|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2003年03月の近況へ
2003年05月の近況へ

2003年04月の近況
Page bottom 
2003/04/01 火曜 会長挨拶
 次の会長が決まっていないので、朝から会長挨拶。
 一番の問題は新ゼロ歳児クラスなのだが……なんだ、半数が上にお兄ちゃん、お姉ちゃんがいるんじゃないか。
 こっちは心配していなかったのだが、新入園児父母の前での挨拶で上がりまくる。オヤだけならば頭の中でシナリオを作ってあったのだが、始めての場所に連れてこられてビビッて泣き叫ぶ子供。
 忘れてたぜ。年度初めのこの騒ぎ。
(昼、記入)
 仕事場へ出勤して仕事。
 なぜか気分が鬱々としてくる。なんというか落ちこんで落ちこんで仕方ない。なぜだろう?

 こう言う時は面白い本でも読めばいいのだが、その余裕もない。
 そのせいか?
(夕刻、記入)
2003/04/02 水曜 
 朝から曇り。陰鬱な気分。娘を保育園に連れて行く。保育園で昨日、プリントアウトした案内を配る。

 と、なんとなくスッとした。
 どうも負荷が一定以上かかるとそこで切れてしまうらしい。
 まあ、昔っから判っちゃいるんだが。

 夕、迎えに行く。
 娘、年長児の部屋にいる。不可思議。
 寂しさを感じる。ずっと一緒で、娘の面倒を見てくれていたクーちゃんや、ケンケンや、アサちゃんや、マリちゃんがいない。
 あの子たちと逢えないのは、そう。寂しい。
2003/04/03 木曜 安保
 午前中、デニーズで仕事。
 が、昼が近づくとあまりにも騒がしく、店にも迷惑なので早々に撤退。

 時事ネタに触れるのはできるだけ避ける方針なのだが、マスコミでもネットでも誰も書いていないようなので載せる。
 今度の戦争、第二次湾岸戦争と呼ぶか、イラク戦争と呼ぶのか、攻撃通告に当たって日本国政府の対応をよしに付け悪しきにつけ色々という意見が飛び交ったが「日米安保条約」を立脚点とする論評が見あたらない。少なくとも、ぼくはみた事がないし、主流ではないだろう。
 日本政府の対応をただのおべっか使いとか、犬、とまで蔑んでいるし、まあ、ぼくもどうかと思うのであるが、「安保」は「日米相互安全保障条約」であり、明白な軍事同盟である。日本が軍事侵攻を受けた際に在日米軍は日本を守る義務があり、日本もまたアメリカが攻撃を受けた際にこれを守る義務を持つ。
 安保の観点からすると日本政府がアメリカを支持しないとしたら重大な条約違反だ。
(安保の是非については別の議論に属するので、ここでは避ける)

 だから、日本がアメリカを支持するのは仕方ない。
 個人的には、ああまで尻尾振る必要はないとは感じるが、それ以上に腹が立つのは地方自治体の反応である。
 この場合、東京都である。
 原則的に日本はノドンだかテポドンの射程圏に入っている。どこに落ちたって不思議はないが、無為に敵意を煽って自分の所へ来るとは考えないのだろうか?

 個人なり、自治体が総意として反戦を掲げたりするのは別に構わないだろうと思うのだが、東京都の場合は都内にどれだけ重要な軍事施設があるか、判っているのだろうか?

 横田のアメリカ空軍序数空軍司令部。
 府中の航空自衛隊総司令部。

 知事の個人的思想はともかく、それを自治体の意のように語るのは住民を無意味な危険にさらす結果になる。

 夕刻、郷里に錦を飾った秋月達郎氏を迎え、芦川、牧南、矢島、霜島、松崎といったメーンバーで集まる。こちらは子連れなのでなんなのだが、霜島ケイが娘と話があったらしい。こちらは子連れだし、早々に退散。
 霜島ケイの参加する宴会で朝を迎えない事が無かろうか?

 ……という話をしたら「そんな事はない。こないだは四時で終わった」

 いつの間にか二十万ヒット、達成。
2003/04/04 金曜 続・安保
 安保の話を書いたらカウンターが上がって面白いので、もうちょっとしようと思う。

 一般論として「日米安保無くして日本の安全保障は保たれない」という論法がある。
 噴飯物である。

 一体、どこのどんなアホが、何を目的に日本へ攻めて来るというのだ?

