|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2010年07月の近況へ
2010年09月の近況へ

2010年08月の近況
Page bottom 
2010/08/01 日曜 バースディパーティ
 誰のと、とは聞かないでください。Mのバースディパーティだから。
 昨日のうちから色々買い出しをして、日中、準備。
 Mがミサに行くのと同時にMichaelを連れて帰り、昼飯を食っているとすぐにChristopherが、ガールフレンドだかステディだかフィアンセだかワイフだかと一緒に来る。
「おお、久しぶり!」
 ぐらいの会話しかできない。
 娘は退屈そうだったが、親戚が集まり始め、子供がいるとパワー全開。家の回りを走り始める。

 集まった人たちは30人ほど。雑多。
 歳は上は80から、下は赤ん坊まで。
 人種的にも、Mもいわゆるヒスパニックだし、こっちも日系。プエルトリカンも居ればMariaの直接の親戚は当たり前だけれど、ヒスパニック。この系統の人たちは本来アメリカの主流から外れているけれど、全然そんな感じはしない。カリフォルニアではアフリカンがもっと多かったかな? ワスプなんてどこへ消えたのだろう、って雰囲気である。
 まあ、ドクターに、銀行員とか居るし関係ないだろう。

 二時頃からティーパーティ。ケーキが美味しい。時間が経つと、少しずつ散り始め、だらだらと食べている。
 出てきたハンバーガーパティがあまりに美味しそうだっので、バーガーパンにチーズとレリッシュ(ピクルス刻んだやつ)とトマトを挟んだらぼくの顔より長くなってしまい、食べるのえらい苦労した。
 苦労した後に今度は動けずに大苦労。うーんうーん、苦しい。
 Mの両親、Michael、Christopherが帰ると後片づけ。これぐらいやらないと。テーブル上の食器を下げ、プランターや、テーブルを戻し、荷物を地下室に運ぶ。

 次は娘の明日の準備。
「眠い」
 とむずかるのを風呂に入れ、明日の荷物だけはチェックさせ、就寝。

2010/08/02 月曜 キャンプ初日
 普通より早めに起きて娘が起きだしてくるのを待つ。娘は普通に朝ご飯を作り(目玉焼き)、ランチはHが自分の分と一緒に作る。
 Hの運転で集合場所の小学校へ向かう。すぐ前をスクールバスが走っている。あれがそうかなと思うと、件の小学校の駐車場に入っていく。
 バスとは別にガールスカウト・キャンプの人の自動車がやってきて、娘の名前をチェック。背中はちょっと寂しそうだったし、昨夜も「東京に帰りたい」と言っていたが、ちゃんと英語で受け答えしていたし、昨日までの他の子供たちと遊んでいる様子からして、あまり心配していない。

 戻ってこちらが食事。
 MはMichaelを送りに行ってしまっているし、昨日の残りのハンバーグ、の小さいのがあったので小型のバーガーにするが、うえーん。まだ、でかいよ〜。
 食って寝る。

 11時過ぎ、目が覚める。
 Mが帰ってきた気配はあるが、呼びかけても返事がない。すぐにHから電話。Mは時間が時間だし教会に行っているのだろう、その後、両親を医者に連れて行くはずだ、とのこと。
(12:05 記入)

 と言うわけで飯をどうするかが問題である。昨日の残り物はあるが巨大ハンバーガーとか、チーズである。レリッシュもあるし、アメリカンサイズのパンもある。こんなもの食ったら死ぬ、抜くか、と悩んでいるとMが帰ってきた。
 聞くとドクターが寝込んだので医者はキャンセルだという。
 Mがランチを作ってくれる。ラッキー。トマトを花のような形に切って、そこにツナとマヨネーズ、ブラックオリーブを混ぜ込んだサラダである。ダブルラッキー。
 屋外のデッキで食べる。
 随分話し込んだが、おもしろかったのが「ダビンチコード」に関する話。敬虔なカトリックであるMに取って、アレは憤慨に値する書物らしい。非常に危険であり、読むのに時間を浪費して、ついには諦めたという。
 そりゃまあ、そうだろうな、と他宗教国家人である日本人はそう思うが、Mに取って、そしてぼくにとっても驚きだったのが、結構多くのアメリカ人がそれを信じているらしい所。
 悪いけれど、無教養としか言いようがない。もちろん、ぼくがクリスチャンの教義に詳しいかと言うとそんなことはないが、アレがおかしいのは判る。そろそろ四時半。
 Hが帰ってくる。
(16:21 記入)

