|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2009年02月の近況へ
2009年04月の近況へ

2009年03月の近況
Page bottom 
2009/03/01 日曜 帰省?
 昨日までの来訪者数、422745。

 例によって朝起きられず。
 と言ってもいられないので、娘の母親の妹の所へ。娘の母親の両親(ええい、面倒な!)が来ているというのだ。
 孫の顔を見せに行く。
 昼飯をごちそうになり、義妹と話し込む。

 自動車で帰宅。別行動し、先に帰っているはずの娘の母親の姿はなく、そのままぶっ倒れる。
 帰ってきた物音で目が覚める。
 娘、晩飯は適当にやってくれていたようだ。しっかりした娘で助かる。

 少しして寝る。

2009/03/02 月曜 すんげー
 午前中、マックで仕事。データチェック、次作用の年表作り。一時間で頭が痛くなる。
 その間、隣のカウンター席ではマック難民のおじさんが寝ている。結局、店が混んでこっちが出る時も寝ていた。

 帰宅。伸びる。ここで伸びちゃイカン、と思いつつ伸びる。

 夕、新宿で3/8用の打ち合わせ。
「こんな感じで良いでしょうか?」
 と、渡辺さんが軽く脚本を読んでくれると……すんげー、物凄い臨場感。
 ご本人も気に入ってくださったようなので、さてどうなるか。当日が楽しみ。

2009/03/03 火曜 保護者会
 午前中、伸びる。
 昼飯、食えず(食う気力がない)。
 午後、学校保護者会。先生の話を聞く。四月から六年生なので「卒対」の実行委員を選ばなければならない。
 ま、妥当に決まる。
 言っちゃなんだが「あ、このメンバー?」みたいな。裏を返せば「この人たちに任せておけば、絶対、大丈夫」みたいな。
 こともなく終わる。
 帰ってプール。
 体力落ちている。3600しか泳げん(しかも、筋肉痛)。

 もっとも、すぐに入眠。

 青山家、親戚会、案内来る。
 場所:R子の家。
 日時:(これは日付が書いてある)
 時刻:好きな時に来てね。

 ……気楽だ。

2009/03/04 水曜 伸びてばかりはいられない
 午前中、コミセンの役員会。
 午後、打ち合わせ。大和の最期の一日仕上げ。
 国分寺倉庫。ここも本格的に片付けないと。

 娘と、娘の母親の会話。
娘「そこの前で、チーとあったよ」
母「そこって、どこ?」
娘「そこはそこだよ」
母「そこって言われたってわかんないよ」
娘「でも、そこはそこだよ」
母「だから、そこってどこ?」
娘「そこは、そこのそこだよ」
 ……結論。
 家のそばに「SOKO」という店があって、「そこの『SOKO』の前」であったそうな。

2009/03/05 木曜 やっぱ、伸びた
 午前中伸びる。イカン、本気でイカン。

 昼、飯も食わずに医者。
「まー、そんなー、もんですねー」
 血圧の低下は順調。ストレスの増加も……順調(T_T)

 帰って銀魂を見て寝る……つもりが、一つも眠れん!

 ネタがないので地元のスーパー伝。
 近くにスーパーがオープンした。個人的にはスーパーと呼ぶのは引っかかる。と言うのも、以前、コンビニだったのが閉店してスーパーになっている。

 ま、それは、良い。
 スーパーの前に看板がある。
「当店では国産品を販売しております……」以下、国産品の品目が並ぶ。

「生花、ガーベラ、スイトピー、チューリップ、すべて国産品を使用しております」
 おい。
 食うモンは気になる。だけど、チューリップ食うのか? 天ぷらにするのか? 炒め物か? 煮付けか? 国産だろうと、どれも俺は食わんぞ。

2009/03/06 金曜 伸びた
 前日不整覚醒。午前三時。ケータイに突っ込んだ音楽を聴きながらうつらうつらするが、頭ははっきりせず。このまま起きても良いのだが、どうせ使い物になりゃしない。

