|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2006年11月の近況へ
2007年01月の近況へ

2006年12月の近況
Page bottom 
2006/12/01 金曜 保護者会
 先月のアクセス数、363600。

 ついに十二月になってしまった。この前までやけに気温が高く、駅前のイルミネーションと、アーケード街に流れるクリスマスソングが不釣り合いだったのが、すっかり似合うようになってしまった。
 ああ、冬は嫌いだよ。

 眠い。寝る。昼過ぎ、デニーズに出勤。
 昨日届いた原稿の直し。

 葵、はほとんど進まず。42枚。

 スーパーでちょっと買い物をし、学童で娘をピックアップ。サイゼリアで食事。

 学童の保護者会。ちょっと、トラブルが増えつつあるようだ。
2006/12/02 土曜 洞田会
 朝八時に目が覚めるが、それまで見ていた夢があまりにもおもしろく二度寝する。ぼくにしては珍しく続きを見ることができた。
 何人かの仲間と海に遊びに来ている。それだけでも楽しいのに、実にファンキーな超常現象が頻々と起きるのだ。みんなで「いやあ、また来たいねぇ」と言って、目が覚めたら、二度寝に入った。超常現象は続く。

 娘ヤマハ。夢から脱却して現実へ。
 迎えに行き、友達とマック。

 帰って仕事。

 夕、オフ会。飯は旨い。
2006/12/03 日曜 実家
 午前中、デニーズで仕事。
 朝とは言え、休日は落ち着かない。
 娘とともに実家へ。二階に籠もって仕事。
 娘と風呂。実家の風呂は落ち着く。

『葵の太平洋戦争3』 67枚

 たったいま思いついたパロディ。「やおいの太平洋戦争」
 なぜ、こんな変換をする?「萌え落ちた軍艦」
2006/12/04 月曜 衣類交換会
 夢を見ていた。続きを見たかったが、大したことがないので起き出す。

 朝からマックで仕事。クーポンにあったのでサラダマリネベーグルというのを食ってみる。以前食べてみたところ、単体だと「?」だったが揚げた芋と食うとそこそこ行ける。11時には上がるつもりだったが、様々な事情から昼過ぎまで。脳味噌がとろけて耳から流れ出るが我慢して仕事。
 野暮用を片づけ、時間調整にコミセンで仕事。
 学校へ。
 三学期の親睦会の担当を割り振られているので、その打ち合わせ。親睦会当日動けるかどうかは判らないので「自動車出すよー」。
 打ち合わせ後、というかこっちが本番なのだが、クラス学年会。年末年始の予定と、生活の注意について。

 今年から不要衣料品交換会というのをやっている。余り気味だからと言うので持っていって欲しいとのことでのぞきに行く。娘用の靴下をゲット。
 ふと目を上げると160cmと言うコーナーがある。トレーナーを着てみる。おお、ぴったし! 短パンがある。夏物であるが、来年ぐらいまでは生きているだろう。ズボンの上からはいてみる。はける! ゲット。
「青山さん、何やってんの」と指さされて笑われてしまう。
 こっちの短パンは? と見るとスカートだった。
「はけば?」
 通報されるって。

『葵の太平洋戦争3』85枚
2006/12/05 火曜 クリスマスソング
 朝マック。コーヒー百円でおかわり自由。味もだいぶ良くなったので満足。
 『葵』にかかろうとしたら、メール。短いものを直し(とはいえ、120枚ある)、リード等のチェック。メールで送信。確認電話。打ち合わせ。
 葵、進まず。

 ふと気がついたこと。
 12月というのは一年のうちで一番嫌いなシーズンである。日は短いし、寒いし、何よりも神経を逆なでにするクリスマスソング。耶蘇の教祖がどうのと言うのは別にしてもどこに行っても、似たような音楽を聴かされる。デニーズすら、同じだ。
 が、朝のマックはそうでないのに気がついた。

『葵の太平洋戦争3』86枚
2006/12/06 水曜 サンタクロース
 疲れが抜けない。
 11時頃までへたる。
『葵』のための資料調べ。イギリス空母の命名の蘊蓄とか付け加える。しかし、イギリス人ってほんと、どういうセンスしているのだろう?