 娘が初日のキャンプから帰ってきた。
 迎えの場所に行くとブスッとして、
「遅い」
 いや、早めに行ったのだけれど。
 でも、トラブルもなくとりあえず初日を終了したらしい。他の子ともある程度はコミュニケーションが付けられたみたいだし、このまま一ヶ月でどこまで発展するのか、日本に帰ってきてどうなるか、楽しみ。向こうでなにをしたかきちんと聞かなかったけれど、湖で泳いだらしい。クロールと、背泳ぎと、平泳ぎをしたそうだ。
 親バカだとは思うけれど、楽しいんだよぉぉぉ。

 帰るなり
「風呂、飯」(意訳)
 と親父のような発言。いまシャワーを浴びている。

 今夜、もう一度、アップデートの予定。明日、こちら時間の早朝便で帰る予定なので、アクセスしている時間がないかも知れない。
(17:40 記入)

 食事。なんて言うのだろう? シェルマカロニの大きなやつにリコッタチーズを詰めて焼いたもの。トマトソース。美味。娘はサーブから片付けまできちんとやる。
「アイスエイジ」を観て寝る。

2010/08/03 火曜 帰宅の日
 プロビデンス空港なう。とかやってみる。
 四時半起き。Hに送ってもらって空港にいる。

 朝、まだ暗いうちに目を覚ます。娘やMまでも起きだして送ってくれる。夜明け前闇の中にはクトゥルー神の……やめた。
 朝一番の飛行機だというのに……いや、朝一番だからか? 空港はすごい混んでいる。セキュリティをくぐり、搭乗待ち中。またも靴まで脱がされる。まあ、ここはすぐ通過できる。
 席を変えられるらしいが、結局、満席でできなかった。
 空港には見た目にナイスなオイスターバーがあるが、来たときも閉まっていたし、今日もまだ開いていない。
(06:30 記入)

 エアバスA320は定刻よりほぼ十分遅れで離陸。これぐらいの遅れは誤差のうちだ。短距離路線は軽いなぁ。すぐに浮き上がる。
 窓の外では雲海と朝日が美しい、
(07:16 記入)

 ドリンクが配られる。コーヒーを頼む。抜かった。不味い。ユナイテッドはスターバックスだった。

 シカゴ着。着時間がどうも判らん。大体タイムゾーンが違うので一時間二時間は時差のうちらしい。預け入れ荷物もよう判らん。転送されているのか居ないのか? 来たときは自分でピックアップしたのにどうも違うらしい。放送がかかっているが、どうしたものだろう? 誰が預け入れ、どこに運んだか判るだろうから追いかけてくるだろう。
 なくなって困るのはぼくの使い古したパンツぐらいのものだ。

 朝から何も食っていないので、空港のマクドナルドで日本では見かけないハンバーガーを食べる。スリーパウンダーとあるが、三ポンドはなさそうだ。マクドナルドの味がした。
(10:30 シカゴ時間、らしい)


 ほぼ定刻通りシカゴオヘア発。
 が、座席のイヤホンが雑音だらけでなにも聞こえない。
ちょっと楽しみにしていた「アイアンマン2」が中国語字幕だけだとかなり寂しい。
 それにしても、ユナイテッドは何かしらあるなぁ(海外旅行はいつも選択的にSQを使う)。以前ユナイテッドに乗ったときも、当時最新型の747だったのに、水漏れしていたし、ユナイテッドがどうのと言うより-400すらもう古いと言うことか? でも、SQの747は快適だったし、777も良かった。もっと前になるけれど、イギリス行ったときのA340、Lady in redなんか夢のようだった。