 いつの間にか再入眠。意識を取り戻したのは昼頃。
 豪雨。
 起き出す気にならんが、悪友TT宅へ。スキャナーを借り、多少だべって早々に帰宅。
 娘の塾弁作り。

 プールへ。
 時間が押したので大した距離、泳げないが、壮快。

2009/03/07 土曜 とりあえず起きた
 正常起動。
 娘がヤマハへ出かける。
 伸びる。

 帰ってくる。娘連れでプールへ。混んでいるし、時々、娘と遊ぶのでそんなに泳げないが、合間合間に飛ばす。
 スーパーで買い物。晩ご飯の買い出し、というか継ぎ足し。

 さっさと寝る。プールは効く。

2009/03/08 日曜 大和イベント
 ……起動、出来ない!
 かろうじて、打ち合わせの時間に間に合う。
 渡辺さん、大内さん、青山。各自打ち合わせ、字句の修正、照明……プロの作業(俺の後ろに立つな!←違う)。

【以下、マジな話】
 当たり前だ、といわれればそれまでなのだが、渡辺さんの朗読は、効いた。「物語」の表現形式に色々あると知っていても、これは凄い。

 ぼく自身もドラマ化(「百年の恋」とかを経験し)、それより前に映像脚本(学生の脚本だが)とか、「セリフの研究のためだ」としてシナリオもかなり研究した。
 ベースとしたテーゼドラマ(読むための脚本)、あるいは小説手法としてはかなり嫌われるディスカッション・ノベルも相当、読み込んだ。

 これらの経験の上で「小説・戦艦大和、最後の一日」(小説、というが事実上、テーゼドラマ……舞台上演形式のスタイルである。現実的には上演できない)形式で書き上げた。テレビ局の旧友に聞いた所では、現実問題として小説形式、三百枚で書き上げた話は事実上24時間ドラマにならざるを得ない。それぐらい、時間制限が違う。
 それを事実上、朗読上演の形に切り詰めた大内女史には感謝が絶えない。

【上演】
 ある程度は理解していたつもりである。自作を朗読してくれと頼まれたこともある(すべて謝絶した)。推敲段階で朗読もする。
 が、ぜんぜん違う。信じがたいハイレベルである。

2009/03/09 月曜 昼飯
 朝起きられず。

 昼、ちょっと事情があって、悪友、TT宅へ。まあ、大した理由ではない。
 ガストで飯を食い、TT宅で「フルメタルパニック」の続きを観る。

 買い物。帰宅。
 確定申告の計算を終え、税理士さんにデータのメールと、書類を揃えて郵便局へ。本当ならプールへでも行きたいのだが、今日は娘の塾が休みなので、晩飯の買い出しをして、一緒に飯を食う。
2009/03/10 火曜 度胸のあるベンツ
 朝起きられず。

 昼からデニーズで仕事。

 夕、プール。

 デニーズが歩いて行ける距離になくなってしまったので、主な交通手段は自動車である。デニーズよりの帰路。
 とある交差点で一時停止した。ここは特に要注意交差点である。一時停止違反の取締をやっているからである。
 一時停止して、左右確認……なのだが、出来ない。
 と言うのも、右側がJRのガードになっていて見通しがきかないからである。ちょっと前に出てもう一度、停止。左右確認。とたんに後ろに着いていた自動車がブーブーとクラクションを鳴らしてくる。左ハンドルのベンツである。助手席に女性を乗せている。
 別に良いのだけれど、こちらは右手ガード下に待機中のおまわりさんを発見。
 右折。徐行。もう一度、左折するのだが、また、ベンツがクラクションを鳴らしてくる。

 いいけど、おまわりさんがいるのに気づいていないのか? 大体、警笛使用違反だよ。

2009/03/11 水曜 またかい!
 K市役所より封書。
 父の死去によりなんか返金があるという。今度のは今までと違って謄本の提示が必要であるという。謄本は取ってあるが、期限が有効か不明。謄本を取るためにはK市役所に行かねばならない。
 どっちにしろ市役所に行く。
 手続き。

