|top|挨拶|map|梅原氏|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2005年12月の近況へ
2006年02月の近況へ

2006年01月の近況
Page bottom 
2006/01/01 日曜 慌ただしい始まり
 先月のアクセス340000

 小林研一郎が見事、ぴったりと時間通りに第九を終え、二年参りに出かけるかと思うと娘の母親から待ったがかかる。そのまま、深夜までおせちの準備とやらを続け、こちらは二時過ぎに就寝。

 朝、おせちを食べ二度寝。
 昼、娘に叩き起こされ、雑煮。どうにも口に合わない。そのまま年賀状の整理。
 すみません。トップにも書きましたが、今年も年賀状、書いている余裕はなかった。テキストだけの簡単な物なんだけれど、どうにも、ねぇ。
 が、娘の母親がぶつぶつ言い出す。要するにタワーに以前、彼女の壊れかけたPCから吸い上げたデータが入っていないというのである。親戚の住所も、写真も、何もかも。
 ……もっと早く言えよ。あまりにガタガタうるさいのでデスクトップ9821に吸い上げたデータのハードディスクを接続(コネクタが会わずに苦労する)。起動「how many file?」?。そうか、お前、98だったな。コネクタの接続、ターミネーターのを確認して起動。エラーもでるし、どうもそのままでは転送できそうもないので(もともと、3.1のマシンに95突っこんで使っていた。OSのコピーは引っかかる)、本体のHD上にテンポラリを作り、そちらからCDを焼こうとしたら……でかすぎてはいらねぇ。そりゃ、OS二つ乗ってりゃ……いや、DOSいれて三つか……入らんって。
 作業していると「ねぇ、早く出かけましょう」せかすやつがいる。
 おい、誰のために苦労していると思ってんだ?
 夕刻。とりあえず弁天様へお参りに行こうとすると……閉まっている。

 ううう。自動車を転がして実家へ。ふと気がつくと免許証がない。
 ヤバイ。年末年始は取締りが多いんだ。不携帯だと引っかかったとしても反則金もないし、大した点数にもならないが、せっかく取ったゴールドもったいない。
 バスと電車を乗り継いで取りに戻る。バスが来ない。寒い。電車に乗る。家に帰り着く。途中までやりかけだったコピーのセットをしてメールを巡回。ちなみにスパムばかりだった。
 取って返す。電車は順調バス停へ。が、バスが終わっている。どうしろというのだ?
 タクシー乗ってくれようかと思うが長蛇の列。
 私鉄に乗って歩く。寒い、スゲー寒い。
 実家へ駆けこんで年越し蕎麦のあまりの天ぷらを汁蕎麦にぶち込んで食って人心地つく。

 NHK、ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを聴く。指揮はなんとヤンソンスである。時代は変わったなぁ。


 さて、毎年であれば今年の抱負、というか予測を並べ立てるのだが、今年に限ってはどうして良いものか悩んでいる。いつもであれば見通しがもう少しつくのであるが、まったく立たない。一昨年の予定が大幅に狂い、去年が輪をかけておかしくなった。引っかかっていた作品が今年の初めに立て続けに出る気配はあるが、これは詰まっていたのが流れ出るだけでどうと言うことはない→実業の日本社『侍達の太平洋戦争』。

 その後が読めないのである。
 まず、架空戦記。注文はある物の市場自体が縮小しているし、これをやりたい!というイメージが湧いてこない。ないものはできないし、物書き商売、いやいやながらやる物ではない。……というか、大和、空飛ばしたらもうやることないって。
 逆にやりたい、と思っているのが普通の戦記である。架空戦記の中で扱って来た人の中でどうにも使いきれなかった人がいる。この人たちを活かして切り口を変えて普通にやってみたい。ある出版社に持ちかけている所である。感触は悪くないのだが、どこもそうだが、動きが鈍く、返事がない。このまま立ち消えになる恐れもある。
 戦記でありながら伝奇的なアイデアもある。こちらも考えてみれば十年近く前から抱いていてまだ形になっていない。
 トラブってしまった科学解説書の系統。こちらもやっていきたい。が、わからない。
 数年前より『DINX』の仮タイトルで予告していた作品は完成して某所へオファー中である。どのような形になるか不明である。『DINX』に続く同傾向の作品があるが、ひとつも進んでいない。
 短文仕事などを併せると忙しいの一言に尽きるのであるが、読めない。
 どうしよう?
2006/01/02 月曜 帰省? 退避?
 朝の内起き出して弁天様へ初詣。
 自動車を駆って娘の母親の実家へ。ここへ来るとなにもしなくて良いので楽ちん……とは言いつつもPCのメンテを仰せつかる。なんのことはない。ウイルス駆除ソフトのアップデートだった。時間はかかるがやる。けどなあ、ダイヤルアップなんだよなあ。
 自分のメールをチェックしようとしてVAIOノートを電話線に繋ぐと「モデムがない」!
 マイコンピューターのプロパティを開くと、真っ白。なんじゃいこれは?

