|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2010年01月の近況へ
2010年03月の近況へ

2010年02月の近況
Page bottom 
2010/02/01 月〜木 炎の四日間
 娘の中学受験。本番。
 一日、第一志望校。余裕で出かけて、余裕で帰ってくる。結果、轟沈(娘のランクからするとかなり難しい)。
 二日、第一志望校、二日目。引きつって出かけて、しょんぼりして帰ってくる。轟沈。
 三日、第二志望校、というより第1.5志望校くらい。午後、午後滑り止め入試。車で移動して結構大変。
 第1.5志望校、轟沈。滑り止め合格。「発表は見たくない」と言っていたのが、ここで合格を出して、浮上。
 四日。第一志望校。募集、若干名。「簡単だった」と笑って帰ってくるが、轟沈。後で出願者倍率、合格点数を比較すると、この日が一番難しい。

 と言うわけで、疲れた。本当に疲れた。自分のすべての受験より疲れた。
 感想はまた。

2010/02/05 金曜 腑抜けた日
 えーと、疲れた。本気で疲れた。
 第一志望というか、唯一志望に落ちていたので、娘はがっくりするし、こっちも精神的にやられる。
 夕、一月受験で「落とすための学校」から、繰り上げ合格通知が届く。
 合格によって娘はだいぶ浮上するが、いろいろ勘案して、諦める。

2010/02/07 日曜 日本未来科学館
 娘が両手両足をジタバタさせて行きたがっていた日本未来科学館。
 自動車で行くとあっという間につく。
 開館少し前につき、寒空の下、待つ。常設展示は「いまの科学ってこんな事もできるんだ。凄いだろう」的な展示で、相変わらず「科学って面白い」って観点が欠けている。
 メガスターも、もったいない……。

 ちょっと気にかかることがあってあちこちで聞いているのだが「HR図ありません?」
 やはり「ない」との答え。
 超銀河団の話があっても、これはちょっとと、思う。

 特設展示の「食」の話は面白かった。
 けど、それだけ。
 娘「もっと面白い科学館ないの?」

 すまん、娘よ、日本は科学教育国ではない。

2010/02/13 土曜 多摩六都科学館
 娘が両手両足をジタバタさせて行きたがっていた多摩六都科学館。やっと、連れて行ける。
 しかも、今日はプラネクイズマスターの日である。

 無添くら寿司で腹ごしらえ。二度続けて当たりを出して娘は必勝法を編み出したかと思いきや、残念。

 自動車で駆け込む。第一回のプラネタリウム投影「火星接近」に間に合う。覚えとけよ。
 展示を見て回る。結構見飽きたんだが。

 プラネタリウム最終回「プラネクイズマスター『火星コース』」。クイズ形式で問題が出て、正解すると認定証と、シールが四枚貰える。シール五枚で、「プラネクイズマスター」の招待券になるので正解を続けるととってもお得。この手のクイズ、演出がちゃちと相場が決まっているのだが、ここはなかなか。ナレーターもなんでも知ってるロッチナのおじさん……じゃなくて、ギレン・ザビじゃなくて、銀河万丈。下手なはずがない。
 以前やっていた月コースはなかなか難関だったが、火星コースは難易度低く、一撃で親子ともクリアー。正解者三名。
 帰宅。

2010/02/16 火曜 浅倉さんのこと
 浅倉さんの名前は子供の頃から知っていたが、始めてお会いしたのは宇宙塵の記念パーティだった。
 浅倉さんご自身はSFは好きでも、ファン活動に足を踏み入れることもなかった(大体、ペンネームがアーサー・クラークに久しく及ばないCである)。星雲賞授賞式に来たこともないのではなかろうか? そんなわけで、塵のスタッフをするほどの年になっても、お顔を知らなかった。
 そんな中で、会場案内の役目を仰せつかった。
 会場には宇宙塵関係だけではなく一般の方々も入っている。その中から「宇宙塵の会場はこちらです」とやるのがぼくの役目だった。
「宇宙塵会場はこちら」の看板を持って立っていると、「場所、よく判らないなあ?」とウロウロしている人がいる。細面ではあるが、丸顔にメガネ、いかにもSFファンというオーラを発している。
「宇宙塵のパーティですか? こちらです」
 と、声をかけると、やはり関係者らしく会場に向かっていった。
 パーティが始まって、その方が浅倉さんだと知って、えらく驚いたものである。

