00〜23:59のうち二時間
・勤務日数、週六日(隔週二日休)
・寮完備、三食付き
・マイカー通勤可

 これだ!
 朝のうち、二時間ほど瓦礫を片付け、寮とやらに戻って(別にウィークリーマンションなどを借りても良いらしい)、原稿を書いて……夢のような生活ではないか! 近くに図書館か、マン喫でもあれば最高。
 でもなあ
「寮完備、三食付き」
 って、ひょっとして、タコ部屋?
 ……でも、時給9000円、二時間かぁ←未練がある。
2012/08/17 金曜 世界は日本に軍事力の行使を求めているのか?
 八月十五日を前後に、竹島、尖閣諸島をめぐっていくつかの動きがあった。

 まずは韓国の李大統領が竹島に上陸した。韓国では大喝采らしいが「おまえら、バカ?」と信じられない思いである(もっとも、韓国内でも大統領の行為を疑問視する声があるらしい)。

 日本は温和しい国だから、国際世論に訴えかけたり、抗議したり、大使を召還したり(とはいえ、大使召還は戦争の前段階である)、その程度でまだ済んでいるが、軍事力を重視する国であれば、竹島駐在の韓国警備隊を「不法入国、武装団体」として排除にかかる。
 もし、日本がそうした手段を取ったとしたら、韓国は日本に勝てると思っているのか?
 たしかに自衛隊が韓国に上陸してソウルを占領するのは難しい。韓国軍はもともとは北朝鮮の南下を抑えるために陸戦を重視しているのに対して、自衛隊は上陸作戦に重きを置いていないからだ。
 また、韓国は北朝鮮対策から地対地ミサイルを多数、持っている。これを日本に向けることもできるだろうが、数日の戦闘で消耗し尽くして、次が生産できない。

 四方を海に囲まれた日本は、海自、空自の能力はずば抜けている。
 洋上戦力数、能力。航空戦力、韓国と一桁違う。
 三日で、韓国海空軍壊滅、日本と同様に輸入に頼っている国なので自衛隊が海上封鎖をかければ簡単に干上がる。
 韓国は潜水艦こそ多数保有しているが、海上自衛隊の対潜水艦戦能力の前に数日で壊滅するだろう。

 もちろん、自衛隊はやらないだろう。
 だが、直接、軍事力の行使とならなくとも、日本が経済的なプレッシャーをかければ、韓国経済は壊滅する(もちろん、日本にもダメージはある)。

 日本がやるとすれば、海上保安庁による竹島の封鎖だろう。排他的経済水域に入ろうとする韓国船を追い払う。韓国は軍を出して牽制してくるだろうが、竹島への補給が途絶えれば、韓国の警備隊は持たない。

 ……まあね、いろいろな意見はあるかと思いますが、青山的には竹島なんて韓国乞食にやっちゃって良いと思うんですよ。あんな、江ノ島の皮剥いたような小島、島根県の漁業権に関係するだけで、なあなあでやってりゃいいんですよ。
 軍事費かけるだけ無駄。

 だけれど、大統領が上陸するって、そりゃ、やり過ぎ。
 しかも、引き続いての天皇批判。あーあ、これで今上陛下の訪韓はなくなったな。戦前だったら、下手すりゃ大逆罪だよ。
 やり過ぎだってのと、やりすぎるとなにが起こるのか、判っているんだろうか?
2012/08/21 火曜 野蛮人
 尖閣諸島の対応も無茶である。
 香港を出発した中国船が魚釣島に接近して、数名の中国人が上陸した。上陸したところを沖縄県警が逮捕した。海上保安庁が阻止しようとしたが、中国船が転覆する可能性があるとして上陸を許してしまった。
 不法入国を許したのは失敗だが、全体としては日本の得点だろう。
 大陸中国が魚釣島(尖閣諸島、魚釣島。中国名、釣魚台)を実効支配していないのを証明したような物だからだ。