 娘の母親の母親のPCでかろうじてmixiに繋ぐが、IMEがおばかで使いづらい。
 NIFTYのウェブメールをみると、これも妙なエラーが出ている。メールが使い物にならん。仕事用にNIFTYに統一するかなぁ……こっちはなぜかスパムがほとんど来ない。

 いずれにせよ、飯は食うだけ。皿洗いなし。娘の母親はさっさと消えてしまう。明日は仕事に専念しよう。
2006/01/03 火曜 初夢
 痔疾と不眠は物書きの……と言うわけで、睡眠が浅く、断片的に夢を見ては目を覚ます、を繰り返す。
 朝方見た夢。
 ゲラを見ている夢。しかもこのゲラが鉛筆が入って真っ黒になっており、なおかつ文字化けにまで疑問点がついているとんでもない代物。真っ青になって直していると娘に叩き起こされた。夢の中のあの努力はなに?

 寝ぼけ眼をこすり朝飯。

 ゲラを見始める。明日にでも返さないと拙い。と言いながら、義妹夫婦は帰り仕度を始め、見送る。義父母と娘とともに近くのデパートへ。が、その前にウイルスチェックをかける。
 デパートにて娘は本を買ってもらい満足。服も買って貰えるのだが、こっちはなんとなく不満げ。
 昨夜、義妹、娘の母親の強い説得により、義母PC、メモリ増設を説得に成功していたのでメモリを買う。というか、買わせる。xpで128Mじゃつらいって。結構良いお値段がする。次は買い換えを推奨した方がいいのだろうが、さて、納得するか?

 昼飯。義父母が優待券を大量に持っているというので、いつもなぜかリンガーハットである。

 帰って仕事。夢にまで見たゲラ。
 が、メモリ増設もしなければならない。まず、ウイルスを確認すると感染ファイルが幾つか見つかる。削除。さすがに何年か経っているので埃がたまっている。掃除。増設はすぐ。効果は圧倒的。
 ゲラをみたり、宿題をみたりしていると、晩飯の時間。鍋。

 鍋の前に当然、スキャンディスク。

 鍋を食っていると、どうも居間の蛍光灯がちらちらする。調子が悪いと義父母の弁で、管も変えたというのであるが、とりあえず開けてみる。
 あーあ。カバーを外す時、力任せにやっているので金具が壊れている。それは良いとしても、四本入っているうちの蛍光管、二つが点いていない。劣化はしているが、いかれるほどではない。点いている管のグロー球を外して交換してみると点いた。犯人はこいつだよ。グロー球の換えはあるというので一気に交換。
 スキャンディスクは無事終了。
 何かこの家に来るとメンテナンスばかりしている気がする。
 ゲラを見て、寝る。
2006/01/04 水曜 帰京
 朝、飯を食わせてもらい、自動車を転がして帰宅。横横道路も、第三京浜もガラガラに空いている。それなりの覚悟をして環八に乗るがこちらはそこそこ。とは言うものの、一時間半程度で家の近くまで戻る。
 早めの昼飯。買い物ついでのつもりで郵便局にゲラを放り込み、目的の店がまだあいていなかったのでそのままもどる。買い物は歩いて済ませる。
 で、PCのメンテ。とはいうものの、OSの再インストール。撮った写真を保存しようとしたら、あふれた。Cディスクが容量不足なので、パーテーションを切り直し、苦労してデータを吸い上げ、再度ぶち込む。もちろん理由はそれだけでなく、デバイスドライバをひとつも認識しないとか(マイコンピュータ→プロパティ→ハードウェア→デバイスマネージャーで、画面が真っ白)、機器を接続しても認識しないとか、もともとがヤバそうなエラーがいくつもでていた。

