|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
2000年12月の近況へ
2001年02月の近況へ

2001年01月の近況
Page bottom 
2001/01/01 月曜 ついに来たぜ、新世紀!
 31日はばたばたとした日。
 夜になって蕎麦食って、零時を回ったのを見計らって近くの弁天様へ初詣。
 なぜに弁天様かというと、もともとは芸術の神様(天を神と呼んで良いものか、疑問は残るが)なのである。

 で、出勤。
 物書きには盆暮れ正月関係ないのである。(岡本君も仕事に来ていた)

 さて、今年の抱負。
 今年の仕事としては『と空戦記大和A』
 まず第一巻「ハワイ上陸」は既述のように刊行されるでしょう。これに続く「パナマ編」も、まあどうにかGOがでている。一巻もかなり「と」ですが、二巻はもっと「と」。三巻になると戦艦の弱点を補うために**型の**なんか出てきてもっと「と」。と空戦記大賞かなんかあったら狙えそう。
 でも、『と空戦記大和A』はそうそう引っ張れる造りじゃないので三巻予定。
 たぶん、ここまではOK。大和がワシントンDCでチョメチョメして、うんたらかたらになって、エピローグまで決まってます。
 こいつの刊行予定が(あくまで売れれば、ですが)1、5、9月。

 HP上で『新陸軍』となっている話。これも三巻程度までは行きそう、売れたらもっと延ばしましょうと、ウレシイ話をいただいているのでそのあたりまでは行くでしょう。
 これ、実は去年だか一昨年だかの抱負にも書いた『神々の皇軍(?)』の基本設定をそのままに、大幅に人物設定を変えたもの。相応にifの世界だけれど、ちょっと渋すぎるかも(現在、練り直し中)。
 仕事の約束上『大和A』を優先するとしても、その間を縫うようにして進められると良いなあ、と言うのが希望的観測。モノ書き的な自信としては三巻で終わらせてたまるかぁぁ、面白い話作ったるぜぇぇぇ、てのがあるのでこれだけでまだまだ続けたいけれど、ま、三冊行ったとしても、十一月までに六冊でる計算になる。
 おいおい、本当かよ。

 で、予告していた『と空戦記大和B』
 夏以降に打ち合わせとなっているので予定は不明。そこそこ、設定はできているのだけれど、どうなるかは不明。

 『百年の恋』と類似テーマである『DINKS』。300枚まで上がったものの先は見えず。同じく手をつけ始めている『没落貴族』。これも、人物設定、大筋のストーリー出来上がっているので形にしたい。でも、そろそろ、夢物語。
 何年も前から暖めているラインもの『航空管制官』。メガフロートのすすみ具合と、管制システム衛星の打ち上げ失敗でデータの揃え直し。

 とまれ、今年もよろしく。
2001/01/02 火曜 渋滞なんか嫌いだ!
 娘と、娘の母親を連れて、娘のは親の実家へ向かう……と言っても神奈川なんだが。
 神奈川なんだが、大渋滞である。エライ苦労をしてたどり着く。
 すでに義妹一家が到着していて、娘はなっちゃん姉ちゃんと、よーよー兄ちゃんと遊んでもらってご機嫌である。
 娘の母親は「明日用事がある」とさっさと帰るが、こちらは娘を連れて泊りこむ。なんか間違っている気がするが、まあいいや。家事しなくていいし楽だ。

 娘なかなか寝ず。最初、なっちゃん姉ちゃんと添い寝していたのだが、従兄弟二人とも先に寝てしまう。強制的にベッドに放り込みギャンギャン泣き喚くのを、添い寝して寝る。
 シングルベッドだったものでかかと落とし、レバーキック、さんざ喰らう。
2001/01/03 水曜 のんびりした日
 義妹一家が、義弟の実家へ向かう、と言うので同じ時間、午前中早めに娘の母親の実家を出る。義父母は寂しげだったが、あの大渋滞は溜まらん。

 と、さすがに道路はすっかんかんであっという間に自宅に帰り着く。
 が、娘の母親がいない。いつ帰ってくるのか、二度と帰ってこない気なのか、置き書きもない。

 まあ、いいや、と娘と御飯を食べ(おせちである)、公園に遊びに行く。井の頭公園は休日の午後、というたたずまいで心地よい。娘はおすべり(滑り台)、おんまさんと遊び、「マクドナルドぉ〜」と叫ぶ。マックへ行ってもいいのだが、この時刻、タバコの煙が充満している。
 泣き叫ぶ娘を無理矢理連れ帰ってお昼寝させる。こちらも一緒に寝る。