 インドや、ブラジルが攻めて来るというのは考えようがないが、アジア地域に限って考えると、北朝鮮、韓国、中国(含む台湾)、ロシア、あたりだろうか?

 このあたりがワーッと全力戦を仕掛けてきたとしよう。
 最初に考えられるのは航空戦である。イラク戦争に限らず、太平洋戦争だってそうだった。

 だが、航空自衛隊に対抗できるような装備を持っているのは中国、ロシアぐらいである。
 韓国もまあ、微妙だがなんだかんだ言って迎撃戦に特化した航空自衛隊の前にかなうだろうか?
 中国、ロシアも同じだ。相当の消耗を強いる事になる。

 その上で上陸作戦である。
 敵さんは日本海を渡ってこなければならない。仮に海上自衛隊の洋上戦力が消耗していたとしても、水の中には自衛隊の潜水艦がウヨウヨしている。
 ん? 原潜? 確かに潜水艦にとって一番怖いのは潜水艦だし、空気を必要としない原子力潜水艦は長距離航行には向いている。だが、基本性能に置いてそうそう差があるとは思えない(速度は別ね)。

 仮に北朝鮮なりロシアの百万の大船団が日本海側に上陸しようとしたとする。
 空自が無くなり、海上自衛隊がやられたとても、内陸からのASM−2の洗礼、海の中では潜水艦が出てくる。

 陸地にたどり着いたとしても一応、陸上自衛隊はいるし、向こうさんは補給線を確保しなければならない。潜水艦のいる日本海を越えて。

 無理だって。

 大体、戦争目的は何?

 ……一番ありそうなのが「日本の野蛮な王制を破壊し、民主国家に導く」といってアメリカがあたりが攻めてくる事だけれど。
2003/04/05 土曜 会長続投
 安保については、シーレーン防衛とか、核の傘とか、不正規戦(密入国)の話もしたいけれど面倒なのでパス。大本営外務省発表のデータでも見てください。

 午前中、ヤマハ。
 四歳児に一体何をどうやって教えていくんだろうかと最初は心配だったのだが、様々な決まり事を少しずつ、確実に教えていっている。
 一番最初は「ともかく、鍵盤をたたければいい」だった物が次は「親指でやってみましょう」になり、五本の指を使うようになる。
 歌を歌わせる場面も多いが、これは明らかに声楽を意識している。

 今日はレガートとクレッシェンド、デクレッシェンドの概念を入れてきた。

 夕、雨の中、コミセンまで出かけて執行部会。
 前回からの重なる人間はぼくしかおらず、ほぼ、総取っ替えなのだが……服飾デザイナー、コピーライター、会社勤めだけれどウェブデザイン……。なぜ? ←そーゆー土地柄なんだって。
 ただ、違うのはお父さん率が低い事で(以下略)
 皆さん、ビビって会長は続投。  まあ、担当者が有能だし、やるべき作業は決まっているし、できる事しかやらない/できないし、園長先生にも期待されてるし、仕方ないか。

 夜、娘が「チーちゃんち行く!」
 で、行く。
2003/04/06 日曜 花見
 午前中、娘の友達のS君、遊びに来る。
 公園に行っても花見の人混みにやられるだけなので、三人で有料区画の文化園へ。モルモットにご飯をあげたり、キツネとタヌキを見たり、遊園地をねだられる。
 フラワーカップに乗せてやるとS君、物凄く嬉しそうな顔をする。

 S君母さんが来て、連れて帰る。

 小松研で花見。娘連れで出かける。イオ(小松左京事務所)の近くのお堀端で、拾ってきた段ボールに座ってウーロン茶を飲む。美味しい。
 陽が落ちてイオへ。
 明日がアトムの誕生日で、時間のある面々はアトム時計がどうなるか見守る予定であったが、娘が持たないので帰宅。
2003/04/07 月曜 忘れ物
 仕事場へ真面目に出勤して編集さんと連絡を取ったり、仕事をしたりして過ごす。

 帰りの電車の中で仕事場にノート用のAC電源を忘れたことに気づく。家に帰って、少しメールをいじり、必要な発信は9801←おいおい。
 ネットのチェックできず。

 イラク戦争。アメリカ軍、宮殿に突入。

 安保、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約【防衛庁資料へのリンク】について、ぼくぐらいの年代(42歳)と十年離れると随分と温度差があるのを感じる。