 この作業だけで夜中までかかる。
2006/01/05 木曜 いつもの
 午前中、PCのセットの続き。辞書を復活させ(IME用ではなく、国語辞典とかそんなの)、エディターを繋ぎなおす。ウェブのソース表示って、どうやって変えたっけ? まあ、一部を除いてほぼ、復活。

 ちょっと時間があるので靴屋へ行く。娘用である。が、なぜかすごく混んでいる。時間切れで、きりあげる。靴屋で30分、待たせるか普通?
 午後、娘の友達親子遊びに来て、いつものあそこへ遊びに行く。子供は大騒ぎ。
 夕、宴会の後、帰宅。
2006/01/06 金曜 税金
 仕事少し。税金の計算を始める。

 関連してひとつ。
 今回の帰省で判ったことが、サラリーマンとわれわれ自営業者の税金に対する感覚である。
 義父と税金の払い方に関して話をしたのであるが、義父には徹底して節税の概念がない。認識の差はあるだろうと思っていたのだが、ここまで離れているとは予想外であった。義父は延々とサラリーマン勤め。サラリーマンは自分で税金の計算をしないのでこんなもんかと思ってしまう……とは思っていた。
 が、今は年金で悠々自適、家作と株の売買で若干の収入があると言う。収入自体はかなりの物になる。かなりと言うのは、追加徴税を受けるほどである、という意味合いである(わからない人は……たくさん税金払っていると思ってください)。
 さて、で、話は何かと言うと義父名義の電話にADSLを入れるかどうか、入れるには予算的にはどうかという話になったのである。われわれの考え方だと、電話代は通信費として計上され、必要経費として控除される。その部分の税金……所得税がいくらか安くなるのである。
 所得税といってバカにしてはいけない。所得税を根拠に住民税がかかるから倍違ってくるのである。だから追徴課税を払うぐらいなら経費として使ったほうが得、とぼくなんか考えるのであるが、義父は「年間、どれぐらい余計に費用がかかるか?」しかない。
 実際、義母が使う程度の通信量ではダイヤルアップでも十分なのだが、快適さを考えると比較にならない。
 金額としても通信費として計上した説税率とトントンである。にもかかわらず、義父母は経費だけを気にしている。
 経費として計上して、税金を節約したほうがいい、と思うのだが「いや、安い税金しか払っていない連中が……」などと平気でいう。悪気はないのだろうし、ま、富裕層にはちゃんと払ってもらったほうが貧乏人には嬉しいのであるが、あー、違うんだな、と思ったしだい。ただ、それだけ
2006/01/07 土曜 新年賀詞交歓会
 というのに出る。PTAとして呼ばれたらしい。出るべきか、どうか悩んでいたが、周りに聞くと「やはり出たほうがいい」と意見の一致を見たので、出る。娘のヤマハは一人で行かせる。もうどうにかなるだろう。
 市と、商工会議所の主宰の集まりとかで、市長、武蔵野市地区選出の衆議院議員二人(含む、管直人)、都議、市議たくさん。知った顔もたくさん。
 とりあえず会費分は回収してあいさつ回りも済ませる。某派閥の市議に「次の市議選どうか?」の打診を受ける。別に初めてじゃない。でも、これで二ヶ所からきていることになる。

