|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2002年11月の近況へ
2003年01月の近況へ

2002年12月の近況
Page bottom 
2002/12/01 日曜 帰郷?
 娘を連れて娘の母親の実家へ。今回は珍しく娘の母親もいる。
 娘、やけに早く起き出してジジババと遊んでいる。
 午前中、プランタンへ。子供用品売り場に屋内用の遊具があって、ここが目当てである。
 昼食を取って戻り、娘がジジと遊んでいる間、こっちは義母のPCの面倒を見る。年賀状をPCを使ってやりたい……というのだが、事実上は宛名書きである。以前、ワープロに入っていたものをFMV付属の住所録ソフトに入力し直してある。うーむ、よくやるなあ。本当は年賀状管理用ソフトにでもいれると望ましいので入れ直そうとするが……ん?
 CSVに変換できない。ヘルプを見るとちゃんと変換方法が書いてあるのだが、そんなボタン無いぞ。なぜ? とりあえず住所録ソフトからのプリントアウト方法を教えて終わる。

 夕、いつもの場所へ。エゾコン2スタッフ同窓会。案内が遅れたのと、さすがに二十年経つとみんなボロボロになっていて人数は少ないが、久々のメンバーと顔を合わせる。ああ、落ち着くなぁ。
2002/12/02 月曜 手数料
 朝、起きてデニーズで仕事。

 『と空戦記C2』35枚

 昼過ぎ撤収。
 買い物。納豆とウナギと後なに買ったかな?

 家に帰ると仕事にならない。

 ウナギ、いつもは四枚880円(一枚220円)なのに今回は三枚730円(一枚243円)の高級品なのでいつものより柔らかくて美味しい。シーズンだからという説もあるが。

 なにもない一日、と思っていたら夕方、税理士さんからメール。
「確定申告の手数料について……」

 うわぁぁ。
 払うの忘れていたよ。すぐ払います。すぐ払います。
2002/12/03 火曜 出勤
 父が保育園の迎えに行ってくれるというので----朝から掃除。リビングの一画にまき散らされている紙類を整理。掃除機をかろうじてかける。部屋の他辺に山積みになっている娘のおもちゃは手付かず。

 出勤。
 LAN接続で9821にバックアップを取り、転送しているホットメールのアカウントを整理する。メールの返事を出そうとするが、最近、セキュリティの強化とやらでvaioから、@nifty経由でメールが送れなくなっている。困ったもんだ。

 岡本君来る。
 是方さん来る。

「忘年会したいねぇ」
 三人で煩悩ファイルをためつ眺めつしインターネットでショップ情報を漁る。

 年内の予定。
12.07(土) 日中ヤマハ。夕、SF系忘年会。
12.08(日) アヤちゃんと外出。
12.14(土) 日中ヤマハ、昼帰宅、保育園忘年会。
12.15(日) ふぅ。
12.19(木) 都響
12.21(土) 日中ヤマハ。SFクリスマス
12.22(日) SFクリスマス宇宙塵
12.23(祝) トンピーと外出。
12.27(金) 仕事場大掃除。
12.28(土) ふぅ。
12.29(日) ふぅ。
12.31(火) 締切……
2002/12/04 水曜 師走
 十二月も四日になって今さらの話題だが、本当に時の経つのが早い。
 子供の頃は一日が長くて退屈な何かがあると溜まらなく長く感じた。小学生に上がって、一学期が終わって二学期が始まると聞くと、その二学期までの時が果てしなく長く感じられた。
「象の時間ネズミの時間」と同じで子供と大人では時間の感じ方が違う、と思っていたのだが、果たしてそうだろうか?
 ふと思った。
 大人になってから時間の経つのが長いと感じただろうか?
 思い起こすと、あった。
 学校で教えていた時である。
 授業一時間一時間がとてつもなく長く、終業ベルが鳴るのが待ち遠しくて溜まらなかった。……まあ、生徒でも同じだろうが。
 十二月になると「うわ、もう十二月か」というのと「まだ十二月?」二つの感情が胸の中に渦巻く。
「もう」というのは文字通り十二月が忙しい時期だからだ。最多の場合六組あるクラスの授業進度を整え、進度に合わせた試験問題を作る。受ける方も回答白紙でも大目玉を食らうが、出す方は間違いが在っちゃ行けないし、白紙なんて絶対に許されない。教師生命を断たれる。

「まだ」というのは「早いところ一年終わってくれよ」というものである。心安らぐのは春休みである。年度末試験は骨だが、春休みになれば宿題を出さなくていいし、補習もない。問題を起こした生徒のアフターケアも要らない。そして嗚呼、長く感じられるのは月末の給料日。給料日前の日々が長く感じられるのは一度は宮仕えした人なら判ってくれるだろう。

 そこで考えたのだが、なぜ時間が長く感じるのか?
 不幸だからではないだろうか。思い起こせばあの頃、ストレスだらけだった。生徒は問題を起こし、教師を敵視し、こちらはこちらで正式採用がどうなるか判らない身。

 だとすると時間が短く感じられる今は幸福なのかも知れない。
 ……なんか、実感できないが。
2002/12/05 木曜 買い物
 朝から真面目に、それは真面目にデニーズで仕事。
 その割には進まないのはなぜ?

