|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2010年10月の近況へ
2010年12月の近況へ

2010年11月の近況
Page bottom 
2010/11/01 月曜 代休
 娘、昨日一昨日の文化祭の代休で学校休み。
 友達とその友達のお母さんとカラオケに行ったらしい。

2010/11/02 火曜 はやぶさ
 昨日の友達を連れて上野の国立科学博物館へ。
 特別展示で「はやぶさ」のカプセルを展示しているという。実際に行ってみると「空と宇宙の特設展」とかでリリエンタールとか、徳川大尉の話まで扱っている。ぼくとしては物凄くおもしろかったのだけれど、中学生二人にとってはまあどうでいい話だろうなぁ。さっさと進んで行ってしまう。
 個人的にはネ20(国産初のジェットエンジン。橘花に使用された)に再開できたのが嬉しい。いまは調布に置いてあると聞いたのだけれど、提供はメーカーになっていた。

 はやぶさのカプセルは二つ置かれ、たぶん、一つはEM。一方はカプセルの外殻だろうと思う。テレビで見たものと同じ。待ち時間はゼロ。

 イカロスのセイルも展示され、触れなかったので厚さは判らなかったのだけれど、結構厚そうな印象だった。あまり薄いと打ち上げの衝撃に耐えられないのだろう。

 一般展示へ。
 どこかに消えたと思った娘らは、中庭のベンチで、ポッキーを使って戦っていた。ちゃんと展示見ろ。全部説明してやるから(除、地学)。

 帰路、上野駅ナカのサイエンスショップへ行こうとしたら改装途中で閉店していた。再開店すると良いなぁ。

2010/11/04 木曜 役所巡り仕上げ? 
 なくなった両親の残した実家、土地、家屋相続の手続きを終わらせる。
 あっさりしたものだったが、東京中飛び回った。パトラッシュ、疲れたよ。

2010/11/06 土曜 めし
 某所で飯作り。どう仕事に繋がるかはヒミツ。

 帰路、スーパーで買い物。
 ある売り場で小学校低学年の子供が騒いでいる。
「ねえ、買って、買って、買って!」
 子供らしいほほえましい光景である。
「コンニャク買ってぇ。コンニャクの煮物食べた〜い」
 日本の未来は明るいぞ。

2010/11/08 火曜 なめこ忌
 盟友、なめこさんの祥月命日である。
 保育園の父母会仲間である。
 息子の乳児君が小さかった頃からきちんと役割をこなしてくれた。最初の印象は学年末の文集報告の時だった。平尾さん(いまでも仲間だ)が「いままでは冷色を使っていましたが今回は暖色として、表紙も120キロの紙を使い……」という説明をしているとき、
「普通の人は紙の厚さをキロで言われても判らないですよねぇ」
「うん」
 言われてから気がついたけれど、なめこさんは判っていたのだ。

 翌年、なめこさんは父母会の役を辞退した。やる気は満々だったのにどうしたのだろう? と不審に思っていたら、癌を発症していたからだ。一年後、癌を克服したなめこさんは乳児君を無事小学校に入れた。

 だけど、もう一度、連絡が取れた時、乳癌からの再発ですでに症状は進んでいた。
「いや、再発率、100%と聞いていたので、返って安心しました」
 にっこりと笑う。この人の身体の中で死病がはびこっているとは、信じられなかった。亡くなるその日まで信じなかった。

 亡くなる前に色々大変なことがあった。ある程度は知っているけれど、真実かどうかは判らないし、断定もできない。

 けど、一年前、結構いい話を残してなめこさんは逝った。
 去年、あった、もっともショックな出来事であった。

2010/11/10 水曜 歯医者
 歯医者に行った。
 先日の詰め物が取れたのを治して貰い、ついでに歯周病のチェックである。
「ああ、ある程度進んでいますが、濃厚な治療は必要ないです。きちんと歯を磨いてください」
 歯石を取って貰うが、歯を削られるより痛かった。理不尽を感じる。

