|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2001年10月の近況へ
2001年12月の近況へ

2001年11月の近況
Page bottom 

2001/11/01日 木曜 野暮用の続き
 午前中、なぜかくたびれてろくに家事もできず。
 昼過ぎ、打ち合わせ。ううう、脳味噌回らん。

 野暮用のための文章書き。
2001/11/02日 金曜 平日
 デニーズで朝から文章書き。
 ふあぅ。やっと普通のペースに戻せる----っても、来週は保育園父母会の文化祭とお父さんバーベキューがあって、次の週末は役員会がある。

 新聞のトップ記事はそろそろ平穏にというか、経済や日常の事件に戻りつつある。
2001/11/03日 土曜 石の森萬画館
 石巻行き。  宇宙塵の関係で石巻に出かける。向こうに仲間、というか大先輩のお医者さんがいるのである。
 東京駅を発ってわずか一時間かそこらで仙台へ到着。仙石線に乗って一時間ほどで世界有数のサンマの水揚げを誇る石巻へ。石巻ではなんでもマンガで町興しと言うことで駅前に堂々と003フランソワーズの像が立っている。
石巻駅前にて
 駅前にこーゆー人も立っている。
 街中のあちらこちらにもチョビンの石像とか、ロボコンがいる。
 歩いて数分、北上側沿いの「石森萬画館」へ。一階が土産物売り場、二階が常設展示と小劇場(短編、龍神沼を観る)オークションコーナー、三階が体験コーナー(自分で書いた動画を動かせてもらえる)と漫画図書館。
 二階の、まあ、そういう場所に入るには入場料が要るが、他はロハ。休日の土曜、と言うこともあってそこそこ人が集まっている。
 いろいろと仕掛けがあって楽しい。思わずこないだ行ったジブリ美術館と比べてしまうがジブリは子供向け、石の森は大人向け……やっぱり子供は一号ライダー知らんと思うぞ。

 夜、食事。宴会。魚が美味。
2001/11/04日 日曜 女川
 嬉野先生の案内で女川という所へ。水族館みたいな物があるらしい。行ってみた。マリンパル女川。水族館とか、だまし絵とか、立体映像映画館とかと鮮魚市場が同じ規格の建物に入っているという何ともな所である。
 でもまあ、空気は美味しいし、気分はいいし、これでもうちょっと時間があって観光遊覧船でも乗れたらもっと良かっただろう。
 ディーゼル単線のローカル列車もgood。東京近郊に住んでいるとローカル列車という物に乗る機会が無くなる。中央線なんざ大月まで通勤圏だし、三浦半島に出ても同じ。東海道線などもってのほか。北へ向かっても埼玉なんか新都心なんて冠が付いている。
 ところが、新幹線なる本物のHSSTの普及によってふっとどこへでも行ける時勢になった。
2001/11/05日 月曜 平穏
 朝からデニーズで仕事。
 よきかな。

 『と空戦記大和B』 39枚
2001/11/06日 火曜 出かけようかと思ったけれど
 出かけようかと思ったけれど天気が優れないので何となく出勤して『と空戦記大和B』のデータを確認して仕事。
 よきかな。
2001/11/07日 水曜 玉川スミ芸能生活八十周年記念公演
 デニーズで仕事。と空戦記B、そこそこ進む。喜しい。

 昼過ぎ、玉川スミお姐さんの80周年記念公演を観に行く。
 10月31日に浅草でかかっているのは知っていたが、野暮用で行けず、国立演芸場でやっているのを知り、出かける。

 開演、三十分前に入ったのに大入り満員、立見である。だけれど、構うもんか。スミお姐さんの記念公演なのだ。
 晴乃ピーチク(!)との漫才もこなし、浪曲、一本刀土俵入りを唸る。すっと引っこんだと思ったら着物の早変わりしてマイクを握る。三糸でいつもよりたっぷりと都々逸を謡い、最後に「松尽くし」。若い頃は一二〇本の扇子をもって踊ったというが、体力が衰え、これを九五本(おい!)に減らして見事に舞う。
 他の芸はともかく、松尽くしを伝承する人は居るのだろうか?
 間に入る落語や色物が、寿輔に痴楽、柳昇が----代演で笑三、奇術が松旭斎すみえ、という超豪華メンバー。つまらないはずがない。
 お姐さんの「笑わないとブツよ」が出なかったのと、寿輔の「皆さんの顔がウドンに見えます」がなかったのが心残りだけれど、そんなのはどうでもいい。

