|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|
1999年10月の近況へ
1999年12月の近況へ

1999年11月の近況
Page bottom 
1999/11/01 月曜 ほっと一息
 父親が退院した。退院したその日はなかなか迎えに行ったりなかなか大変だったが、ようやっと落ち着きつつある。

 まえの近況で書いたようにワルキューレに行った、よかった。終演後、しばらくの間、無限旋律が頭の中を廻る幸福にひたった。

 それ以外にモノ書き的な近況と言うと、まあ、それほど大きな事はない。多少、あるといえば宇宙作家クラブの十一月例会。さまざまな事情から筑波宇宙センターの見学が予定され、ままざままな事情でこの青山が幹事で、いろいろ交渉していたけれど取り合えず日程が決ったとか、このへんを見せてもらえそうだ、ってのが見えて来た。
 ちなみに宇宙センターの見学はかなり簡単です。日常的に見学ツアーやってますし(http://yyy.tksc.nasda.go.jp/Home/Guide/Guide-j/kengaku_j.htmlを参照)それ以外にも情報公開は進んでいる。

 あと週末、SF関係のちょっと内輪の集まりがあり、小松先生(ぼくが「先生」と呼ぶのは小松先生と柴野先生だけ)とべったりで、時にはサシで話をしたりした。緊張した。

 原稿はううむ。
 「戦場の空を駆けよ」222枚。
 「DINX」7枚。

 ううむ。
1999/11/03 水曜 行脚は終わるか?
 というわけで、昼飯に鮨が食いたくてたまらないのでバス通りのすし処Hを横目にその先の鮨Tへ向かう。Hは例によって閉まっていたが、Tはランチをやっているのを確認してあったので慌てない。
 が、鮨Tのシャッターは開いていたものの「準備中」の札がさがっている。時間がまだちょっと早かったのである。

 ううむ、回転寿司でも食うかとほぼとなりのT寿司へ向かうが、なんと、並んでいる。ううむう、と唸ってどうしようかと首を捻ったが、地元で二番目に寂れているデパートの食堂街に入っているS寿司へ足を伸ばす。

 てこてこと歩いて食堂街に上がり、エレベーターを降りると正面にそのすし屋があった。
 だが「高い」。お進めランチが予定の三倍の高額に達している。安売りのカップ麺なら三十杯は食べられる。しかもメニューを検討すると「寿司、すき焼きどころ」となっている。
 地元で二番目に寂れている、というのは裏を返せば地元にあわないほど高級なのである。なにせ隣の和食屋ではごしぇんえんがお進めランチなのである。しかも、ものの本(ぴあ飯マップなど)を紐解くと「五千円でお手頃」とか書いてある店なのである。その半額で寿司が食えれば御の字かもしれないが、却下である。

 みたび、ううむうむ、と唸って商店街の方向へ。
 この時はすでに西友ストアの寿司折りを買うつもりだったが(余談だが、西友に入っているC鮨は以前、明朗会計の店舗を持っていたのだが、潰れてしまった)、商店街のはずれの寿司どころMの前を通りかかると、おおっ、開いているではないか! じっと店の前のお品書きを検分する。
 だがまてよ、お進めランチは八百円のお刺し身定食である。すし屋が刺し身を出すのは当然だが、それが一押しと言うのはどうも釈然としない。が、握りもある。何カン入っているのか、何が握られているのか、明らかになっていないが、値札が出ているだけ上出来である。

 暖簾をくぐる。
 お品書きが貼ってある。その横には「大将のお進め」とか手書きの紙が貼ってある。なんとなく軟弱なイメージがあったが、その大将は軟弱の反対極にある人だった。
 小柄で髪を丸がりにして口をへの字にして唇の下に日常的に梅干しを作っている。そんな表情で黙々と下拵えをしている。
 ランチ握りを注文する。大将、ものも言わず二挙動ぐらいで、ぱっぱかと寿司を握る。いつぞやのSとは偉い違いである。握る回数が少ない程よし、とする主張があるが納得する動きである。
 寿司自体はちょっとボリューム不足だったが、それは構わない。足りなければ追加すればいいのだ。
 しかも、握りの前に茶碗蒸しが出て来た。椀もアラを使った味噌汁で、旨かった。

 また行こうと思うけれど、ちゃんと開いているかなぁ。あすこの大将、仕事やる気なさそうだったし。

1999/11/10 水曜 このごろの食べ物
 最近のマイブームは「たんたんめん」である。
 きっかけは岡本賢一君に紹介してもらったホームページ、So Tastyである。担担麺とは何か? ま、詳しい事はSo Tastyを観ていただくとして----四川発祥の辛いラーメンと認識していただきたい。
 元来、辛い食べ物は得意ではない。汗をかくし、体温が上がって熱は出るし、時には腹を下し、食べていると耳鳴りがしたり、動悸が激しくなったり、気が遠くなる。んで、嫌いではないのだが、あまり食べない。

 だが、学校勤めをしていた頃、近くのラーメン屋で食べて病み付きになった。
 辛み……はともかく、挽肉と薄味のスープ、ニンニクのたっぷり入った下品な味。すべてにおいてパワーが付きそうであり、ウマイ。

 ところが、外に食べに行ってもそうそうウマイ麺に出会えるわけではない。行きつけの中華やさんで中国風の担担麺を特別に作ってもらったが、コックの曹さんが青島出身でもあるので、店主がいうには「ちょと、違う」。
 これ、それなりに美味しかったけれど、いまのところ自作を追求している。

 今の所、ベターな作り方は次のような物である。

1.下拵えとしてスープを用意する。とりあえず鶏がらスープ半カップ。
2.これとは別に干し海老大さじ一杯をみじん切りして、上記スープに漬け、戻しておく。ここまでは前日にやろう。

