ドルフィンインターネット
  サポート
 [ フィルタセンター利用方法 (隔離データの管理) ]

 

迷惑メール対策システムにより、隔離されたスパムメール、ウイルスメールはフィルタセンターにて管理していただく事になります。

このページでは、フィルタセンターにて隔離されたスパムメール、ウイルスメールの管理方法をご案内いたします。

1.ログイン フィルタセンターへのログイン方法。
2.隔離 隔離されたメールを管理します。


フィルタセンターの環境設定、拒否ルール、許可ルールの設定については、 フィルタセンター利用方法(設定) をご参照下さい。


1.ログイン

・InternetExplorerを起動し、フィルタセンターにログインします。
  フィルタセンターURL https://spmw.din.or.jp/

 「セキュリティの警告」 が表示された場合「はい」をクリックしてください。
 ※現在試験運用期間につき、セキュリティ証明書はございませんが、取り交わす情報については暗号化されます。

 メールアドレス にお客様のメールアドレスを指定してください。
 パスワードにメール受信時と同じパスワードを入力してください。
 メールアドレスを保存 はお好みに応じてチェックを入れてください。
・「Login」 をクリックします。

 

 


 

2.隔離

[隔離]タブをクリックします。
画面右上のをクリックするとヘルプが表示されます。

スパムメール、ウイルスメールとして判定されたメールは[隔離]に保存されます。
保存期間は30日間、隔離に保存される容量は最大10MBです。

 メッセージのチェックボックスをON にした状態で
   削除をクリックすると、選択されたメッセージが削除されます。
    ※不要なメールは削除してください。
  送信をクリックすると、選択されたメッセージが送信されます。


メッセージの件名をクリックすると メールの内容を確認することが出来ます。

スパムメールではない場合、「正常申告」を行います。
正常申告」 をクリックすると確認の画面が表示されます。

  「許可ルール」のチェックをONにすると、許可ルールの設定が出来ます。
  「確認」をクリックすると、製品サポートセンターに報告され、お客様のメールボックスに送信されます。

ログアウトするには、画面右上のをクリックします。


フィルタセンターの環境設定、拒否ルール、許可ルールの設定については、 フィルタセンター利用方法(設定) をご参照下さい。

 

homeへ ページ上段へ 入会のご案内 オプションのご案内 メンバーサポート homeへ