 夕、学童クラブの新年会。カレーパーティ。
 お楽しみ会のビデオを見て、カレーを食べるという趣向。幹事さん、ありがとうございます。
 娘も親も満足して帰宅。
2006/01/08 日曜 青山家親戚会
 年に一度、集まることになっている。埼玉のR叔母宅である。30人近くになったのだろうか。
 適当に飯を食ってビンゴ大会。子供たちの評判がよかったとかで延々とやる。子供も大勢。
 祖父、佐平治から見て子の代、つまり、叔父叔母も82の叔母を筆頭に五人ほど。孫、つまり、ぼくの代もたっぷり。さらに曾孫の代もたっぷり。下は0歳から、上はメリーランドのマイケルまで。
 血は争えないというが、マイケルもたっぷりと青山のいーかげんな血が混ざっている。八時過ぎまで延々騒ぎまくる。これだけ騒いで、ワインが一本しか空かないってのもすごいが。
 なお、青山@吉祥寺はビンゴの商品をたっぷりと当て、今年一年分の運を使い果たす。というか、もともと運のない一族の中で運に恵まれているというだけか?

 深夜、吹っ飛んだと思われていたファイルのサルベージに成功する。ふぅ。
2006/01/09 月曜 親戚会
 今日は今日とて娘の母親のところの親戚会。
 年末にあわててセッティングしたので、面倒くさいので水道橋のシズラー。連絡を回すのは娘の母親に任せるとして(向こうの親戚などようわからん)、会場の選定と予約はぼく。こっちは十人ほど。
 食い物は約二千円で食い放題。飲み物代別。時間制限なしで評判はよろしかったようだ。こちらはビール瓶がたちまち空になる。来年は義妹が幹事なのだが子供二人が受験で忙しい。
「来年もここでいいんじゃないの?」
 とまあ、そんな感じ。

 二家族を見ていると……ほんと、青山の家はいい加減で気楽。同病何とやらかもしれないが、血の濃さというものがよくわかる(みんなメガネかけているし)。
2006/01/10 火曜 初PTA
 子供の引取り訓練。
 結構たくさんの親が集まるので、PTAでは児童の安全確保のお願いと、集団下校の勧めを行う。
 某社から短文の依頼、追加。
2006/01/11 水曜 絶不調
 絶不調。眠い、起きられない。頭が痛い。
 電話が鳴るが、取ろうとして力尽きる。編集さん、すみません。
 短文を少し書く。外へ出たのは娘を迎えに行った時だけ。
2006/01/12 木曜 なすべきことをなす
 体調は復調傾向にあり。
 朝、ゴミだしその他、家事。
 午前中、スタバで仕事。短文作業。
 午後、小プロ市民的活動。
 の、後ぶっ倒れる。電話が何度か鳴るが、取ろうとする前に力尽きる。コールバックする気力もなし。
 かろうじて娘を迎えに出る。
2006/01/13 金曜 ダブルラッキー
 ぼくはクリスチャンでもないし、イスラームでもない。だから十三日の金曜だろうが、ぜんぜん気にならない。ついでに言うと悪いことも起こっていない。
 朝、マクドナルドで仕事。短文を書き上げ送り、仕事メールを送る。

 夕、某出版社から郵政公社メールが届いている。あけてみるとすっかり忘れていた文章の源泉徴収票だった。ラッキー。去年は収入がちょっとアレだったのだが、今年の収入分が去年分に入ることになり、還付金が増える。
 んでもって、他の分の収入項目を再確認すると一昨年分だと思っていたのは去年分だった。ダブルラッキー。還付金がガンと増える。
2006/01/14 土曜 浄火
「どんと焼き」の日である。
 昨日、PTAの委員さんから電話を頂くまで、すっかり忘れていた。行かねば。
 本来は集落に悪いものが入ってこないようにする道祖神の清めの儀式であったらしい。それを市内では各学校がやる。薀蓄をたれ始めると長くなるので端折るが良いことだと思う。本当はもっと手伝うべきなのだろうが、ヘロヘロでぎりぎりの時間になる。
 正月の飾り物や、だるま、松竹などが校庭に積み上げられ年男、年女が火を着ける。灯油を使っていたのがなんだけれど、まあ、仕方あるまい(どうも人に聞いたところ、あの手の大きな火をつけられる人間は少ないらしい)。で、かようなものが焚き上げられる。
 松竹などバンバン破裂し、これが「どんど焼き」の語源だとか聞くが別に良い。
 神聖なものが天に帰る儀式である。
 ずいぶんと灰を浴びたが、身も心も清められた気分だ。
2006/01/15 日曜 やるじゃないか
 午前中、寝て過ごす。
 昼、帰ってきた娘の母親に起こされ、どこぞの骨董市で買ってきた餅を食う。餅、余ってるんだけれど。
 実家へ。娘の勉強を見て、取りためておいてもらったケロロ軍曹を見る。

