|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2004年03月の近況へ
2004年05月の近況へ

2004年04月の近況
Page bottom 
2004/04/01 木曜  昨日の今日 
 先月のヒット数、258700。

 娘、保育園から学童(学童保育所、学校に隣接)へ。
 今度二年生のあさちゃんちに寄って行く。初日でもあり、学童まで付いていく。

 とって返して保育園へ。昨日の今日だというのに、次の父母会長が決まっていないんで、入園式の挨拶である。

 午後、企画書を一本上げてメール送付。

 新しい宇宙塵、届く。
 追悼、そうかぁ、シェフィールドも亡くなったのかあ。遠藤さん、そんなお年だったとは知らなかった。
 水瀬さん、うまくなったなぁ。

 娘、あさちゃんちで遊び倒して帰宅。飯を食わせると倒れ込むように眠る。そりゃ、疲れたろう。
2004/04/02 金曜  心配だ 
 昼過ぎ、編集さんと打ち合わせ。
 帰ってみると、ずいぶん気が楽になっているのに気づく。そうかあ、この仕事、こんなに重圧だったのか。
 自主製作、DINX、改稿作業。ぐぁぁぁぁと進む。やっぱりアレがプレッシャーになっていたのか。

 娘を迎えに行く。
 と言っても、あさちゃんと一緒に帰ってくるはずなのだが、あさちゃんちの前で待てど暮らせど帰ってこない。嫌な想像が頭をもたげてくるが、二人出し大丈夫だろうとあまり心配しなかった。が、こう言う時、対処方法がないのがつらい。
 そのうち、お父さんが帰ってきて、二人で丸井の前に引き返すと、いた。
 あさちゃん父さんとすれ違っているはずなのになぜ?

 娘、飯食って風呂はいるとバタン、と倒れるように寝る。
2004/04/03 土曜  色々 
 午前中、保育園父母会執行部引き継ぎ。
 一時はどうなるかと思ったが、次期メンバー三人まで揃う。例年、こんな物なので、あまり心配はしていない。サポートメンバーも強力だし。

 昼ごはん、チーちゃんと食べにマックにはいるとマリちゃん親子とケンちゃんにまで会う。
 娘、少し昼寝させ(あんまりしなかった)、チーちゃんの所へ遊びに行く。
 こちらは仕事。

 夕、秘密の宴会。趣旨は秘密だが、川上弘美、霜島ケイ、新津きよみ、篠田節子、小沢章友なんていう物凄いメンバー。

 鈴木ドイツ氏と霜島ケイが猫話で盛り上がっていると、誰とは言わないけれど、
「ギョウ虫が……」
「尻の穴が……」
「なめると……」
 と言う大声が響いてくる。
 オヤジどもめ←人の事は言えんが。
2004/04/04 日曜  雨 
 午前中、だらだらし、昼過ぎ、実家へ。
 仕事場へ。
 夕食は実家へ戻って父の好きな(と、言っても大して食べられない)デリバリーのピザ。
 さっさと寝る。
2004/04/05 月曜  キッズ・ザウルス 
 昨日の晩「どうしても手が足りない」と電話がかかってきた。事前に五日は足りないのが判っていたので、言っておいたし、娘の様子も安定しているので参加する事にした。

 が、行き帰り仲間のアサちゃんが熱を出し、まだ、一人では行けないという。
 かなりタイトなスケジュール。

 KZ自体はこともなく過ごす。午前中音楽療法。
 午後、お散歩……これは少し大変だった。
 このことについては、また、どこかで詳しく書こうと思う。

 の、後、学校指定の防災ずきんを買いに行き、家に戻ってお迎え。
 飯を食わせる。
2004/04/06 火曜  入学式 
 ……である。
 娘は早くから起き出して、はしゃいでいる。
 式は……うーん。こういう物か。
 こっちは私学、しかも私学の中でももっともくだけたところしか出ていないので、知らなかったが公立のやり方には引いてしまったよ。
 「日の丸、君が代」。ちゃんとやるんだ。わたしゃ、そんな旧ソ連共産党のような真似はしたくないので、きっちり着席して口の中で「海ゆかば」を唱えていましたが。
 でも、特攻隊の死に損ないの親父が立っていたから、まあ、良いか。
(なお、のぞき窓からチェックしていた様である)