 元実家・書庫で伸びる。体力消耗激し。

 帰宅。コミセン、委員会。パスしようかと思ったけれど、行って良かった。

2009/03/12 木曜 風邪引いた。
 朝から動けず。
 この所の不摂生(?)や、季節変動による異常ではなく、明らかにおかしい。
 咳、タン、鼻水……風邪やん。

 少しは外へ出た方がいい、とは思いながら耳を澄ますと外ではいかにも寒そうな風が吹いている。と言うわけで寝る。
 銀魂を見て、なんか食って、寝る。

 税理士さんから何も言ってきていないので、書類の不備はなかった模様。

2009/03/13 金曜 一日寝ている
 朝から動けず。

 風邪の症状は次第に良くなっているのだが、トイレに行く回数が尋常じゃない。

 弁当作りもパスしてひたすら寝る。

2009/03/14 土曜 一日寝ている
 朝から動けず。
 夜、かろうじて炊飯器をセットするが、それで限界。

2009/03/15 日曜 一日寝ている
 朝から動けず。

 なんとか笑点だけでも見よう、それぐらいの時間に起きようと、時計を観て起き上がると、七時半だった。
 寝る。

 夜中に目が覚める。台所をゴキブリが徘徊している。三匹ほど退治する。

2009/03/16 月曜 半正常起動。
 朝、娘が出て行ったのは覚えている。
 なんとか動かねば、と起動状態が確立するのが十時過ぎ。

 三日ぶりに外へ出る。世の中いつの間にか春の雰囲気。
 デニーズへ。焼き鮭定食。三日ぶりのまともな食事。うまい。伸びていると腹も空かない。

 このまま好転してくれると良いのだが。

 デニーズでのレジでショック。
デニーズカード廃止のお知らせ」。がーん。
 デニーズに特化した磁気式のプリペイドカードで、5%の割引がある。今後7&yグループ全体で使える非接触式のICカードに移行していくという。
 5%の割引もでかいのだが、7&y共通カードになってしまうと、集計が面倒になるじゃないか。デニーズカードであれば使ったのはデニーズ。と判るが共通カードだとどこで使ったのか判らなくなる。
 世にはどこで使ったか読み込んでくれるカードリーダーがあるらしいが、エクセルに読み込んでくれるのか? 大体、そんなものを買う気にもならん。
 というわけで、昔ながらのレシートをちまちま数える方法に戻らざるを得ないようだ。

2009/03/17 火曜 かろうじて稼働
 変な時間に覚醒。
 ウトウトする。娘が出かける前には目を覚ましていたが、身体が動き出すにはそれから二時間が必要だった。

 デニーズ西荻店へ。ここは落ち着くのだが、ううむ、家から離れている。原稿書き、帰宅。
 伸びる。
 気がついたのは娘が帰ってくる物音。

 あわてて塾弁を作り(下準備はしてあった)、送り出す。銀行で金を降ろす。
 こちらは近くのマックで仕事。……ううむ、春休み時期か! 学生がうるさい。

 娘にねだられた本を買い帰宅。

 マックから塾へ移動途中、人品卑しからぬご婦人が道端にうずくまっている。
 はじめはホームレスかと思ったのだが、(異論はおくとして)毛皮のコートを着、不調法な青山でもわかるブランド物のバッグが歩道に放り出されている。
 ここで情けは人のためならず、
「げほげほ、わたくし、この年になるまで一人身ですごし、ついぞあなた様のような親切を受けたことがございません。ついては、些少なれば、十億の遺産をあなた様に……」
 なんてことを考えはしなかったが、横目で通り過ぎた。

 おばちゃんは単に道端の猫を撫でていただけであるからである。
 しかし、毛皮着て、猫撫でていいんかい?