 『と空戦記C2』41枚

 昼頃撤収。
 が、帰ると留守録に今朝方振りこんだ税理士さん宛の支払い口座が先方にない、という電話が銀行に入ってくる。電話を掛け替えし、うううむ、と唸り腹を立てて最寄りの静岡銀行(新宿)にまで出かけて支払いを済ませる。手数料分、損したぜ。

 南口の高島屋へ寄ってこないだタンスの底から発掘されたギフトカードでフリカケと漬け物と塩1kgとタマネギを買う。ううう、重い。

 夜、ユキちゃんに借りたシュレックを観る。
 ううう。間違ったCGの使い方と見るのはぼくだけ? ハリウッド的大甘エンディングはああだとしてもディズニー臭さが鼻についてしまう……いや、ディズニー映画ではないのだけれど、それだけ影響が大きいという事か?
 まあ、あのお姫様はダイナミックでいいけどさ。
2002/12/06 金曜 仕事
 朝からデニーズでそれはそれは真面目に仕事。

 『DINX』 452枚
 『と空戦記C2』53枚

 そこそこ進んだ気がするが……コーヒー一杯の注文で五時間粘っていたぞ。ヤな客だな。
 なお、最近貧乏なのでデニーズへ行く前に家で蕎麦を食べ、帰って四時ぐらいかな? 納豆ご飯を食べた。

 これだけ粘るとバッテリーが音を上げる。スタンダードサイズのバッテリーは当然、LLLも半分がた容量を消費している。で、使い終わった後は必死こいて充電するのだが、VAIOが中途半端に頭いいもんだからバッテリーを間違えるんだこれが。

 スタンダードサイズが放電してしまうと一度休止状態にして大容量バッテリーに交換する。適度に使って家に戻って充電をかけると暫くして「バッテリーの充電が終了しました」と人語で報告してくる。バッテリーメーターを調べると確かにフルチャージになっている。
 が、ここでバッテリーを引っこ抜いてすぐ差しこむと容量が40%ぐらいにガクンと落っこちる。
 どうもスタンダードの充電容量と間違えているらしい。

 間違えるのは別にいいのだが(本当は良くない)、間違えさせたままチャージを続けても電気は増えないので、次の日、あっという間に干上がってしまう。何度かバッテリーを交換して交互に充電して使うのだが、こいつがちょっと面倒くさい。
 いや、まあ、昔のノートと違ってきちんとカタログ通りの時間、駆動させられるのでそんなに目くじら立てるこっちゃ無いんだけれど。

 夕方、メール。
 と空戦記Cの見本を発送したとの連絡。
 手元に届いたらタイトルと共に表紙をアップします。
2002/12/07 土曜 いつもの休日
 午前中、ヤマハ。歌って踊る、から歌って鍵盤を叩く、に変わってきたのでおとーさんは楽。
「お昼ご飯、つるつる」
 と主張する娘に従ってハモニカ横町の麺類専門店へ。娘、平太打ちの中華麺を選ぶ。それは渋いぞ。
 帰ると娘の母親はいない。友達の結婚式だそうな。
 別に買ってきた鶏唐揚げと食べる。

 小松研へ。
 あまり人がいない。忘年会を設定していたのであるが、いつもより人数が少ないくらいである。
 娘、ひっくりこけて泣くが二次会の喫茶店でストロベリーパフェを食べると機嫌を直す。
2002/12/08 日曜 またかとお思いでしょうが
 もう何度目かのジブリ美術館。
 なぜかふぃとチケットが取れてしまったのである。だいぶ、取りやすくなっているのかも知れない。

 惜しむらくは雨あがりという天候。晴れていればジブリのウッドデッキはまたとないピクニック場所なのだが。
 同行はアヤちゃん母子&姉妹+ユキちゃん母子。
 ぼく以外は全員女性なのだが、そんなに嬉しく感じられないのはなぜ?

 一時過ぎにアヤちゃん姉妹はおうちの都合で戻ったが、娘とユキちゃんはパワー爆発。四時過ぎまで遊び倒す。おとーさんは足が痛いぞ。
 チケット取りやすくなったのでは……と一時は思ったのだが、中にはいるとやはり混んでいる。朝一発目で映画を観に行くと立ち見が出る混雑ぶり。こんな混み方は始めて。

 ユキちゃん母子を送り「肉が食いたい」と主張する娘の母親の要望に従って角煮を買って帰る。
 食後、三人揃って爆睡。
2002/12/09 月曜 
医者「ANAの数値が上がってますね。300です」
青山「それって何です?」
医者「GPTです」
青山「端的に言ってどういう事です」
医者「ガンです」
青山「がーん」
 という夢を見て目を覚ますと、外は雪である。
 なお、夢の中で医者のビジュアルがなぜ、高木提督(歯医者)であったのかは謎。