 校長先生、そりゃ、いい話だけれど、一年生には長いよ。

 学童の入所式は簡単。気楽。

 両方のジジババと食事。

 三人が帰った後、学校からもらってきた山のような書類をチェックし、名前書き。ランドセルのメンテナンス。娘の身体に合わせ、開け方、閉め方を練習させ、防犯ベルをつけーの、鍵をぶるさげーの、大騒ぎ。
2004/04/07 水曜  登校初日 
 登校初日。
 集団登校、フルメンバー揃って初めての日。
 外へ出てちょっと歩くといきなりチーちゃんがいる。あさちゃんちへいって合流すると、すぐマーチャンとそのお母さん。お兄ちゃんが合流。合流だけで結構時間を食う。

 昼はのんびり(?)仕事。

 夕、合流地点で待っていると、あさちゃんと登場。あさちゃん父さんもすぐにやってきて帰宅。

 これじゃ、子育て日記じゃないか!
2004/04/08 木曜  登校二日目 
 懸案の仕事、A。正式に着手。

 ふと思いついた命題。
 ケムンパスとオリンパス、違いは何か?

 イラクで日本人、三名が宗教組織に捉えられた。
 レジスタンスたちの要求は自衛隊の撤退である。ほら、だから、自衛隊より井戸掘り職人を……という話はおいといて、反対に向こうの対日感情の良さを感じる。
 向こうにも政治的意図はあるだろうけれど、捕まったのがアメリカ人だったらだよ、即、首チョンパですよ。
2004/04/09 金曜  解の一つ 
 ケムンパスは焼いたら食べられるけれど(多分)、オリンパスは煮ても焼いても食べられない。
2004/04/10 土曜  普通の休日 
 午前中、ヤマハ。
 昼、ヤマハ仲間とマック。
 午後、実家へ。
 こちらは仕事場へ。データをチェック。
2004/04/11 日曜  普通の休日 
 昼前、娘連れで公園へ。補助輪付き自転車を乗り回し……帰ってこない。
 シャボン玉で遊んでいる。行ってみると、同じ保育園で違う小学校へ行ったチーちゃんとたまたま行き会ったらしく遊んでいる。
 昼食後、娘はチーちゃんちへ遊びに行き、こちらは買い物、ついで保育園、新・父母会執行部の打ち合わせに。
 たまにアドバイスするだけで、後はほぼ子守り。
2004/04/12 月曜  雪駄新調 
 暖かくなってきたので、雪駄を新調する。雪駄はもっともオフィシャルな日本の履き物で、ぼくはこれを履いて国際線に乗り、赤道間近のシンガポール、乾ききったモハビ砂漠を歩いた。

 が、打ち合わせた編集さんには激しく不評。

 帰宅、ロゼッタストーンが郵送されている。書店で手に取った時は気がつかなかったのだが、登場メンバーは不肖青山、石坂啓、岡田斗志夫……道で歩いているメンバーに声かけたんじゃないの? いや、別に良いんだけれど(ああ、モノ書きには住みやすい街だ)。
2004/04/13 火曜  デニーズ 
 デニーズで仕事。
 このところ、春休みで足が遠のいていたのだけれど、店員はガラリと変わっているし、メニューも違っていたらしい(メニューも見ずに注文した)。
 久々に充実感のある日。
2004/04/14 水曜  不可思議な仕事を請け負う 
 ……ったってちゃんと守備範囲内なんだけれど、どう不可思議なのか筆舌に尽くしがたいので形になってから発表します。出勤。原稿書き、プリントアウト、資料調べ。

 夕刻雨。
 この寒さはたまらない。
 娘、平然と帰ってくる。
「肩車しようか?」
 というと、
「一年生だからいい」
 おとーさんはちょっぴり寂しい。
2004/04/15 木曜  仕事 
 デニーズで仕事。ワンエピソード組み上げたのに達成感なし。なぜだろう?