2009/03/18 水曜 企画
 某所の企画、通るかもしんない。

2009/03/19 木曜 記録係
 例によって眠れず、起きれず。
 結局、午後五時起床。  コミセンで記録係。パスしようかと思ったが、最近サボっているので這いずって出かける。
 行って良かった。もう一人の記録係も半死半生。
 脳味噌フラフラながら書き取る。別に気合いを入れたわけではないが、マイスターシュテックの146を使う。やはり良いが、こう言うのにしか使わないのは悲しい。

2009/03/20 金曜 寝る
 例によって半死半生。一日寝る。

2009/03/21 土曜 親戚会
 青山家、親戚会。例によって体調不良。フラフラなので伸びていようかと思ったが、出かける。
 中央線の中で、電車の加速に耐えきれずぶっ倒れ、席を譲ってもらう。

 座ってR叔母宅へ。
 飯を食うとかろうじて復活。考えてみると、この一週間、ろくろく食事していない。

 が、まだ、疲れている。ソファでゴロリと横になる。
 続々と親戚が集まってくる。
智「あれ? M叔父さんは?」
R「その辺にいるんじゃない?」
 考えてみると一昨年亡くなっていた。

 が、その代わり子供が増えていたりする。
 帰宅。ぶっ倒れる。

 なお、ぼくが右と左で違う靴下を履いていたのを誰も気がつかなかった模様……と娘に言ったら「誰も気にしなかったんじゃないの?」
 名答。

2009/03/22 日曜 仕事
 娘と娘の母親が出かけている。
 こっちは体力が切れているので、しばし伸びた後、北町のデニーズへ。

 仕事、というかこの一週間溜まりに溜まった雑用を片付ける。
 笑点前に帰宅。

 誰も帰っていない。メシはどうしたっけな?

2009/03/23 月曜 受付会
 朝からコミセンの受付会。半死半生。
 会議そのものはすぐ終わるが、こないだの議事録の整理や、PCのメンテ。

 買い物。
 午後、娘の塾の個人面談。なんだこれは! こないだの模試の結果も見せない(忘れていたと、本人は主張)と思ったら、真っ逆さまに急降下。
 授業態度、宿題のやり方を見ていると、物凄い手抜きぶり。
 三年かけて積み上げた物を二年かけて全部、ぶちこわされた気分。

2009/03/24 火曜 
 都内某所で打ち合わせ。
 ついでというわけではないが、近くの出版社に挨拶に行く。
「最近これが売れているんですよ」
 と、見本誌をもらうがBLの制服図鑑もらってもなぁ。

 帰宅、明後日から始まる娘の宿題を見る。結構シビア。

 以下、いささかアダルトな話題。十八禁。
 数日前、駐車場のそばに荷物が落ちていた。何とかいう化粧品だか、洋服屋だかの紙袋に入った紙の箱である。拾って開けてみて五千万入っていた、というのなら面白いのだが、蹴っ飛ばしてみるとそういう重さではない。もっと重い。ほっといて出かけた。

 昨日、出かけるとき、そこを通ると誰かが好奇心に敗北したか、中身が露出している。
「尻」である。おそらくはシリコンゴム製。しかも、一目で女性のものと判る精密な構造である。好奇心は沸いたが……ほっといた。
 だって、使用済みだったらイヤじゃないか!

2009/03/25 水曜 卒業式
 娘の小学校の卒業式である。歴代PTA会長として来賓出席である。
 とはいえ、PTA会長全員呼んでいるとえらい騒ぎになるので、前校長によると「会長のとき、在学していた生徒が卒業する間」だそうで、厳密に守るとすると僕の場合、再来年までとなる。
「君が代」は例によって「海行かば」をつぶやき、卒業証書授与。
 無論、全員を覚えているわけではないが、保育園、学童保育で娘よりひとつ上の子供たちである。中にはお父さんお母さんに抱っこされて保育園に通っていたのを覚えている子もいる。本当に立派になって、おじさんはうれしいぞ。
 祝電が読まれる。一年生の時の担任の祝電は読み上げられ……どういうもんだか、地区選出の国会議員からの祝電まであるが、これは名前だけ。ドンケツは某国会議員だったが、学校の態度としては正しいと思う。