 午後、学童のお楽しみ会。学童の子供たちの学芸会のごときものである。寸劇や、マジック(これがかわいい)、けん玉の披露。もじもじ九九……など。
 途中、サンタさんが登場して子供たちにプレゼントを渡す。一昨年「父母会長のもっとも重要な役です」といわれ慌てて保育園でサンタ服を借りた。去年は予算を計上してサンタ服を父母会で買って貰った。
 三年続けてやるわけには行かないので現父母会長を拝み倒す(ネイティブ・アメリカンの酋長やったり、サンタやらされたり、びっくりしただろうなぁ……ぼくもびっくりしたが)。
 ついでに「サンタさんは日本人じゃないので日本語は使わないでください」とお願い。サンタさんを非常階段から送り込み、のぞいてみると……大受け。スウェーデン語でやってくれていた。先生まで受けていて、思わずインタビューしている。

 三年生である娘にとってはこれが最後のお楽しみ会となる。親としてはすこしジンと来ているのだが、本人はどう思っているのだろう。

 サイゼリヤで仕事。
2006/12/07 木曜 想像
 朝起きて、なんとなく思いついた。
 「ミシュランのグルメガイドブック」に対して、「ミニャラン」であった。
 ネコの品定めをするガイドブックだろうと思ったが、次に脳裏に浮かんだのは自動車のタイヤの替わりに猫が自動車を担いで走っている図だった。
 脳味噌、膿んでいるのかも知れない。

 デニーズで仕事。仕事中、編集さんから巻きがかかる。

『葵の太平洋戦争』 107枚
2006/12/08 金曜 真珠湾
 娘と娘の母親の出かける八時前には覚醒。が、身体が動かない。脳味噌のみが無意味に回転している。
 11時過ぎ、起動。
 家事を少々。ノートを担いでガストへ。高校生でやけに混んでいる。試験休みか?
 ぐがががが、と仕事。

 帰宅後、コミ研連の広報部会へ。ホームページ更新の関係なのだが、まあ、どうと言うことがない。ちょっと目立ってみる。
青「市ではマイクロソフト系のウィンドウズや、IEを使用していますが、国基準のLinaxや、フリーfirefoxに移行する計画はないのですか?」
市「?」
別の判っているコミセン担当「Winバンドルされているから楽なんだよね」
青「動くけれど、ウィンドウズ自体高いんですよ」
判っているコミセン担当「firefox、Winで動きませんでしたっけ?」
市「あの、とりあえず計画ありませんから」
 うーむ、だからってホームページビルダーの講習会を98やMe搭載機でやるのってどう?

 真珠湾攻撃の日だってのをすっかり忘れていたよ。
 テレビでは「ホームアローン」やっているし。

『葵の太平洋戦争』 122枚
2006/12/09 土曜 戦死
 朝、起きて『葵』を続けるつもりだったのだが、起きあがれない。
 かろうじて娘をヤマハから引き取り、飯を食わせ、倒れる。
 目が覚めたのが午後五時。
 だらだらと過ごし、ネットに繋ぐ気力も起こらない。

『葵の太平洋戦争』 122枚
2006/12/10 日曜 実家
 朝、起きて『葵』を続けるつもりだったのだが、起きあがれない。
 昼過ぎ、ようやっと起き出して辛いカレーを食べて目を覚ます。

 実家へ。
 書斎で仕事。さ、寒い。コタツが欲しい。

『葵の太平洋戦争』 133枚
 この時代から中東情勢ってぐじゃぐじゃだったんだ。
2006/12/11 月曜 復帰
 朝、いつものあそこのチケットを取り、グーグルアースで戦場周辺の地形を確認。デニーズへ出勤。
 全然関係ない原稿に着手。こっちが進む。気分はいいがトホホである。

『葵の太平洋戦争』 133枚
2006/12/12 火曜 だめだ
 全然進まない。
 ううむ、これはもはや、新兵器を投入しないとダメか? このタイミングでアレを使うのか?

