|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2001年12月の近況へ
2002年02月の近況へ

2002年01月の近況
Page bottom 
2002/01/01日 火曜  穏やかそうな一日
 例によって、ジルベスターコンサートの実況(?)を観て----井上道義が少しだけ早すぎた----近くの弁天様へお参り。どこからか響く除夜の鐘の音が正月雰囲気をかもし出す。弁天様で待っている間、後ろにいたグループの会話。
「初詣、なにお願いしようかな? 女とたくさん、ってのはどうだ?」
 おい君、弁天様が何の神様で、どんな由来なのか知っているのか。
 薀蓄云々よりも、君の恋愛運は今年最低だろう。

 この所、早寝早起きが続いていたので、十二時過ぎまでの夜更かしは堪えた。
 昼近くに起き出して御節を食べ、二度寝する。

 実家に少しだけ顔を出し、出し忘れ年賀状のチェックなど。

 恒例の今年の抱負。
 去年は編集さんに言われるままに年六冊。人によって違いはあるだろうが、ぼくにとってはちょっとした本数。今年はもう少し楽にやりたい、とは思うものの嬉しいことに同じぐらいのバックオーダーを貰っている。

 モノ書きなんて本が出てみないと何ともいえないのだけれど、とりあえず食っては行けそう。
 一方、自分で進めたいと思っている自主制作(?)の『DINX』。去年のうちにどうにかしたいと思っていたのだが、調べてみると去年は百枚進んでいるだけ。もっとも、先は見えているので今年こそはどうにかなるだろう。
 これと姉妹編の『没落貴族』は書き始めたものの、まあ、難しいだろう。
 『航空管制官』も時間的にどうか……。

 絵に書いた餅の話をしていても仕方ないので、もう少し現実的な話をすると戦記の注文、ないしはKKのと空モノはページトップにあるように進んでいる。上下巻のつもりだったが、書き始めてみると調子に乗ってしまった。まあ、売れ行き、出版社の都合もあるのだけれど、伸びる可能性あり。
 リュウも予定はと空モノ。これもかかっている。チャンネルの関係からして本当はこちらを優先させたほうがいいのかもしれない。これはまず間違いなく上下。
 学研さんからも「次を」というお話を頂いていて、あまりトではない太平洋、飛行機、空母の黄金パターン。ここまでですでに少なくとも六冊。再来年に食い込みかねない。
 いずれにせよ、仕事に追われる年になりそうだ。
2002/01/02〜4日 水〜金曜  なんだかなぁ
 ただいま、娘の母親の実家から帰投。
 二日より娘の母親の実家に帰る。娘の母親の母親がワープロからPCに乗り換えたい、との意向で娘の母親の妹の亭主とともに二日からPC探し。結局xp搭載のFMVに成る。娘の母親は帰る。

 三日、娘と遊び、娘の母親の妹とその娘と息子と遊び、夜、PCの設定。

 四日、娘の母親の両親と八景島へ。
 午後、適当な時間に帰る。娘の母親はいない。

 俺はなにをやっているのだろう?
2002/01/05日 土曜 ぼけた日
 小松研の予定だったのだが、娘と一緒に寝ほうけてしまう。目が覚めるとすでに陽は傾き、ゆうげの時刻である。
 たまには娘と二人で外で食べようと思って、自動車を動かそうとしたのだが、バッテリーがあがっている。仕方ないので歩いていけるデニーズへ行って軽い食事。ついでに散歩。ほとんど保育園のお帰りコースだったが、保育園帰りと違って時間に縛られていないので、娘は大満足。
 寝る。
 仕事はしない。というか、できない。せっかく買ったVAIOの設定もできない。
 俺はなにをやっているのだろう。
2002/01/06日 日曜 朝っぱらから
 朝っぱらから自動車のバッテリーの取り外し。

 チャージャーを借りるつもりで実家に戻り、撮り溜めてもらっていた正月の大食い番組を観ながらPCをいじり、仕事を進める。わずかながら進む。
 大食い番組、素人さんの出演のはずなのだけれど、同日の裏番組なのに同じ人が出ているのが不思議。