 窓からみた振り方は大したものではなかったのだが、道路側に出てみると……チェーンがいるぜ。これは。
 交通情報を見ると一部、止まっている線とか、旧E電区内でも遅れが出ているらしい。
 自動車は出せないし、雪は降っている。ぼくが娘を保育園へ連れて行く。ゴアテックス入りの靴を履き、オーバースペックかと思ったが、中空糸膜+二重アルミコーティングのバイク用ウィンタージャケットを着て出るが、ううむ、グローブとパンツも冬仕様にすべきであった。

 デニーズへ逃げこみ、記述。
(09:55)
 デニーズでそれは真面目に仕事。枚数が進まない理由は不明。
 VAIOのバッテリーが不可思議な時間で音を上げる。

 起動した途端、バッテリ残量が40%ほどになっている。スタンダードバッテリをつけているのだが、大容量バッテリと勘違いしている。スタンダードバッテリーは予定時刻持つ
 が、大容量バッテリーがあっという間に干上がる。
 交換して休止から立ち上げると、すでに98%。まあ、これは判る。見ている目の前で95%に減少。五分を待たずに75%。その後、結局三時間持つがこれでも急激な容量縮小。なぜ? 結構問題。

 雪は降り積もり、記録的豪雪らしい。寒い。

 暖かいものが喰いたい。家に帰って鰊蕎麦を貪り食う。

 宅配の通知。
 リュウから見本が届く。
2002/12/10 火曜 出勤
 ああ、今日は晴れだなぁ。いい天気だなぁ……と根拠もなく確信し、布団の中でぬくまりつつ目を覚ますと「どよ〜ん」とした薄暗い日。そのまま永眠したくなる。
 ううん、どうしようかなぁ、と思案しながらも駐車場へ出かけて自動車の様子を見る。なにしろ昨日の雪で下手すると駐車場から出せない情況に陥りかねない。
 幸いにして下の雪は解けており、自動車に積もったものを後部に落として事なきを得る。

 自動車で出かけるかというと、さに非ず。
 財布が寂しいので銀行へ行って補給して仕事場へ出勤。
 さ、寒い。
 あまりに寒くて指が動かない。
 暖房をガンガンに入れてお湯を洗面器に張って指を解かしながら仕事したり、メンテしたり。
 午後になって陽が射して暖かくなってきた思ったら岡本君がやってくる。人が苦労して環境整えたところにきやがって、ひとしきり文句を並べる。

 『と空戦記C』の表紙を取ろうとしたがデジカメの電池が切れていた。
 そういやあ、発売日いつなのだろう?

 『と空戦記C2』54枚

 あんまり進んでいないようだけれどデータを整理したり、シーンを入れ替えたりしたため。
2002/12/11 水曜 新刊予告
 やっと電池を買う。
 ホームページを見た編集さんからメール。
「13日ですよ〜ん」

 というわけで……。

 『飛行戦艦「武蔵」遣欧大戦』

12月13発売予定、配送の関係で16日ぐらいに出回るでしょう
2002/12/12 木曜 死刑
 十一時ぐらいにデニーズへ出勤----って勤めてんのか?
 大容量バッテリーをフル駆動させる。メーターの減り方は早いものの、残り十%を切ってから三十分も持つ。なぜ? 四時に撤収。西友で買い物。家に帰って家事。やれやれ。

 和歌山砒素カレー事件、林真須美被告に死刑判決。
 うーん、自白も、動機もはっきりしないのに死刑判決かぁ。釈然としないなぁ。まあ、まだ地裁だし、どうせ控訴するだろうから、まだ何とも言えないけど。
 いや、林被告がやった、やらないを別にして、まず日本の司法制度に疑問を持っているし、それ以前に死刑廃止論者なのだ。

 司法制度、まあ、いろいろあるけれどこの場合、刑法に限って言えば何のために罰金とか懲役とか禁固とか死刑とかあるのだろうか? 一番判りやすいのが、報復、つまり仇討ちだろう(まあ、江戸時代の仇討ちも事はそう単純ではないのだが)。
 だけれど、近代国家が個人の恨みを晴らすためにこれらの刑罰を科すというのはどう考えても筋違いだ。現行法に仇をかえす側面が現実にあるとしても。

 罪科を科す場合、もっとも重要視すべきは再発の防止、類似犯の防止だ。
 和歌山の場合、被告人は親類縁者すら保険をかけて飯のタネにしていた、という報道がされており、またまた、それが現実かどうか別にしても同様の犯罪を繰り返されては困るし「よし、俺もやったろう」とマネする野郎が出てきてもいけない。
 そこで罰を科して反省をうながしたり、見せしめにするわけだ。

 ところが、現実の刑務所はどうなのだろう? 見せしめの効果はまああるだろうけれど、教育的側面があるとはとても思えない。再犯率は高く、朱に交われば赤くなる、刑務所で犯罪の手法を覚えたなんて話も聞く。
 要するに教育的側面はほとんど期待できない。