 で、面白がって、アメリカではどうなっているのだろうかと思って外務省の統計、米国における対日世論調査なんてのを探し出す。
 公的機関の発表だし、有識者と一般がどれぐらい違うのかとか、WASPとヒスパニック、カラードじゃ、違うんじゃないかとか問題もあるし、色々な見方もできるが、ちょっと驚いたのが、米国における対日世論調査(有識者の部)
 設問12から14a。
 特に14a「日本は防衛力を増強すべきと考えるか」
 「すべき」が64%から70%で推移している。

 現状以上の増強って、上陸作戦可能な部隊とか、空母を持てというのか? それとも、核?
2003/04/08 火曜 春の嵐
 朝の内、ポツポツだったのだが、夕には風まで吹いてきて、傘を持たずに出たものだからぐしょ濡れ。
 と、言ってもバイク用の防水ジャケット着ていたからたいした問題はないのだけれど。

 朝から、真面目に仕事場へ出勤して仕事。誰も来ない。
 仕事そのものはなんとなく進まない。煮詰まっているわけではないのだけれど。
2003/04/09 水曜 普通の日
 朝、起きてメール色々。少しゆっくり仕事場へ出勤。
 仕事場の流しの下からしけった海苔が大量に発掘される。焼いて食っても美味くないので、インスタントラーメンに入れるぐらいしか食べようがない。しかし、それだけでは侘びしいのでニュークイックで百グラム六十円の鳥唐を買ってきてぶち込んで食う。
 五個198円のインスタントラーメンなのになんか豪華な気分。

 午後遅く、是方さん来る。
 久々。

 PC、メンテする。9821はなぁ、面倒だけれど単純なマシンだ。

 石井真木、没。『秋のヴァリアンテ』ぇぇぇ。
2003/04/10 木曜 ものは言いよう
 午前中、ジブリのチケットを取るためローソンに並ぶが失敗。スケジューリングのミスと、館の連休明け休みのため。
 あ、あとでああすれば良かったと思うが……後知恵は常に素晴らしい。

 昼、保育園のおかーさんとお昼ご飯を食べ、その足で市役所、保育課へ。
 父母会長続投の挨拶と、定常的に問題となっている事項の引き継ぎと、今年度の取り組みについて。

 米軍、バグダッドをほぼ掌握した模様。ニュースでは「解放」と言っているが、フィリピンを「解放」したのも旧日本軍だったよなあ。
 それと「テロ」といういい方も改めないと。これからゲリラ戦が続くけれど、きちんと宣戦布告しちゃったんだから「レジスタンス」だよな。

 戦争は掃討戦の様相を見せ、トップニュースは経済問題に戻りつつある。
2003/04/11 金曜 久々にデニーズ
 で朝から原稿書き。

 久々である。
 というのも、こないだで春休みだったという大問題があったのである。朝は良くとも昼には大入り満員、店には申し訳ないし、とてもじゃないけれど騒々しくってやってられない。ぼくはまわりがかなりうるさくても仕事ができるタイプなのだが、あれはたまらない。

 ノーマルバッテリーが上がり、交換したLLLも干上がるまでやる。なすべき事は山積している。
 迷惑な客だよなぁ。

 戦争も終わりかけてからこんな話を続けるのもなんだけれど、安保、というか日本の態度表明について。
 で、こないだ大規模正規戦の事を書いたけれど、現実的に考えてまず、ああいう事は起こらない。

 他にも幾つか想定があって、こないだのアレより悪い想定をまず考えてみる。
 つまり「いきなり核戦争」である。北朝鮮なり中国、ロシアがいきなり核ミサイルをぶち込んでくる、って想定だけれど……安保信者の中には「アメリカの核の傘があるから大丈夫、だから安保は必要」という主張が根強い。
 だけれどねぇ、国際世論云々が言う前に日本に核兵器開発能力があるか無いかを論じると「ある」と断言できる。
 もう一つ、核兵器には運搬方法をどうするかという問題があって、核爆弾を作っても戦略爆撃機なり長距離弾道弾でないと運用できない。例としてあげると、広島、長崎の場合、B29でなければ事実上搭載できなかった。それだけの大型爆弾だったのである。
 現代ではかなり小型化が進んでいると言っても運搬方法をどうするかって問題は変わらない。
 日本が運搬方法を持っているか否かというと、これも持っている。