 娘が目を覚ます頃、娘の母親も帰ってくる。
 飯食って寝る。(おせちである)
2001/01/04 木曜 らくごしゃ
 保育園が開くので娘を預け(本当はいけないのだが)、末広亭へ。
 朝の11時から、夜の五時過ぎまで落語を聞き続ける。もっとも、正月の顔見世興行なので対したネタはやってくれない。

 娘を引き取り(保育園、子供が少なくて寂しい)、御飯。
 親戚から送ってきてくれたラーメンに、吉祥菜館の李おじさんもらった豚の角煮をいれて食べる。
2001/01/05 金曜 友来る
 朝、リュウブックスの編集さんから電話。『と空戦記大和A』の見本が上がったという。どこかであって受け取りたかったのだが、人と逢う約束があるので送ってもらうことにする。
 いや、これがゲラ渡しとかだったら、何を置いても出かけるのだが。

 で、人というのが、大学時代の友人でTS。結婚して、マンションを買ったと思ったら嫁さんが家を飛び出し、離婚成立したと思ったら、神奈川から埼玉に飛ばされた、という悲劇の人物である。滅多に会えないので、たまには顔を見たい。
 連絡を待っているのだが、ない。

 というわけで、仕事にならなかった正月。やれやれ。
2001/01/08 月曜 あーあ、アップしちゃったよ
 ついに、出してしまいました。 新刊予告。

 『飛行戦艦「大和」出撃!』〜ハワイ上陸作戦

 思いっきり「と」であります。大和にロケット着けて飛ばしちゃいます。
 岡本君には「青山さんが書くべきして書いた作品です。本当に「と」な人が書いたらどうなるか」などとミョウな慰めかたされるし……。
 もっとも、表紙は浅田さん、偉く気合いが入っていて目いっぱい格好いいです。
2001/01/10 水曜 今、心配なこと
 SF関係のページとか覗いても、誰も書いていないのでアップしておく。

 去年の暮れ、世田谷で子供二人を含めた一家四人が惨殺された。陰惨な事件である。
 当初「世田谷のあんな良いところに一戸建て建てるなんて、よっぽど悪い事したんだぜ」などとテキトーな事をほざいていたら……それどころではないことが判った。

 殺された夫婦、特に奥さんの方はあるSF関係のグループの一人だったというのである。
 事件の翌日、電話で連絡が廻ってきた。
 グループ名は特に名を秘すが現在も存続しているそうである。ご亭主もその関係らしく、手広くやっていた商売の中にはアニメの制作も含まれているらしい(このあたり情報が錯綜している)。

 犯行は残忍で、子供まで殺されていた、などというあたりになると子を持つ身ともなると胸が痛む。
 しかも、情況が不可思議だ。遺留品がやけに多い上、犯人らしき人物が下調べを繰り返していた、などという証言もあるほどだ。「人を殺してみたかった」的に地下街で金属バット振り回すとか、繁華街に爆弾放り込んでみたりする一過性の犯行動機ではない。
 そこで出てくる可能性が怨恨である。

 いま恐れているのは犯人が知人だったら、どうしよう? という事である。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 70枚
 『新陸軍』 128枚
 『DINX』 321枚(完成予定枚数未定)
2001/01/12 金曜 疲れた
 物書き的には大した事は起こっていない。
 昨日今日とマジメに、きわめてマジメに仕事しただけである。

 朝、デニーズに行って294円(税込)のコーヒーを何杯もお代わりしながら、昼飯時、混んでくるまでノートにポツポツと文字を打ちこみ、昼飯は家に帰って何か作って食べたり、その辺で食べたり(二九〇円の松屋の牛丼と、六五円のマックのハンバーガーは貧乏な作家の味方だ)して、仕事場へ出勤。
 仕事したり、ネットにはまったり、岡本君を苛めて過ごす。

 適当な時間に家に帰り、御飯の下準備をして相撲が終わったら娘を迎えに行く。飯を食わせ、風呂に入れ、うんちをしたら洗ってやり、娘の母親が帰ってきたら、洗い物をして、洗濯機を回し……このころになるとくたくたになって、ぶっ倒れるように寝る。

 本を読んだりする時間もない。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 70枚
 『新陸軍』 150枚
 『DINX』 321枚(完成予定枚数未定)
2001/01/13〜18日 木曜 伏せった
 土曜(13日)頃からどうにも調子がおかしい。
 日曜の夕、熱を計ってみると38℃を突破している。

 ……その後の記憶が曖昧である。月曜はかろうじて子供の迎えはやったものの、日中も夜も、ウツラウツラしているだけで、眠っているのだか、うなされているのだか判らない。それでいながら、咳も出ないし、喉も痛くない。かろうじて耳下腺が腫れている気がするが、そんな気分だけである。
 熱自体は二日続けて39℃を突破した。
 だが、なにより、参ったのは筋肉痛、関節痛で横になっているだけなのに全身に激痛が走る。