 『と空戦記大和B』 176枚
2002/01/07日 月曜 月初め
 朝からデニーズで仕事。平穏。

 従姉妹が結婚する……らしい。
 先年亡くなった叔父の娘である。

 女性を分類するのに醜美で分類する方法がある。 
 絶対的なシステムではないと思うし、ぼくが言うのも何なのだが、青山の家系の女は恵まれていると思う。当たりor外れで言うと従姉妹を見回すと外れは居ない。最低線を見回しても「愛嬌がある」で済む。
 今度、結婚するT子はその中でもトップクラスだと思う。趣味が読書とエクササイズで、スマートで知的、運動的な美女である。こんなに性格が良くて美女がなんで今まで一人身だったのか不思議であるが、あるとき彼女の理想の男性像を聞いたことがある。
イ「あたし、夢があるの。その夢をかなえてくれる人だったらすぐに結婚する」
青「なに、その夢って?」
イ「血のお風呂に入りたいの」
青「……T伯父(青山の一番いー加減な伯父貴。食肉検査官を務めており、豚の血だったらトン単位で用意できる)に頼んだら?」
イ「いや、若い女の子の生き血が良いの!」

 亭主はこの夢をかなえる人物なのだろうか?
 いや、どっちでもいいのだけれど。
2002/01/08日 火曜 大ボケ
 朝からデニーズで仕事。

 大ボケをこいてしまう。
 デニーズで適当に仕事が進んだのに気を良くして仕事場に出てメール処理をしていると携帯に電話。
「いま、どこに居ます?」
「仕事場だけれど」
「今日打ち合わせなんですけれど」
 ううむ。
 いかん。
 VAIO、メール設定をどうするかまだ悩んでいる。

 『と空戦記大和B』 207枚
2002/01/09日 水曜 ふぅぅぅ
 午前中、デニーズで仕事。
 昼ころ、混んできたので撤収。

 街中をぼんやりと歩く。収穫らしきものはないが、落ち着く。昼飯は……牛丼屋の290円カレー。

 夕、娘とともに「テニスの王子様」と「ヒカルの碁」を見る。素晴らしい。

 ぼくはテニスも碁も分からない。だけれど惹かれる。嗚呼、アニメは良いなぁ。
 十数年前、アニメの技術は頂点に達したと考えられた。ジブリは別として、テレビ放映のものは衰微の一途をたどっていた、様に感じられた。
 嗚呼「乱馬」の無残さよ。
 だけれど、この二つを久々に観て、良かった。子供だましでない、アトム以来、アニメを観続けて来ていた人間にとって福音である。

 っても、他のアニメ観ている暇がないだけなであるが。
2002/01/10日 木曜 寒い
 朝のうちから出勤。  メール処理。
2002/01/11日 金曜 続・寒い
 昨日今日と大した記述はないけれど、まあ、大したことをやっていないだけ。

 朝、デニーズで仕事。
 『と空戦記大和B』 215枚
 仕事をしているとどうにも目が霞んで仕方ない。老眼が進んでいるのと眼精疲労両方だろう。

 午後、買い物。
 醤油、サラダ油、ふりかけ、パンツ。

 マンションの外装工事が始まった。

 デスクトップマシンの環境を少しVAIOに移した。ついでにCDのデータを落として突っ込んでみた。これで、いっそうおもちゃの度合いが強くなった。
2002/01/12日 土曜 まだ、寒い
 午前中、娘の母親が花粉症の減感療法で耳鼻科へ。

 が、帰ってくると「もう花粉が飛んでいる」とかで寝込む。

 というわけで、娘の母親は置いたまま昼飯は行きつけの中華屋へ。回鍋肉。大半娘に食われる。
 そのまま、近くのデパートの屋上遊園地へ。ちょっとした電車とか、アンパンマンの乗り物とかある。が、結構高いので六階のキッズフロアへ。
 何かとてつもない高そうなおもちゃの試供品で遊び続ける。遊び続ける。遊び続ける。あまりにも楽しそうなので買ってやりたいが二万八千円なり。しかも、どこに置くんだ、こんなでかいもの。
「他のところへ行こう」と引っ張り出すとサンリオショップに張り付く。遊び続ける。遊び続ける。遊び続ける。