 サイゼリヤで高校生が頭を悩ませている。
「だいたいsinってなんなんだよ。正弦定理となんの関係があるんだよ!」
 正弦定理で頭をやませるのは正しいと思うが……三角関数理解した方がいいぞ。

『葵の太平洋戦争』 133枚
2006/12/13 水曜 乗らない
 午前中、マックで仕事。
 午後、ガストに移動して仕事。
 とはいえ、『葵』とは別の原稿が進む。ううむ。

『葵の太平洋戦争』 146枚
2006/12/14 木曜 エラー
 コンピューター、特にメール関連がエラーを起こしているのが判る。とりあえずできる措置をとるが、それだけでほぼ一日かかる。

『葵の太平洋戦争』 149枚
2006/12/15 金曜 多忙
 朝、デニーズで仕事。葵を進める。一時よりペースダウンだけれど、後はああだ、こうだがあってクライマックスへ突入……できればいいなぁ

 午後、宇宙作家クラブの関係でANA整備工場の見学。写真はANAの広報の許可が必要なので割愛。
 いやな質問をして嫌がられる。777はウィングレットがないのに、787にはなぜあるのかとか……結局、わからんかった。

 しかし、広い。でかい。777がメンテナンス中でいきなりドンと置いてある。ちょっと離れたところにある小型機はなんだ? ガルフなんか使っていたっけ? と疑問を抱きながら説明を聞いていると、737だった。感覚が狂うよ。
 メンバーは参加した人たちのレポートにでも出るでしょう。

 最後に前からの疑問。
「旅客機のトランスポンダーって、どこにあるんです?」
「すみません、それはちょっと、防犯上の理由で……」
 ハイジャック物の描写、どうすれば良いんだ!

 子連れも来ていたし、今度娘連れで来よう。

 宇宙作家クラブメンバーの一部はそのまま二次会(忘年会)へ流れ、こちらはとって返す。  コミセンで娘を拾い、学童の役員会。

『葵の太平洋戦争』 160枚
2006/12/17 土曜 仕事にならない
 午前中、伸びて、昼、ヤマハに娘を迎えに行く。
 帰路、娘友達は急ぐというので別れて、スキー教室の申込みへ。娘、友達とスキーに行けると大喜び。
 昼食。家に帰って作るのもあれだし、マックもどうかというので「花まる」うどんへ。ここの小は子供向けにちょうど良い。娘かき揚げうどんを食べる。

 帰ると娘と娘の母親がロールキャベツを作るという。で、作っている。

 仕事にならん。

『葵の太平洋戦争』 160枚
2006/12/18 月曜 疲れた
 朝からデニーズで仕事。ひたすら仕事。腹がコーヒーでガバガバになる。でも仕事。脳味噌が火を吹く。でも仕事。
 ダウン。もう脳味噌が廻らない。時間は午後二時過ぎ……中途半端。

 ええい、ままよ。と泳ぎに行く。
 久々の体育館。久々のプール。パワーが上がらない。

 体育館から学校に直行。娘をピックアップ。
 某氏からいただけると話がまとまっていたPCが届く。状態はすこぶるよろしい。
 どう、いじろう?
 R伯母から青山家新年会の案内が届いている。楽しみ。

 のだめを観ていて強烈な睡魔に襲われる。寝る……というか、倒れる。

『葵の太平洋戦争』 172枚
2006/12/19 火曜 外出
 朝、マックで仕事。適度に進んだ気もするが、幻想かも知れない。

 昼ごろ。適当な時刻になったので外出。神保町でうち合わせ。話しがだんだんでかくなる。でかくなる分、遅くなる。ま、よくある話。
 早めに終わったので、懇意にしている編集さんに電話をかけてみるが留守。
 帰宅。

 娘迎え。

『葵の太平洋戦争』 182枚
2006/12/20 水曜 膿み
 マンフレッド・フォン・リヒトホーフェンについて調べている。第一次世界大戦で最高のスコアを上げたエースパイロットである。何人かの兄弟がおり、次弟ロタール、末弟ポルコともども従軍している。
 マンフレッドの部隊は機体を真っ赤に塗装し、隊長であるマンフレッド・フォン・リヒトホーフェンは「レッド・バロン」……赤い男爵と呼ばれて恐れられた。各機体は識別のため尾翼の塗装を変えただけで、全機が赤く塗られていた(事実)。
 三人は同じ航空隊に所属し、ポルコもポルコ・ロッソ……「紅のポルコ」と呼ばれた(嘘)。