 イラク、拉致された三人やっと解放。
 まさに理想的な終結、なんだけれど新たに二人捕まったとか。今回見ていてイスラーム側の対応の素晴らしさと、日本、アメリカ側の拙さが際立って感じられる。
 イスラーム側は反占領軍意識を明確に表明した上に道徳的な解決を示した。
 一方、占領軍は今後も現状を維持し、場合によっては他の宗教指導者を排除する、などと表明した。今後、同様な拘束事件は続くだろうが、仮に救出作戦が実行されたとするとイラク情勢は更に混迷の度合いを深めるだろう。
 アメリカはああいう国だから、まだしばらくやるだろうが、せめて日本はどうか適当なところに落としどころを持ってきてもらいたいものである。

 で、あちらこちら報道やネットを見ても誰も書いていないので敢えてアップしておく。
 今回の自衛隊の派遣で最大の効用は、始めて陸自を使い物にしたところにあると考えている。
 日本の国防は各国と比べて特殊で、最大の特徴は島国である部分にある。守る部分だけ考えると、仮想敵は最初に日本上空の制空権を取らなければならない。その上で制海権を確保して、上陸してこなければならない。
 つまり、世界一緊密なレーダー網に監視され、イスラエル空軍に次ぐと言われる優秀、かつ、防空に特化した空自を排除しなければならないのである。その上で海上自衛隊をどうにかしなければならない。世界二位の海軍力であり、DDHをヘリ空母と数えれば世界最大数の空母保有戦力である。
 空自はめっきり回数が減ったとはいえ、スクランブルは日常茶飯である。
 海自も対潜警戒に余念がない。実戦経験すらある。

 どこの誰がこんなの相手にできます?

 やっと上陸……それでやっと、陸自の出番である。

 つまり、国防だけを考えるのであれば、陸自などなくても問題はないわけである。事実、陸自の人間に聞いても、かなりだらけている印象である(もちろん、幹部はかなり気合いが入っているが)。
 ところが、イラク派遣で緊張が走った。
 ぼくも最初はレンジャー部隊(これは本当に物凄いらしい)でも送るのかと思っていたのであるが、行ったのは適当に選抜された普通科部隊。陸自すら、実戦の緊張にさらされたのである。
 バランスの取れた軍事力の整備は世界的趨勢であり、この点から考えると、陸自の戦場派遣は間違っていない。

 だけれど、外交政策としたら……アホだ。
2004/04/16 金曜  〆かな? 
 午前中、仕事。次のエピソードにかかるが、手元に資料が少なすぎる。出勤せねば。
 昼、小学校の保護者会。堅い。PTAとか振られてくるかと思ったが、なにもなし。ある意味ラッキー。
 夕、旧保育園保育園執行部打ち上げ。これで事実上の色々は終了。ほっ。他の小学校へ行ったお母さんに聞くと様子がだいぶ違って柔らかい。もっとも、子供にとってはだいぶ負担らしいが。
2004/04/17 土曜  サッカー 
 午前中ヤマハ。ヤマハ友達とマックする。南口のマクドナルドが改装されて、ずいぶん居心地が良くなっている。マクドナルド全般に暗〜い印象があり、よほどの例外を別にすると子連れでもなければ入る気にもならなかった。安いので昼飯にする時もわざわざ八十円バーガー買ってきて公園で食ったものである。ここなら仕事もできるな。
 ついでに杉並区の学童、学校の情報を仕入れる。

 その足で本宿コミセンへ。
 地区の小学生向けサッカーチームがあり、そこの入会説明会である。我が娘、なぜか入りたがり、出席と相成った。まあ、主幹というか、代表が保育園時代から随分と世話になった方なので、気は楽だし、友達も沢山いる。
 なお、友達の一人にEmilyちゃんがいて、彼女の夢はイングランド代表だそうである。

 都響
 新楽季最初のコンサートである。前回までは、A,B両シリーズの会員だったが、今期より片方のみに減らした。時間が……。

 で、演奏。ジャン・フルネ指揮。
 ショーソン、交響曲。
  うう、寝てしまった、
 ラベル。スペイン狂詩曲。
 ラベル。ボレロ。
  ……日々これ精進。フルネはフォルティッシモで細部をぶっつぶす悪癖があるのだが、今回はなかった。まあ、曲調に寄るのだが。