 禁固以上の刑の場合、第二に考えるべきは一般社会からの隔離であろう。人を殺す癖のある人間は他の人々に接触できないようにすれば殺人など犯す事はなくなる。

 話を戻して、究極の再犯防止、隔離が死刑である。
 死んでしまえば、再犯も出来ないし、二度と生きた人間に接触できなくなる。だが、死刑には殺しちゃった人間は生き返らせられないという大問題があって、これはぼくに限らず死刑反対論者の主要な主張らしい。
 だが、絶対的な再犯防止、隔離という点では終身刑でも変わりはない。
 死刑存続論者の主張として「終身刑よりは、死刑の方が見せしめの効果が高い(犯罪抑止力が高い)」というのがあり、これは事実だろう。ただ、裏を返せば「見せしめ以外の効果はない」と言い切れる。かといって、現実的に今の態勢で終身刑はあり得ず、大抵は十五年程度で減刑されて出てくる。
 法的根拠はしらないが、経済的な問題が大きいらしい。つまり刑務所を維持するためには金がかかるっていう部分だ。小菅拘置所にしても、府中刑務所にしても都内にあれほどの土地と施設、親方日の丸だから良いようなものの、仮に借りるとしたら月にいくら地代がかかるのだろう?

 そこでモノ書き的に考えつくのが「刑務所で利益が上がるようにする」である。
 現実に刑務所内では職業訓練を兼ねて様々な作業をさせているそうだが、十分な利益が上がってはいない(余談だが、ぼくの出た大学の文芸部はタイプ打ちを横浜刑務所に出していた。すごく安かったそうである)
 様々な障害はあるだろうが、もっと儲かる仕事をさせられないものだろうか? 無論、ただで働かせるわけではなく、維持費以上の売り上げがあればプールしておいて出所時に渡してやるのである。出所者の再犯率が高いのは経済的な理由が大きいとも言う。大金を渡してやれば、再犯率も下がる。売り上げに対して課税すれば国庫も潤う。
 世の中、そうそう儲げ話は転がっていないので非熟練労働者でも出来る作業は限られてくるだろうが、たとえば、本当にたとえば、ホームページの製作代行とか、ダイレクトメールの宛名シール貼りとか、翻訳とか、やらせられる人間にはさせられるだろう。
 これが厳しいのであれば、農業はどうだろう?
 メロンやイチゴなど、難しいものは無理だろうが、種まいただけで生えてくるものはいくらでもある。バジルやシソを植えたことあります? わさわさと生えてくる。それがスーパー行ったらあの値段になるのだから驚きだ。
 温度管理が問題となるだろうけれど、人工栽培のシメジとか、マッシュルームも出来そうだ。
 スペースが問題となるのであれば地方へ移転させて、無人化した村を丸々一つ刑務所に使えばよい。稲作だって今は随分と機械化されているが、大昔は木の鋤鍬でやっていたのだ。田植えだって手でやらせる。
「手で植えたお米」なんてキャッチフレーズつけて売ってみなさい。ひょっとしたら付加価値が着くかも知れない。

 死刑囚の場合も同様である。人間一人からはかなりの利益を搾り取れる。だが、死刑はこれらの利益を全てチャラにしてしまう。それはあまりにもったいない。
 ただ、確かに死刑囚に牧歌的な余生を送らせるのも何なので、こちらは島流しにする。
 場所は竹島が適当だろう。
 一応、農民がいた時期もあるらしいし、自給自足態勢は整えられる。
 しかも、領土というのはその場所を有効利用している国に帰属するから、外交にも寄与する。
 一石二鳥どころか、三鳥ぐらいに数えてもばちは当たるまい。

 オレも物好きだね。
 こんな事考えて。暇じゃあ無いんだけどさ。
2002/12/13 金曜 昨日とおんなじ
 大容量バッテリーをフル駆動させる。メーターの減り方は早いものの、残り十%を切ってから三十分も持つ。なぜ? 四時に撤収。いなげやで買い物。家に帰って家事。やれやれ……って昨日とおんなじじゃん。

 『飛行戦艦武蔵2』65枚
2002/12/14 土曜 全体交流会
 午前中、ヤマハ……なのだが、今日は珍しく娘の母親が連れて行くという。ありがたく申し出を受けてその間、こちらは仕事、なのだが娘の母親「カルボナーラが食べたい!」
 午後比較的早い時刻に向こうが出かけるため、返ってきてすぐ食べさせなければならない。
 よって、留守居の時間の半分は下ごしらえである。

 返ってきて食べると、娘の母親はさっさと着替て出かける。
 なんでも赤穂浪士討ち入りなんびゃく年記念かで都心の方でパレードがあるんだそうで、友達と見に行くんだそうだ。
 娘を昼寝させ、適当な時間にコミセンへ。父母会の打ち合わせと、全体交流会、とぼくは言っているんだが、皆さん、忘年会と呼ぶ。
 コミセンのキッチンと、子供を放し飼いにする場所を借りて(無料)、会費は集めず一人一品持ちよりでやった。年末のこの時期だというのに大人が十数名余。子供併せてその倍以上の数になる。