 帰宅、娘(卒業式の手伝いに行っていた)の帰宅を待って飯。
 外で仕事。

 北町のデニーズへ。
 が、ものすごい大入りである。しかも、入り口には「××小学校卒業記念により貸切」となっている。
 しまった。車でいけるガストに移動。

 で、例の「尻」。
 そばを通りかかる。尻そのものは誰かが箱に仕舞ったか、それとも持ち去ったのか、箱だけが転がっていた。中身は確認しなかった。ちょうど幼稚園バスの停車場所でもあり、教育的見地を考えてどうにかしたのであろう。
 考えてみれば誰かが拾って交番に届けて半年たって所有者が出てこなかったらイヤだろうし、燃えないゴミとして処分するにもお金がかかる。やっぱり、それもイヤだ。

2009/03/26 木曜 次の仕事
 午前中、買い物。娘が春休みに入ったので色々考えなければならない。暖かくなってきたので床屋。寒い時に髪を切ると風邪を引くのである。
 帰ると「四聖獣」の見本が届いている。
 やはり嬉しい。
 確定申告の確認のメールをしたり、四聖獣の次をどうするか、編集さんに相談の電話をかけたりして、昼飯は……娘が作ってくれた。
 午後、所用で外出。
 別にそちらに要はないのだが、尻のそばに寄り道する。箱はあった。誰かが好奇心に駆られたのであろう。蓋が開いている。中身は健在であった。

 夕方帰宅。
 銀魂を見る。ひでえ。というか、すげえ。もー、やりたい放題。

 某編集さんから手紙が届いている。まあ、ボツの連絡なのだが、ぼくの弱点を非常に綺麗に突いてくれたサゼスチョンであり、有り難い。いままでのぼくの作品を全部書き直したい衝動に駆られる。
 なお、帰路確認した所、尻は箱ごと忽然と消え失せていた。誰かが隠匿したのか、処分したのかまでは不明である。

2009/03/27 金曜 ブレスト
 朝からデニーズ
 一人ブレスト。

 夕方まで居座る。
 今度のドッキリメカはどうにかなりそうだが、キャラが!

2009/03/28 土曜 学年同窓会
 朝から伸びる。というか、延々キャラ設定を考えている。うーん、うーん。

 昼飯を食い、娘を塾に送り出し、それでまた考える。
 ……降ってきた。次はあらすじと、結末を考えないと。ああああ、でも、これでまた「と」のレッテルが大きくなるんだろうなぁ。

 夕、三十年ぶりの学年同窓会。
 何でも百五十人集まったとか。学年、二百五十ぐらいのはずなんだが。

 たまたま担任も来ていた。何年か前、校長になったものの定年を待たずに退職。オーストラリアへ自費留学。日本へ帰ってきた……と思ったら、今ではタイの学校で日本語を教えているそうな。

 三十年前と変わらず、余興にその手の趣味の奴がギターを弾き(っても、いまじゃプロだ)、なんか踊っている。

 職業も相変わらず。
「青山、お前、作家だって? どんな話書いているの?」
「ヨタ話」

「お前は何やってるの?」
「イラストレイーター」
「ミュージシャン」
「役者」
「んー、そんなもののプロデューサー」
 勤め人はおらんのか!
「俺勤め人。インダストリアル・デザイナー」
 そうですか……公務員はいないのか!
 と、居た。一目で特別職公務員とわかるのが。
「どこに勤めているの?」
「海軍で少佐やってる」
 いいんかい! そんな答えで! だけど、君がそっちに良くとは思わなかったよ。

 二次会に流れたかったが、帰宅。二次会でも百人越えだったらしい。

2009/03/29 日曜 いろいろ
 朝から、チャットであちこち連絡。世の中進んだ。……いや、十五年前、ニフティのチャットでアメリカからやっていたが、札幌と沖縄同時って凄いと思う。

 馬上枕上騎上、とはいうが転がって、考えていると新作のストーリーが浮かんでくる。
 が、まだ、足りない!