 浅倉さんはファンの集まりには出なかったが、翻訳者関係の勉強会には積極的だそうで、RAY会関係の集会に寄らせていただくとお見かけした。
「ファンです」
 としか、お話をする機会はなかったが、いまでもファンです。

「たった一つの冴えたやり方」
「世界の中心で愛を叫んだ獣」
「人類補完機構」

 いずれも、浅倉さんの訳語である。
 こんな言葉がなければ、世の中はずいぶん寂しくなっていただろう。

2010/02/19 金曜 へたる
 朝から晩までゲラ。脳みそが煙を吹く。
 嗚呼、原稿が書きたい。

 ホームページ上にメアドをさらしているせいか、スパムメールがやたら届く。二重三重のフィルターをかけて弾いているのだが、それをかいくぐってくるメールがある。どうも、何かの商売を始めないのかというメルマガらしい。普通なら禁止アドレスに登録してシャットアウトするのだが、このメルマガ、惹句がなかなか素晴らしい。
「お金を儲けるのに自分一人がどんなに働いても限界があります。普通以上に稼ごうと思ったら方法は二つしかありません。人を働かせるか、お金を働かせるかの二つです」
 こんなのもあった。
「あなたのページのアクセス数を簡単に増やす方法があります。ちょっと頭をはたかせるだけで良いのです。どこの、誰のブログでも構いません。片っ端からコメントをつけましょう。ただし、通り一遍のものでは意味がありません。ウィットに富んだ、面白いコメントをつけるのです。それだけで、あなたのページのアクセスは飛躍的にあがります」
 なるほど、と思うがスパムに感心してどうするんだ、俺?

2010/02/22 月曜 不必要な自信が自滅を招く
 昨日のうちに赤入れをしたゲラを送り、夕方までかかって追加分、25枚を書き上げ、送る。
 実質、半日で25枚。悪くない。
 一日かければ50枚。このペースで行けば一週間で一冊、書けるなぁ。
 なんて考えると、自滅するんだよ。

 と言うわけで一息ついたら、ふと、梅の花が咲いているのに気がついた。どこからか、って目の前の梅からだけど、香りが漂ってくる。
 こんな風に梅の香りを感じるのは何年ぶりだろう?

 まあ、一日、50枚書けば……。

2010/02/25 金曜 河童が木から落ちると、猿が筆を誤り、弘法が川を流されていった
 高幡不動に行った。
 なんか知らないが、結構でかい寺らしい。昔から存在は知っていたが、行ったことはない。

 すごく古い寺で、室町期からの記録が残っている。
 で、色々な書もある。沢庵和尚の書とか、である。

 で、きれいな字の書がある。
「お、この字、キレイだね」
 弘法大師、真蹟、とある。
「弘法大師って、だれだっけ?」

 弘法も筆の誤り、の弘法だった。

2010/02/28 日曜 柴野先生の墓参りに行ってきました
 宇宙塵月例会。
 決めることは色々ある。あちらこちらに動員をかけて、人を集めて鳩首会議。
・203号は四月中に刊行をめざす(初稿はすでに入稿済み)。
・偲ぶ会は秋に予定(相応の規模の会場を押さえる必要があるため)
・通販は近日再開予定。

 必要な手順を決めて、タイムアップ。

 その後、歩いて五分ほどの柴野先生の菩提寺へ。
 寺務所も閉まっていたが、卒塔婆の新しげな墓をさがして、柴野家の墓を見つけ出す。
2009年01月の近況へ
2010年03月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|