 三歳で女歌舞伎の旅芸人に売られ、その日から舞台に立ったお姐さん。八十年の歳月は苦しい事が多かっただろうが、生きて「松尽くし」を観られたぼくは幸せだ。
 その気になったら髪を切って尼になる、などと言っているが、芸人は舞台で倒れて欲しい。
 それよりもなによりも、芸能生活百周年まで頑張って欲しい物である。

2001/11/08日 木曜 マグレブ
 小松先生にくっついて山梨のリニア見学センターにリニアモーターカーに乗りに行く。
 詳細はどっかに書くと思うので省くけれど(ああ、つまんないページ)、リニアはもう完全に実証段階。椅子もリクライニング、テーブル付き。車内販売が来そうな案配。試乗車両には便所まで付いてたぜ。
「使わないでください」
 って釘刺されたけれど。

 乗って「はい、走ります」って言うと普通の列車くらいの感覚で走り出す。
 まあ、使える実験線が十八キロちょっとと短いので、止まったり、走ったりを繰り返すけれど、最長路線を走り出すと、わずか九十秒で四百五十キロを突破。加減速を案配しても東京〜阿佐ヶ谷を五分で走り抜ける。これでも試乗用として性能抑えているってんだから凄い。実現すると東京〜大阪が一時間で結べる。日帰り出張どころか、通勤圏に収まる。

 小松先生のコネクションで宇宙開発事業団の人も来ていて、こちらは月面での利用を考えているらしい。確かに月の半径で、もともと真空、電力だって核融合使い放題の月面だったらマスドライバーとして十二分の性能が、すでに出せる。

 早く実用化してくれよ。乗るから。
2001/11/10 土曜 雨の休日
 終日雨。
 娘の母親は国立劇場、玉川スミお姐さんの記念公演へ。
 こちらは娘と二人家の中で過ごす。朝のうちの幼児番組を一緒に見て、ご飯を食べ、パズルをして、昼寝。
 その間、家の中の片付け。使っていなかった幼児用品が出て来る。でも、だいぶすっきりした。もっとも、朝からずっと洗濯機、乾燥機回りっぱなし。
 天気が良ければどこかへ遊びに行ったり、娘の調子が良ければプールへでも行くのだが、どちらもだめでちょっと悲しい。

 夕方、三鷹のデニーズへ。娘の好きなお子様バターコーン。クラブハウスサンドのベーコンをとられる。

 数本電話をかける。
2001/11/11 日曜 お父さんバーベキュー
 井の頭公園に隣接して市立鎌田公園がある。隣り合っているのだから一緒にしてしまえば……とは思うが大きな違いが有る。鎌田公園はバーベキューの施設があるのだ。

 お父さんバーベキューの日。
 事前に申込みが必要なのだが「飛び入り歓迎」という事なので娘を連れて、娘の母親をおいて鎌田公園へ。父母会の主催でお父さんが作っておかあさんは食べるだけ、というおかあさん方楽しみなイベントである。

 早めに着いて娘を遊ばせながら、火を熾し始める。他のお父さんたちは朝だと言うのにビールを飲みながら始めている。工務店の親御さんからもらって来た端材が湿っていて着火具合に不安があったが結構すぐ付く。
「青山さん、火付けるの上手いですね」
「あははは、放火魔になれますかね」
 呑んでいないのに出来上がっている。

 別の一家が到着。最近、転園してきて良く判らないけれど出て来た、というお父さんである。この人も火を熾すのが上手い。
「なに、いつも千度ぐらいの電気炉扱ってますから、こんなのちょろいですよ。あはは」
 聞くと大学でレアメタルの研究をしているそうだ(しかし、レアメタルとレア・アースメタルが違うとは知らなかった。しかも、コバルトやチタンまでレアメタルに入るとは)。
 焼きそばを焼き、焼きうどんを焼き、肉を焼く。一応、牛は少しだけ、お家の方針で決めてくれ、と言っていたのだがあっという間に無くなる。