 家に帰って昼寝か、と思ったが、娘の母親も寝付いたまま。
 娘「トトロ観る!」DVDがついていたおかげで観られる。観る。その間、横でDOSマシンで仕事。
 
 晩飯時間である。
「デニーズ行く」
 との娘の一声でデニーズ。嗚呼なぜ。
 娘はバターコーンを食べて満足。娘の母親はテキなぞ食べている。

 うー、仕事にならん。
2002/01/13日 日曜 おじいちゃんち
 朝から娘が「おじいちゃんち行く」と騒ぐ。朝食もまだだったので「途中、どっか、よって食べてから行くかい?」と聞くと「ううん、おじいちゃんち行く」
 娘の母親を置いておじいちゃんちへ。
 おじいちゃんちへ行ってすぐにその辺に有ったおもちゃで遊び始める。こちらはノートパソコンを開いて仕事。
 そのうち「公園に遊びに行く」というので連れて行く。おじいちゃんは昼寝である。

 実家のそばには広めの公園がある。もともとは市が防災施設として整備したもので、いざというときヘリポートになる芝生と、いざというときに飲料水にするための貯水タンク、そこから流れ出る疎水(タンクの水は衛生を保つために循環されている)、端のほうにフィールドアスレチック的な遊具がある。

 娘は一散に駆け寄っていく。が、足元が悪くて、ひっくりこけて盛大に顔面ブレーキ。が、平然と立ち上がり遊具に飛びつき……およそ二時間。靴は埃まみれ。ズボンはボロボロ。せっかく昨日買ってやったミニモニのトレーナーは泥だらけ。
 あーあ。お父さんのシャツより三倍高かったんだぞ。

 おじいちゃんちで風呂に入り、未来少年コナンを見ながらご飯。風呂に入って、帰りの自動車に乗せるとさっさと眠りこける。

 君、人生素敵だろう?

 合間合間を見ながらノートパソコンで仕事。

 『と空戦記大和B』 222枚
 『と空戦記C』 11枚
2002/01/15日 火曜 野暮用
 野暮用にて一日使い物にならず。
 おまけに武蔵丸、また負けるし。相手が旭鷲山なので少しは納得がいくが、気分は乗らない。何か良いことないだろうか?
2002/01/16日 水曜 野暮用、の影響
 昨日の野暮用の疲れで一日使い物にならず。
 おまけに武蔵丸、休場。気分は乗らない。何か良いことないだろうか?
2002/01/17日 木曜 スイカを買った
 うーむ。疲れが残っている。朝のデニーズにも沈滞感が漂っている。店員もなんかどよーん、としている。

 ちょっと前のことになるがスイカを買った。
 スイカといっても夏の果物(本当は野菜らしいが)ではない。suica、JR東日本のプリペイドカードである。
 スイスイカードという意味合いらしい。どーでもいいのだけれどJRのネーミングセンスって不思議。E電とかさ。

 さて、このスイカ。
 従来のカードや切符が磁気カードの情報を読み取ってそのたびに使い捨てていたのだが、スイカはICカードで、タッチプレートに触れるだけでデータをやり取りする。最初はやけに分厚い(イオカードがテレホンカード並みの厚さなのに対して、スイカはクレジットカードほど)しデポジットが五百円かかるし、チケットショップでも売っていない。
 チケットショップだと5000円のカードが4980円で買えて二十円もお得なのだ。

 てなわけで、使用をためらっていたのだが、物は試し、未来の技術を試すつもりで買ってみた。気に入らなければ返せばいいのだ。

 ぼくの場合、財布に突っ込んであるので、財布をプレートにかざすだけで、カードを取り出す手間もない。金額が少なくなればその辺の清算機でチャージすればいい。結構便利。

 で、このスイカ。タッチプレートから誘導電波が出ていて、カード内のアンテナで受け取って電力を励起してメモリを動かす、らしい。こうした原理からパネルから多少、離れていてもデータはやり取りできる。JRでは十センチ程度まで平気といっているので、少しずつ離してみた。
 十センチではちょっとつらかった。
 五センチではだめな事もある。
 ぴったりとくっつける場合でも、何しろ財布なので、そう密着するわけではないが、ほぼ、平気。
 だけれど、ザラ銭がじゃりじゃり言っているとだめだ。