 というわけで、やるじゃないか、というのはMS-IME。
 リカバーの結果、吹っ飛んだファイル、設定があるが、その中にATOK設定が入っていた。ATOKを再インストールしても結局、設定は再度やり直さなければならない。面倒なのでまだATOKを入れていない。
 そんなわけでとりあえずMS-IMEを使っている。やっぱり使いづらいのでちょっといじってみると結構頭が良いし、カスタマイズも効く。もちろん、やりづらい所は沢山あるがMS-IMEをちょっと見直した次第。
2006/01/16 月曜 PTA役員会
 朝から役員会。
 主要な話題は子供の安全について色々。以前は交通安全が話題の中心だったが、最近では不審者対策が中心となっている。昼過ぎまで。
 午後、家に帰って伸びる。
 昨夜、よく眠れなかったせいだ。這いずりながら娘を迎えに行く。
 がんがんと編集さんから電話が入る。紹介を受けていた某社からもメールが届いている。
2006/01/17 火曜 リテイク
 某社のコラム、短編、リテイクが入る。修正。
 朝のうち、PTA関係の連絡数本。
 午後、某社より契約書関係の電話。

 別の場所で話題になっていた方言の話。
 他人のところで続けるのもなんなのでここで記す。
 もともともは「ら抜き言葉」の話題だったのだが、ぼくはあれは東京方言のひとつだと思っている。というのも子供のころから「ら抜き」で話すのが一般的だったからだ。
「ら抜き言葉」の是非についてはここではひとまずおく。話が長くなりすぎる。

 さて、方言。現代では「標準語VS方言」という対立があるようだが、まずこの「標準語」というものがそもそもアヤシイ。都市伝説かもしれないが、NHKがラジオの全国放送を始めるときに東京弁をベースに作った、と聞く。出自はどうあれともかく「標準語」という単語があり、どうやらそれらしい言語も存在するが、東京弁だってアヤシイのだ。

 東京……江戸は元々、家康が無理矢理作り上げた計画都市である。なーにんもない平野というか、沼地を埋め立てて町を作り、都市を発展させた。江戸城自体は太田道灌の手になるベースはあったが、征夷大将軍の居城としてふさわしくないほどみすぼらしい。
 そこで、各大名に命じて資金や労働力を提供させて発展させた。
 労働力とは人間であり、それらを指揮する武士である。かくして日本国中から多くの人々が集まってくる。
 ところが、地方地方によって言葉が違う。そこで徳川の出生地であった三河地方の言葉をベースに共通語として出来上がったのが江戸弁であるという。なお「三河言葉」の使用が徳川の強制なのか、武士なり労働者の自発的なものかは分からない。なお、イギリスの場合は王が強制したという。
 ところが、武士の間では(ここは推測を含む)三河言葉がそのまま定着したとしても、町人はそうも行かない。もともと、関東地方には「あずま言葉」が存在していた。いわゆる「だんべえ言葉」である。現代でもこれに類する言葉はあちらこちらで聞かれる。
 ついで、明治維新、いろいろなところにごったな言葉が乱入してくる。かくして現代の東京弁と、これに類する標準語が発生する。
 いったいどこが標準なんだ、といいたい。

 ぼくが住んでいるのは都下の武蔵野市というところなのだが、最近になって「武蔵野中部方言」とでも呼ぶべき言葉に気づいた。
「○○です」
 という時、最後の「す」。SUのUを強調するのである。SUUという感じで「○○ですぅ」と聞こえる。
 武蔵野市の西部で生まれ育ち、ほぼ、小学校高学年から中学高校と東部で過ごしたが、最近、中部の人たちがそう発音するのに気づいたのである。個人差、と呼ぶにはあまりにも大きな差である。こんな狭い地域にも方言がある。
 だからどうだ、というのではない。ただ、おもしろいなぁ、と思ったしだいである。