 しばらく経ったら音声復帰。
 UAもドリンクフリーと判ったので、貧乏性というか島国根性を出して飲む。ビールと、食事になると白ワイン。
 もっとも食事はベジタリアンで、野菜カレーだった。うーむ、あわないなぁ。チーズが欲しい所。

 例によって食後に1杯、でVSOPを飲み、それでも飲み足りないのでギャレーに行ってジャックをもらう。アテンダントさんはかわいそうに立ちながら朝食らしいものを食っていた。仕事とは言え大変だ。
 ……悪いけれど、キャビンクルーと、コクピットクルーと、パッセンジャーを比べると、パッセンジャーが圧倒的に楽だ。
 PIC……キャプテンとして飛行時間はいままで最長、四時間だがあれはヒマだ。もっとも、金もらえるならやるけどさ。
(15:30 シカゴ時間らしい)

2010/08/04 水曜 日が変わったか?
 カレンダー上ではとっくに変わっているのだが。

 いまだに飛行機の中、軽食。きつねラーメンが配られる。
 ん? ベジタリアン用ではないはず。
 ちょっとお待ちくださいとのこと。待つ。
 ついでにPCを起動して、日本時間を確認。8月4日、09:03。もうとっくに変わっているのだが、ここで時計を日本時間に戻す。
 まだ、六時間もある。結構長い。

 朝食というか夜食というか、軽食が配られる。なんと呼ぶべきか判らない。なにしろ、東海岸時間で、真夜中の零時過ぎなのだ。
 メニューはホットフルーツである。ちょっとばかり苦手なんだが、チキンサンドよりは良いだろう。いや、下手をすると日本行きの国際線はクソ不味い茶そばが出たり、なんちゃって日本料理を食わされるのでマシか。ホットフルーツに、チーズベーグル(なんちゃってベジタリアンなので)。
 でも、そんなに食えないって。
 これで、第一食にビーフ、軽食にパスタ、最後にチキンサラダなんか食べていたら、絶対もたれる。
 来るときの娘の言葉が至言。
「なんで、こんなに食べ物ばっかり出てくるんだ」
 いや、確かにそうだけれど、食べる以外に楽しみないし。

 どういう具合か携帯がポツポツと圏内になる。GPSで現在位置情報を取得しようとするができない。
 (14:30 記入)

 飛行機は定刻通り、午後三時過ぎに成田に到着。満席なので降りるのに結構苦労する。
 なかなか荷物が出てこないのでヤキモキするが、宅配サービスに放り込んで、後は気楽。
 携帯を起動。メールを受信。普通のメールが500通。うーむ。auのサーバー、大丈夫か? いや、大丈夫だろうが。
 京成線の普通特急でちんたら帰る。いま、電車の中。
 しかし! 気温32℃とは何だ! 暑いじゃないか。

2010/08/05 木曜 普通のメールが300通
 結構普通の時間に起きる。
 昨日は帰宅早々、ノビてしまったので、PCを立ち上げメールチェック。向こうでも一応、メールチェックはしていたのだが、どういうわけかアメリカから日本のメールサーバーに繋がらないのでWebメールでチェックしていただけである。
 どうしても自分のPCに落とし込まないと気が済まない。
 落としてみて、う。
 スパムでもなんでもない普通のメールが300も溜まっている。大半は雑談のMLなのでどうと言うことはないが、処理にはそれなりの時間がかかる。
 電話の留守録も16件溜まっていた。面倒。

 銀行へ。月末の払いとか、引落のある口座の確認とか、やるべき事が結構ある。
 腹が減ったので松屋の牛飯。250円はありがたい。
 少々伸びて、デニーズへ。飯食ったので申し訳ないが、コーヒーだけである。
 西友へ。買い物少々。
 免許関連の電話をかけ、またも雑事を色々と処理していると、昨日空港から送った荷物が届く。
 洗濯。

