|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2003年05月の近況へ
2003年07月の近況へ

2003年06月の近況
Page bottom 
2003/06/01 日曜 意外な横顔
 月が変わってしまった。
 五月中にやっておこうとした物があったのにできていない。ヤバし。

 娘の友達、はなちゃん、えみちゃんくる。
 えみちゃんは保育園の女の子の中で押しが強く、体も大きい女王様である。

 が、借りてきた猫のごとくおとなしい。感受性の強いどこにでもいる普通の女の子であった。
 ま、五歳児だしね。
2003/06/02 月曜 無題
 午前中、仕事場へ出勤。
 午後、様々な理由からHTMLをいじって過ごす。

 買い物。
 保育園迎え。

 夕、仕事場へ電話。宴会の最中。

 終わり悪ければすべて悪し。
2003/06/03 火曜 印刷
 朝の内、一日の行動方針が決まらずおろおろ。
 新規開拓のファミレスで仕事をするつもりで出かけるが開店時間前だった。

 いつものデニーズへ。夕方まで仕事。その割には達成感がない。

 夕方、保育園で父母会議案書の印刷。十四ページもあるので、結構時間がかかる。

 印刷最中、あるお母さんの言葉。
「なんか、イベントの前日みたい」
 思わず問い返す。
「あんた、何者?」

 ……これだけだと、あまりにあんまりなのでふと思ったことを付け加える。
 白装束集団はどうなったのだろう? 最近、とんと報道から姿を消している。

 白装束だけではない。アレフの動向も伝わってこない。消滅してしまったわけでもないだろうから、どこかで彼らなりの信念を貫いて生きているのは間違いない。

 で、ここで取り上げたいのは、こうした一連の、まあ「カルト集団」としておこう----の挙動に対する周囲の反応である。
 白装束集団の場合は林道を占拠し、移動しようとしたところを入村拒否された、あたりでぼくの認識は止まっている。
 アレフもどこかのアパートで隔離され「この町にはオウムはいらない」などの看板を立てられ、住民の監視の元にあるというあたりで、やはり認識は止まっている。

 だが、ちょっと待ってくれ。本当にそれでいいのか?

 もちろん、カルト集団を擁護するわけではない。ぼくだって、自分の家の周りに白いテントを貼られたり、わけの分からない修行に励んで貰うのはイヤだ。そう爪弾きする人たちの気持ちも理解できるし、ぼく自身もあっちへ行け、というだろう。

 けれど、それはいなくなったと言うだけであって、被害が他の人のところに向かったにすぎない。問題は一つも解決していないのである。
 じゃあ、どうすればいい? 解散して周囲に迷惑をかけないようにします、と宣言して貰うのだろうか? だけれど、オウムはその様な宣言をし、組織も変わった。にも、関わらず不審の目からは逃れられていない。

 まあ、いつもの主張のごとく、竹島あたりに島流しってのが、よろしいかと思う。要するにどこか山の中でも、絶海の孤島ででも隔離して幸せになって貰うのである。よほど条件が劣悪でなければ、ご本人たちも満足するだろう。

 話はずれるがこの「隔離」がうまくいっているのが、アメリカだと思う。数字的根拠は持っていないが、アメリカの方がルト集団の数は多いと聞く。にもかかわらず、そう問題になっていないのは広いからである(問題になっているのかもしれないが、それほど詳しいわけではない)。隣町まで自動車で五時間とか別に珍しくもない。平野のど真ん中にカルト教団が目的不明のドームを作って不気味な儀式を執り行っていても誰も気にしないだろうし、そもそも、そんな連中だと気付いている暇もない。
 まあ、時間さえ経てば妖しげと捉えられていた儀式も認知され、大多数の集団に取り込まれてしまう。発足当時、究極のカルト集団であったキリスト教は認知されて久しい。信長に焼き討ちされた仏閣もかなりの物が復元されている。