 サンドラッグで買い物。11%引きという微妙な割引券があるため。洗剤を買う。

2010/11/13 土曜 小松左京
 朝五時過ぎ起きの強行軍で大阪は箕面へ。小松左京先生にお会いするためである。
 この前の春、やはり箕面で小松先生を囲む会を開いた所、誰かが「次は紅葉の季節だね」とこぼしたのが実現したのである。
 が、娘も中学生。新幹線で三人移動すると、とんでもない金額になる。で、軽自動車で往復となった。
 中央道に乗ろうとすると、渋滞25キロ。早朝でもあり下を走って渋滞をやり過ごし、ひた走る。旅行の苦労の話しは置いといて、三時過ぎに箕面観光ホテルに到着。
 小松先生すでに出来上がっている。ご様子はと言うとさすがにコンピュータ付きブルドーザーも80年使い倒すとくたびれるといった所か。
 ツィッターにもアップした問答。
青山「最近、本が売れなくて困っているんです。どうしましょうか?」
某氏「小松先生の爪の垢を煎じて飲んだらどうだ?」
小松「それより、マラカス(魔羅垢)の方が効くぞ」
 ……一瞬、危ない想像をしてしまいました。

 先生がお帰りになったあと、宴会。
 帰路のこともあるので、早めに寝る。

2010/11/14 日曜 箕面の滝
 息子の模試があるというA一家と別れ、箕面の滝を観に行く。さすが、日本有数の観光地である。
 土産物屋などが建ち並ぶが、道も整備され、環境保全のために車も入れない。特に紅葉シーズンの頭とあって、なかなかの人出である。

 帰り、箕面駅前まで出て、お好み焼きを食べ、次回の集まりに使えそうな店を物色するといい時間になってしまった。
 高速に乗るには乗ったが、渋滞に引っかかり、帰宅時には日が変わってしまっていた。

2010/11/15 月曜 へたる
 最近珍しく本格的にへたる。
 午前一時過ぎに寝て「行ってきます」と言う娘の挨拶で起きて、二度寝して「ただいま」と言う娘の声で目を覚ました。
 一日中、陽の射さない部屋にいるのもなんなので、買い物に出て戻ると「より抜き銀魂さん」だった。
 さっさと寝る。
 もー、仕事している時間もない。どうしよう?

2010/11/16 火曜 寝ていた
 一瞬起きて、また寝る。疲れが残っているのかなぁ?

 で、またカード話。メインは別の会社を使っているが、VISAが必要となる局面が結構多い。以前、綱渡りでセゾンカードを入手した話は書いたけれど、実のところ、あまりメリットがなかった。どうしようか悩んだが、結局、別のエネオスカードに乗り換えることにした。
 以前、使っていたスタンドが潰れ、ちょっと離れた所にあるセルフのスタンドがやたらにサービスが良い。無論セルフなのだがたのめば色々チェックをやってくれる(タイヤを変えたのもここだ)。大阪行きの時は高速走行用にタイヤのエアも加圧して貰った。下手なスタンドよりよほど面倒見が良い。で、一度使えば年会費無料にの戻そう、と言うだけである。
 ……それよりも、いなげやでセゾンカードを使うのに抵抗を感じるから、というのはヒミツだ。

2010/11/19 金曜 疲れが取れたか?
 土日の大阪行きで脚が痛くて仕方なかった。クラッチの踏みすぎである。
 しばらく経っても痛い、と言うよりだるかった。
 やっと、取れた。ふう。

 電車に乗った。隣に座った若い男が携帯でメールを打っている。内容が読めてしまった。
「六万円貸してくれませんか?」

2010/11/23 火曜 友去る
 悪友、TTと共に悪友TS宅を訪れる。
 まあ、一般の人の事なのであまり詳しくは書けないが、転勤で鳥取に行くという。大学の友人なのでほぼ同い年。その割りには良い条件で移動できた。ひとまず安心←自分の心配をしろ!

 あ、奥さん、カレー、美味しゅうございました。

 今日見た物。
「シャア専用カップラーメン」三倍辛い!
 三倍辛い……あるいは赤い、は良いとしてもシャアはラーメン食うのか?

2010/11/26 金曜 テレビ放映?
 「自分で作る美味い海軍めし」が、紹介される予定です。
 11月30日(火) 日本テレビ 12:00〜12:30。「DON」。

 「空母瑞鶴 昭和16年12月8日のめし」の後「ビーフステーキ」「ポークチョップ」「ポアソン・ア・ラ・ムニエール」「トマトミンチビーフ」「天丼」などが紹介された後、カレーの試食もあるそうです。
 ここまで決まっているのですから、朝鮮戦争でも始まらない限り放映されるでしょう。