3.鶏がらスープと海老の戻しをあわせて煮立てておく。これがスープ。

4.麺を茹でるため湯を沸かす。

5.湯を沸かしている間に、具材を作る(以下具材の作り方)。
6.中華鍋で豆板醤小さじ一杯、おろしニンニク小さじ一杯を低温から炒める。
7.上記から香りが出たら、豚挽肉、中華野菜(長葱、木耳、筍細切など)を適宜、加え炒めあわせる。総計、百グラムが目安。
8.具材の仕上げに練り胡麻(あるいは芝麻醤)小さじ一杯を加えて炒める。具の出来上がり。

9.麺を茹で、スープをエビごと丼に張り、麺を入れ、具材を上に乗せ食べる。

 実の所、上記ではチト不満があるので、今も改良中である。刮目して待て。

1999/11/14 日曜 今日やったこと
 娘(1才9ヶ月)の娘の保育園の親睦会があってそれに参加。
 親睦会とはいうものの公園でピクニックである。神田川源流そばの芝生にピクニックシートを広げ、おにぎりと卵焼きを食べる。ただそれだけであるが、結構楽しかった。

 昨日(13日)は都響定期だった。
 ようやっと改修なった東京文化会館である。先々月、先月は時間がなかったり、行けなかったりで文化会館周辺をウロウロできなかったが、今度はやっと時間を絞り出してアメ横を歩いて、上野藪で側を食った。

 前から「あすこは良いよ」と聞いていたアメ横デパートの地下にもはいる。良い。食品フロアなのだが、アジア食材が山になっている。匂いも、香港か、シンガポールのズ・ジャオセンターのような匂いがする。欲しかったナツメグは見あたらなかったけれど、満足。

 都響はマーラーの六番。ベルティーニ。例によってマーラーはよくわからない。

 仕事の進捗具合。  『戦場の空を駆けよ』260枚。

1999/11/16 火曜 今日やったこと
 昨日(月曜)は娘を医者に連れて行った。この二週間、どうにも調子が悪かったのだが、昨日連れて行って「問題なし」御墨付きをもらった。それまでは熱が出たり下がったり、上下が激しかったのである。もっとも、それほど心配はしていなかった。何しろ元気だったのである。

 今日は午前中、ちょっとした用事があって都心へ出る。筑波行きのバスの時間をチェックする。
 仕事場へ行って仕事、なんだけれどちょっと詰まっている。マシンの前で数時間唸れば解決する程度の詰まりなのだが、その数時間が取れない。ううむ。

 仕事の進捗具合。
 『戦場の空を駆けよ』265枚。

1999/11/18 木曜 煮詰まり解消したようなしないような
 昨日は朝から仕事場に入って真面目にメールを打ったり、FAXしたり。
 午後からは久々に伊吹秀明にあって手術して取った胆石を見せてもらう。ウサギの糞のようだ。逢って何をしたかというと同人誌を作る話。もっとも、ぼくはここ20年以上編集にはタッチしていない。自分のセンスのなさを自覚しているのである。

 今日は……やっと、動けるようになったので午前中、市民プールに泳ぎに行く(あまり、書かなかったが、実は結構泳ぐ)。
 が、しばらくさぼっていたお陰で全然身体が動かない。飯を食って(自作、坦々麺)、出勤。
 仕事をせずに忘年会のお知らせを印刷する。プリンタの調子が悪い。岡本君のプリンタを借りて出力。助かった。
 しかしながら、なぜ、このぼくは宴会の幹事、三つもやらねばならないのだろう? いかんなあ、このほいほい乗っちゃう性格直さないと、絶対良くないことが起きる。すでに起きてる気はするが。

 『戦場の空を駆けよ』269枚。
 枚数進んでいないように見えるけれど、だいぶ推敲しています。

1999/11/24 水曜 年末の予定

11.26(金) 宇宙作家クラブ筑波ツアー(幹事)
11.27(土)
11.28(日) 宇宙塵月例会、忘年会

12.03(金) SF関係宴会
12.04(土) SF関係宴会
12.05(日) SF関係同窓会(幹事)

12.10(金) 某フォーラムミニオフ(幹事)
12.11(土)
12.12(日) 某フォーラムオフ会、ティーパーティ

12.18(土) 宇宙作家クラブ12月例会、まともな講演。
12.19(日) わすれたけれど、なんかあったぞ。

12.23(木) 家で宴会をやる計画があるらしい。
12.25(土) 温泉宴会
12.26(日) 温泉宴会
12.27(月) 仕事場宴会。危うく泊り掛けになるところだったのを阻止した。

 この他にも日程の決まっていない宴会が二つほどある。
 このオレにどうしろ、っていうんだ?

 『戦場の空を駆けよ』280枚。
 いよいよクライマックス、第四章「あの世に一番近い島」に突入!
1999/11/29 月曜 さあ、殺せ
 金曜は宇宙作家クラブの筑波宇宙センター見学。レポートはそのうち。
 土曜は三鷹の国立天文台一般公開。昔、見せてもらったものがことごとく新しくなっている。
 日曜は宇宙塵の宴会。久々の出席のような気がする。
 今日は午前中仕事。『戦場の空を駆けよ』300枚。


 未定だった宴会の一つは新年会回し。
 もう一つはいまだ不明。でも、こいつがハードな宴会なの....。

1999年10月の近況へ
1999年12月の近況へ

Page top 
|top|挨拶|地図|梅原氏|自分本|引出し|おもちゃ|忘れたい|掲示板|ワープ||料理|