 物は試しと、カードたてて垂直に接触させてみた。やっぱりだめだ。

 今度はアルミ箔でくるんでみようと思う。

2002/01/19日 土曜 無為
 まだ、なにも起こっていない。
 たぶん、無為な一日になるだろう。

 (20日追記)案に相違して、かなり波乱万丈な一日。

2002/01/20日 日曜 なぜ判る?
 午前中、保育園の役員会。ぼくの担当分野の報告。
 そろそろ次年度のことを考える段取りになっているが、来年は忙しい部署に回されそう。まあ、いいけれど。

 昼食。デリの中華。
 一度、実家に顔を出し、TT宅へ。娘と歳の近い子供がいて相手をしてくれている。

 実家へ戻ると娘が『ルパン見る!』と騒ぐ。で、約束通り第一シーズンのルパンを見せる。娘は喜んで観る。
 おい!
 そりゃ、後半の「タイムマシンに気をつけろ」とか「ルパンを捕まえてヨーロッパへ行こう」だけれど、なんで君はそんなに受ける。なぜ、判る?

 大学生の頃、再放送されたものをβで撮って捨てずに置いていたものである。二十年前の録画で画像はずたずた。でも、役に立っている。モノは大切すべきである。こんなところで役に立つとは。
 今度「ルパンは燃えているか?」とか「魔術師と呼ばれた男」みせてやろう。
2002/01/21日 月曜 雨がしとしと月曜日
 雨が降っているだけで、どうにも気が滅入ってしまう。

 こんなメールが来た。
 話題作り、という積もりでメールの一部と、その回答を転載します。
 また、アドレスと具体的な氏名、学校名がわかる部分は伏せました。一部改行を変更しています。

 青山智樹様

こんにちは。
 私達は**中学校の**です。
 今私達の学校では、総合学習(進路学習)の一環として作家さんについて調べています。その活動として、作家さんにこうしてアンケートを出しております。


 【以下回答】

 はじめまして。
 総合学習準備ご苦労様です。ぼくも教員時代「マンガ家になりたい」とやってきた生徒が居たのを思い出しました。
 ところで、このメール、転載して良いですよね。

> 〜アンケート〜
>
> 1.作家になろうと思ったきっかけはなんですか。
 子供のころから小説が好きでそんなものを自分で書きたいと思っていたベースがあります。

> 2.物語を書きたいと思ったのは何歳頃ですか。
 十五歳。中学三年でした。

> 3.デビューしたきっかけは?
 1.のような基本があったところに、直接のきっかけとしては同人誌に書いていた作品を読んだ編集さんから連絡があったことでしょうか。

> 4.ネーミングはどうやって決めますか。
 なんとなく、ですね。通りがかりの家の表札とか、お店の人の名札とか。
 それとは別にいろいろな名簿とか、電話帳を常備しています。

> 5.〆切に間に合うための工夫等。
 学校の作文と同じで、毎日、コツコツやるだけです。

> 6.フリーの日はどんなことをしていますか
 基本的にフリーの日と言うのはないのですが、時間が空いているときは映画を観たり、音楽を聴いたり、本を読んだり普通の人と変わらないと思います。

> 7.イラストさんの決め方は?
 作品のジャンルにもよりますが、大抵は気が知れているイラストさんを編集さんに伝えます。
 まったく分からない場合は編集者に一任します。

> 8.楽しいことや嬉しいことは何ですか。
 作品がほめられると嬉しいです。


 このメール、なんとなく先生から来たと思っていたのだけれど、こうやって読み返すと生徒さんからかもしれないですね。
 いや、まあ、だからといって回答が変わることはないのですが。
2002/01/22日 火曜 いい天気だなぁ
 天気がいいと気分がいい。
 それだけで明るくなるのだから現金なものだ。

 朝からデニーズで仕事。

 『と空戦記大和B』 228枚
 『と空戦記C』 20枚

 その後買い物。
 確定申告用(?)のテンキー。キャベツ、冷凍のミックスベジタブル、冷凍のロールキャベツ。西友が百円サービスの日だったのでソーセージ。……飴を忘れた。

