感謝の気もちから始めよう

 自分に幸せにしたい人がいて、その人を幸せにしたいと思っていても、実際にはなかなかできないという人も多いと思います。人を幸せにすることに慣れていない人は特にそうだと思います。

「感謝の気もちから始めよう」と考えてみることをおすすめします。
 相手の存在やしてくれたことに感謝して、その気もちをバネに相手を幸せにすることを考え・実践できればいいのです。

 もし最近、相手が自分にしてくれたことがあるのなら、そのお返し・お礼を考えればいいでしょう。そういうきっかけを大切にすることが重要です。
 相手にも同様な心があれば、愛のキャッチボールが続くことになります。そういうことが、互いの愛を育てることにつながるのです。

 相手を幸せにしたいと心から強く思えるかどうかが大事なのです。その気もちを高める方法の1つが相手に感謝することです。
 「感謝」という言葉に違和感がある人もいるかもしれませんが、とにかく自分で試して実感してみるのが何よりだと思います。


    愛について・目次

ホームページ