 そんなところにいきなり核戦争、挑んでくる国があるかというと、まずないし、仮想敵国にメリットもない(まだ、風呂敷は広げられるけれど、とりあえず仕舞う)。

 不正規戦、あるいは小競合いみたいなものを考えてみよう。
 まず、洋上。
 国籍不明の不審船とか、不審潜水艇とかあるけれど、一昨年だったか? 不審船には護衛艦「みょうこう」が威嚇射撃を加え、不審潜水艇は座礁。海上保安庁の何たらもあったが、結果として沈めている。
 アメリカ軍は何かしましたか?

 地上。
 いわゆるテロに相当すると思うけれど、アメリカの基地の回りに日本の警察が警備を置いてこれを守っている。

 次に目的から考える。
 領土問題。具体的に北方四島、竹島、尖閣諸島が考えられるんだけれど、これをめぐって何か起こるか?
 北方四島は事実上、ロシアの下にある。
 竹島は韓国の沿岸警備隊が居座っているらしい。外務省は船着き場を作ると言っているけれど、だからってそう何か起こるとは思えない。なぜかというと、竹島問題は結局は漁業権の問題であんなモンが有ろうが無かろうが、漁業権の小競合いは続いている。

 一番ヤバそうなのが尖閣諸島なのだけれど(中国、台湾、日本)、ここは逆に入ってこれない。

 長くなりすぎた。
 安保の是非は置くとして、イラク戦争に対する日本の態度表明の後にはこれだけ色々な問題が横たわっている。その上で支持を打ち出すのは仕方ないとしても、判ってんだろうか?

 そして、結果的に日本が報復の対象となる可能性を。

 小泉は判っているらしいが(安保に関する発言があった)、石原は判ってそうもない。
2003/04/12 土曜 ただの土曜
 午前中ヤマハ。
 和音の聞き分け。でも、レが弾けない。

 なんか書こうと思ったけど忘れた。
2003/04/13 日曜 遊びの日
 先月並んで取ったジブリ。
 娘の友達Yちゃんと、はしもとさちこ御一家。遊びまくる。
 メイとこねこバスも当分見納め。

 揃って晩飯。

 ハッチポッチステーションを見損ねたのは残念だが、家に帰って何げなくテレビをつけると「ひょっこりひょうたん島」をやっていた。

 石原慎太郎、開票後すぐに当確。
 個人的にはドクター中松の「クリーンで画期的なエネルギー問題解決」ってのを見てみたかったのだが。
2003/04/14 月曜 都響
 午前中、某社編集さんと会う。
 その後、デニーズで仕事。
 夕、買い物をして都響
 ジャン・フルネ指揮
 ラベル「マ・メール・ロア」
 ピアノ協奏曲(両手)
 フランク交響曲

 この人、変なところでディテールを潰してしまう癖があるのだが、「マ・メール・ロア」ではさすがにそんな事はなく、至極、上品な演奏。

 両手、出だしが妙だったり、ちょっとちぐはぐな部分があったりしたが、ピアノが奇麗だったのでよし。ラベルのこの曲は粒だちが立つかどうかが勝負。

 フランク交響曲。ふつーのフランク。
 もっとも、解説にあった一文を読んで納得。フルネ曰く「指揮者によって原型を留めないまでに無惨に破壊された演奏がある」なるほど。それであっさりした演奏するんだ。

 で、全部終わって、矢部くん(コンサートマスター、何年か前NHKのあぐりの曲を弾いていた)が舞台袖を気にしている。
 フルネが姿を現すと弦が「♪ハッピーバースデーツーユー」と弾き出す。
 90歳の誕生日だそうだ。
 まさか、この人の演奏会でスタンディングオベーションが出るとは思わなかった。もっとも、真っ先に立ったけれど。

 はっきり言って凡百の指揮者だと思う。
 だけれど、指揮者生活60年、まったく何もなかった日本のクラシック音楽を一定の水準にまで引き上げてきた功績は大きい。
2003/04/15 火曜 消え失せた一日
 朝から何もする気が起きない。

 よってなにもしない。

 土日の疲れが吹き出したのかも知れない。

 イラク状勢、アメリカの報道は「独裁政府を壊滅させた」みたいな事を言っているけれど「無政府状態を作り出した」だけじゃなかろうか? しかも、次はシリアかい?
2003/04/16 水曜 真面目
 ……に仕事場へ出勤して仕事。
 その割には進まない気がする。なぜだろう?