 家に帰ってテンキーをVAIOにつなぐとそのまま認識したので、ドライバを突っ込まずに使うことにする。

 なお、昨日のメールの人からはちゃんとお礼のメールが届いています。

 ジブリ美術館の予約券を転売目的で大量購入した主婦がダフ屋行為で捕まったらしい。
 ううむ、こなくそ、と思うと同時に「よくもまあ、そんなに予約したもんだ」と感心する。一人当たりの発売枚数八枚。発売初日でも二時間は並ぶ。
 それけだけ買い込むノウハウがあったら教えて欲しい。うちの娘は毎日でも行きたがっている。
2002/01/23日 水曜 ぼやぼやと過ごしている日
 朝から仕事場に出勤。
 野暮用や、プリントアウトがあったからであるが、結局ぼやぼやと過ごす一日になりそうだ。

 野暮用FAXはすぐに終わった。
 メールチェックは……大変だった。VAIOを買った関係でドルフィンの設定をこちらに移行して、仕事場のXa10はホットメールのアカウントを取ってこちらに転送するような設定にした。
 ところが、ホットメールがトロいのである。アクセスには時間はかかるは、読み取りは遅いし、かてて加えてパスワードを認識してくれない。
 パスワードを何度も入れ直して、ボーッとコンピューターの前で待つだけである。

 こいつが終わったら自分で進めている原稿をプリントアウトである。
 が、どーも三太郎の調子が悪い。今さら、なぜDOS版の一太郎を? と思われるだろうが、9801時代のプリンタを使っている関係で、DOSで出すと早いのである。ウィンドウズ版も持っているが、こいつはなぜか鈍くさい。
 が、FATの関係か、長編一本分、読みこんでくれない。モードを変えても、テンポラリ領域をいじっても上手くいかない。

 しょうがないのでウィンドウズ版でプリントアウトを始めたが、まだ終わんないよ。

 あーあ。
2002/01/24日 木曜 続・いい天気だなぁ
 天気がいいと、気分が良くて仕事が進む。

 午前中、デニーズで20枚位書く。

 脳みそが溶ける。
 しかも、すげー、腹が減る。こないだ坦々麺を食べた店のマーボーご飯が美味しそうだったので行って食べると、すげー大盛……食い過ぎた。く、苦しい。
2002/01/25日 金曜 続続・いい天気だなぁ
 出勤して野暮用片付ける。
 ひとつはキリキリとした野暮用。
 ひとつは舞ったりとした野暮用。

 仕事は……。

 柴野先生から新刊、というか新訳本を送っていただく。
 創元推理文庫のレンズマン、小隅黎訳だぜい。表紙は生頼範義。訳が立て続けに出るらしい。

 故・朝比奈隆に従三位が送られる。
2002/01/26日 土曜 いやな天気だなぁ
 朝からどんよりとした寒々しい日。
 きっとこういう日にぼくは死ぬんだろうなぁ----等と考えてしまう。

 天気のことしか書いていないようだけれど、そういう生活をしているのだから仕方ない。

 娘の母親が出かけたので、娘とともにプールへ。大喜びする。しかし、外気温が低いのでプールから上がると寒い。

 夜、新宿、ハイチへ。
 niftyの料理フォーラムでちょっとした定例オフ会を開いているのだが、ちょっとした路線変更があって、その打ち合わせ。カレーを食う。

 ……帰りに雪まで降ってきた。
2002/01/27日 日曜 晴れた
 朝のうちは氷雨が残っていて、昨夜積もった雪で景色も白いままだったが、昼過ぎになると日の明かりが差してきて、気温も上がった。嬉しい。

 宇宙塵月例会。
 結構人が集まる。

 岡本賢一氏来る。日記に書き損ねていたけれど、昨日、警察から電話があって昨年提出した散弾銃の教習許可申請についての確認があった。
「職場の方に青山さんが普段、どんな方か訊ねなければならないのですけれど」
 で、岡本氏の電話を教えておいたのだが、早速、警察から電話が行ったらしい。
「警察から電話があって、まず青山さんがなにをしでかしたのかとびっくりして、説明が散弾銃でどうので、殺人事件でも起こしたのか心配しましたよ」
 ウケが取れたなぁ、と思うと同時に、なんかクヤしかった。

 その後、宴会。酒屋の人間がなんとなくこちらの実態を察していて、我々が行くと、店内にアニソンを流す。どうも店員に詳しいのがいるらしいが、こんな曲を聞かされている他の客はどう思ってんのだろう……と、疑問を感じたがきっと「なんか派手な曲がかかっているなぁ」で終わりだろう。
2002/01/28日 月曜 モリ・ミノル
 朝から全身に疲労感が漲っている。  午前中、デニーズで仕事。
 『と空戦記大和B』 241枚