 ボレロは良かった。生ではベスト、録音でもバーンスタインに次ぐ。
 人間91才でもでもできるものだ。
2004/04/18 日曜  ごろごろ 
 ごろごろして過ごす。
2004/04/19 月曜  暴れ始めた 
 ぼくの心の中で物語が暴れ始めた。「早く外へ出してくれ」と。つらくはあるが、物書き商売の中で嬉しい一時だ。

 イラクで残るジャーナリスト二人も解放された。イタリア人が殺害(? 処刑)され、スペイン軍が撤退を決めた。日本はどうなるのだろう? 政治的な話題は、あまり、このページで触れたくはないのだけれど、どうしても気になる。

 まず、陸自を使い物になるようにする、という方針は実は現実的である、と考えている。
 前にも書いたけれど、日本は三つの領土問題を抱えている。竹島、北方四島、尖閣諸島である。このうち一番ヤバイ尖閣諸島に動きがあったからなぁ。何がヤバイかというと、使いでがある事。竹島と北方四島は感情的な対立と漁業権がある程度なのだけれど、尖閣諸島は海底油田の可能性が高い海域にある。
 第二に前二者が二国間問題なのに対して、こっちは中国と台湾も関わっている部分。
 要するに現実的になんか起こる可能性がかなり高い。そん時に海自、空自だけじゃどうにもならない。

 イラクでもう一つ気になるのが、たとえば自衛隊員が営利誘拐されたらどうすんのかとか、被害者のバッシング。「反省しています」とか、自己責任とか、新聞に並んでいるが、全然関係ない場所でなんかあったらどうするのか?

 保育園仲間で遺跡の修復とか保存の仕事をしている人がいる。名前の知られている遺跡はすでに人がいるところにあるからいいのだけれど、修復保存が必要なモンは大概、辺鄙なところにある。大抵は紛争地である。現実にこの人、カンボジアに入っている。
 そんな場所に大学の仕事で入っていって、誘拐されたとしたら、それまで自己責任なのか? 現在、日本のパスポートは全世界のどの国にでも入れる様になっている(以前は北朝鮮が除外されていた)。
 パスポートを発行した外務省の責任はどうなる?

 陸自を派遣して、目的は達成した。
 だったら、さっさと撤退して、代わりに井戸掘り職人を……。

 触れたい話題はあるのだけれど、また、後日。
2004/04/20 火曜  去年 
 昨日の日記を書いてから、去年の日記を読み返すと似たような事を書いていた。

 デニーズで仕事。四月一日の消費税表記改変に伴ってか、微妙に値段が上がっている。
 メニューにもなんと「アジの開き定食」が! やったぜ。
 前の店長にさんざ「鮭だけじゃなくアジの開きも……」と言っていたせいだろうか? あの人、やり手だったから今は本社にいるらしい。

 午後、出かける用事が発生したのでバッテリーに余裕があったが出る。何の用事だったか忘れた。

 自宅で作業を進めた後、小学校の近くのサイゼリアに移動。ここも微妙に値上げしている。
 娘を迎えに行く。
2004/04/21 水曜  出勤 
 げちょげちょの欝。体調悪し。
 二度寝して這うようにして出勤。仕事場に置いてあるデータとプリントアウトがどうしても必要。
 久々に高橋さんと逢う。ここで人と会うのは四月三日の宴会以来だなぁ。
2004/04/22 木曜  鬱々 
 鬱々の体調不良続く。
 午前中、自宅で仕事。資料とネット環境が必要なため。ご飯一杯に梅干しのせてお茶づけ海苔。
 午後、サイゼリアで仕事。修正事項は思ったより簡単に済むが、これでデータとして充分かは不明。
 この後、学童に娘の迎え。
 ……いや、サイゼリア、近いんで。
2004/04/23 金曜  疲れている 
 朝から疲れている。
 かろうじて富士そばのカツ丼を食ってパワーを取り戻し……図書館でデータ調べ。