 このくそ寒いのに子供たちはプレイルームで半袖で飛びまわっている。
 おーい、いいけど、本棚登るのやめろ〜。

 娘、返ってすぐ沈没。
 こちらも沈没。

 コミセンに行く道々、あたりの様子を見ると実に混んでいる。
 時間に正確なのが取り柄のむ〜バス(市営のミニバス)ですら、時間通りの運行が出来ない。大通りは自動車で詰まっているし、年末の様相を呈してきている。
 ううう。これから冬本番か。ヤだなぁ。

 なお、一昨日の記述で触れた竹島問題どうも広く知られていないらしいので、リンクを追加しました。
 問題の内容もさておき、島の写真でも見てやってください。こう言うところに住みたい人って少ないだろうなぁ。
2002/12/15 日曜 新メニュー
 娘は朝からアヤちゃんちへお出かけ。さすがに一人で行けないので、一緒に行く。途中、チカちゃんと出くわして二人とも大喜び。

 家に戻るのも何なのでデニーズで仕事。
 低カロリーモーニングなる新製品があるので頼んでみる。
 ほうれん草のタマゴ蒸しに舞茸、レタスとブロッコリーのサラダプレート、コーンスープ、フルーツにハニーヨーグルト、パン、飲み物……。
 という取り合わせである。
 デニーズの標準的な朝メシは卵+ベーコン、ソーセージとか、卵+ご飯とかで構成されている事が多いので、油脂分を削った新商品は確かに低カロリーかも知んない。それにスープとヨーグルトが付いただけで随分とゴーカになった気がする。
 仕事少し。

 『飛行戦艦武蔵2』72枚

 娘を迎え、実家へ。久々。
 娘を父と、娘の母親に任せ、仕事場へ。
 年賀状のプリントアウトをしていると岡本君がやってきて唸っている。何を苦しんでいるのかと思ったら、むこうも年賀状を作っていた。
2002/12/16 月曜 貧乏ってヤだな
 朝、起きてもどうしてもやる気が出ない。
 昼頃までぐだぐだ過ごし気温が上がってくると動く気になってやっと年賀ハガキを買ってくる。
 日が傾いて寒くなってくると気力が萎える。

 ……オレは爬虫類か?

 外出の際、本屋へ寄って「飛行戦艦武蔵」が並んでいるのを確認する。
 だがしかし!
 そこだけ一段高くなっているではないか!
 両脇を見ると松本清張と、小沢章友さんだったので安心する。でも、どうせ、昨日今日並べられたわけでそんな減っていないはずだし、でも気になるなぁ。

 印刷屋へ行って年賀状印刷の見積もりを聞くと結構高い。ううむ。
 しばらく前までは家の近くに西武コピーセンターという十円コピー屋があって、十円コピーとは言うものの枚数が多いともっと安くなった。これをよく利用していたのだが、なくなってしまった。
 チェーン展開していて新宿に残っていたはずなのだが、これも店を畳んだらしい。

 ううむ。何年かぶりにプリントゴッコを引っ張り出すしかないのだろうか?

 あ。プリンタで出せば? というのは不可。だいぶ前にLBPのラバー部がやられてハガキのような厚い紙をかまなくなってしまったのだ。これも十年選手だしなぁ。

 鈴木輝一郎氏の12月15日(月)日記で拙作「陸上戦艦大和」が絶賛されており気分を良くする。ありがとう輝一郎さん。
2002/12/17 火曜 風の強い日
 東京ではやたら風が強い。
 外に出ようとしたら、ドアが開かない。鍵をかけたまま開けようとしたかな? と思うほどだったが、ぶつかるような感触はない。無理矢理押し開けると、開いた。
 風圧で押しこめられていたのである。

 下連雀のデニーズに出勤。だからといって勤めているわけではない。
 それはそれは真面目に仕事。その割には進んだ気がしないのはなぜ?

 夕刻、保育園に娘を迎えがてら書店を覗いて『飛行戦艦「武蔵」遣欧大戦』の売れ行きを見るが……右ヨコに並んでいた松本清張とは張り合っているが、小沢さんには負けている! 更にその向こうに並んでいるのにも負けている!(菊池秀行)。
 相対数はともかく、実売はどうなのだろう?
 コワイ。

 『DINX』 469枚
 『飛行戦艦武蔵2』81枚
2002/12/18 水曜 プリントゴッコ
 朝から、な〜んもする気が起きない。しかも寒い。
 嫁さんと娘を送り出しても動く気になれない。
「これはきっと腹が減っているからだ」
 と、がんばって立ち上がって蕎麦を茹でて喰うが再度倒れ込む。
 昼頃に起きあがって……やっぱなにもする気が起きないのでプリントゴッコで年賀状印刷。まともに動くプリンタさえあればなぁ。
 刷り上がっても、やっぱなーんもする気が起きない。
 と、がんばって立ち上がって蕎麦を茹でて喰うが気力は湧かない。

 うう。宛名どうしよう?
2002/12/19 木曜 主に床屋
 朝から、な〜んもする気が起きない。しかも寒い。
 嫁さんと娘を送り出しても動く気になれない。
「これはきっと腹が減っているからだ」
 と、がんばって立ち上がって……ここまでは昨日と同じ……「材料が残っていたなぁ」とばかりにスパゲティベーコンカルボナーラを作って食べるが気力が湧かない。
 ともかく動かねばダメだ←まだ、ダメになっていないつもりか?、と、外へ出るとううう、寒い。買い物しようと思っていたのだが、何となく自動車に乗って床屋へ行ってしまう。何ヶ月ぶりだろう?