 昨日の同窓会の続き。
 やっぱり、三十年(!)経つと変わる。当時からつながりの深かった相手はある程度わかる。
 クラスが同じ(三年間持ち上がり)とか、クラブが同じとか(写真部)、進路が同じ(理数系、少人数制。十人居なかった)は判る。あとは中学も同じだったのは判る。
 極端な場合、理数系で仲がよかったのは顔がわからなくても、しぐさや、話し方で判ったりする。いや、後ろ姿でわかったりする。自分でも驚いた。

 ただ……逆の話だが、周囲から見て僕は判らないだろうなぁ。
 当時「優等生で、おとなしくて、引っ込み思案。でも、スポーツマンで角刈りのアオヤマ君」が、こんなになっていたら判らんだろうなぁ。

 夜。
 東京十二チャンネルの「大食い女王チャンピオン」をみる。曽根が準々決勝で敗退って、出来試合だよなぁ。

「ト空戦記A」プロット立ててみる。うーむ。章立てしてエピソード突っ込んでみたが、これだけだとまだ半分しか埋まらない。うーん、うーん。もっとおバカな展開はないものか?

 近くの書店で
『多胴型空母『四聖獣』 「玄武」篇』(ジョイ・ノベルス)並んでいた。
 一軒は面陳で、残一冊。もう一軒では二冊棚ざしのみ。ある程度の規模が平積みでないと、売れ行きわからないなぁ。とりあえず、悪くなさそうだけれど。

2009/03/30 月曜 春?
 朝から昼過ぎまで、家でネタだし。出ない。いや、全くでない訳ではないのだが、足りない。ケツが、結末が見えない。

 昼過ぎ、ちょっとした用事で都心へ。
 それ自体は大過なく一時間ほどで終了。夕方にはまだ間がある。地下鉄の乗り換えの代わりに、一駅分歩いてみる。
 午後遅いとはいえ、春の日が暖かい。心地よい。

 夜、書庫へ。ゴミ出しのつもりだったが、曜日を間違えていた。

 ちょっと長くなるが、時事ネタだし、たまには軍事評論家の肩書きがつく者のアイデンティティとして書き記しておこう。
 四月四日に予定されている北朝鮮のロケット発射と、日本の自衛隊の対応である。
 北朝鮮の意図はとりあえず置いておこう。後に説明するが、一連の動きの中でそれほど重要ではないからだ。
 対して、自衛隊の行動はかなり意図的、宣伝的な行為である。
 どんな動きがあったかを追っていこう。
 まず、イージス艦二隻が日本海に展開している。弾道弾を迎撃できる能力を持っているとされている。
 また、もう一隻が太平洋に移動。
 付記すると韓国海軍が日本海に、アメリカも一隻……こちらは日本近海としか発表されていない……出張っている。
 実のところ、この二つはあまり重要な動きではない。どちらも予備的に配備されているだけ、と考えることが出来るからだ。いままで米軍も自衛隊も何度も迎撃実験、試験を繰り返している。太平洋にいるイージス艦は当然、ロケット追跡のための通常任務の一環として行動している。
 今回の配備は「比較的、実戦に近い状況が発生したために、使ってみるか」的な出港に過ぎない。
 つまり、報道合戦は宣伝である。

 次にペトリオットPAC3の移動である。これも大体的に宣伝されているが、ぺトリオットはもともと、可搬性が優れている部分に特徴がある。大型トレーラー四、五台あればどこにでも移動可能である。
 十年以上前にペトリオットが導入されたとき、ミリタリーバランスには「配備位置、一部不明」と記述されていたが、これは軍事機密というわけではなく、猫と同じで本当にどこにいるか判らないからである。
 それをわざわざ浜松から東北に移動した、とか、入間から市ヶ谷に移動した、などと報道するのは情報操作以外の何物でもない。
 そもそも、PAC3の射程距離は八十キロある。入間にいるだけで、都内全域をカバーする能力があるのである。移動は意味がないどころか、燃料代の無駄遣いに過ぎない。