 ところで、東京の中でも「山の手」と「下町」があり、下町では旧江戸弁が幅を利かせている。
 一方、伝え聞くところによると「山の手言葉」があるそうで、いわゆる「ザアマス言葉」である。残念ながらこのザアマス言葉を耳にしたことがない。
 いったいこいつはどこから出てきたのだろう?
2006/01/18 水曜 寒い
 午前中、マックで仕事。チェックした原稿を送り、学校へ。
 書類の整理と、研究発表会に関する関係セクションへの挨拶。

 ライブドア、株式何とか関連で強制捜索。マンション偽装工作の証人喚問とぶつけるところがなんとも裏が透けて見える。
 ライブドアのやり方がどうのと言う批判もあるが、いいんじゃないの、営利企業なんだから収益を追求しても。
 そりゃ、違法行為はまずいが、違法行為ぎりぎりのことなんかどこの企業だってやっているし、役所だって談合のし放題だ。
 一連の動きを見てて思ったのだけれど、テレビ、新聞などいわゆるマスコミが既得権を確保しているようにしか見えない。
 これを読んでいるような人には言わずもながだろうが、最近ではインターネットが幅を利かせてきて、マスコミの重要性が後退して来ている。新聞だってトイレ入っているときに読むぐらいだ。テレビは見るがそれだってアニメとニュースぐらいだし、アニメにしたって昨夜もフレッツスクエアで娘が「未来少年コナン」を見ていた。
 世界情勢を知ろうと言うときにはロイターやCNNのサイトにアクセスしたほうが確実だ。ちゃんと日本語版もある。
 となると、今回の強制捜査も既存マスコミのネット叩きに見える。
 いずれにせよ、マスコミのライブドア潰しは無駄なあがきに過ぎない。そりゃ、堀江なんたらは負けるかもしれない。だけれど、行き着く先は見えている。
2006/01/19 木曜 あーうー
 へたる。
 のびる。

 編集さんから連絡があるが「あー、うー」としか答えられない。
2006/01/20 金曜 新携帯一ヶ月
 携帯を変えて一ヶ月が経った。

 最初に気になるのは費用である。
 しばらく前に請求書が来ていたが、まあ、機種変更したので費用がかかっているのは仕方ないと思うのだが、パケット通信料が並じゃない。いや、金額的にはたいしたことはない。だが、変更したのは十二月の末。娘の分を追加したのが29日。それなりにいじって見たが、そんなにがんがん使った覚えはない。パケットを使いそうなのは娘の居場所を検索するGPSぐらいのもので、こちらに限って言えば二日か三日、使っただけである。
 「こんなにかかるの?」  auショップへでかけて聞いて見る。明細を付けるような設定にしてないので、やはりよく分からないと言う。とりあえず他にも申し込まなければならない物もあったので申請して帰る。

 一ヶ月使って見て思ったのが、当たり前だが「ずいぶんと機能が上がったなぁ」というところ。
 実際に使う新機能はGPS程度なのであるが、それ以外のスケジュール機能、アドレス帳……それにOSの使い勝手が格段に向上している。
 娘に持たせ、勝手に妙に使われても困る、と思っていたのだが、機能の制限も色々とかけられてほぼ望んでいた状態になった。かけられる場所は五件と、110番など緊急電話に限られる。目覚まし時計にもなる。ゲームとかで遊び呆けられても困る、と心配していたが、ゲームとか着信音もダウンロードが原則なので、ほとんど入っていない。
 CPU、なに使っているか知らないが、OSにトロンをのせて、内部メモリ何十Mだか持っている。ぼくのは安物なので外部メモリは無いが、SDカードが使えれば256入っていて当然。
 高機能なのも当たり前である。

 もっとも、ヘルプがいい加減なのは……無い物ねだりだろう。
2006/01/21 土曜 
 朝から雪。目が覚めるとあたり一面真っ白である。
 雪の中ヤマハへ。月謝を収めると財布の中はからっけつである。
 くるちゃんとマックへ。
 娘。くるちゃんちへ行って遊びたがる。行くのも、来てもらうのも構わないのであるが、この雪では電車が止まるかもしれない。それはまずい。事実、11時の時点で中央線は間引き運転していた。夜になるとどうなるか知れたものではない。
 娘には気の毒だが、家の中に引きこもる。