 あ、そうか。父母会の資料を作っていたせいだ。でも、実働は長いはずなんだが……。

 夜、カレーを作る。

 ところでSARS、サーズ、と読むらしいがサールスって読んだ私って何者?
2003/04/17 木曜 真面目、なのかなぁ
 午前中、父母会の入力。
 昼過ぎ、市役所へ行って鎌田公園の鍵を受け取り、市議さんの事務所へ顔を出す。案内の紙を封筒に詰め、宛名を書く(いや、これは僕はやらなかったけれど)。
 出がけ、ソファで若干一名、討ち死にしている。SF大会と一つも変わらん。

 夜、久々にテレビドラマなど見る。
 『動物のお医者さん』ハム輝が高校生に見えないとか、本物の漆原教授はどうしているとか(モデルが存在する。本人を知る人によると「あんなナマヤサシイ人じゃない」そうだ)……は置くとして、監督、佐藤嗣麻子! 昔、コキ使ったなぁ。
2003/04/18 金曜 疲れている
 なんでこんなに疲れているんだろう?
 朝から何もする気が起きない。が、やる。

 仕事場帰り、件の市議さんの事務所を覗く。混乱に拍車がかかっている。

 夕、私事で連絡が取れなくなっていた旧友より電話。ちょっと心配していたので安心。
2003/04/19 土曜 忙しい?
 朝、銃砲検査。毎年書いているけど、鉄砲を不正改造していないか、合法的な状態にあるか点検する作業。自動車で車検に相当する。警察屋さんに行って書類を書いて、見て貰うだけ。すぐ終わる。

 帰ってヤマハへ。
 うーん。君さぁ、一つも弾かないってのはなんだろうなぁ。その状態だとヤマハ続けてもつまらなくなるぞ。

「昨日、やくそくした」
 と、子供同士約束したらしく、チカちゃんとアヤちゃんに「おいで」と電話する。
 アヤちゃんはお出かけ。チカちゃん来る。チカちゃんマイペース。娘、不満げ。君もそれぐらいマイペースの方が人生、楽だぞ。

 子供たちが遊んでいる間、仕事。
2003/04/20 日曜 忙しいんだ
 午前中、父母会役員会。毎年、この時期、混乱するのを忘れていた。
 午後、バーベキューなのだが……雨。

 役員会にて
「このまま、露天BBQ行きます?」
 賛成ゼロ。

 コミセンの二階。キッチンで宴会。

 キッチン内の和室でウンコがおちている。
子「ぶーちゃん。ウンコしたいって言ってたからしたんじゃないかな?」
青。くんくん「うん、ウンコだ」
ブーちゃん母さん「うわぁぁぁ。拭きます」←ウンコ手づかみ。
青←残ったのを拭く。

 子供が小さいとウンコぐらい怖くない。

 娘、その後、友達んちに遊びに行く。
 平和。
2003/04/21 月曜 忙しいんだ
 朝から仕事。
 面白き事も無し。
2003/04/22 火曜 大雪
 物凄い大雪で出勤するのにグレートマジンガーにするか、電車で行こうかと苦悩する。結局電車で行こうとすると、止まっている……という夢を見て目を覚ますと良い天気だった。

「DINX」、初稿、脱稿。
2003/04/23 水曜 嘘つき少年
 昨日のアレはやはりチェーンメール。臭いとは思ったけれど、出所が近かかったんで。

 現在、血液は生血をそのまま輸血する事は少ない。あったとしても非常に特殊な場合のみ。
 たいていの人が知っているように血液の中には赤血球と白血球がある。
 で、いわゆる血液型ABOとかRhってのは赤血球のタイプで、違う物を輸血すると激しいアレルギー反応を起こして死に至る場合がある。血液型には、あと、Eとか、MNとか、Q(だったかな?)ってのがあって、こいつらはアレルギー反応を起こさないか、起こしても大した事はないらしい。