 次に大陸中国が「尖閣諸島は我が国の領地である。不法入国には当たらない。即刻の釈放を要求する」と政府に申し入れた。これも判らなくはない(同意するわけではない)。大陸中国にすれば「自分の国の人間が国内移動しただけなのに、なんで逮捕されるんだ」というロジックになる。

 この後がよろしくない。日本政府はさっさと送還してしまった。日本の法律では入国管理法で罪に問われる。
 麻薬を運んだり、不法就労が目的でないから、それほどの厳罰には処されない。だが、罪を付けずに政府判断で帰したとすると、今度は司法は何をやっている、という話になる。
 どんな罪状だろうと、原理的には警察は逮捕したら速やかに検察(この場合、入国管理局)に送検する。で、送検されたが、その前に県警では「刑事処分の必要なし」として取調を打ち切った、とある。検察は独自調査ができるが、事前の警察の取調がないと手間が増える。面倒だから、調べない。
 おい、不法入国、立派な犯罪だよ。ちゃんと裁判やってくれ。罰金百万以下の罪状であれば簡易裁判所で一時間で終わる。
 それから強制送還でも遅くはないだろう。

 これで騒ぎが終わるかと思ったら、そうでもなかった。
 今日現在でも大陸中国では反日デモが繰り返され、日本料理店が襲撃されたと報道されている(ロイター)。

 日本は外交下手だと言われるし、事実だろう。
 だが、尖閣と、それに続く反日行動は日本の行動に対抗する動きではない。明白に大陸中国側の行きすぎである。日本側が外交でどうにか防ごうとしても防ぎきることはできない。

 逆に考えてみよう。
 大陸中国が何らかの、日本に対立する動きを取ったとしよう。
 日本国内でせいぜい、デモ隊が中国大使館の前にピケを張るとか、悪くて石を投げる程度である。
 駅前のラーメン屋が襲撃されたり、中華料理屋のおじさんが殴られたりはしない。

 吉祥寺や三鷹の駅前でも地図のプリントアウトを持ったおねーちゃんたちや子連れの家族がハングルや、普通語でわいわいやりながら、ジブリ美術館の土産袋を持って闊歩している。彼、彼女らをぶん殴ったりリンチしたりしようとする日本人は皆無か、ごくわずかだろう。

 悪いが、大陸中国や、韓国は『野蛮だ』と言わざるを得ない。
 野蛮人を相手にどう理を解けばいいのだろう。

 何度目かの繰り返しになるが、ぼくは大東亜戦争について、日本にも一定の戦争責任があると思っている。もちろん、日本だけでなくアメリカやイギリスの責任はもっと大きいし、韓国や中国にもある。
 その中で日本の「責任の取り方」は軍事力を行使せずに、アジアの平和を守ることだと信じていた。現実問題として、インドネシア、マレーシア、フィリピン、インドなどの旧大東亜共栄圏の国々は平和を保っている(タイは特例)。
 だが、ひょっとしたら考えを改めなければならないのかも知れない。
 韓国も大陸中国も戦争やりたいのか?
 やらないと判らないのか?
2012/08/23 木曜 やっちゃった、韓国
 あーあ。やっちゃったよ韓国。
 親書の受け取り拒否って、事実上『外交交渉の拒否』だよ。

 太平洋戦争で、日本とアメリカがすったもんだしている時でも、日本もアメリカも双方が大使館を置いて、双方の大使が交渉を続けていた。
「事実上の対日宣戦布告」と言われる「ハル・ノート」ですら、日本は受け取って改正案を持って行っている。(ハルノート;青山の小説の読者なら知っているだろうけれど、日米開戦の直接のきっかけとなった対日要求。日独伊との国交断絶、連合国以外との通商禁止、満州国の非承認というなかなか無茶な内容)。

 もっとも、いま調べてみたら「ノート」は「通牒」。「親書」は「署名入り私信」ぐらいの意味合いで、親書は外交文書として、それほど重要ではないらしい。
 いずれにせよ「お前の手紙なんか読まねーよ」ってわけで、交渉の方法がない。……まあ、現実的には韓国側は親書の内容を知っていて、それで受け取り拒否したとされているが、非常識である。