 そんなに待っていられない、というのも人情である。
 隔離が難しいのも事実である。
 そして、人間は考える動物である。最終的な隔離方法を知っている。

 絶滅である。
 殺してしまえば、問題は解決する。
 旧オウムの首脳のほとんどには死刑が言い渡されるだろう。
 独裁政権下でどれだけの人間が粛清されたか、数を挙げる必要もない。
 第二次大戦中、ナチスはユダヤ人の隔離政策をとった。戦況が悪化するにつれ、収容所は絶滅工場にかわった(ぼく自身は絶滅工場ってものに異論があるのだが、人がたくさん殺された事実は動かない)。

 背後にもっと別の問題がある場合もあるが「不審」ただそれだけの理由で人は相手を根絶やしにする。

 ぼくは誰かに不審の目で見られていないだろうか?
 誰かがあなたを不審の目で見ていないだろうか?

 我々は何かに要らぬ不審を抱いていないだろうか。
2003/06/04 水曜 何もない日
 午前中、警察に書類提出。
 午後、仕事。

 本当に何もない。
2003/06/05 木曜 いけないんだ、いけないんだ
 犯罪を犯してしまった。

 娘の母親への「親展」の封書を開封してしまった。記されていたのは恐るべき事実であった。
(承前)
 届けられたのは銀行からの封書……。
 そこに描かれた金額は、げっ。た、高い!

 いや、共用の口座を持っており、これをインターネットから使えるようにしようとしたのだが、手数料自体がさほど安くなっているわけでもなく、申込みのために馬に喰わせるほどの書式が必要なのである。
 即、ゴミ箱行きである。
2003/06/06 金曜 不調
 朝、どうしても起きあがれない。
 ううむ。これはどうしたことだ? とりあえず水を飲んで、飯を食う。
 寝る。
 昼過ぎに、吐く。適度に消化したらしく、水しか出てこない。腹具合もおかしい。水のようなのしか出てこない。
 熱、38℃。目をつぶるとわけの分からないものが蠢く。

 夜、復調したのでテレビでマトリックスを見る。
2003/06/07 土曜 まだ、だめだ
 不調続く。
 というより、昨夜、全く眠れなかったので、そのせいかもしれない。
 熱は下がった。

 午後、小松研へ。色々、用事があったのだが、不調で途中帰宅。
2003/06/08 日曜 帰省
 朝、どうにも起き出せない。疲れがたまっているのか?

 午前中、ヤマハ。はなぜか娘の母親が行くと言い出す。留守の間、掃除、洗濯物の処理。だが、全然片づかない。爆破したくなる。

 ヤマハから帰ってきた娘が公園に行く、というので行く。やっと乗り慣れた補助輪付き自転車である。自転車で楽な道を知っており、井の頭公園西園へ……有り体に言ってジブリ美術館の脇なのだが。
 自転車は適当に飽いたのかシャボン玉で遊んだり、設置してある遊具で遊ぶ。父親と違って社交性があるらしく、その辺で遊んでいたおねぇちゃん(小学校二三年?)と遊んでいる。その間、こちらは公園のベンチでごろりと横になる。気分良し。

 適度に遊んで帰り、昼飯。
 その後、実家へ。
 娘、たどり着くなり「コナン」。

 二階の書斎(この部屋はそんな気分の場所である)でノートを開いて仕事。

 外で食事。
 帰宅。
2003/06/09 月曜 普通の日
 朝、普通に起きる。眠いが、許容範囲。
 午前中洗い物、洗濯物などを片づけ、某元編集者へ電話。物書き話もするが、子育て話になったりする。

 買い物、米、肉、他。
 帰ってカレーの仕込みをし、レンコンの煮物を作る。

 午後、某ファミレスで仕事。父母会の打ち合わせで何度か使ったところ、採光条件がいいのと、コーヒーが意外といけたため。そこそこ進む。
2003/06/10 火曜 今日もまた普通の日
 娘の母親が調子が悪いというので、保育園送り。

