第12講 幸せになるために 幸せになれることを考え、実践する

 幸せになるためには、「自分が幸せになれることをすればいい」というのは当たり前かもしれません。
 でも、その努力を本気でしていない人も多いのではないでしょうか。

 幸せはたくさんあり、幸せになる方法もたくさんあるはずです。
 自分が幸せになれることを、一つ一つ見つけていけば、自分の幸せになる方法をたくさんもつことができるでしょう。

 そして、自分の幸せになる方法を考え・実践する習慣をつくれば、それだけ生活の中で幸せを感じられることが増えるでしょう。

 幸せになれることのヒントとしては、「幸せを感じられること」「夢や目標に関すること」「人を幸せにすること」の三つをおすすめします。
 それぞれについては、この講座の以下の講を参考にしてください。
 第1講「幸せを感じられるようになるために
 第4講「夢や目標を愉しんで生きる
 第7講「人を愛する幸せを感じられるようになるために

 たくさんある自分の幸せになる方法の中から、その時にできることを選んでやればいいのです。(その時にできないことがあるのは当たり前です)

 「忙しい」「時間がない」などという人もいるでしょう。
 自分が使える時間内で幸せになれることをすればいいのです。
 もう一つの方法は、幸せになれることをするための時間を作る努力をすることです。
 どうしても、幸せになれることをする時間がないという場合には、幸せになるために自分の生活や生き方を考え直してみたほうがいいのかもしれません。

 自分が幸せになれることをする回数と時間が増えれば、それだけ幸せに暮らせるようになれるでしょう。


    第12項 幸せになるために

実践講座

ホームページ