 しかし、東北に移動、というのは無意味ではない。
 北朝鮮のロケットが人工衛星として打ち上げられたとしたら、出来る限り公海上を飛ばそうと努力する。となると津軽海峡の上空を通過させるのが常道である。あるいは暗黙の国際ルールでそのようにするべきである、とされている。
 ところが、現実問題として北に向かって飛ばすより、東、つまり地球の自転方向に向けて飛ばしたほうが効率がよろしい。そこで本州よりを飛ばすのが望ましい。あるいはずれるとしても南にずれると考えるべきである。
 しかし、これもまた、あまり意味がない。
 PAC3には衛星軌道の飛翔体を撃墜する能力はないからである。やはり、デモンストレーションか、あるいは何らかの事故を起こしてロケットが墜落してきた場合に備えていると受け取るべきである。
 かように今回の動きは宣伝的な要素が強い。

 そこで恐怖、あるいは考えたくないシナリオが二つある。
 ひとつは先ほど述べたように、ロケットが故障して日本を誤爆する場合。東北地方ばかりでなく東京など人口密集地にずれる恐れだとてある。

 もうひとつ、これはそれこそやるかどうかわからないが、分離した第一段ロケットに対して日本が迎撃ミサイルを発射するのではないかというところである。一般報道を見ると日本海、中央部付近に落下すると予測しているらしい。第一段ロケットの切離し高度がどれぐらいかは判らないが、ノドン、テポドン程度の距離を飛翔して後の落下である。
 これを迎撃するのは実際にデポドンを打ち落とすのとほぼ、同じ能力を要求される。演習としてはこれ以上ない好適な状況である。
 しかし、これをやってしまうと北朝鮮がどのような動きをするか、予想がつかない。
 あるいは迎撃に失敗したら、弾道ミサイル迎撃構想そのものを見直さなければならないだろうし、北朝鮮を増長させる結果に結びつく。
 現実的に日本と北朝鮮が戦争状態に入るというのは考えづらいが、どうも面白くない。
 逆に北朝鮮としても、弾道ミサイルだろうが、人工衛星だろうが自力で打ち上げたいという欲求もあるだろう。

 もっとイヤなのが自衛隊が米軍ばりに「攻撃こそ最大の防御」なんてドクトリンを掲げることである。少なくとも今回のペトリオット移動は『自「攻」隊』へ向けての一歩である。

 第一次大戦から第二次大戦まで、振り返ってみると二十年の期間がある。大正デモクラシーなどという言葉が残っているように非常に自由な雰囲気があった時代である。だが、それからしばらく経って日本は軍事費が国民総生産の半分を占めるような国になってしまった。
 一夜にして軍事大国となったわけではない。
 二十年かけて少しずつ変化していったのである。これから先の二十年。同じ状況が生じないことを望む。
2009/03/31 火曜 春?
 朝からデニーズで仕事。主にネタ出し。
 うーん、結末が決まらない。うーん、うーん。

 店の中が騒々しい。いつものことだが、春休み騒動である。
 今日は居るはず、と思い立って悪友TTに電話。居た。遊びに行く。
 ここも春休みということで、娘二人が猫を追いかけている。とは言いながら猫は悠々としているようだ。
 不景気な話題に花を咲かせ、「フルメタルパニック」続きを見る。いよいよ佳境、とは思ったが続きがあるらしい。しかし、古い作品だしイングラムを使っているのは仕方ないけれど、潜望鏡深度があんなに深いとは思えないし、ハープーンを距離七キロで撃つってのは何だし、CIWSも使っていないのは……まあ、いいか。

 帰宅。飯を作る。
 今度こそ整理と……書庫に向かうが書庫本多すぎ←よくある陥穽。

 今月までの総訪問者数424800。

2009年02月の近況へ
2009年04月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|