 備え付けの倉庫の中から七輪を発掘する。
 まだ熾っている消し炭を放り込み、おかあさんたちが囲んでいる焼肉テーブル(? ともかく真ん中が耐火構造になってなおかつ凹んでいる)に移動。メザシとシシャモを焼き始める。まだお昼前である。何がなんだか判らない。

 おかあさんたちもすでに出来上がっている。
 お医者さん夫婦のおかあさん。
「あたし、医者にしてはまともな方だと思うのよ。そりゃ毎晩呑むし、**(娘の名前)勝手に遊ばせて呑んでいるけれど。飲み足りないし、終わったら家でやりましょうか?」
 確かに普通だ。医者の知り合いもたくさん居るが、ノンベでない医者の知り合いはない。

 茶髪のおかあさんが「一本貰える?」タバコのやり取りをしている。
 送り迎えや、父母会では見られない姿である。

 子供たちは勝手に遊び回っている。家の娘なんかどろどろだ。いいんだよ、子供なんだから。なお、年長の子供たちの間ではやっている言葉が「ここで働かせて下さい!」だと言うのを知る。
 お開きの時間となりタイちゃん一家と途中まで歩く。
 家に帰って早速、風呂。手から顔から真っ黒。もっとも、こっちも燻製になっているが。
 娘はろくろくご飯も食べずに寝てしまう。

 良い週末だった。
2001/11/12 月曜 雨の休日
 朝から雨。気分はしょぼしょぼ。
 気分を変えるため、デニーズで仕事。いつもか。

 風呂場の電気が切れているので替えを物色。昨夜はロウソクで風呂入ったもんなぁ。
 リュウの編集さんに電話。学研の編集さんに手紙を書く。

 日本航空とJASが統合すると言う。会社統合はまあ良いとしても、使用機材はどうなるのだろう? 日航や全日空がいままでボーイングの系列を使い続けて来たのはコクピットクルーの訓練の問題があると聞く。
 今の所、国内でA300を運用しているのはJASだけなのだけれど、これもボーイングに統一されてしまうのだろうか? エアバスのつるんとした機首形状と「おまえ、ジェット戦闘機か?」的な上昇感、好きなんだけれどなぁ。
2001/11/13日 火曜 外出の日
 良い天気だ。
 やっと学研に契約書を返送する。

 朝からデニーズで仕事。
 吉保さん出勤。長谷さんもいる。いつものメンバーでとっても落ち着く。

 昼過ぎ、デニーズを出る。ちょっと時間があまったので米を買う。かめやの無洗米である。これだと娘の母親でもご飯が炊ける。ホワイトシチューを作るつもりで居たので、ソースを探すがない。自分で作るか。
 自宅へ戻って少し買い物。洗剤の安売りの買い溜め。今ある分が切れると残量が無くなる。

 ああああ、なんて糠味噌臭い日記だ。

 バイオショップを覗く。ラオックスにはなかったウィンドウズxp搭載VAIOの新型がおいてある。セルロンだけれど、ドック付き。で、結構安い。要らないアプリケーションが入っているけれどエクセルは欲しい。ワードは使わないけれど、ワード文書を読む必要はある。ハードディスクが20Gと小さいが、それでも20もあれば十分。
 考えてみれば、これぐらいの値段でNS/R買ったんだよなあ。心動かされる。
 家を出ようとすると、KKの松森さんから電話。ホームページでト空戦記大和Bの記述を読んだらしい。「あれって、うちのですか?」
 はい、そうです、と答える。

 ハイチへ。運良く専務を捕まえる。久々に話しこむ。
 秋葉原によって蛍光灯を買う。NECの防災蛍光灯、ホタルックである。地元で探してもなかった。あまり置いていないので助かる。