 ある連絡を待っていたのにないなぁ、と思ったらケータイを持って歩くのを忘れていた。
 ケータイを買った最初の理由は娘を保育園に入れるとき、緊急連絡受信用だった。後に父の具合が悪くなると、これまた病院からの緊急連絡受信用だった。いまは娘との緊急連絡用である。
 が、娘はアメリカ。
 しかも、向こうに行っている間、auの電話は使えない。緊急連絡の必要性もなく、持って出かける意味がない。忘れたらしい。

 そう言えばぼくはもともと電話が好きではない。ケータイどころか普通の有線も嫌いだ。が、逆にメールが届くと期待でわくわくする。
 長くなりそうなので、ケータイの話はまた。

2010/08/07〜08 土曜〜日曜 SF大会
 レポートというか、簡易メモ。
 ちょっと遅れて到着。連合会議はすでに始まっていた。星雲賞の発表と詳細。
 びっくり科学実験室1。
 サイン会。

 夜はバイク仲間と宴会。珍しく飲み過ぎる。三時過ぎまで起きていたらしい。

 翌日。びっくり科学実験室2には間に合う。
 の、後、マグロになる。SF大会参加歴、29年にして初めての経験である。


 自分のためのメモ。あるいは夏休みの宿題の手助け。
 事前にぼくが何も準備できなかったので、S先生にお願いしていくつかの演示実験を用意していただいた。

1.爆発と燃焼。
 アルミ製の空き缶を完全にあけてしまい、一方、底の近くに釘などで点火用の穴を開ける。アルミ缶の開口部に紙コップを被せて実験器具は完成である。この中にアルコールを噴霧して、点火口に火を着けると内部で爆発が起こってコップが上に飛んでいく。

※燃焼と、爆発の違いを明らかにするためアルコールの燃焼を見せたかったが、できなくで残念。もっともこれは会場の規制に引っかかるだろう。
 
 燃焼実験の延長として水素と酸素を混ぜた気体でシャボン玉を作り、これに着火するというのもやった。水素燃焼の無色炎や、燃焼の結果の生成物を見せたかった。

 爆発については小麦粉を使った粉塵爆発ができるはずだが、これも将来の課題。

2.タラヨウ。
 Sの専門、というか半専門。
 タラヨウと言う常緑樹の葉を傷つけると葉が持っている酵素が反応して、傷跡が変色する。
 細胞を破壊するには物理的な方法ばかりでなく、熱処理でも反応する。線香のような火でも茶色く反応させられる。ところが、あまり高温だと酵素の方が先に破壊されて反応しない。
 湯でやったりしたが、今度は熱湯を使うとどうなるかとか、逆に酵素破壊を先に起こして、反応処理を行うようなこともやってみたい。

2010/08/13 金曜 平易な日
 アメリカからの時差ボケもとれ、SF大会の快い余韻も失せ普通の日が戻ってきた。
 とはいえ、本調子ではなく、原稿も進まない。

 何よりも寂しいのは娘がいないことだ。
 彼女が居ても居なくても、ぼくの作業はそう変わらない。娘は食べ物は自分で作るし、おとーさんはちょっと邪険にされている。マンションとはいうものの狭苦しい我が家。娘がいなければ家の中も広く使えるのに、それがないと物足りない。

 昨日、アメリカからメールが届いた。ステイ先からの英語のメールだったが、何度も読み返した。
 娘は向こうで馴染んでいるようだ。いや、そりゃそうだと思う。居心地良いもん。英語にも慣れたらしい。……そもそも、向こうにいる間にすでに「おとーさんの英語、発音悪くてわからない」と言われていたぐらいだ。
 そろそろディキャンプが終わり、月曜からレジデントキャンプが始まる。いままでは家に帰れば多少は日本語の通じる環境だったが、今度は英語のみの環境である。
 不安なような、楽しみなような……。