 ……いや、ポルコ・フォン・リヒトホーフェンは実在の人物で、従軍したのも事実らしいけれど、マンフレッドとは11才年が離れており、1918年にまだ15才。戦闘機などに乗るはずもない。だいたい、ドイツ語だから赤はロッソじゃなくてロートでしょう。

 脳味噌だけじゃなく、ネタすらも膿んでいる。

『葵の太平洋戦争』 182枚
2006/12/21 木曜 進まず
 午前中、デニーズで仕事。進まず。
 午後、いったん戻ってサイゼリヤで仕事。ちょっと進んだけれど、いささかヤバイ。

『葵の太平洋戦争』 190枚
2006/12/22 金曜 こんな事している場合じゃない
 変な時間に目が覚める。
 しかもやけに寒い。寒気がする。全身がガタガタ震える。
 とりあえず、朝、熱を計ると、37.0℃。低体温の人間にとってはちょっとした高熱である。動けない。
 寝る。
 目が覚めると、午後三時。何もできない。食欲もない。
 這うようにして娘を迎えに行く。途中のスーパーで色々買わないと年が越せないのだ。

 ポカリスェットにアスコルビン酸をゲッ、というほどぶち込んで飲む。
「食え、食わんと死ぬぞ」
 自分に言い聞かせ、とんかつを食う。

『葵の太平洋戦争』 190枚
2006/12/23 土曜 いつものあそこ
 午前中寝る。
 昼、娘をヤマハに迎えに行く。

 の、後、Y親子と合流して昼食。いつもの都立公園有料区画へ。
 微妙に展示が変わっていて嬉しい。
 特にクリスマス飾りと、巨大ツリーがいつもと違う雰囲気を醸し出している。
 夕食は麦わら帽子で。他の大人は新作ビーフシチュー。
 ぼくはイギリス風フィッシュサンド。これはなんというかフィッシュ&チップスだった。ジャガイモはグリルしてあったし、ソースもただのタルタルでなく、ブルーチーズが効いてい美味しかった。

『葵の太平洋戦争』 193枚
2006/12/24 日曜 宇宙塵
 日記にあれほど「ぼくは祭りは嫌いだ」と書いているのに、どうしても娘の母親は理解してくれない。
 しかも、嫌悪の筆頭がクリスマスだと言うのも同じである。
 無論、他人の信仰に口出しするつもりはない。イワシの頭だろうが、オウム真理教だろうが、こちらに干渉しなければ気にかけない(もっとも、キリスト教に対してもっとも正しい対応をとった為政者は豊臣秀吉であるとの見解を変える必要も感じない)。

 で、騒ぎが始まる。
「クリスマスだってのに、なんで出かけるの!」
 前々から決まっていたじゃないか。
「クリスマスだってから、あたしご馳走作るのにっ!」(クリームシチューだそうである。いつもぼくが娘に作ってやっている)
 ところが今年はやけに「一緒にご飯食べる」に、こだわる。覚えている限りこんな事はなかった。確かにケーキを買って帰ってきたことはあったが、その程度である。
 外出先から帰ってこいと娘に言い含め(娘はY子ちゃんとご飯が食べられる、とずっと楽しみにしていたのだ)、娘はがんとして帰るという。仕方ないので家の前まで娘を連れていき、こちらは実家へ。いろいろと引き上げなければならないものもあるし、資料もチェックする必要があったからだ。普段は週末やるのだが、次の週末まで待っている余裕は、当然ない。

 さかのぼってここ十年の日記を調べ直した。
 クリスマスイブに娘の母親が何かをしたという記述はない。まあ、ほとんどが平日だったので、何かする余地がなかったのは事実であるが、一度だけ休日があった。チェックしてみると「体調が悪い、と寝ていた」だけである。

