メルマガ 「不幸になる考え方/幸せになる考え方」

「幸せのホームページ」からもう一つのメールマガジンを発行しています。

内容 : 「今週の不幸になる考え方/幸せになる考え方」とエッセイ。
 人の幸不幸は、その人の考え方によってけっこう左右されています。誰もが、ふと、してしまうような「不幸になる考え方」に対して、「幸せになる考え方」を提案していけたら、と思います。
(下のほうにサンプルがあります)

発行 : 毎週火曜日

発行者 : 本多時生

 購読(無料)されたい方は、「まぐまぐ」さんか「melma!」さんから登録してください。
 配信を停止したい方は、登録したほうから解除/削除をお願いします。


まぐまぐから発行 (マガジンID:0000105099)

  ◆メールマガジン登録

    メールアドレス(半角):
    
           
  ◆メールマガジン解除
    メールアドレス(半角):
    
           

  ◆バックナンバーはこちら

  Powered by まぐまぐ


melma!から発行 (マガジンID:m00083895)

  ◆メールマガジン・アドレス登録

    メールアドレス(半角):
    
           
  ◆メールマガジン・アドレス削除

    メールアドレス(半角):
    
           

  ◆バックナンバーはこちら

  Powered by

サンプル版
◆不幸になる考え方/幸せになる考え方 第4号---------------2003/3/11◆

======================================================================
 今週の不幸になる考え方/幸せになる考え方
======================================================================

 不幸になる考え方 : 「○○してくれない」

 幸せになる考え方 : 「してくれないのは当たり前」
            「お願いしてみよう」「自分でやってしまおう」
            「まず自分から」

エッセイ『不幸になる考え方/幸せになる考え方』
======================================================================
 その4 「人にイライラしているだけでは何も変わらない」
======================================================================
 「(誰かが)○○してくれない」とイライラしたり腹を立てたりしてしまう
ことがあると思います。
 頼んだことをしてくれない、やるべきことをやってくれない、誘ってくれな
い、ありがとうと言ってくれない、話を聞いてくれない、認めてくれない、ほ
めてくれない、信じてくれない、やさしくしてくれない、・・・。

 「あの人が○○してくれない」と、ただイライラしているのは不幸になる考
え方です。そんな時に、どのような幸せになる考え方ができるでしょうか。

 一つめの幸せになる考え方は、「してくれないのは当たり前」です。
 そう考えることができれば、イライラしないでもすむはずなのですが(なか
なかそうは思えないでしょうか)。
 また、「してくれないのは当たり前」と考えることができれば、逆に人が自
分に何かをしてくれた時に、よりうれしかったり、ありがたかったり、人のや
さしさを感じられたりするのではないでしょうか。

 二つめの幸せになる考え方は、「お願いしてみよう」です。
 相手が「○○してくれない」「××するのがイヤ」などと不満を感じた時、
不満を抱えたままイライラして過ごすよりも、相手に「頼んでみる」のがいい
場合があります。「○○してほしい」「××はやめてほしい」のように言って、
相手がそのようにしてくれれば、不満はすぐに解消できます。
 「頼む」というよりも「お願いする」形がいいようです。相手の機嫌をうか
がってうまくお願いができたらいいでしょう。

 三つめの幸せになる考え方は、「自分でやってしまおう」です。
 自分でやれることなら、イライラしているよりも黙ってやってしまったほう
が、自分の精神衛生上いいと思うのです。
 自分でやってしまったほうがラクなことってけっこうあるのではないでしょ
うか。

 人に対する不満でイライラしても相手が変わるわけではありません。できる
ことなら、すぐにお願いしてみるか、自分でやってしまうか、もしくは「して
くれないのは当たり前」のように考えるか、いずれにしても自分の対応や考え
方を変えたほうがいいと思うのですが。

 もう一つの幸せになる考え方は、「まず自分から」です。
 自分が「○○してくれない」と思ったのなら、相手も「○○してくれない」
と思っていることがあるかもしれません。それを考えて自分がしてあげたら、
自分が望むことを相手がしてくれるかもしれません。何かをしてあげてからお
願いすれば、してくれる可能性は高くなるでしょう。
 「相手が○○してくれないから、私も○○してあげない」のような考え方は
不幸になる考え方だと思います。互いにそう思っていたら、デッドロック(行
きづまり)で、互いに不満を抱えたままの状態が続くことになってしまいます。
 「まず自分から、相手に○○してあげよう」と考えてみてはどうでしょうか。

 と言っても結局、○○してくれるか、してくれないかは、相手によります。
何をしても、何もしてくれない人もいます。そういう人にイライラしていても
気分が悪くなるだけです。そういう相手には、「こんな人もいる」「してくれ
ないのは当たり前/しかたがない」などと考えるしかないのかもしれません。

======================================================================
 編集後記
======================================================================
 「○○してくれない」という不満を、ストレートに相手にぶつけてしまう方
法もあります。相手に対して怒ったり、力ずくで強制させようとしたり、不機
嫌をさらけだしたり、冷たくしたり、・・・。それによって相手がシブシブと
やってくれるかもしれません。
 逆に、相手にやさしくしたり、(相手にとって)何かいいことをしてあげる
ことで、相手が変わってくれるのを待つ方法もあります。
 前者を「北風政策」、後者を「太陽政策」と私は呼んでいます。北風政策と
太陽政策の大きな違いは、相手をどういう気もちにさせるかです。(トキオ)

☆「北風と太陽」(イソップ物語)
http://contest.thinkquest.jp/tqj1998/10035/tales/world/sun/sun01.html

----------------------------------------------------------------------

●「不幸になる考え方/幸せになる考え方」について
 毎週火曜日発行(Powered by 「まぐまぐ」/「melma!」)
 本メルマガ(の配信停止等)については、こちらのページをご覧ください。
http://www.din.or.jp/~honda/melmaga2.htm
 なお、このメールの転送はご自由にどうぞ。
●「幸せのホームページ」
http://www.din.or.jp/~honda/
●発行者 本多時生(ホンダトキオ)
 ご意見・ご感想等は、こちらにお願いいたします。
honda@din.or.jp

◆--------------------------------不幸になる考え方/幸せになる考え方◆

 4月創刊の『名言から学ぶ幸せのヒント』も、よろしかったら、どうぞ。
 既に発行中の『しあわせのトキオ通信』も、未購読でしたら、どうぞ。

幸せのホームページ