 米国産牛肉、輸入再開したと思ったらあっという間に輸入中止。排除すべしとされていた脊椎がブロックの中に入っていた。吉野家は牛丼復活の延期を発表し、仙台の牛タン屋は困っているそうな。
 まあ「日本人なら葱を食え、葱を!」てか?
2006/01/22 日曜 ゲラ
 朝っぱらからゲラが届く。午後、デニーズでゲラ読み。資料として東大出版会の軍事百科を持って歩くのでえらく重い。字句確認用にPCまである。重い。ふう。まあ、広辞苑持って歩くよりはいいかと思うが、電子辞書もいるのかなぁ。
 しかも、混んでいる。大入りで、禁煙席が空いていない。仕方無しに禁煙席のカウンターに場所を取る。作業はそれなりにはかどったが、臭い。家に帰っても服から何からなにまでタバコの臭いが染み付いている。

 帰路、娘と娘の母親と落ち合っていつもの吉祥菜館で食事。あまりに寒いのでなべを作ってもらう。美味。
2006/01/23 月曜 加速
 ゲラの再チェックと、短文仕事。マックで。
 ゲラを宅急便で編集さんに送り、家でのびる。

 Bフレッツの工事が入る。これでマンションタイプ100Mになる。もっとも、実測は60程度。以前、40程度だったので、そんなに上がっていない。体感的には若干上がったぐらい。
2006/01/24 火曜 安全
 PTA、子供の安全を考える会。
 簡単な挨拶と、地区ごとに分かれての話し合い。学校全体でどうしようと言うのはなかなか決められない。地区ごとによって事情が違うからだ。結構白熱する。
 の後、どうなったかを校長先生に報告。

 途中、編集さんから電話。ゲラの疑問点について。

 家に帰ってのびる。
 昨日、一昨日と妙な時間に目が覚めてしまい、ヘロヘロだったからである。

 昨夜、ゲロを吐いたと言う娘を医者に連れて行く。
2006/01/25 水曜 作戦会議
 久々によく眠れた。
 スタバで原稿書き。と、言っても仕事のものではない。これで頂いたスタバの只券は使いきったことになる。次は通いなれたデニーズだ。
 作業中に電話がかかってきて今日予定されていたPTA作戦会議の場所の変更。
 十一時半、集合。作戦会議。と、言う名のランチ。中華を食いながら。こまごまと決めなければならないことが山のようにあり、もうわけが分かりません。

 帰って結局、昼寝。絶対的な睡眠時間が足りていないのだ。
2006/01/26 木曜 長い一日
 研究発表授業、とかで市内の他校の先生が娘の学校の授業を見に来る。先生方は結局、授業を見せたり、勉強したりで手が離せない。受付や、色々とPTAの出番である。
 全体の仕切りは有能なお母さんに任せ、こちらは「防犯PTA」の腕章を巻いて校門のところでご案内&警備である。
 合間を縫って、受付とか、関係のところへ顔を出し挨拶。
 授業が終わり、先生方が体育館で研究発表となってやっとお役ごめんであるが、結構いい時間になっていた。