 だが、しかし!
 他にも白血球とか、血小板とかいろいろなタンパク質が含まれていて、こいつらのタイプはよく判っていない(青山が判っていないし、医学的にも検討の余地があるらしい)。んで持って、こいつらをまとまった状態、つまり生血で輸血すると何が起こるか判らない。

 で、輸血する場合、必要な部分(血球とか、血漿とか、多分これが血液製剤って奴だと思う)だけを輸血する。
 あるいは、自家輸血と言って手術の前に自分の血液を採って冷凍保存し、その時に戻す、という手段が多く使われる。なお、自分の血液を保存して赤血球だけを戻してやると酸素運搬能力が飛躍的に上がる血液ドーピングってコトもできる←バレないらしい。

 輸血に話を戻すと、人工血液も利用される。
 酸素溶存性の液体(フルオロカーボンって名前だけは知っている)を生理用食塩水にコロイド状にして溶かし込んだもので、赤血球とほぼ、同じ能力を持つ。付け加えると、コロイドのサイズが実際の赤血球より小さいので赤血球が詰まって入れないところにも侵入できる。おかげで脳梗塞の治癒率が高まったとか。(と、書いた後、調べてみたら合成物質を使った酸素運搬体は日本では臨床使用されていない、ってデータが出てきた。一次データを丸飲みする気はないが、じゃ、なんでそんなに脳梗塞の治療が進んだのか(いや、そう言う話を聞いたので)、と思ったらヘモグロビンをそのまま使うんだそうな)

 ただし、酸素を運ぶだけが能。免疫機能はないので、長期間大量に使う事はできない。

 結論。
 血液は慢性的な不足状態にあります。
 健康診断の代わりにもなる献血をしましょう。

 夕、保育園父母会、園長、副園長と顔合わせ。父母会と職員が仲良しなので、やりやすい。
 引き継ぎとして父母会倉庫(開かずの間とも呼ぶ)を開く。例によってお神輿には呆れられる。
 父母会ポストもアンケート回収。
2003/04/24 木曜 疲れている
 疲れている。
 原稿を見ているせいだ。

 散歩がてら保育園の市議さんの事務所をのぞきに行く。歩いて十五分。
 必至になって電話がけをしている。どこかで見たおばちゃんだなぁ〜と、電話の内容を聞くと「わたくし、都議会議員の※※といいますが」
 都議になっても自分で電話かけか……オレは政治家にはなれん。

 麻原ショウコウ←さすがに変換しない、に死刑求刑。
2003/04/25 金曜 ひたすら推敲
 選挙見ててネタに使えないかなぁ、と思っているのだけれど、考えてみれば鈴木輝一郎氏にかなうはずもなし。

 でも、収穫はないわけじゃない。
 どう使おう?

 市議は乱立、混沌大乱戦状態。
 市長は武蔵野市には三人立っているけれど、事実上、現職と新人の対決。
 こないだの知事戦でも言われていたけれど、既成政党離れが進んでいるという話。裏の話を聞いて納得したのが、候補者、誰も××党公認、とか推薦、という文字がない。
 実際には現職は自民党、新人は民主党がバックに着いているのだけれど、おくびにも出そうとはしない。向こうさんも判っているわけだ。
2003/04/26 土曜 何やってたっけ?
 朝の内、何やってたっけ?

 昼はヤマハ。聴音、いままでせいぜい三音の分散和音だったのが、四音になる。

 昼飯は昨夜作ったラタトゥイユをスパゲティにあえ、仕事場へ。
 二年に一度の更新の契約が迫り、とりあえずどうするか話し合う。メンバーは高橋ななを、篠田節子、岡本賢一、小沢章友。みんなお金がないねぇ、といいつつ継続決定。

 その後、イオへ。
 小松先生から招集がかかっているのである。「さよならジュピター」のDVD発売のサイン会の打ち上げ、という名目だが、いつもの宴会。何年かぶりにとり・みきさんに会う。
 話題はSARSの伝染性。沖縄の海底遺跡。など。
 六時過ぎに入って、辞したのは十時。こちらはへとへとだが、先生は独演会を続ける。
 こちらは小松左京マガジンの打ち合わせをスタッフと進める。