 その足で午前中、某任務。成功……ってもそろそろ判るか。
 さらにその足で吉祥寺のデニーズへ。店の雰囲気が違う……?
 ふと見るとレジに知らない人がいる。顔見知りの店員を捕まえて聞くと店長が替わったとか。ううむ。文句言いづらくなったじゃないか。

 某長編をうりゃうりゃする。
 疲れ切ったので持ってきた本を読む。つまらん。

 夕、図書館で調べもの。これはすぐ終わる。
 レタスとヨーグルト、安売りのカップ麺、安売りのブリの切り身を買って帰る。

 娘迎え。エミちゃん、ハナちゃん、チーちゃんと遊びながら帰る。

 サラダ、ブリのニンニク焼き、レンコンの煮たの、などでご飯。
2003/06/11 水曜 普通の日、だけれど
 午前中、下連雀のデニーズ
 仕事……うううう。

 昼後、悪友、TT宅へ。

 口には出せない「いけないファイル」たくさん貰う。
2003/06/12 木曜 眠い
 眠い。
 むやみやたらと眠い。
 昨夜、夜中の一時頃、娘の母親にけっ飛ばされて目が醒める。 「あたし、けっ飛ばしたりしていない!」とのたもうが、わざと蹴っていたら怒るぞ。

 こうなると眠れない。
 貰ってきたファイルを整理したり、PCにデフラグをかけたりする。
 再入眠、四時頃か?

 朝、当然のように娘や娘の母親に叩き起こされるが、眠い。台所の床で眠り込む。

 意識を取り戻したのは十一時過ぎだが、眠気は抜けない。
 仕事にならん。

 都響、ベルティーニ指揮、ブラームス「ドイツレクイエム」
 まあ、上手な演奏だった。
 ……ぼくはこの種の曲をどうこう言う資格はない。

 わかんないんだよねー、こーゆーオケと合唱が一緒になった曲って。メサイア(ヘンデル)だってハレルヤ以外はいいと思わないし、マタイなんて論外。いいなぁ、と思うのはオペラとか、例外的に大好きなドボルザーク「スターバトマーテル」。バーンスタイン「ミサ曲」。カルミナブラーナ。
 今日、聴きながら考えたのは、耶蘇狂的な素養がないからではないかと思うんだけれど。
 ようは構造的な理解がないからで、まあ、いいや。寝よう。
 子守歌(ゴールドベルク)でも聴きながら。
2003/06/13 金曜 疲れた
 午前から昼過ぎまで、デニーズで仕事。進まない割には疲れる。本気で疲れる。家に帰っても「へちょっ」と寝込む。
 無理矢理喰って回復する。

 夕方、隣の駅まで、保問協へ出かける。足は岡本君に貰ったボロ自転車である。
 公立、民営の保育園の保護者会、職員の組合の集まりであるらしい。市保連ではせいぜいが市に対する文句だったのが都政、国政になるのかそうか……。
2003/06/14 土曜 久々
 久々に娘とともに悪友TT宅へ出かける。
 歳の近い子供が居るので、都合がいいのである。
 余っているPCパーツを貰い(なに、テキストのバックアップ用なので大した容量は必要ないのである)、先日交換したHDを先方にあったインターフェイスに繋いで動作確認。どうも動きは怪しいが、なんとなく動く。20ギガのバックアップとして使えるか?

 娘はTTの娘と遊んでいる。
2003/06/15 日曜 寝て過ごす
 娘が友達のあやちゃんちへ遊びに行く。
 送っていく。
 その間寝る。
 娘が帰ってくる。
 娘とともに眠る。
2003/06/16 月曜 ふらふら
 なんか朝からふらふらと調子が悪い。白血病かもしれない。
 晩飯はレタスのニンニク炒めと、鰻。

 春風高校校長、柳 昇、落語家春風亭柳昇、逝く。
 ううむ。来月(七月七日)のバウスシアター寄席に出演予定だったのに、ついこないだ聴いたのに……この時代の噺家、なかなか頑丈だぜ。小さんも大盛り山かけどんぶり喰った後の大往生だったというし。
 けれど、七日、行ってみようか? 出たりして