 まあ、いい。
 今日が過ぎればこのいらだたしいクリスマスソングともお別れだ。

『葵の太平洋戦争』 200枚
2006/12/25 月曜 仕事
 起きられない。
 眠い。まあ、昨夜遅かったし。

 銀行他、色々廻る。

 デニーズへ。
 う。
 まだ、クリスマスソングがかかっているじゃないか。店長さんを捕まえ「この曲、いつまでやるの?」と思わずクレームを付ける。
「今日までです」
 との答えだが、うう。イヤだぁ。

 仕事。

 娘をインターセプトして、家に帰って勉強を見てやる。ちょうど、娘が苦手としているところなので、しっかりしてやらなければならない。

 のだめ。最終回。あの木星の第三主題と、スラブ舞曲のギャップが……。

『葵の太平洋戦争』 206枚
2006/12/26 火曜 豪雨
 朝から豪雨。
 娘を送り出し、二度寝。昨夜遅かったし。
 とか言いながら目が覚めたのは一時。そのままガストへ直行、
 仕事。

 娘ピックアップ。

 明日より娘、合宿スキー教室。娘の母親が帰ってくるまで勉強を見てやり、その後、パッキング。かなりの量となる。大丈夫か? いや、平気だろう。

『葵の太平洋戦争』 216枚
2006/12/27 水曜 娘のいない日
 近くのスポーツクラブのスキー教室とかで娘が数日、家を留守にする。
 朝一番の送りに大荷物を担いで出かける。クラブには沢山の子供たちが集まっている。娘は友達と一緒に楽しそうにバスに乗って行ってしまった。
 学童の迎えもない。
 延々仕事するが進まない。
 ご飯を作る手間もない。

 楽ではあるが、ちと、寂しい。

『葵の太平洋戦争』 216枚
2006/12/28 木曜 娘のいない日2
 朝の内、へたるが気合いを入れて起きあがる。
 コミセンでうち合わせ。
 後サイゼリアへ移動。仕事。
 学童に寄って娘の忘れ物を受け取る。

 もう真っ暗なので、ちょっと遠回りになるが、子供送って帰る。

『葵の太平洋戦争』 221枚
2006/12/29 金曜 娘のいない日3
 昨日は「春か?」と思われる天候だったのが、今日は一転してちゃんと冬。

 午前中データチェック。
 午後、仕事……が、脳味噌が狂って「うぎゃゃゃ」と叫んで走り回る。

 年賀状の準備は一つもできていない。今年もなし崩し的に出さずに終わるのかな……。

 時々、娘のことが頭をよぎる。雪の中で寒くて泣いていないか、小さくなりかけたズボンがきつくて泣いていないか、我ながら親バカである。

『葵の太平洋戦争』 230枚
2006/12/30 土曜 娘の帰ってきた日
 さ、寒い。
 朝寝して、デニーズで仕事。
 夕、娘が帰ってくるはずなのでときおりGPSで確認。予定よりだいぶ早く新座を通過している。
 到着地点そばのマックに移動。80円ハンバーガーを食い、もう一度確認すると目の鼻の先にいるではないか。
 スポーツクラブに移動。
 やがて「すっごく楽しかった」と目を輝かせて飛び込んできた。

 元・イラク大統領、サダム・フセイン死刑執行。これで収拾がつくと思っているのだろうか?

『葵の太平洋戦争』 242枚
 いよいよ頭の痛いクライマックス←この場合、読んでいる人の頭。
2006/12/31 日曜 眠い
 眠い。
 朝起きて仕事するつもりだったが、まったく起きられない。娘と娘の母親が買い物に出かけてしまうが、まだ寝ている。
 目が覚めるたのは二時半。やっと、頭がすっきりした。

 メール処理等少しして、実家へ。

 自動車のバッテリーを充電器につなぎ、蕎麦を食う。

 帰宅、とりあえずテレビをつけるが、ろくろく見る物もない。曙は無事、秒殺される。
 仕事を続けながら12チャンネルのジルベスターが始まるのを待つ。

『葵の太平洋戦争』 247枚
2006年11月の近況へ
2007年01月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|