|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2001年02月の近況へ
2001年04月の近況へ

2001年03月の近況
Page bottom 
2001/03/01日 金曜 
 朝から出勤。泣きながら確定申告の入力をする。

 午後、ゲラ渡しの予定。



 という部分を書いたはいいものの、またもアップロードするのを忘れて帰ってしまう。

 で、ゲラ渡し。無事終了(3/7記入)。
 吉祥寺駅前の喫茶店で。ここは新宿滝沢なみにマンガ家、あるいはその手の関係者が多いので警戒しつつ、それらしい人がいないところを探して席を取る。
 と、隣の席が空いて、変わって座ったのは岡○○○夫氏だった。目があったら挨拶しようと思っていたけれど、機会がなかった。ま、いいか。向こうも仕事だったみたいだし。

2001/03/07日 水曜 
 仕事しています。

 確定申告の計算表を税理士さんに送る。
 ぶっちぎっていた小松左京マガジンのエッセイを泣きながら形にする。
2001/03/08日 木曜 新しい手紙
 だいぶ、古くなってしまったが、梅原克文の手紙を掲載する。
 青山はこの手紙に対する返信をしたためていないが、取り立てて理由があるわけではなく、内容に全く異存がないのと、多忙だったせいもある。
 ただ、昨日になって重大な意味を持つ書簡が届いたので、その前にこちらをアップする必要性を感じただけである。

 梅原氏からの手紙、2000年8月28日

2001/03/09日 金曜 
 真面目に仕事。
 いや、いつもは不真面目というわけではないけれど。
 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 118枚
2001/03/10日 土曜 
 教養のインタビューだかで、小松先生が東京においでになっているとのこと。
「てめーら、顔見せろ、夜伽しろ」(一部誇張あり)と仰せつかり参上する。

 先日の「小松左京さんの古希と田中光二さんの還暦を祝う会」には体調不良で欠席、テレビ電話参加なされただけとうかがって心配していたが、ご本人はいたく元気。体調不良、というのも外出しようとして自宅の前でひっくりこけて右腕を挫いたというのが真相。
 しかも無精髭など生やされている。
「どうされたんです? その髭?」
「右手、言うこと聞かねえだろ。左手で髭剃ってみたんだが上手くいかねぇ。しょうがないんで、そのままにしているんだ」
 印象が実にワイルドである。

 話題は小松左京マガジン、キューブリックが2001年を撮った時、まだ30代だった、宇宙論、ミール、地名の変遷、など。今日はご酒を召し上がっていないためか、切れ味がいつもとまるで違う。

 小松先生のぼやき。
「最近年取ってきたと思うのは原稿が進まねえ事だな。一日30枚しか書けねぇ」
 ……一日30枚コンスタントに書ければ、薄い本だったら十日で一冊出来上がる。月産でおよそ900枚。
 ちなみに瞬間最大風速は24時間とちょっとで160枚だそうである。
2001/03/11日 日曜 
 実家に子供を置いて仕事。
 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 130枚
2001/03/12日 月曜 行って来ます
 というわけで、行って来ます。
 申し訳ありませんが、金曜までニフティのメールも通じないと思います。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 140枚
 さあ、あとどこまで行くか。
2001/03/16日 金曜 帰ってきました
 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 280枚
 あと一踏ん張り。

2001/03/19日 月曜 まだまだ続く慌ただしさよ。
 土日は遊びまくる……てっても、ドカ食いしただけなんだが。

 午前中、デニーズで仕事していると父から携帯に電話。今日の墓参りに母方の叔母が来るという。で、自動車を出して迎え、墓参り。やっぱり、ちょうどこんな天気の良い暖かい日だった。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』は320枚
 二巻でやってしまおうと思っていたエピソードを三巻に引き延ばすことにする。なにせ、でかい海戦一発あるので枚数的に溢れてしまう。この後、エピローグつけて、細部を書きこんで、まあまあ良い枚数になるかなかな? と、気はちょっと楽。
 今のままだと三巻でエピソード不足しそうだったのでそこも助かる。
 おかげで編集さんからの圧力にも耐えられる。

 小松左京マガジンのゲラチェック。

2001/03/20日 火曜 そろそろ仕上げ
 午前中、娘と遊び、午後はデニーズで仕事。
 休日なので滅茶苦茶混んでいる。にもかかわらず長居して、『飛行戦艦「大和」出撃!2』 330枚一応、話に決着ついたけれどもうちょっといじりたい。
 けれど、こういう生活、本当にやめた方がいいと思う。
2001/03/21日 水曜 いい日だなぁ
 ぽかぽと暖かい日である。
 こんな日はのんびりとしたいなぁ。……と、言いつつ仕事続ける。大和をいじり続けているのである。

 あと、今日、やるべき作業としては仕事場の存続についての話し合い。
 何人かで仕事場を借りているのだけれど、毎回、更新時期に続けるか、止めるか話し合うことになっている。まあ、どうせ続けることになるのだろうけれど、全員が顔会わせて意思の確認はしないと。