 夕、東京新聞より、保育園の涼問題について電話取材。
2003/06/17 火曜 カツ丼日より
 頭の芯がぐるんぐるんする。
 腹は下っている。

 こーゆー時はカツ丼を食う。吐きそうになる。
2003/06/18 水曜 ううむ
 体調が優れない。
 全身に熱感があり、事実微熱がある。緩解したり(おいおい)、悪化している時期があるが、二週間、低空飛行している。
 ……白血病の初期症状である。まぁ、リンパ節は腫れていないので、違うと思うが。

 こんなページを見つけてしまう。
 ■「みんなきてKOIKOI」
 カップラーメンネタ、笑い転げる。
 こういう人が、ウチの近くで仕事していて、道ですれ違っているかもしれないと思うと、ああ、人生って素晴らしい。
2003/06/19 木曜 眠い
 いろいろな手当ての結果、フラフラ感は減少する。
 が、まだ、本調子にほど遠い。  回復のために、まだ手はあるのだが、これはとりあえず控える。荒療治に過ぎるモンで、今やると寝込みかねない。

 富士そばでカツ丼を食い、デニーズへ出勤。
 昨日まで、こうやってで歩く/体を縦にするのが辛かったのである。

 夕、迎え。保育園、いろいろと捕まる。冷房とか井戸とか工事とか……。
 コミセンも……。

 娘にオムライスを作り……娘の母親が某落語家の通夜に行ってきたらしい。盛況だったらしい。
 ううむ。葬式の好きな人だ。

 ピッキング防止法案成立。禁止された工具……先端の幅、五ミリ以上のドライバー……。
 不審尋問にあったらどうしよう?
「持ってる?」
「持ってます。持ってますけれど、これは正当な理由があって……」
「なに? なんなの? 正当な理由って?」
「じゃなくて、自転車がボロで」
「自転車? 所有者、岡本賢一になってるじゃないか」
「これ、友達に貰った物で……」
「で、電話かけます」
 りーん
 「岡本はただいま留守にしています。メッセージのある方は……」
「いや、その、銃のメンテナンスに……」
「銃? なに、それって散弾銃?」
「所持許可だってあります」
「で、それもってどこ行くの」
「う、あの」
「ちょっと署まで来なさい」
2003/06/20 金曜 だるい
 体力が抜けて一日何もできず……いや、体力は戻ったので、今日の脱力は、昨日、一つ海戦を書き上げて疲れたのと、どうしようかと詰まったの二つ。
 いっそのこそ昨日書いた荒療治をするかと思ったが……むむむ。プール行こうかと思ったのだが、夏期前のメンテナンスで閉鎖。
 図書館も閉まっている。

 んで、領収書の整理。

 インターネットのお馬鹿なページを読んで過ごす。
2003/06/21 土曜 大仕事
 午前中ヤマハ。
 昼、くるっぴー父子とともにマックランチ。

 あまりに暑いのでむ〜バス(ま、市営バスですね)に乗って、保育園へ。
 年に一度の全体会。
 とりあえずシャンシャン。……とりあえず、と言うのも問題点として突かれるべきところは突かれ、結論が出るところは結論として出た。
 でも、これで執行部の年に一度の大仕事は終了!

 その後、まっくんのところでお話し合い。と言っても、まあ、だべっている。何人も来ていて「若い奥様方に囲まれてムフフフ」
 ではなくて、なぜか年上の人妻(瘤付き率200%)ばかりであるが。
2003/06/22 日曜 宇宙塵月例会
 ひたすら眠く、眠りながら宇宙塵月例会。
 年上の人妻に蕎麦を貰う。

 さっさと帰って蕎麦喰って寝る。
2003/06/23 月曜 文教委員会
 面白がって、市議会の文教委員会を傍聴する。
 件の保育園冷房問題が取り上げられるからである。かなりおおきく取り上げられる。予算根拠がスゲーいい加減であるのを知る。