 家に帰ってカレーの仕上げ。だけれど、今日誰も食べないんだよね。
 都響へ出るついでに御徒町、サカイガンワークスへ寄る。ほぼ、だべっているが「これ上げるよ」と鹿肉を貰ってしまう。多分エゾジカのオス。グリーンペッパーソース作って食べよう。

 歩いて上野。
 都響。指揮、佐渡裕。
 ドボルザーク、チェロ協奏曲。デニス・シャポヴァーロフ。
 フランク、交響曲ニ短調。

 ドボルザークはぼくの大好きな曲で期待していた。でも、まあ、普通の良い演奏。やはりすれてきていてロストロやシュタルケルあたりと比べてしまうので若い人は不利。今まで気がつかなかったのだけれどカデンツァ(独奏楽器が前面に出た独奏)がないんだそうで、注意して聞いていたらそうだった。いや、独奏自体はあるんだけれど。

 フランクも嫌いな曲ではない、と思っていたのだが、これなに?
 ドカスカ、バリンと大暴れしている。さっきのドボルザークととても同じ人が指揮しているとは思えない。伴奏とは違うだろうし、大名曲だとあまり外した演奏は出来ないってのはあるだろうけれど、良かったです。

2002/12/20 金曜 主に……なんにもしてない
 朝から、な〜んもする気が起きない。しかも寒い。
 嫁さんと娘を送り出しても動く気になれない。

 ……ここまでは昨日とおんなじ。違うのは腹すら空いてこない。かろうじて昼すぎてカレーを食べる。が、やる気は湧いてこない。掛け布団だけ出して潜りこむ。

 三時頃、もぞもぞやるが、寒い。かえって寒くなっているじゃないか!
2002/12/21 土曜 ヤマハとSFクリスマス
 午前中、ヤマハ。
 かえってすぐ昼飯を作り、娘と嫁さんに食わせ外出。
 なぜ、家に帰ると飯が出来ていないのかは謎。

 宇宙軍SFクリスマスというイベント。
 SFクリスマス、と言ってもサンタクロース型の宇宙人が大判小判をざっくざく、というイベントでは……って去年も使ったよ。このネタ。

 行ってみると「ああ、また、あんたか」とか「おや久しぶりだね。また、あえて嬉しいよ。十年ぶりだけど」てなメンバーばかり。
 でもまあ、パーティで飯を食い、ビンゴで娘はやけに物持ちになり、企画で液体窒素をぶち撒き、ウォッカを凍らせて人に食わせ、過度な冷凍は危険だと知り(余ったのでPXに「一杯どうぞ」と置いてきた。誰が飲んだのだろう)、他人のパネル「ワールドコンを語る」に顔を出し、「SFファン交流を考える会」に顔を出し(一体、どんな悪口を言われていたのだろう?)、考えてみると話をしていたのはいたものメンバーばかり。
 たまには若いお姉ぇちゃんと親しくなりたいと願っても(以下略)。

 夜十二時、カラオケを歌いに行くという娘の母親と変わって部屋に戻りさっさと寝る。
2002/12/22 日曜 SFクリスマスと宇宙塵
 八時に起きて飯。
 食い放題バイキングなので食う。食い過ぎる。

 クロージング。去年は日帰りだったけれど、今年は泊まり。てなわけで、朝から「イノウエヒロアキ型のエイリアン(語原;エイリアン→変な人)がプレゼントを配りまくる。娘&娘の母親は一層物持ちに……だからって、本、九冊は多すぎるぜ、持つのはぼくだし。

 いや、楽しいイベントだったよ。

 住吉先生と共に移動。宇宙塵。
 恒例の斉藤英一朗さんの蕎麦打ちで蕎麦を食う。美味い。
 娘はユキちゃんと遊び、ツルツルを食べて満足。おとーさんは昨日今日と食べ過ぎた。
2002/12/23 月曜 トンピーとお出かけ
 天皇誕生日。

 トンピー&なっちゃん姉妹親子とお出かけである。
 行く先はなぜかフッと取れてしまったジブリ美術館である。だって取れちゃったんだもん。ラッキー。
 予報は雨だったのだが、少し寒いけれど気持ちよく晴れた日でダブルラッキー。
 12時の回からはいる。時間より少し早めに着いたのだが、すぐに入れた。少し入りが悪くなっているのかな? などと思ったが、大混雑。平日は子供比率が高いそうだが、子供が一杯。
 娘はすっかりリピーター。一方、トンピーは初めてだそうで娘、仕切りまくりである。
「次、ねこバス、行こう」
「うん」
「宝箱見に行こう」
「うん」
「次、映画見よう」
「うん」
 メイとこねこバス、トンピーは真剣に観ている。時折ケタケタ笑う。楽しそうだなぁ。