 一旦、家に戻り銀行によって処置少し。
 娘を迎えに行くころには結構、ヘロヘロになっていた。

 長い一日だった。
2006/01/27 金曜 仕事場メンバー
 仕事場メンバーの宴会。
 久々に会うが、娘もぐずるし、店の都合で(団体が入った)で時間制限もあり早々に引き上げる。もうちょっと話をしたかったのだが。
 正直なところ、仕事場がなくなってかなり障害が発生している。資料や、PCの置き場所、使い勝手、情報交換にも遺漏が生じている。本当のところを言えば家の近くにワンルームの一つも欲しい所だが、なかなかそうも行かない。
2006/01/28 土曜 実家
 ヤマハ。寝過ごす。娘が「おとーさん、ヤマハ行かなくていいの?」と聞いてきたのはとっくに始まった時間である。いつもは「一人で行く!」と大騒ぎするのにどうしたのだろう。ともかく送り出してこっちも迎えの時間までに朝の作業を済ませて出かけるが、ちょっと遅れてしまう。教室には誰もいない。
 教室をのぞくと、いつもの先生が別の知らない顔の子供を教えている。
 この日は二月頭の発表会の打ち合わせをするので長引きます……と聞いていたのに、なんと言うことだろう。
 あわてて駅前のマックへ。いつもなら、くるちゃんと一緒にお昼のパターンである。が、いない。たまたま、一年上のAちゃん親子がいる。娘を見なかったかと聞くと見ていない。
 GPS起動。駅にいる。駅に行くがいない。
 GPS起動。吉野家の前にいる。駆けつけるが、いない。
 GPS起動。月窓寺境内にいる。そんな場所にいるはずが無い!。
 衛星の感度も悪い。当たり前だが屋内にいると精度はがた落ちになる。
 こうやって出てきた座標の中心はヤマハだ。駆けつける。
 いた。いつもの先生に別の教室で発表会前の仕上げをしていた。と言うことは、さっき来た時、ドアを開けて入っていれば居たのだ。ちゃんと先生の受け持ちの管理してよ、受付さん。

 くるちゃんは用事があると言うので娘と二人でマック。
 の後、実家へ。

 算数のドリルをやらせる。
 その間、車をいじる。ここしばらくウインカーの調子が悪い。右に出すとき普通はカチン、カチンという感じで動くのがカチカチカチとせわしない。こういうときの原因と対策は分かって居る。
 チェックしたところ右前のウインカーが消えたままだ。
「まったくドイツ車は電装系弱いし……」
 ぶつぶつ言いながら開ける。
 わー、オレが悪かったぁぁ。錆だらけ。電球は生きている。接触を何とかしようといじりまわすが、思わしくない。まあいいや、とそのまま動かすと何と、なおった。
 ラジエータが自動的に進化してしまった話はどこかに書いた。面倒なので水を入れて使っていたが、この低温で氷結する恐れがある。不凍液を買いに行き(最近、あまり売っていない)入れる。
 ついでにオイルを調べる。減っている。本当は20-50なのだが、手元にたまたま10-30があまっていたので入れる。まあ、冬だからいいだろう。エンジンの調子、良くなる。
 娘、ドリル、進まず。割り算に引っかかっているのが分かった。どうしよう?
2006/01/29 日曜 誕生会
 娘が誕生会をやると言う。
 近くのコミセンの一室を借りて(家に人は呼べない)、餃子パーティ。なんか友達が「コミセンを借りて」というのをやったら、流行ってしまったのだ。

 おとーさんは、特注のケーキを取りに西国分寺に行かされる。どう特注なのかと言うと、キャラクターの絵が入っているからである。
 入っているキャラクターはタママ二等兵であった。
2006/01/30 月曜 どっきり
 午前中、PTA運営委員会。昼ごろまで。
 家に戻って仕事をしていると学校から電話。
「娘さんが熱を出しました。38.8℃」
 げ。
 あわてて車を走らせ学校からピックアップ。その足で医者へ。運悪く休憩時間で、ずいぶんまたされる。その間に体温をはかると……あれ? 36.5℃? とりあえず検査だけはしてもらうとインフルエンザ反応は陰性。学校ではやり始めているので心配していたのだが、一安心。
2006/01/31 火曜 ううむ
 娘は元気に学校へ行った。一日、電話がかかってこないか戦戦兢兢として過ごすが、なにもなし。

 天気はどんより。
 朝からなんとなく気分がすっきりしない。
 今日が締め切りなのでPTAの作業を進め、送る。と、役所から「これも忘れないでね」のメール。すっかり忘れていたよ。
 もっとも、これでなんとなく気が晴れたから、何が気分転換になるかわからない。

 税金関係の電話を数本かけ、処理。あと一枚、書類が届けば税理士さんに送れる。でも、その処理もしないとなぁ。
 娘を迎えに行く。娘の好きな刺身の盛り合わせが安かったので買う。

 今月のアクセス、342500。
2005年12月の近況へ
2006年02月の近況へ

Page top 
|index|挨拶|map|梅原氏|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|