 上野へ。こちらはその辺をうろうろしていたので助かったが、山手線が止まっていて、開演が十分延長される。
 都響。ベルティーニ指揮、
・ウェーベルン、大オーケストラのための六つの小品。1909年度版
・アルバン・ベルク、ヴァイオリン協奏曲「ある天使の思い出のために」
 Vn,矢部達也
・シェーンベルク「ペリアスとメリザンド」
 渋いと言うか、濃いと呼ぶかはたまた統一制が取れたプログラムである。でも、やっぱり十二音階技法ってニガテだ。

 ニューヨークでA300墜落。
 カミオカンデが壊れてしまった。(T_T)。いずれも原因は不明。
2001/11/14日 水曜 IHI
 午前中、ゴミの掃除。ごみ箱の底からぞろぞろと電池が出てくる。充電池にするべきか?
 床屋へ。岡山、都市計画でいまの店はなくなるけれど、別の場所に開けそうだと言う。助かった。三十年通った床屋が無くなるとやっぱり困る。一時、閉店だとても新しい店が開くまで、時間がかかりすぎるとやっぱり困る。

 悪友TTの所へ。ガストにて食事。話題はxp。

 宇宙作家クラブの企画で、IHI田無工場へ。
 資料館と言う、まあ、博物館ではないが展示室がある。
 防衛庁の借り物とかでミリタリー系のものの写真は撮れなかったが、生きてアフターバーナーの中に首を突っこめるとは思わなかったぜ。

 他にもロケットや宇宙機用のタービンポンプ、アポジモーターを作っていて「触っても良いですよ」の言葉に甘えて触りまくる。衛星用の燃料タンクを持たせてもらう! チタン製、言っていたけれどチタン・アルミの合金だろう。軽いのに驚く。

 来たバスがたまたま吉祥寺行きだったのでぼくにはラッキー。コーヒーを飲みながら駄弁る。話題はノートパソコンとか、バイク。笹本祐一に知らないバイクの話をされてすごく悔しい。

 娘を迎えにいく。

 A300、墜落の原因はバードストライクが有力視されている。
2001/11/15 木曜 打ち合わせ
 娘を保育園に送る。朝の公園は心地よい。娘もしばらくは楽しげに歩いていたが、やがて、ぐずる。朝はいつもこうだ。ぼくに似ている。
 慌てて仕事場へ。直行しなければならなかったので、マシンを担いで出かけた。重い。
 メールチェック、アップデート。

 新宿へ出て、打ち合わせ。
 髭を剃る暇も、食事を取る時間もない。

 帰りの電車の中で思わず『ト空戦記B』起稿してしまう。一枚。

 切れていた書庫の蛍光灯をやっと換える。ついでにグローランプも交換する。新型の電子点灯管である。やっぱり早い。
2001/11/16日 金曜 久々に泳ぐ
 朝から意地で泳ぎに行く。夏から体重が三キロほど増えている。まずい。
 去年の人間ドックでいろんな数値が閾値に近づいていたのだけれど、そのどれもが体重を落とすことによって解決される。
 出勤。

 メールチェック。
 重要なメールはメインの@niftyに回るようになっているのだけれど、MLはそうじゃ無いので、ちょっと不便。

2001/11/17日 土曜 色々
 天気もいいし気温もあがりそうなので娘を連れてプールへ。待望の腕浮き輪、アームヘルパーデビューである。
 最初は手を離すと「コワイ」とか言っていたのが、最初片手離し、ついには両手を離してバタバタやる所まで行った。
 帰って家の中を片付け、娘を昼寝させるつもりでこっちも寝てしまう。