 陽も傾き、
親「そろそろ帰ろうか?」
子「やだ。もっと遊ぶ」
 と、親のそばから脱走をはかり(三歳のなっちゃんはすでに沈没)、走って逃げ出す。
 でもまあ、結局帰る事になるが、トンピー、歩きながら半分目をつぶっている。そうなるまで遊ぶかい? 君たち?
2002/12/24 火曜 クリスマス
 クリスマスである。
 実に慶賀である。

 クリスマスそのものは別にどうでも良い。この日を過ぎると街からクリスマスイメージが拭い去られる。何よりもあの壊れたレコードのように(この比喩もそろそろ使えないか……)繰り返されるクリスマスソングを聴かされなくて済む。

 朝からデニーズで仕事。
 進まず。ただ唸っていただけらしい。

 娘の調子が悪く、げほげほやっている。早お迎えで医者に連れて行く。

 保育園でタイちゃんおかーさんと一緒になる。タイちゃんの所へ友達が遊びに来ていて、家に置いとくわけにも行かず一緒に連れて保育園にやってきた。
 タイちゃんは三人兄弟である。
 友達は二人兄弟である。
 そこに娘が加わった。

 こっちは医者に行くためいつもとルートが違うので一緒に帰ったのだが……子供六人引き連れてのお迎えは大事である。
 子供たち、通りに飛び出して自転車の通行を邪魔するわ、その辺のアパートの階段を登るわ、他人様の家の庭に闖入するわ、材木屋の倉庫(なぜ、こんな所に材木屋がある?)に飛びこむわ、もー、偉い騒ぎである。
 ぼくが先行して子供たちを抑え、タイちゃん母さんがこぼれた子供を回収する。

 大人は大変だったが、子供たちは大喜びだった。君ら、人生楽しいだろう?

 しかし、保母さんって大変だろうなぁ。
2002/12/25 水曜 ちょっと一安心
 「飛行戦艦、売れてますよ」と心やさしい編集さんからメール。
 様子を聞こうと思っていたのだが、電話をかけそびれていた。

 当初減り具合はそれほどではなかったのだが、この前の連休でドカッと減った。
 まあ「飛行戦艦大和」の時と比べると随分ペースダウンしているので実売は落ちているのだろうが、取りあえず満足。
 しかし、ぼくがヤキモキしているものの、平積みになっている本の中で山は低い部類にはいる。他の本はそれほど売れていないのだ。一部の本は山が減ると追加、なんてのもあるようだが、世のベストセラーを見ればごく一部だというのが判る。
 トーハンあたりでベストセラーリストが出るが、ノベルスで五位ぐらいに入っても実売は大した事がない。実際に補充されるような本は上位十をとっても、三位とか四位以上に限られる。書店に並んでいる本は十や二十できかないから、売れている本のパーセンテージはおのずとはっきりする。
 ごく一部だ。

 カレーを作る。

 国の専門委員会で東海地震が起きた場合、最悪7400名死亡と予測。
2002/12/26 木曜 年越し準備
 午前中、仕事場へ行って少し荷物を片づけゴミを出す。明日大掃除なのだが、保育園の迎えの関係で参加できないため。
 昼、TT宅へ向かいPCとプリンタを借りて年賀状の宛名刷り。あっという間に刷り上がる。おかげで宛名パソコン、本文プリントゴッコという不可思議なブツが出来上がる。

 やっと年末気分になってくる。

 北朝鮮、原子炉施設に燃料棒を搬入。
2002/12/27 金曜 忘年会
 午前中、銀行など雑用。でも終わっていないの。
 年賀状投函。

 昼過ぎ、保育園。子育て交流会打ち合わせ。園長先生と。
 お昼寝が終わった娘を連れて帰宅。とって返して仕事場の宴会。忘年会。高橋さんの窶れぶりに愕然。話題は網膜剥離とか脂肪肝とか……残念ながら白血病の話題にはならなかった。

 帰宅。明日、最後の資源ゴミ出しの日なのでゴミ集め。物凄い量になる。
 洗濯も増える。

 失業率上昇。
 クローン人間誕生か?
2002/12/28 土曜 ゴミ出し
 資源ゴミ、年内最後なので出す。
 武蔵野市の場合、分類はかなり細かく、資源ゴミも紙系資源ゴミとプラスチック系に分けられる。ビン、カンもリサイクルに回されるので事実上、資源ゴミである。
 紙ゴミも本当は週一回、市の収集があるのだが、我がマンションでは理事会が業者に降ろして資金にしている。従って紙ゴミ収集は月に一回なのである。一度だしそびれると凄い事になる。
 ガラスを拭いて、積んであった本を片づけ、掃除機を掛けるが、全然そんな感じがしない。

 実家へ。仕事を少しして、子供と遊ぶ。おーい、おとーさんおいて勝手に走るなぁぁ。

 娘、コナンを見たがるし少しは見せるが……「こっち観ないか?」アラレちゃんを見せる。二十年前の代物。「つまんなーい。ぽんぽこ!」
 キミ、なぜアラレちゃんより高畑が良いんだ?