 で、仕事場については現状で存続。
 ま、問題とか(個々人の)意見、事情はあるのだけれど、二年したら考えよう。

2001/03/22日 木曜 保育園
 ともかく大和をいじくり続ける。

 夕、来年度の保育園に書類を出す。夫婦の収入証明とか、就労証明とか、馬に食わせるほどある。
 保育園とはいえ、お役所。仕方無いのだろうけれど、去年貧乏だったので、保育料が下がることを期待しよう。
2001/03/23日 金曜 渡した
 今週はどうにも曜日の感覚が狂っている。
 今日はすっかり土曜だと思っていたら金曜である。こないだの21日もそうだった。月曜だと思っていたら水曜だったのだ。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 336枚 とりあえず脱稿。

 朝、メール送稿しようとしたら、問題発生。
 ぼくの使っているノートPC、というかソフトが先方のアドレスを受け付けてくれない。通常のメールで送ろうとしたけれど、行数制限に引っかかってしまう。
 急遽、娘の母親のマシンから送るが、子供を保育園に送って帰ってくると電話「届いてませんよぉ〜」。
 真っ青になって出勤。再送。電話確認。ほっ。

 今日こそは床屋に行こうと思う。なにしろ、去年の暮れに行きそびれて以来、行っていない。



 で、床屋へ行く。もの凄い大量に毛が落ちている。
「いやぁ、随分切ったなあ。五トンぐらいあるよ」
 同じ床屋に30年以上も通っていると言うことも違う。

 夕方、都響。
 指揮はガブリエル・フムーラという人。ユダヤ人(イスラエル在住)というのにカラヤンコンクール優勝という経歴。そうか、こういう人もいるのか。
 曲はえーと、何とか言う旧ソビエトの人。96年没なので現代曲を予期していたのだけれど、メロディアスでよかった。
 スクリャービン、ピアノ協奏曲。スクリャービンというととても公開の場にはかけないタイトルのあの曲しか思い出さないのだけれど、これは普通。

 ドボルザーク、新世界。良かった。お子さま名曲といわれようが、何だろうがぼくはこの曲が好きだ。
2001/03/24日 土曜 ゲゲッ
 『進撃・戦略航空軍1〜創設への途』の担当さんから電話。
「ゲラ、出来てます? 月曜いただけますか?」
「あっははは。もちろん出来ていますよ、じゃ月曜、昼過ぎで良いですね」
 ……すっかり忘れていた!
 一枚も見ていない。やばい。
2001/03/25日 日曜 続・ゲゲッ
 宇宙塵月例会。
 家では疲れ切った娘の母親が転がっているし、娘は娘で「ユキちゃんとこ、ユキちゃんとこ」を昨夜から繰り返している。このところ、宇宙塵月例会場は託児所と化している。

 もちろん、仕事なんか出来ない。
2001/03/26日 月曜 続々・ゲゲッ
 朝、飛び起きて泣きながらデニーズでゲラチェック。
 仕事していると、編集さんから携帯に電話。「午後二時で良い?」
「あっはっは、良いですよ。もちろん」
 泣きながら続ける。

 こういう生活、本気で止めたいと思う。
2001/03/27日 火曜 渡した
 月曜のゲラ渡しは無事終了。
 娘を迎えに行く。

 火曜は何となくぽっかり時間があいた感じで午前中、PCの面倒を見、午後は本を読んだり、プロットを練ったり、部屋を掃除して過ごす。

2001/03/28日 水曜 春の憂鬱
 昨日に続いて、どことなく憂鬱な感覚。憂鬱になる理由などどこにもないと言うのに。
 こんな気分のときはパーッと遊ぶのが良いのだが、何となくその気分にもならない。なぜだ?

 まあ、いい。明日は都響だ。サントリーホールでマーラーの交響曲第四番『大いなる喜びへの讃歌』。マーラーの九曲あるシンフォニーの中でぼくの唯一好きな曲で、落ちこんだりしたときに聞く三曲の内一つだ(ちなみに、他の二曲はバーンスタインの『ミサ曲』とバッハの『ゴールドベルグ変奏曲』)。

 リュウブックスの編集さんより、大和二巻のゲラが出来たとのTEL。
2001/03/29日 木曜 佳き日
 昨日の春の憂鬱は昼飯を食ったら解消。ただ、腹が減っていただけらしい。

 午前中、仕事。ちょっと『DINX』を進める。
 日中、悪友TTと食事。話題は主にADSL。TT宅にてPCを前に話す。話題は主にADSL。

 帰宅。娘を迎え、父に預けて都響へ。
 ベートーベンのバイオリンC。ソロはコンマスの矢部達哉。何年か前、NHKの「あぐり」の曲を弾いて名を挙げたけれど、地道に公務員をやってます。しっかし、若いのによくやるよなぁ。ブラームスとかベートーベンとかさ。

 楽しみにしていた「大いなる喜びへの讃歌」。こんな派手な曲だったっけ? 第一楽章でドカスカ鳴りまくるので一時はどうなるかと思ったけれど、終楽章できちんとまとまったので満足。にこにこ。
2001/03/30日 金曜 野暮用
 朝から野暮用の塊。
 これからまた一つ野暮用を片づけに出かけます。

 帰宅、大和の二巻のゲラが届いている。

2001/03/31日 土曜 雪桜
 前日の野暮用は無事終了。

 朝から雨。やがて雪に変わる。
 よって、一日寝て過ごす。
2001年02月の近況へ
2001年04月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|