 会員の子供が風邪を引いた時のうわごと。
「ねぇ、ぼく、イタリア風邪じゃないよね」
 何を見せているかよく判る。

 手に負えないもの。
「老人ぼけで記憶力の減退したオタク」
2003/04/27 日曜 宇宙塵
 午前中、テレビを見るために娘が起き出す。
 始めて新・アトムを観る。まぁ、お子様向けにはいいんじゃないの。
 娘が「公園!」と叫ぶので自転車に乗せて公園を走り回らせる。途中、投票。補助輪がなんだし、メンテも考えないと。

 娘の母親が医者(花粉症の減感療法)から帰ってきたのと入れ替わりに出かける。どーせ金がないので二次会に参加できない。で、自動車で出かける。
 結構人が集まる。
 元某社編集氏に作品を見て貰うお願いをする。
 家に帰って飯を食うのもなんなのでルートを変更して実家へ。本家から送ってきたラーメンが腐るほどある。これで当分食糧には苦労しない。

 娘、録画したもののけ姫を見たがる。なぜ、君そうなんだ?

 帰路、件の選挙事務所を覗く。当確もまだ出ておず、片づけの真っ最中。
2003/04/27 月曜 開票
 市議さんは順位を大きく落とした物の無事、当選。
 夜中の二時のタイムスタンプで報告メールが入っていた。わたしゃ、政治家にはなれん。

 しかし、ネタとして使えないかなぁ。

 モノ書き的に……思い出した。
 某クリエイター氏よりメール相談。裁判について。どこかの社で不払いが起こっており、それがぼくが揉めた所と関係あるのではないかとの話。判っている範囲で事実を事実として伝える。
2003/04/28 火曜 落語
 やっと時間を取って末廣亭へ行く。娘の母親に恨まれながらの昼席である。
 朝の内、電話がかかってきて娘はチカちゃんちに遊びに行く。送りついでに早めに出て、新宿へ。
 休日だけれど、大したこたぁないだろう、とタカをくくって寄席前を覗くと、開演一時間前だというのに列んでいる。
 ファーストキッチンでプリントアウトチェックするつもりだったが、これはイカンと列ぶ。
 列ぶ間に列は伸び、カメラまで入るらしく、なんかやっている。

 とりあえず時間。入る。列んでいる癖に皆さん、チケットを持っているわけではなく、窓口に列ぶ。こちらは愛好会の切符があるので直行。一番乗り〜。お気に入りの左桟敷、最前列を確保。

 珍しく大入り満員である。二階にまで人が入り、立ち見まで出る。
 こんなに込むのは正月以来か?

 いや、そもそも、祥月命日を記して「小さん祭り」。
 命日となればシンミリやるのが普通だろうが、祭。いいなぁ。噺家って。

 出演者も豪華である。交互出演とは言え、川柳、小三治、圓蔵、こん平、文楽、文朝、馬風……。別枠で常時出演が花緑と三語楼(それぞれ、小さんの孫と息子)。

 ま、交互出演のメンバーが揃ったわけではないが、この日のお目当ては圓蔵、文朝あたり。
 入りが良いのに気をよくしてか、皆さんなかなか気合いの入った、というか、初心者向けの話を振ってくれる。なんだかんだ言って、適当に話を刈りこんだとはいえ文朝の「初天神」(客席に子供がいた)とか円蔵の「道具屋」(こっちは下げを変えた絶品)。

 中入り後、座談会と称して圓蔵、馬金、馬風。
 小さんを語る、なのだが結論が常に「あいつはロクでもない」(除、小さん)なのが、上手いというかさすが。しかし、そうですか。小さん、おっぱい星人でしたか。

 ただ、これだけ揃ってしまうと花緑の「ちりとてちん」や三語楼の「酒番屋」も霞んでしまう。
 いや、悪かった、ってわけじゃないですよ。
 花緑も将来楽しみ。

 夕、席が引けて外へ出ると夜席を聴くため長蛇の列。んんん、ぼくも「らくだ」聴きたいぜ。
2003/04/29 火曜 籠る
 三鷹のデニーズに籠って原稿読み。
 ひたすら読んでチェック。もはや、こう言う時しか万年筆を使わないのが悲しい。ウォーターマン、プレファス・シルバープレートが泣くぜ←でも、あんまり気に入っていない。儲かったら、違うの買おう。

 晩ご飯にカレイを煮る。
2003/04/30 水曜 続・籠る
 仕事場へ出勤。ラーメンを食う。
2003年03月の近況へ
2003年05月の近況へ

Page top 
|index|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|