 スイス新興宗教系企業、クローン人間誕生と正式発表。
 映画監督、ジョージ・ロイ・ヒル、死去。81歳。最近名前聞かないと思ったらパーキンソンだったのか。
2002/12/29 日曜 これもゴミ?
 朝、娘が熱っぽいので医者へ。七度程度ではこの寒空の下に連れ出す方が良くないと思うのだが。
 ま、軽い風邪、の診断を貰って帰る。家に帰って娘と娘の母親にツルツルを食べさせ、旧友、チーちゃんのとこへ。

 ……このチーちゃん。娘の仲良しのチーちゃんではない。
 かつて、娘の母親の友達、と「2002/03/16日 土曜 はまる」に書いたところご本人から、
「あたし、もともとトモキくんの友達なんだけれど……」
 チェックが入ってしまった。考えてみれば二十年来の友人であった。

 マシンのメンテである。導入時から面倒を見て、ADSL化もかように苦労した。
「最近、コンピュータの調子悪いのよ」とのたもうし、フレッツ入れて以来、見ていないのでメンテを入れる事になっていたのである。話を聞くとどうもハードディスクの容量が足りないらしい。もともと1Gのマシンなのだが、親切な人が3Gに増設してくれている。
 チーちゃんの使い方からしてそうそう容量を食うはずがない。ほとんどインターネットとチャットしか使っていないはずなのである。妙なログが残っているのではないかと疑ったが、本人が言うには「チャットのログなん取っていない」
 ハードディスクを覗いてみて首を捻った。

 ログもニフタームのログが残っているだけで容量そのものはたいした事がない。
 そうヘンなソフトも入っていない。
 そもそも
青「123とエクセル、両方は入っているけれど、どっち使う?」
チ「え? それなに?」
 という苦難を乗り越えていたのである。

 まあ、いつの間にかオフィス2000が突っ込まれているのは良いとしても、どう考えても空容量が足りない。
 ともかく*.BAKで全検索を掛けてぶち殺し、次に*.LOGで検索。

 ん? 対象ファイル1166?
 ショートカット先を引っ張り出して調べてみると、ゲゲッ。自動生成されたグローバルログがたんまり残っている。一番古いタイムスタンプは99年6月! 三年九ヶ月のグローバルログ。そりゃ溜まるよ。
 試験的に一つだけゴミ箱に放り込んで動作を調べ、不具合がないのを確認。全部ぶち殺し、ついでにcookieを調べると……なんでこんなに残っているの? ディスククリーンアップ掛けているのに? データ用のパーティションが1/3分、空く。

 ついでに以前から気になっていた実効速度を測定する。
 300k程度。12MADSLが入っている割には遅い。けどまあ、こんなもんだろう。局間速度の調整もして貰っているし、ISDNの五倍は出ている。

 米と葱と芋を貰って帰る。

 帰路、何となく道を歩く。売っているものが年末気分。が、楽しむ余裕がない。

 今上天皇。前立腺癌。
2002/12/30 月曜 蕎麦
 本家から蕎麦が届いたとの事で実家に蕎麦を食いに行く。これが楽しみで朝からなにも食べなかったのである。
 食べ過ぎる。
 娘「コナン、ぽんぽこ!」大騒ぎである。こちらもまた蕎麦を貪り食う。

 帰り、大量の蕎麦を貰う。

 次期架空戦記、プロット書きにかかる。飛行機もの。プロットがあっさり進む。やはり飛行機が好きだ。

 北海道のなんかで火災。九千年前の漆器焼失。もったいない。
 アメリカ、北朝鮮を封鎖。韓国は懸念を表明。
Page top
2002/12/31 火曜 やれやれ
 朝、適当な時間に起きる。

 ともかく、本部屋の掃除&片づけ。もはや何をやっても手がつけられない。
 娘と娘の母親が買い物に出るとその間に片づけられるところを片づける。

 二人が帰り、おせちの支度にかかるとこちらは娘と共に娘のおもちゃ箱を片づけ始める。ともかくごたごたと積み上げられた紙おもちゃや他愛のないおまけの類を整理していく。もう捨てた方が良いのではないかと思われるのだが(去年のカレンダーの絵とか)、大切にしまう。のみならず、広告を切って作った紙のお金までしまい込む。しまい込みながら携帯のおもちゃで遊ぶ。父(オレの事だ)激怒する。年末雰囲気などどこにもない。

 もっともおかげで半年ぶりぐらいに雑巾がけが出来た。
(12月31日、夕刻記)
 蕎麦をゲッというほど食う。

 北朝鮮、IAEA監視員、国外退去。
 七時のNHKトップニュースは紅白歌合戦であった。
2002年11月の近況へ
2003年01月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|