 なかなか面白い。簡易裁判所と違って罵りあいがない分、迫力には欠けるが、裏のデータがたっぷり入ってくる。

 しかし、望遠鏡の説明、ぼくが代わって説明したくなる。

 クレーマーらしきおじさんが陳情を出している。プールの水温について。これもまた代わって説明したくなる(これは退屈)。
 二つ、三つ、陳情が採択、不採択、継続、となるのを見て帰る。
2003/06/24 火曜 推したり敲いたり
 雨、気鬱な天候。
 某長編の推敲。朝から夕方までデニーズで。
 つまんねー日記。
2003/06/25 水曜 続・推したり敲いたり
 雨、気鬱な天候。
 某長編の推敲。朝から夕方までデニーズで。
 つまんねー日記。

 奇妙なところからエッセイ依頼。卒業大学の同窓誌「青鴎」から。ホームページの経歴でも拾って持ってきたんだろうなぁ。
2003/06/26 木曜 続続・推したり敲いたり
 某長編の推敲。朝から夕方までデニーズで。
 つまんねー日記。

 仕事中、携帯に青鴎編集部から枚数変更の電話。

 もっとも、推敲が一通り終わったので一安心。これで別のにかかれる。
2003/06/27 金曜 眠い
 眠い。やけに眠い。よって、午前中使い物にならず。
 午後、サイゼリアで適当に仕事。

 夜、ちょっとした理由でBファクトリーの建設費用を調べていたら、娘の友達のおとーさんが東大の先生だと知る。きっと生活苦しいんだろう。
2003/06/28 土曜 ふらふら
 脳みそがフラフラしている。
 ヤマハ、音が脳髄に付き刺さるぅぅぅ。

 帰って昼寝。が、娘に叩き起こされる。
「チーちゃんち遊び行きたーい」

 行かせる。寝る。迎えに行く。
2003/06/29 日曜 法事
 娘の母親の祖父母のそれぞれ27回忌、50回忌。

 寺に行って、全員黒服で正装。経を読んで貰い、卒塔婆を立てる。まあ、これがきっと普通の法要なのだろうが……何年か前のM叔父の法事が終わって直後。

 いつものスーツに、いーかげんな雰囲気の一同。墓にざぶざぶ水をかけた後、
「おーぃ、ユウ、走るなぁぁ」←走り回る子供。
 ふと気が付く叔母。
「ねぇ、今年ってお爺ちゃんの27回忌じゃない?」
 が、合議数分。
「なかった事にしよう」

 娘の母親がメロディを買ってくる。
 星占いを読む(実は大好きなのだ)。
 ラブ運上昇中、ただし二股は厳禁。ラッキーチャームは風鈴。
 早速風鈴を吊す。
2003/06/30 月曜 Bフレッツ加速!
 のはずなんだが……。

 築35年のボロマンションにVDSL方式のBフレッツが入る。以前はPNA方式という物で、最大10Mだったのが、今度は50M出るという。具体的にどう違うのかは聞かないでくれ。
 光ケーブルを引き込んだ集合の装置を交換し、各戸で変換装置をVDSLの物に替えるのだという。なお、日本初の試みだそうで、担当者はやけに力が入っている。

 で、やった。承知の通り、工事は機械を替えるだけ。
 NTTがフレッツスクエアに繋いでマシンで速度を測定すると、40M近く出ているという。
 だが、こちらが自分のマシンで繋ぐと、5Mがせいぜいである。理由ははっきりしている。ルーターのスループットが遅いのだ。

 腹を立てて新しいルーターを買ってくる。前々から欲しかったマルチセッションのルーターである。スループットは実効92Mと言う高速である(でも、有線なので安い)。
 ……十を少し超えるくらい。
 これは一体どこがボトルネックになっているのだろう?

 なお、マルチセッションの設定も無事終了。ガンダムシード観放題である。

 今月末の総アクセス。214920。
2003年05月の近況へ
2003年07月の近況へ

Page top 
|index|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|