 目覚ましで起きて市ヶ谷。
 宴会。
 結構盛り上がる。
2001/11/18日 日曜 続・色々
 朝、保育園の役員会。文化祭担当なので現状報告。
 昼、娘を連れて宇宙作家クラブ会合へ。途中、約束だったトトロのパズルを買う。前回のカオナシは黒い部分が多くて難しかったが、今度のは結構簡単にやる。どうせ108ピースなのだが。
 夕、南町文化祭の撤収へ。二人手伝いが来てくれる。ありがたい事である。
2001/11/19日 月曜 眠いのかな?
 娘が保育園行きたくない、とぐずる。体調が悪いわけでもないのに始めてである。どうして? と聞くと「お庭で遊びたくない」「寒いから」と要領を得ない。
 ともかく、自動車で連れて行き、先生に話す。
 もっとも、お友達と会うとあっさり元気である。ただ、眠かっただけらしい。
2001/11/20日 火曜 打ち合わせ
 打ち合わせ。
 たまたま超革中で有名なWさんと行き会う。
2001/11/21日 水曜 平穏
 朝、どうも娘が愚図る。保育園に行きたくない、というのである。理由は不明。自動車で送ってやると、部屋に入るなり「バイバイ」とオヤを追い出しにかかる。
 デニーズで仕事。
2001/11/22日 木曜〜日曜 魔の四連休
 三連休ではないか、といわれそうだけれどさに非ず。
 木曜「自動車でないと保育園行くのいや」と愚図る娘を搬送中、チャイルドシートの上で大嘔吐。自動的にそのまま医者へ。
 行った医者では保育園の友達、タイちゃんが39度の熱を出して伸びていたが、我が娘の姿を見るといきなり遊び始める。看護婦さんに叱られる。いいぞ、タイちゃん。頼もしいぞ。
 で、仕事はお休み。

 金曜 何したか忘れた。こちらもそろそろ体調が悪い。

 土曜 もちろん、仕事にならず。とは言っても実父が「中華を食べたい」というので、実家で娘を遊ばせ(すげー元気)、中華を食べる。美味。

 日曜 宇宙塵月例会。ワールドコンのビデオを見る。二次会でガタコンの柿崎さんが亡くなったと聞きショック。誤報だと良いのだけれど、ぼくには確認の方法がない。

2001/11/26日 月曜 とりあえず今日は平穏
 娘が愚図るが、保育園に着いてしまえば、もう、遊びまくるのみ。
 デニーズで仕事。出勤。メールチェックとHPアップデート。
2001/11/29日 木曜  ぐちゃぐちゃの週
 午前中デニーズ。
 体調はだいぶ戻った。

 仕事。メール。

 娘を医者に連れて行き、無罪放免。帰路、街路樹にイルミネーションが巻き付けられ輝いている。そろそろ年末の雰囲気が出始めている。

 父くる。娘を任せて都響。
 ゲーリー・ベルティーニ
 チャイコフスキー『幻想序曲 ロメオとジュリエット』
 ベートーベン『ピアノ協奏曲第三番』 ピアノ:小川典子
 ショスタコビッチ『交響曲第一番』

 チャイコは特別意識していた曲ではなかったのだけれど、スラブ系の曲はやはり膚に馴染む。
 ベートーベンは、まあ、ベートーベン。こなれた曲だなぁ。初演はベートーベン本人だったと言うけれどどんな凄まじい演奏をしたのだろう? こんな優しげな曲だったのだろうか? どっちにしろ小川典子は……た。(自粛)
 ショスタコは派手でよろしい。

2001/11/30日 金曜  工事の日
 午前中、デニーズへ出勤。
 昼過ぎ、戻るとすでに工事が入っている。マンションの配水管が老朽化しているので交換のための工事である。
 夕方、Sさんから電話。マンションの上の階の住人である。
 この数日、やたらNiftyのアドレスに本文なしの拡張子EXEの添付ファイルが送り付けられる。即座に抹消していたのだが、発信人が誰が判らない。苦労して探すと上階の住人である。設定の初期にもぼくも手伝っているのでちょっとは責任がある。しかも、Sさんはちょっとしたおばちゃんで拡張子「.jpg」と「.exe」の違いも判らない。
 いずれにせよ、ウィルスに感染しているのは間違いない。
 旧ログを解析して、メール経由で入って来たのを確かめる。送って来た側も判っているらしく、それらしいファイルを発見、削除する。ワクチンが入っていればすぐ対処できたのだけれど、新たになにも起っていないので、多分、平気だろう。
2001年10月の近況へ
2001年12月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|