 大統領のスタンドプレイだという説があるけれど、韓国が世界に恥をさらしたのは事実だ。まあ、向こうは日本に恥をかかせてやった、とでも思っているかも知れないが。

 ぼくがこれを打っている24日午前の時点で「日本は韓国国債の購入を無期限に凍結」という報道がされている。韓国に金を貸さないよ、と言ったわけで、経済制裁の一種と考えられる。
 これからウォンが上がるだろうから、韓国国債を買うのは(つまり、韓国に投資するのは)日本にとっても国益に繋がる。韓国にしてみれば世界の基軸通貨である円が入ってこなくなるので、大いに困ったことになる。

 親書受け取り拒否程度で(しかも、たかが総理のだし)日本は韓国に宣戦布告したりしないだろうが、さらなる経済封鎖や軍事衝突が起こる可能性はある。

 モノ書き的にちょっと考えてみる。
 とっかかりとして一番手頃なのは竹島だろう。
 竹島には韓国の沿岸警備隊が常駐していて、目的を問わず日本船が接近すると砲撃してくる、極端な場合、戦闘機がスクランブルをかけてくると言う。
 スクランブル、かけて貰いましょう。

 自衛隊は宣伝していないが、航空自衛隊はちゃんと電子戦機、電子偵察機を持っている。実態はYS-11であるが、中身はかなりきちんとしているらしい(普通、どこの国でも電子戦機や、電子戦偵察機の性能は国家機密)。
 ロシアは類似の機体(韓国や北朝鮮は電子偵察機を持っていない)を日本に向けて飛ばして、自衛隊がどう出るかをテストしている。一方、日本の自衛隊も、せっかくあるものを使っていないと考えられない。
 YS-11をちょいと飛ばす。竹島に接近する、あるいはぎりぎりのコースを飛ばす。韓国も対空ミサイルにパトリオットを持っているので、ちょっとイヤだが、いきなり撃ち落としたりはしないだろうし、本気で危ない時は電子戦機を出せば防げる。

 空域にもよるが戦闘機が出てくる。
 飛行距離にも関係するし、物凄い大ざっぱな計算なのだけれど、スクランブルを一発かけると日本円にして、一千万から五千万の燃料代がかかる。毎日これやってご覧なさい。一年経たずに韓国の防衛費は枯渇する。

 ついでだから、竹島を洋上封鎖しよう。
 しばらく前の法改正で、海上保安庁は臨検ができるようになった。ようするに他の国の怪しい船を見つけたら制止を命じて、武器弾薬、密輸品を持っていないか点検できる。持っていたら国際法に則って処分できる。竹島行きの船だったら、何か持っているでしょう。
 竹島周辺は国際的には「未解決海域」なので、国際法上も問題ない。
 韓国船は韓国船で「停船命令に従う必要なし」として逃げるだろうが、尖閣諸島の映像から見て判るように無理矢理止めるだろう。
 韓国は韓国で海軍引っ張り出してくるとか、反撃するとかするだろうけれど、輸送量が半減するだけで、竹島の韓国沿岸警備隊は文字通り干上がる。なにしろ、竹島、満足に水がないので。

 韓国がこのあたりで引っ込んでくれるのがベストなのだが、日本側に被害が出ると、自衛隊の交戦規定を拡大解釈できる。現状なら、拡大解釈を世論は支持するだろう。そうなると、韓国を洋上封鎖できる。本格的にドンパチ始めると北朝鮮がなにをしでかすか判らないし、アメリカが介入してくる。
 戦時賠償金を韓国から巻き上げて、幕を引くのが日本にとって有利な終わり方だろう。
 まあ、それでも「日帝、再侵略」とか騒ぐでしょうが。

 でも、一番困るのは、韓国との国交が断絶したら、アニメーターが不足してアニメの放送枠がガクンと減ってしまうところだ。
 ……いいんだ、MXのガッチャマンの再放送見ているだけだから。

2012年07月の近況へ
2012年09月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|