 ……進まん。

 ああ、あの人はあの時! データが!
2004/04/24 土曜  まだ、疲れている 
 朝から銃検。鉄砲担いで警察へ。ま、鉄砲の車検。

 とって返してすぐ、ヤマハ。ヤマハ仲間のクルちゃんとご飯。

 その足でコミセン。保育園関係のまだ、残務作業。
 同じ場所で引き続いて小学校関係の打ち合わせ。

 帰り道、立川談志とすれ違う。
2004/04/25 日曜  宇宙塵月例会 
 午前中、卒園したはずの保育園の父母会。前・父母会長の仕事は子守り。アンパンマンの紙芝居を読む。
 そのまま、宇宙塵月例会へ。
 合評会という事もあり、柴野先生久々に見える。
柴野「最近、調子よくなって出てきたんだけれど、あたたた。年取るとダメだなあ」
青山「ぼくも最近、老眼がひどくて。こないだも網膜剥離があるんじゃないかって……」
柴野「ぼくも黄班変成があって、立てにまっすぐの線がそう見えないんだよ」
青山「飛蚊が出たかと思うと、それが動かないし、ぼやけてるんです」
柴野「視野欠損なんてぽろぽろあるよ」
 の、後二次会。
 次回月例会は30日、第五日曜です。
2004/04/26 月曜  医者 
 と言うわけで、しばらく前に紹介状をもらった杏林大学病院で目を見てもらう。
 医者は嫌いじゃないのだが、時間と手間がなぁ。

 が、紹介状が効いてか、思ったより早く済む。二時間なり。診断は経過観察。

 時間計算してランチタイムぎりぎりなので、某所へ出て、ウルトラチャーハンを食べる。数年ぶり。美味し。世界中、チャーハンを食ってきたと思うが、ここのがベスト。

 自宅へ戻って仕事……のつもりが散瞳薬が効いていて何も見えん。
 ノルマ、進まず。
2004/04/27 火曜  撮影 
 どう説明していいのか、不明の仕事の撮影。
 これ、マジに計算するとページ、百万かかるぞ。
2004/04/28 水曜  多忙 
 午前中、学校へ。話せば長いのだが、自分の娘の様子を見るのと、授業中、逃走を繰り返す藤田唯人君のサポートである。確かに先生の苦労は判るが、木刀持ってエスケープする生徒を抑えていた昔の情況からすると笑っちゃうぜ。

 夕、娘を迎えて後、学童の保護者会。娘の面倒は父に頼む。が、娘帰ってこない。いつもより十五分ほど遅れる。
「ワタ君の所に忘れ物持っていった」

 学童の保護者会。
 予想通り、学年委員。

 ……ふっ、まっくん母さん。次は会長ですよ。
2004/04/29 木曜  ゴキブリ取りの罠 
 昭和天皇誕生日。
 だらだらして過ごす。

 娘がやりたいとのたもうサッカー用の用品を買い、近頃とみに増えてきたゴキブリ対策品を買い込む。
 このマンションは公園に面しているくせにやけにゴキブリが出ないなぁ、と当初思っていたのだが、このところ出現著しい。
 ゴキブリなんぞはその辺に自生しているもので、普通はどんなに対策しても入ってくる。このところ急激に増えたのは抱卵したメスが入ってきて、屋内で繁殖したのだろう。どうも、出てくる成虫と幼虫の規模を見ているとそう思える。
 ゴキブリというのは膜翅目に属し、ま、言うなれば蝉に近い仲間と考えればよろしい(細かい分類は突っ込まないように)。セミというのはご承知のように何年も土の中で過ごして、地上へ出てくるのは一生の間ごくわずかである。
 ゴキブリも実は似たような生活環でつまり一回根絶してやると、成虫になるまで増殖しない。
 んで、やってやろうと思う。
2004/04/30 金曜  携帯 
 午前中仕事。ゴールデンウィーク明け渡しの仕事があって、そのためにはある程度のことをいまのうちに片づけとかなきゃならない。目が血走る。死ぬかと思った。

 GWに備えて携帯電話を買い換える。新しくしてしまえば安いのだが、下手に変え変えた物だから思ったよりかかる。ま、ポイントとやらがたまっていて大したことはないのだが。カメラ付きでも欲しかったのだが、値が張るのとどうしても重くなるので「話せりゃいいやん、大人なんだから」にする。Webは見られるらしいが、メールの設定もしていない。いいのかオレ?

 と、考えてみると、今手元にある電話は五年前、ぼくが求めたスペックのものだった。

 てなわけで、番号の変化はありません。

 今月のヒット数、263900。
2004年03月の近況へ
2004年05月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|