 あ。
 そこそこ進んだなぁ。

 何年かぶりにジーパンを買い換える。娘の母親から「そんな服を着てパーティに出るだなんてみっともない」と言われたからではなくて膝に穴が開いて寒かったからである。多少腹回りが減っていたのでワンサイズ下のにしたのにまだ余裕がある。
 もうひとつ落とせるかもしれない。

 日中、電話数本。作家仲間、関係プロダクション。

 モリ・ミノル漫画全集発刊記念パーティ出席。受付とか、仕事回ってくるかもしれないと推していたのだけれど、まあ、なかった。
 モリ・ミノルこと小松実、小松左京は柴野先生とともにぼくの師匠筋なので不義理はできない。

「東京會舘は食べ物が美味しくてねぇ」とのたまう柴野先生はいらっしゃらない。(師匠筋、小松先生は私淑に近いのだけれど、こちらは直伝)

 某H君がいる。
「どうしたの君、久しぶりだねぇ」
「昨日あったやないですか」

 前・ファングループ連合会議議長と、元議長と再来週の臨時会議の話。なぜ、こんな場所で?
「いや、宿泊の関係でメール送ったんだけれど、返事がなくてさぁ」
「だったら、部屋に張り紙しとけばいいんや。『メール返事よこせぇ』ってな」
「サラ金並みやな。イヤやろーな」

 大森望はその人間性を示すかのように、四回も手を振って全然気がつかず。
 五回目でやっと捕まえる。
「トキオ社長は?」
 以下、反転。
「いや、ロタウィルスの下痢って爽快だし、おれ、いやじゃないなぁ。シャーとシャワー状で」
「ああ、あのポカリスェット状のね」


 とり・みきさん、高千穂さん他に土下座して回る。
 SF系としても、獏さんとか、山田さんとか、横田さんとか、野田さんとかちょっと珍しいメンバー。SACの人たちもいたのであいさつ回りで、うーむ、元は取れてないな。
2002/01/29日 火曜 野暮用準備
 朝のうちから出勤。
 野暮用の準備。
 午後、岡本君からデータを受け取る。

 娘の誕生日。
2002/01/30日 水曜 野暮用本番
 朝、娘を送り、デニーズへ。

 このところ、日記の記述に「野暮用」という表現が多かった。
 で、やっと野暮用の正体を明らかにできるようになった。
 それは、裁判である。

 ある出版社が印税を全額支払ってくれない。請求しても埒が明かない。結果かような仕儀となった。
 一昨年春、武蔵の簡易裁判所に提訴。昨年、夏。全部勝訴。その後、出版社が控訴。
 本日、協議の上、和解が成立した。

 しばらくの間、適宜、この裁判の様子を書いていこうと思う。
 まず最初に断わっておくが、ぼくは間に入った編集者KY氏にはなんの遺恨もない。むしろ、ぼく同様、この事件の被害者であると受け取っている。
 ここでは仮にC社としておくが、同社にも、同社の現社長である杉原氏にも恨みはない。
 和解条件について不満があるため、風評被害ででも業績が悪化したら少しは溜飲を下げるかもしれないが、それはそれとして法人としての責任は取って頂きたいし、それ以前に同業者の自衛の参考のため、この文章を公開する。

 裁判記録

 田中真紀子外相が更迭された。
2002/01/31日 木曜 脱力
 ぼんやりとして過ごす。
 期日の次の日はいつもこうだ。気力が萎えてしまうのである。
 ちょっと野暮用(裁判ではない)を片付け、昼に賞味期限の切れた缶詰のカレーを食べ、公園を散歩する。七井橋から弁天様、梅園を抜け、御殿山からトラックを通ってジブリ美術館の辺りまで歩いてテニスコートの横を通って帰着。

 梅園では梅の花がほころび始め、平日だと言うのにジブリ美術館は大入り満員である。美術館のおかげで吉祥寺通りの歩道がすっかり整備され、景色が一変していた。
 今度はノートを持ってデニーズでこれを打っている。

 『と空戦記大和B』 250枚
2001年12月の近況へ
2002年02月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|