2010/08/16 月曜 なるほど
 道を歩いていると前から若い男性が歩いてくる。
 なにやらベビーカーを押している。おお、若いおとーさん、頑張るねぇ、とおもったがどうも様子が違う。ベビーカーに犬でも乗せているのかと思ったら、そうでもない。

 よく見るといわゆる「シルバーカー」に荷物を満載して運んでいるのである。なるほど。

 シルバーカーはググって貰えれば判っていただけるだろうが、一人歩きがつらい、あるいは独居で買い物が不便な年寄りのために開発された押し車である。単純に歩行の支えになったり、あるいは買い物用にカートがわりになったり、さらにはイスになる優れものである(使ったことはないが)。
 だが、若者が使って悪いはずがない。
 たとえば、いままで、大荷物はなんとなくカートで引きずっていた。だが、カートは自分の後に位置し、見えない、という欠点がある。
 ところが前方に位置するシルバーカーはもちろん目に見える。
 搭載量はどうだろうか? 一番簡単なシルバーカーはただ押すだけのものであり、カバンなどを引っかける程度のキャパシティしかない。しかしある程度大きなものであれば、ボックスの中に荷物を入れたり(犬を入れている老婦人を見かけたことがある)、人が座れるようなものであれば上に積む事ができる。

 しかもシルバーカーは自立できるという長所がある。カートであれば「よいしょ」と起こさなければならないが、その手間が省ける。

 うん。いいなあ、とは思ったがそんな大荷物を運ぶときは自動車を使うんだろうなあ。おれ。

2010/08/20 金曜 知らなかった過去
 TOKON10の企画で「TOKONを振り返る」みたいな企画があって、そこに娘の保育園仲間の名前が出てきた。TOKONに関わっていた、とは聞いていたので驚かなかったが、どうもバーバレラを演出したらしい。
 で、たまに、この人とは飲むのだけれど、近くのカレー屋でちょこちょこ行きました。
 バーバレラを演出したのは事実で、その裏話も聞いた。
 二つ、似たようなコスチュームショー(当時はマスカレードと言う言葉はなかった)の申込みがあった。それぞれ一つ一つではあまり映えない。そこで、二つを実行委員会側の提案として合体させて、そのうちの一人に派手なコスチュームを着せることにした。
 ただし、その本人には『当日、着るコスチュームを絶対見せなかった』そうな。予行演習の際にも振り付けだけは付けたものの、普通の服で踊らせて、当日、縫い上がった服を関大連の女学生がよってたかって着せたとか。
 それで出来上がったのがあの、バーバレラ。
「いま、だったら、犯罪ですよね」
 と本人は冷静に言うが、ウケ具合を見て本人はしてやったりと思ったらしい。

 なお、ウチは娘をアメリカに放り出したが、向こうはロシアに放り出したそうだ。

2010/08/24 火曜 ゴキブリ時雨
 最近、道を歩いているとよくセミの死骸に行き当たる。地域差はあるだろうが、ウチは関東なのでアブラゼミが多い。道の真ん中、あるいはその辺で茶色い節足動物の亡骸が転がっている。
 今日も「あ、セミが死んでいるな」と思ったら、生きたゴキブリだった。

 あせったぁ。

2010/08/26 木曜 免許更新
 運転免許を更新した。
 いままでゴールドだったのが、ブルーである。悔しい。悔しいのは以前も書いたような気もするので省くが、一時間講習である。ゴールドだと30分で、事実上十分だったのと、実は大差ない。

 が、久々に講習を受けて感じたこと。
 警察も変わったなぁ。

 講習に出てきたおじさん警察官は実例を挙げて、事故の悲惨さを伝えようとしていた。いかに交通事故が残酷で、つらい現実に直面させられるか、本気で憤っているようだ。
 反面、警察内不祥事についても触れて、これにもまた憤慨していた。

 取り締まりはマシになってきているが、確かに点数稼ぎの不可解な取り締まりも多い。
 だけど、こういう、本気で事故をなくそうとしているお巡りさんを見ると、嬉しくなる。



2010年07月の近況へ
2010年09月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|