 えー、上首尾に行って二巻が出れば「戦艦霧島、昭和17年6月5日、昼食、夜食」を考えています。

2010/11/27 土曜 熱圧力弾ってなに?
 北朝鮮が23日のヨンピョンド島攻撃にコンクリートを貫いて火災を起こす「熱圧力弾」を使用した。

 と報道された。
 熱圧力弾ってなに? 初めて聞く言葉である。
 ついでに言うと「近年、北朝鮮が開発に成功した非常に残虐な兵器で、ヨンピョンド島を火の海に変えるつもりだった」とまで修飾文が付く。

 ググってみると熱圧力弾という言葉でぶち当たるのは北朝鮮関連ばかり。英文で引いても出てこない。ついでにCNNとロイターを調べてみてもやはり使っていない。
 どうも熱圧力弾という言葉の発信源は韓国系の朝鮮日報か、中央日報らしい。できることならハングルで調べるべきなのだろうが、残念ながら手も足も出ない。

 それでもここ数日の報道や、データで判ったこと。
・北朝鮮からの攻撃はロケット弾であったこと。
・着弾あとに焼け焦げた金属の筒が落ちていること。

 ……あの、それってただの成型榴弾じゃないでしょうか?

 爆弾でも砲弾でも、大抵は標的にぶつかると爆発する。色々な種類があり、装甲を貫いたり、熱で溶かしたり燃やしたりする。
 一番判りやすいのが原爆で「熱核兵器」というぐらいで爆発の際に発生する熱で標的を損傷させる。爆風による破壊はどちらかと言うと二次的な効果でしかない。で、この爆発、普通は球状に熱線を放射する。爆風も、また、球形に広がる。
 広島の場合、ファットマンは高度六百メートルで爆発している。これだけが理由ではないが、熱線が広い範囲に届くように地上爆発を避けたのである。
 爆発の様子を考えていただければ判るが、核爆発の熱線は半分が上空に放出されている。真横に飛んだ物も無駄になっている。

 原爆は置いといて、普通の爆弾でも爆発は球状にエネルギーを発散する。すると爆発エネルギーの半分以上が無駄になってしまう。
 じゃあ、爆発の方向性を前後だけに集中できないだろうか? と考えられ、実用化されたのが「成形榴弾」(成形炸薬弾)である。そんなことができるのかというと、できるのである。炸薬を擂り鉢状に成型して、爆発させてやると前方に向けて高圧高温のジェット噴流が吹き出す。この熱と圧力で装甲に穴を開ける。
 もちろん、弱点もあって砲弾として使用する場合、着弾速度があまり速いと成型された炸薬が壊れてしまい、ジェット噴流は発生しない。
 また、装甲が二重になっている場合、二番目の装甲を打ち抜きづらい、高温に耐える素材(セラミック)には対応できない、リアクティブアーマーには無効である、などの特徴がある。
 そのため低初速の砲や、ロケット弾に使用されることが多い。

「レイダース、失われたアーク」(インディジョーンズ第一作)で、まさにナチスの一団がアークに迫ろうとしたとき、インディが崖の上で立ちふさがるシーンがあるが、その時、手に持っていたのがこいつである。
 つまりですね、第二次大戦当時から使われていた兵器で、すでに最新兵器ではないわけですよ。まあ、「熱圧力弾」が「成形榴弾」だとしても。

 結論は単純で、韓国国内でも、マスコミの情報操作は行われているし、日本のマスコミもこいつらに踊らされていると。

 アホくさ。

2010/11/30 月曜 テレビ放映
 と言うわけで、「自分で作る美味い海軍めし」がテレビで紹介された。
 生放送の際に地震が起こって一時はどうなるかと思ったが、無事オンエアされた。
 やはり旨そうな士官食が紹介されたのはありがちだが、いかにも昔風のゴボウ飯とか欲しかったかな? 役者さんたちは例の長門カレーを旨そうに食っている。嬉しいですねぇ。お笑い芸人さんの所には二合飯が配られ「食い過ぎて喋れない……」。やはり、お笑いの人たちはそう言う芸風か。

 やはり目玉は「空母、瑞鶴、1941年12月8の食事」。
 担当者は判っているなぁ。瑞鶴の写真が出たと思ったら、すぐに真珠湾攻撃の写真が流れる。例の有名な写真でアリゾナが盛大に燃えているやつである。
 ……って、いいのか? 考えてみたら真珠湾攻撃って来週じゃないか!
 まあ、飯なら良いのか。レシピ本だし。

 テレビには何度か出たことがあるが、まさか自分の作った料理がテレビでアップになるとは思っていなかった(冷静になって考えるとコーヒーを淹れているシーンがアップになったっけ)。


2010年10月の近況へ
2010年12月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|