 昨日、やっと医者に行って、やっと解熱剤を貰ってきて、やっと安眠できた。

 今日、出勤してみると、メールが100通以上溜まっていた。重要なものは自宅のDOSマシンに転送されるようにしてあるので、大した問題はないが、ちょっと焦った。
 まだ、ふらふらする。
2001/01/19日 土曜 復活の兆し
 かろうじて体調が戻ってきた。もっとも、薬で持っているのだけなのか、それとも本当に復調したのかは判らない。

 いずれにせよ、脳味噌の調子はぐちゃぐちゃである。

 あと十日で『新陸軍』目鼻を付ける最初の約束日がやってくる。間に合わなければ……カンヅメである。
 ううん。カンヅメはともかく(仕事さえしていればいいのだ)それに伴う雑事を片づけなければならない。そっちの方が気が重い。
2001/01/22日 月曜 ううむ
 いろいろと気分が優れない。
 野暮用が重なったり、野暮用が重なったり……体調がまだ不完全な部分もあるだろう。
 原稿も進まないし……そういやあ『飛行戦艦「大和」出撃』なぜか書店で全然みない。地元の書店では二冊だけ棚差しになっていたので、これは配本が少なかったと言うより、すぐに売れてしまったと言うことなのだろう、と自分に都合の良い解釈をするが、ちょっと寂しい。
2001/01/24日 水曜 ぶり返した
 昨日になって風邪がぶり返して寝て過ごした。
 前回は熱だったのが、今度は鼻に来てろくに息が出来ない。
 特に酷かったのが昨夜で、口あけて寝るものだから口の中はカラカラ。
 ルブエルハリ砂漠を這いずる夢を見て何度も夜中に目を覚ました。

 物書き的にはG社より電話。
 『新陸軍』四月を予定とのこと。青山的には三月に間に合えばと思っていたのだが、そうも行かないようだ。気合いを入れて行かねば。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 70枚
 『新陸軍』 198枚
 『DINX』 321枚(完成予定枚数未定)
2001/01/29日 月曜 またぶり返した
 先の水曜には風邪、完治したつもりだったのだが、その後また38℃を突破。熱が出たり、下がったりを繰り返している。
 土曜の大雪には娘の三歳のお祝いというので、双方のジジババが尋ねてくるが、さすがにそうそうに帰る。
 日曜は塵。娘を連れて出かける。和室だったし、他に子供もいたので大はしゃぎ。帰ってそうそうに寝る。

 で、朝。おきるとまたおかしい。37℃ある。頭がふらふらする。が、遊んでいられない。このままではカンヅメが待っている。
2001/01/30日 火曜 まだダメだ
 昨日の朝、やっぱり熱がある。
 やらねばならないことは山になっている。
 が、マンションの漏水検査とやらで一日出かけられない。下のフロアの天井から下水管からと思われる水がダダ漏りなのだという。以前、一回、検査に来たもののその時はちょっと見ただけで今日は徹底的にやるという。
 徹底的だった。
 台所のガス台をシーリングはずして引っこ抜いて排水管を剥き出しにすると、排水管が入っている縦抗のモルタルをタガネとハンマーでたたき壊し始めたのである。古いマンションのこととて、壁が分厚く、モルタルが16センチ。
 ここまでで午前中。

 昼過ぎから今度は屋上の排水管から下まで光ファイバーを通して共同排水管の点検。数ヶ所で小規模な漏水。二ヶ所で大規模な漏水跡が見つかったという。

 が、ファイバーが短くてうちの区画の部分までは確認できない。今度は区画内の排水管をぶった切って横にファイバーを通したのだが、通ってくれない。長くて太いものを持ってきたのと、屋内の配管が複雑怪奇な取り廻しになっているので廻りきらないのだという。
 ただ「この状態だと漏れていない方が不思議だから、直そう」と、配管業者と、管理会社の意見が一致。配管工事と、モルタル修復は後日、となったのだが、時はすでに午後四時。熱を計ると38℃もある。慌てて医者へ駆けこむ……というより這いずり混む。

 新たに出てきた症状と、前回からの経過を説明。
 貰ったのは抗生物質と熱冷まし&消炎剤なのだけれど、医者なんか(検査を別にすれば)滅多にかからないので薬の効くこと効くこと。
「まるで無医村の年寄りみたい」
 とは、娘の母親の弁。
 ま、我ながらそう思うけれど。
2001/01/31日 水曜 体温が下がりすぎた
 朝の内、家賃と、駐車場利用金の払い込み。
 もっとも体力は落ちきっている。

 『飛行戦艦「大和」出撃!2』 76枚
 『新陸軍』 248枚
 『DINX』 321枚(完成予定枚数未定)
2000年12月の近況へ
2001年02月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|